スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】「響け!ユーフォニアム」 第十話感想は…

えーと…十話感想を書こうと思ったんですが、もう…ほとんど肯定的に書ける要素がないので、今回はざっと
きちんとした感想は、残り3話が終わった時にまとめて書こうかと思います…気力があればw

いい内容ではないので今回は箇条書きで。ファンの方は読み進めないことをおすすめします。自己責任でよろ
 
 
 
 
 
今回、思ったことなど

主人公たちメインキャラに感情移入できないなと。いつもいってますが今回は決定的でした。いつも決定的ですがw
他人の感情を考えない麗奈、それに賛同する久美子、どうでもいいと吐き捨てるあすか、そして生徒に秘密を突っ込まれてオーディションのやり方を変えて多数決という責任回避へと日和る滝先生……なんか主人公格のはずの人たちがすごく感じ悪いですw
むしろ部の調和を保とうとする部長さんとか、先輩を崇拝してるリボンとか、トランペットの先輩とか(キャラの名前すら頭に入ってないw)、恋愛から前向きになってる葉月とか、葉月のことを自分のように思ってるサファイアとか…脇役の方が人間味や善性を感じて好感が持てるんですけど、自分だけですかw

真剣だから譲れないって話をやりたいんだと思いますよ? 麗奈とかも本質的には滝のNO.1になりたい、裏にあるのは恋心なんでしょうよ。滝先生もあれだ。音楽を聞けばみんなおのずとわかってくれると思って多数決にしたんだろうと、そういう理屈はわかりますよ。でもこれはドラマの持って行き方が下手すぎだし、主人公側がよくいえば超然としすぎている、悪く言えば人間性や社会性の一部が欠落してます。ちっとも共感や感動ができない。特に主人公のはずの久美子がまるで麗奈の取り巻きっていうか腰巾着っていうか、あれじゃジャイアンの太鼓持ちをやってるスネオとか、高慢なお嬢様の取り巻きの2人組のうちの1人ってポジションじゃないですか! 滝先生も登場した時の強引でしたたかな感じが全く無くなって、日和ったことで一気にヘタレなイメージが…もうちょっとこう一貫性をだなあ…

なんていうかもうちょっとこう…物語の文脈で、主人公たちをもっと好感の持てる人物に描写できなかったんですかね?

あすかとかどう見ても他人に興味のない、自分の快感しか追求してない一種の人格障害者でしかないですし、麗奈も人の和に入れない人ですよね。合奏をするのにそれでいいのか?って思います。久美子も葉月の思いなんて全然興味がないようですし、かと言ってユーフォニアムにそんな夢中なのかどうかもちょっと伝わってこない。っていうかラス前3話になってトランペットは響こうとしてますが、ユーフォニアムが全然響いてないっスよ! フーフー吹くなら、この俺のためにファンファーレでも吹いているのが似合っているぞッ!ってDIO様高笑いしちゃいますよ
本当にこれ、久美子が主役で良かったんですかね?(とうとうそこにきたw
  
 
 
とりあえず今回はこれだけですw
スポンサーサイト

【感想】「響け!ユーフォニアム」 第九話感想

えーと、今夜の10話を前に9話の感想…なのですが、ちょっともうネガティブなものしか書けなくなってるので(笑)、どうしようかな、うーん…と思ったんですが、自分の感じてることを整理するためにも、どこがネガティブな印象のか、ちょっと総括するようなものを書き留めておきます

そういう内容ですので、ファンのかたは読まないことをおすすめしておきます
了解した方だけ、以下読み進めてください
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■ 作劇のための演出<<<人物描写のための演出という作り

思うにこの作品は演出が物語にほとんど貢献していません。演出はひたすら人物の描写に費やされています
描かれるべきなのは物語で、演出は物語の表現手段であり、物語を面白く見せるための技術、というのが普通の作品なんですが、この作品は演出がキャラの人物像を描き出すことにすさまじいパワーを注ぎ込んでいる一方で、物語はモノローグで語って流しています

例えばここ数話、部員が本気出してる演出を入れてますが、久美子のモノローグで補完してます。丁寧に過程を描写すればいいのに、と思うわけです。また例えば今回のオーディションのシーンも、最初はいい感じで緊張感を描き出していたのに、最後は久美子のモノローグで締めてしまう。なぜ最後まで胃をキリキリさせ、ドキドキさせてくれないのかな、という不満が残ります
じっくり描いて、積み重ねていけば物語になるであろう部活の出来事を、いつも途中でぶつっと切って久美子のモノローグで流すので「そういうことがありました」的なダイジェストの印象しか残さないわけです

でもその一方で、人と人が絡み合うツーショットや3ショット、小人数の会話の人物描写の演出だけは、異常なまでに濃密にじっくり見せているんです。こちらはもう、いちいち例示するまでもないと思います

このふたつの演出に注がれるエネルギーのアンバランスさこそ、どうやら自分がこの作品に感じている心地悪さのようです
 
■ 構成がちょっとなあという

あと、構成のバランスもちょっと…というw

今頃になって滝先生が凄いって話が出てきたり、久美子がオーディションの意味を理解してビビる演出がはいったり…種明かしのタイミング、情報出しのタイミング、展開のタイミングのアンバランスさが引っかかりました。自分にはあまりドラマチックでなく「ああそうだったんだ、ふーん…」とか「え?今頃?」という感じです。シリーズの中でもうちょっとバランスよく少し づつ掘り下げて描けてたらなーと残念に思います

久美子の内面の変化も、流れとしてみると前回8話に多くの情報が集 約されてしまっているので、逆に8話が浮いているように感じました。部活動話として見ると、ぶっちゃけ8話が本流にあまり絡んでなかったので、むしろ8話をすっ飛ばして7話→9話とつながったほうがスムーズに見れてしまい、そういうのもなんだかシリーズ構成が流れとしてうまくないと感じました
 
■ 久美子のモノローグ

で、上記したようにこの作品はキャラの掛け合い、キャラの表現だけ切り出せば、演出がものすごく濃厚なんですが(多分、そこだけ見れば高評価になると思うんだ)、今回の「私は感動したんだ」…ってあれは逆にいっちゃダメだったと思いました。8話Bでじっくり演出した久美子と麗奈のツーショットで久美子が感じたことを、そんな言葉で総括しちゃうのは、ちょっと無粋というものじゃないかな…と。いやそこは行間を読ませるところじゃね?ってう…
 
なんかこう…いろいろ噛み合わないんだよ!
部品はいいんだよ!でも組み立てるとなんか違うんだよ!残念なんだよ!ごめんよ!w
  
 
……もう次回はこれかけないかもしれない
というか、見方を変えないといかんですね。おそらく

【感想】「響け!ユーフォニアム」 第八話感想

今夜の9話を前に8話感想です
いつもどおり、原作、メディア等見ていません
そしてやっぱりあんまり良い評価じゃありませんので、そのつもりで以下どうぞ
 
 
 
えーと…うーんと…そのですね。すでにキャラが立った作品の1エピソードとしてみると出来は良かったし、特に今回の演出は悪くなかったと思います。いろいろ凝ってた。藤田春香さんですか。山田イズムを受け継いでいる注目の演出家かも知れません

でも、それはそれとして、個人的にはこの手の作品は連作の、続き物の物語として成り立っているか、というところをまず重視してみているので、そういう意味ではやはり舌っ足らず、飛躍が気になってしまう回でした
作画も動画も演出も素晴らしかったかもしれません、しかしそれらは自分の中では物語を語る上での手段であって目的ではないので、それが作品評価の第一基準になることはありません

■ 久美子


今回は主人公の久美子から。盛んに麗奈から性格悪い、また先輩からは冷めてると評されてましたが、自分の基準だと、彼女が性格悪いのかと言われると、悪いのかなあ?と、ちょっとピンとこないかな
彼女の口から何の気なしにポロッと溢れる一言は、確かに毒舌かもですが、それは悪気までは感じないんですよ。素なのかな?と思ってしまう。だから性格悪い、とは判定してないんです。いや、それこそまさに生来、性格が悪い、ってことなのかもですが…でもそれは、そういう人なんだろうな、と思うだけで、自分には特にフックしないところなんです。だから共感できない…うん。この辺は突き詰めると「性格悪い」ってなんなんだろう?と考ちゃいますね。まあ何にしても、自分は久美子は性格悪いと思ってないんです。もしかして自分の性格が久美子みたいで悪いのかもしれませんw

■ 葉月玉砕

3話ひっぱったのかな? でもあっさり予想されたように終わっちゃったというか、前回の感想でも書いたけど、「そうですね」という…現象を見てるだけで、なんか引っ張るものがないというか、後に引くものがないのですよね。この状況に対しても、久美子の態度がまるで秀一につれなくて、脈なしって印象の演出だったんですが…それもなんか…あれ?恋愛譚はこれで終わり?って感じで、せっかくネタを振っても話が広がっていかないなあ…という感想です

■ 久美子と麗奈…

その一方で何故かこのふたりの関係が劇的に進展している(笑)
いや…あのですね、自分はあの、以前、麗奈が滝先生の陰口を叩いているところに噛み付いてきたから、麗奈は滝先生のファンとか片思いなのかなと思ってたんですよ。もう全然それとつながらんですよね。彼女は両刀なんですか?w

自分は百合属性がないというか、正直百合が嫌いなので…百合ネタよりはホモネタ見てるほうが楽しい人なので(笑)、こういうのはそもそも生理的にダメなんですが(友情ならありなんですが)、これはちょっと友情の一線は超えてたような…麗奈は愛の告白といって、久美子の性格の悪さ、クールさへの愛をつぶやいてましたが…自分はもうそれ、ついていけませんw 
それに久美子もなんか「命を落としても構わないと思った」とか、なんかもうそこまで感じるのは友情としてはノーマルじゃないんじゃないかなと…「愛を見つけた場所」ってさあ…どうなのもうw すいません、自分はあかんですw 

ていうか、これもちと久美子のモノローグに頼りすぎでしたよね
そもそも、このふたりがこうなる脈絡というか、これまでの演出、逸話を振り返ると、ここまで飛躍的に熱量が高まる前フリがまるで弱かったと思います。端的に言えば、第一話のアバンってここにつながるものだったんだろうか?って話なんですけど

■ でもって麗奈&トランペットと久美子&ユーフォニアム

彼女の中二病の象徴だったのか!(笑) まあ、楽器とキャラの関連づけ、楽器がキャラの象徴という形が作られたのは…もう8話ですが、進展といえたかもです。一方で、久美子のユーフォニアムは、彼女の地味さ、受動性の象徴なのかもですが、それにはまだ訴求力が弱い。また、なぜ麗奈と久美子、トランペットとユーフォニアムなのかって、そこの説得力もイマイチだなあと。その辺は今後補完されていくのかな? それと吹奏楽はバンドとは違って楽隊なので、その中のたったふたりの関係性を中心に音楽を通じて何かを描き出すのは、ちょっと無理があるんじゃないかなと感じています。どうなるんでしょう。これもただ「そうですか」で終わらないように願いたいですw

■ その他

んー。今回のキャラの描写って今までの流れと今ひとつ整合性がなかったようなっていうか、しっくり来なかったような。前回、不倶戴天と思われてた二人の先輩が仲良く遊んでるカットがあったりとか…他人に関心なさ気なあすか先輩がふつーに友人と仲良く縁日きてたりとか…人物像の一貫性というか整合性が微妙にズレてる印象で、もうちょっと行間を補ってほしいと感じます

