裏切り行為の代償

ねんどろ律復活!終了ッッ!!

すべて…すべてっ…映画を見ている間に終わったッッ…!

ふざけやがって…ちくしょう…っ…orz

もうこれでねんどろ律を入手するには転売しかなくなった…。

しかもデジスタで三石さんのメッセージ×ぴかしゃ!!!

どっちもリアルタイム世代だけに夢のマッチだったのに…聞きそびれるとはッッ…!

こっちはまだ再放送があるからいいようなものの…しかし…やっぱり浮気はするなってことですね!!!!

ああ!悪かったと思ってる! 心から済まないと思っているッ!(ジャック調)


今日はちょっと猛省します。ええ。

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

【感想】劇場版 涼宮ハルヒの消失

まあ。これは「けいおん!」ブログなんで、ハルヒの劇場版の感想はここで。
澪フィギュアを購入してすぐに第二回上映を見に行きました。

予めお断りしておきます。
自分は全く原作を読んでません。1巻たりとも表紙をめくってすらいません。
アニメは第一期をざっと流しで見まただけでじっくりみてません。概略しか把握してません。
ファンではありません。むしろアンチに近いです。
京アニ厨でもありません。

これまでの「ハルヒ」に対する評価。
「うる星やつらビューティフルドリーマー」の設定流用。パクり。



ということで誤解、誤読及び酷評もあるかもしれませんがご了解の上、以下をお読みください。
あとは文句いっても知りません。


いきなり、単刀直入な感想。
現代の「うる星やつらビューティフルドリーマー」の再来。
そして「うる星やつらリメンバー・マイ・ラブ」の設定流用。パクり。

これはポジティブな意味です。
パクリといってもいいのですが…どちらかといえばポジティブな感想です。だから再来といっておきます。
あれを体験していない人にとってはあれと同じだけの衝撃があったのかもしれない。そういう意味で。
ただし、ヒロインが消失して云々というのは、これはインパクトとして自分にとっては「うる星やつらリメンバー・マイ・ラブ(以下RML)」流用の次元を越えません。

総じて佳作
だったと思います。楽しかったです。ただし

 貴様のいる場所は、我々が30年前に通過した場所だッッ!!!

そもそもハルヒの作品構造が、「うる星やつらビューティフルドリーマー(以下BD)」の流用ということは、以前から広く言われていたことです。自分は他人の言葉を借りてそういっているわけではなく、上記した「流し見」と「概略の把握」でそういう感想を独自にいだいていました。だって「うる星やつら」に熱狂的にハマったリアルタイム世代ですからw

・「幸せな時間連鎖」がある。
・その因果律のキーパーソンがいる。

BDの物語の基本的な設定はそういうことです。これはそのまま「ハルヒ」に当てはめることができます。
それが「ハルヒはBDの流用。パクり」と評する理由なわけですが、今回の劇場版は、さらにこういえます。

・そしてその人物の欲望を叶える者がいる。
・主人公は幸せな時間連鎖の回復を望む。

そしてこのネタは、BDでも、そしてBDのアンチテーゼとして作られたRMLでも(さらにいえばその次の「ラム・ザ・フォーエバー」においても)使われたものでした。だから、BD、RMLを再び見ているような懐かしい既視感がありました。
特に、ヒロインのいなくなった、変わった世界(現実世界)に取り残された主人公の孤独感というものは…RMLの方が遥かに単刀直入でしたが、感慨に浸ってしまいました。主人公がそれまでのヒロインをうっとうしく思いながらうらはらだったのも、まるであのときと同じで笑えてしまうほどに。
というわけで、物語構造や物語のプロットそれ自体については、自分の世代が30年前に通過した話なので、今更くどくど語る意欲も湧いてきません。
いい話ですよね。昔おっさんたちも同じ体験をしたんだよ。以上終了w


で。終わらせるのもあんまりなので。別の面で総括。

ツンデレ主人公が自分のツンデレっぷりに気づく話。
主人公が自分のマゾ調教完了を自覚する話。


この辺はくどくど語る必要はないですね。ばっさりだーw


本作の安定感は、SFベースでありながらあくまで骨子は王道の物語であることにあります。
ひとつは、「喪失によって今まであった存在の大きさに気づく」。陳腐な程に王道ですが、王道は磐石。
さらに隠し味程度に、「心ならずも始めた新生活でできた女を選ぶか、元の女を選ぶか」(笑) これまた陳腐な王道です。
これでつまらない訳ないんですよね。みんなこういう話好きなんですからw

今回の作品では上記の「欲望を叶える者」がこれまではハルヒであったのに対して、今作は長門というところがドラマのポイントになっているわけですが、このことは、それ が夢邪鬼やルウといった第三者だった「うる星やつら」の二作に比べてよりストレートに、主人公に対して女の二者択一を迫る仕掛けになっていました…いたはずなのですが、残念だったのは、女の二者択一に対する苦悩はほとんどなく、主人公は、ただ元の世界を強く望んだ、もっと端的にいうならハルヒしか見えていなかった。それがせっかくこういう仕掛けにしたのにもったいないというか、ラブコメ好きとしては物足りない感じ。
結局、キョンは騒々しい日常の共同故意犯になることを選んだだけなのか、ハルヒが好きだから帰りたかったのか、はたまたその両者なのか。そのへんがどうとでも解釈できて、ラブストーリーとして今ひとつストレートではなかったのが消化不良でしたw ま、ハルヒを選んだ、という解釈で正しいんだろうな。多分。寝袋のハルヒを愛しく思ってるようでしたし。
どうでもいいけど、ことが終わって目覚めてヒロインの顔を見つめる主人公ってのもまんまBD
BDならあのあとキス未遂だったんだがw