■ 琥珀

今回一番可愛かった。山田さんと同じ感想で一番いいキャラだ
ロリコン万歳w



まあそんなところですかね……

【感想】「響け!ユーフォニアム」 第七話感想

えーと、第八話を前に第七話の感想ですが…
やっぱり原作も雑誌も予告も一切の予備知識を収集しないで、本編だけみて書いてます。今回も酷評っていうか…

なんかもう特に惹かれない…すいません(なんという熱のなさw)


なんかこう…今になってキャラクターの別の側面を描いてるんですが、特に驚きもないし、フーンという感じだったので
やはりこの作品にのれない一番の理由は、淡々と客観的に、観察するように出来事を描いていること、そのために熱気を感じないこと、話に入り込めずキャラに共感出来ないことだなあと思います


■ あおい先輩

彼女なりに仁義を通そうとしたのが続けられない理由だったわけですね。個人的にその道義性は好感が持てますが…でも吹奏楽部やめちゃえばそれで全部終わりなんですし…種明かしすれば、ただそれだけの話になっちゃってますね。こちらは昨年の事件の顛末部分だけ見せられているようで拍子抜けしてしまいます

ところで「みんな本気」といわれても自分には部員の本気が全く伝わってないんですが…

■ あすか先輩

この人、根本的に他人に関心のない人みたいですね。彼女の私室の、吹奏楽以外になにもない、飾り気の欠片もない素っ気のなさ。あれは彼女の心象風景じゃないですか。他人と関わるための取っ掛かりが他になにもない。それで別に構わない人なんですね。「私は楽器と戯れるためにここにいるんだから」ってこの人の本音じゃないですかね。他人と戯れるためじゃないんじゃないですか?
自分の環境が守れればそれでいいので、誰とも衝突せず、表面的にうまく回していくことに長けてるという。ずるくて、賢い人なんでしょう。実際にもこういう人いますけど…
でも、これも種明かししてみればそれだけなんですな。そこからなにか話が広がるわけではないかなと

この作品って、いろいろ「ただそれだけ」で終わっちゃってて、そこから広がる感じがしないのが残念です

■ はるか部長

大変なんだろうなあ…と思うけど。これも「ただそれだけ」なんだよなあ…
こういう問題って、経験がある人は共感できるのかもですが、自分はそういう経験がないので、特になにも響いてくるものがないのですよ…すいません

■ 久美子

この人ほんと…ただのナレーターというか、狂言回しというか…話を動かさないなあという
この子が他人に関心を持ってるのにむしろ違和感を感じてたりw

■ 去年の話

むしろこれをちゃんと描いてくれたほうが面白かったのになー…という

■ 三角関係

今夜のテーマっぽいですなw



まあ、今回はこんなところかなー…

【感想】「響け!ユーフォニアム」 第六話感想

第七話を前に、第六話の感想です
いつものように原作も雑誌も予告も一切の予備知識を収集しないで、本編だけみて感想してます
今回も酷評です。あしからずご了解の上、以下をどうぞ



えーとなんか、今回は普通の作品というか
普通にちょっと良くなかったっすか?


自分の感触としては、これまでとの整合性とか連続性は置いといて、単発として見ると、なんというか普通にキャラクターものをやっていた感じがしました
流れとしてみると、サンフェスまでで一段落していて、次のエピソードとの間に挟まれたインターミッション的な話なんでしょう。そういうこともあるのかもしれません。キャラクターを確立したものとして動かしている、という印象を受けました

でも連続作品としてみると、個人的に抱いた疑問や伏線の幾つかが放置されたまま勝手にキャラクターが確立されたものとして描かれている、取り残され感、放置感は否めません

自分としては色々不満を置いといて、もうこういうものとして受け止めるべき作品なのかなーと割り切りつつありますw



■今回の人物描写…とか、自分の不満点とかw

ようやく個々の人物が活き活きと動いている印象を受けましたが、もっと早くからこうできなかったのかな、という。あとやっぱりそれでも影の薄い主人公。今回も、無意識に他人を傷つける不用意な一言を放ってましたが、すでにサファイアに突っ込まれるくらい「そういう人」ということがバレてんのねw

久美子の印象が希薄なのは、いつでも彼女が受動的、傍観的で、物語をリードしないせいだと思います。彼女自身の熱を感じない。だから事態を動かそうとするあすか先輩やサファイアの方が印象に残るし、今回、初心者として焦点が当てられてる葉月の方が掘り下げられているように感じられます(サンフェス終わってから葉月の初心者っぷりにスポットが当たるのはどうなんだ、と思わなくもないですけどw)
正直、久美子と麗奈の話は、個人的にはどうでもいいです。百合属性ないし、部活の本題にも関わるわけでもないし、第一話アバンの伏線も空振りしてるし…なんか魅力的じゃないんだよなあ。自分には


もっとその、総括的な話をしてしまうと、一般にわかりやすいドラマでは、各キャラがテーマや小さな事件に対して何らかの役割を持たされてるものなんですが(だからキャラに感情移入がしやすくなる)、この作品って、テーマに対して誰がどういう役割を果たしているのかが判然としない。みんな中途半端に関わってて、中途半端に役割を負ってる、という印象を受けます。またそのひとつひとつの事件が深く掘り下げて描かれず、中途半端に食い散らかされて、次に行っちゃう、という印象もあります

その理由は多分、前回もいいましたが、キャラの本音、本心がはっきり描かれてないからだと思います。バシーン!と本音が出てくるセリフがあんまりない。キャラがはっきり強いメッセージを出してくれるくらいの方がわかりやすいし、するとそこがフックになって、作品に引き込まれて深く読み取っていこうっていう気になるんですが…
なんだか演出だけ見せて、その理由はどうとでも解釈して、みたいにかわされちゃっている。たまにそういうメッセージが出てきても、その真意や思いが描かれ明かされることはない。ただそういう出来事として流されて、次の曲が始まっちゃうんですよw

例えば滝先生は「全国大会に本気なんだ」と"久美子のモノローグで"説明される(本人の本心から発したセリフ等からではない)。じゃあその「本気(らしい?)」の背景は、理由はなんだろう?―描かれない。強いて言えば彼は最初に「生徒の自主性に任せる」と言った。ならそれが彼の本気の理由?(いやそれはねえだろw)そんなのどこにも共感できません…と、自分の疑問はおいといて、なにもかも解き明かされないまま、もう6話になっちゃったw
この作品って、自分にはそういう部分ばかりなんで、なんだか噛み合わないのですよねw

簡潔に言うと、「視聴者は彼女たちを覗き見ているだけ」の作品だと思います。真意を深く掘り下げて(明かして)描かないから、共感させない。近づかせないこちらはただ、吹奏楽部で起こっている「現象」をただ「観察」している気分になります
どうもその辺が自分の不満というか、自分とは合わない理由のようです
前も言ったけど、自分は全部完結してから通して見た方がいいのかもしれません…終わったらそうしてみようかな

■選抜制導入

全国大会を目指す→実力主義になるのは当然なので「ふーん、そりゃそうだろうな」と思いました。つか、こんなことを今更大事件のように描かれても…実力主義に不満があるなら、そういう展開がサンフェスの前にあるべきだったのでは?
でも、またこれが大事件のように位置づけたい流れかなあ…という。なんというか呑気な、テンポのズレた物語だなあと…なんか、盛り上がるポイントがこっちとかみ合わないですw

■葉月→秀一

五話で期待した通りの流れw もうこういうわかりやすいラブコメや三角関係を描いてくれたほうがまだのっていけるわーって、そういう点で好感。今後の展開に期待しときますw


 
まあそんなところでしょうか
今夜はどんな話なんでしょう


DATE LOG
03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。