で、長門の中に芽生えた感情というバグの多くがキョンへの恋愛感情であったことに異論の余地はないわけですが、キョンは長門の恋愛感情からハルヒのいる元の世界へと逃げていたようにも見えたのが、ちょっとズルいというか、情けないというか。
まあ、フォローとして作中でキョンは変な女が好き、長門はターゲット外と語られてましたが言訳無用。
あれはただのバカですね
。「世界を選ぶ」んじゃなくて「女を選ぶ」のが男ってもんだろ!
でもってどう考えても長門だろ!ふたりきりの文芸部部室でヤリまくりのハッピーライフを棒に…ゲフンゲフン!

端的に言い換えると、
キョンの眼中にない長門カワイソス(´・ω・`)


長門ファンはあれ怒ってよくね? でもいいのか。キョンとくっついても面白くないのかw
正直、自分はハルヒって女は好きじゃない。わがままはまだ許せるとして、キョンをあれだけ振り回しておいて自分の気持ちを直視しないのがズルくて嫌いだ。
ま、そういう意味ではハルヒとキョンは似たもの同士なのか。オレがこの作品を好きになれないわけだ。

本作はきっと長門に萌えるのが正しい見方なので、こういう感想こそまず言うべきでしたねw

ところで、再構成された朝倉さんは、本当に長門の影としてキョンを妨害したんでしょうか。
だとしたら長門もかわいい顔して腹の底はやはり念が渦巻くほどに"女"。かなり恐ろしい。
つーかあれ、朝倉を操ってた別の統合思念体的には長門の暴走って都合よかったんじゃね?
ハルヒ消えるし。自分たちも消えるようだけど。
追記(100213) : 見直したけど、彼女は消失長門に「これ(改変世界を守るために自分がキョンを刺した)はあなたが望んだことじゃない」といっているので、長門の世界改変の全貌を知っている、と解釈するのが自然じゃないかと。さらに長門自身が力もその記憶を持たない少女になったのに、朝倉にはその認識があると言うことは、彼女は長門の制御の枠外にある可能性も否定できない。長門の世界改変を承知して、自分の利害に一致すると考え是として守護する立場になった、という可能性も。とにかく、何も知らないわけではないようです。まあ、原作で語られてるのかもしれませんが。

それにしても京アニの本気はすごい…当たり前のことは言わなくていいですね。そうですね。すいません。
作監に堀口さんの名前を見つけてちょっと幸せになっていたのはナイショだ!

時間の長さは感じませんでしたが、やっぱり主人公のひとり語りのウザさは気になりました。
ラノベくさいっていうか厨房臭いっていうか、もうそれはこの作品のカラーなんだと受け入れつつも、言外に低評価です。
ていうか独白するならむしろハルヒが好きかどうかなんじゃねーのお前は。ホントイライラするw


そんなところですかね。またなんかいろいろ見て思ったことがあったらこれに追記して行くかも知れません。
ひとまずはこれでおしまい。また1週間後かそこらに2回目を見る予定です。

テーマ : 涼宮ハルヒの憂鬱
ジャンル : アニメ・コミック

秋山澪公式フィギュア争奪戦顛末(笑)

つーわけで、先程、争奪戦の幕が切って落とされましたが、自分は無事購入できました!
30分経った今のところも買えているようなので、瞬殺ということも無く、よかったです…っていうか瞬殺だったらやりきれねぇw

しかしまあ今回、京アニでフィギュア買うとか初めてだったんですが、別鯖用意されてて、そこからいくなんてのはリアルタイムで本スレとtwitter監視してないとわからないところでした。
とはいえ、京アニショップトップページからバナーでリンクされていたので、そちらから辿ることもできました。
京アニショップサイト自体は、12時前には比較的つながりやすくなっていたので、それで助かったというところ。

で、トップページから購入手続きを始めたのはいいんですが、

カートに入れてからすすまねええええ! ぜんっぜん進まない!

時間切れで表示されない
こと2回w
さらに出荷方法の送信でまたしても
時間切れで表示されないこと2回w
もう泣きそうw
支払い確認は、またキャッシュカードのデーター送信のやりとりでフリーズするのが嫌だったので代引きにしましたw

で、無事澪ゲット。やれやれ…。

どうも注文番号は11179xxxと11180xxxがあるようで、これ順番だとすれば、ケタが繰り上がってるわけだから、1000ほどすでに受注しているのかも。ちなみに自分は11180xxxでしたw

しかし、こんな緊張感で唯が出たときはどうなるんだ…勘弁してつかぁさい…

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

DATE LOG
01 | 2010/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク