スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TV stationにけいおん&日笠陽子インタビューw

週刊テレビ情報誌「TV station」5月15-28日号「けいおん!!」&アニソンなうと題して特集記事が組まれました
日笠陽子のショートインタビューもありますw

 「TV station」5月15-28日号

tvstation.jpg
こんな表紙です。ぴかしゃファンは即ゲット!?

内容は見開きでけいおんメインのアニソン主題歌特集といったところです

tvstation02.jpgtvstation01.jpg
こんな誌面です。文字はぎりぎり読めない…はずw

テレビ雑誌でも今のアニソンの勢いは無視できない、ということでこんな記事が組まれたんじゃないでしょうか
「けいおん!!」をメインにするところはちゃんとわかってますね!w

今回もぴかしゃにインタビューw
RSでもリスアニでもここのところ「けいおん!!」で声優インタビューというとぴかしゃになることが多いです
EDでの彼女の歌唱力が高く評価されている、ということなんでしょうか?(・ωく)

また例によって抜粋しつつご紹介w

日笠 根本の部分ではか回らないんですけど(中略)キャラクターが少しだけ成長している気はします

他のインタビューでもこんな内容をよく答えてます
確かに4、6話では澪の成長が感じ取れました

日笠 私が高3のときは結構グズグズとしていましたよ(笑)
    (中略)そのときに、ずっと興味がありつつも人に言えないでいた声優業というものを、
    本気で目指してみようと思えて


彼女が声優を志した経緯はファンの間では有名ですが、自分も昨年の専修大のイベントでこんな話を聴きましたw

日笠 (音楽について)好評だと私が一人で"やったね!"と喜ぶというより、
    "よかったですね!"って
みんなで喜び合っている感じです

「けいおん!!」はチームワークによって作られている、という視点はキャスト全員に共通しています
デビュー間もない新人をビックネームに押し上げた作品なだけに、感謝の気持ちも強いのでしょう

日笠 (Listen!!は)実際のレコーディングでは、みんなのコーラスが"大丈夫だよ"と
    言ってくれているような気がして、
思い切って歌うことができました!
日笠 (カラオケで歌うときは)ぜひ信頼できる仲間たちと一緒に歌ってほしいです!!


彼女は、RS誌のインタビューで豊崎さんのOP収録の時は、ひとりじゃないんだよと応援するつもりでコーラスを入れたと答えています。
HTTはキャストも信頼しあい、支え合っているってことですねw


というわけで、ささやかですがいいインタビューでした!
ファンはゲットしておいていいと思います^^
スポンサーサイト

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

OPEDがゴールドディスク認定

『けいおん!!』OP「GO!GO!MANIAC」とED「Listen!!」ゴールドディスク認定されましたw
はやっ!!w

 
一般社団法人 日本レコード協会

gold0512.jpg
というわけで2枚そろってゴールド認定ですw

日本では10万枚を売り上げればゴールドディスク認定ですので、10万枚突破したということですねw
おめでとうございます!

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

#6 梅雨! 感想

というわけで、第6話「梅雨!」のレビュー&感想ですw

06TITLE.jpg
第1話に続いて、季節感のあるエピソードです

■感想■
なんなんでしょうこの作品の幸福感は?
なんで見てるとニヤニヤしちゃうんですか?
もう本当にスタッフがキャラクターのこと好きなんだよな
愛の塊だよ!スーパーヘブライ人だよ!w (c)ながいけん

06tuika01.jpg

梅雨という陰鬱な時期だけに、全体の雰囲気(特に色彩)は「冬の日」みたいな雰囲気ですが、キャラクターはほぼいつもの感じなので安心して見れて、しかもなぜかワクワクするのです
なんの起伏もないのになぜワクワクするのか、 陳腐な理由はいろいろ出てくるのですが、どうも核心をついていない気がする。やっぱり自分の言葉がまだ追いつきませんw

06B-43.jpg

唯を中心に、ギー太、憂、梓、クラスメイトとの関係性がメインに描かれたエピソード
でも、他のキャラクター同士の相関、そして今まで描かれていなかった個性や成長もきちんと描かれてます
そしてなんといっても

噂の立花姫子が確定! va.は中村知子!!
ついに梓→唯が公式設定に!!
さらにエリザベス・むったん命名!!!

散文的に見えて実はこういうエピソードでキャラクターと世界観にじわりと厚みを与えていくのがこの作品の面白いところで、特に第1期はこんな感じでしたw
そういう意味で、今回はまさに山田監督のいっていた原点回帰という印象を受けました
そう、これが、『けいおん!!』ですね 好評価する人も多い回なのでは?と思います

■アバン■
奥様思いませんでしたか?
「なんかここんとこ3話、ずっと憂から始まってないか?」
ええ、気のせいじゃありませんw
最近、米澤さんの憂の演技が大好きな自分を自覚したので、全然オッケーw

悪夢のような平沢チキンの嵐は去り、今回のメインはギー太と唯(!?)
唯のギー太への愛情は第1話から積み重ねてきた期間に相当する大切なものです

06avan-02.jpg 06avan-03.jpg
ギー太とガチラブな唯w 昨夜もいつものように練習して寝てしまったようだ

■Aパート■
唯、不幸すぎだろw
メインストーリーはびしょぬれ唯の着替え、ということになるのだろうけど
実際はそこかしこに小ネタを挟んで進んで行きます

ストーリー上のこともありますが、登校する平沢姉妹が時間をかけて描かれたし、いつも太陽みたいに明るいりっちゃんが梅雨のせいかどことなくローテンションなのに、こういう時でもマイペースに明るいのが唯なんだなと再確認できたり
クラスメイトに唯が愛でられてるのがはっきり描かれたし、軽音部の4人の中で手のかかる唯が愛されキャラなことも改めて描かれたりもして、ろもろ淡々とした風景なのにしみじみと楽しいのです

そういえばさわちゃん本性モードは第2期では初めて描かれたはずw
↑第2話でちょっぴりやってたw
被服室のシーンでは、メインキャラ4人もディティールアップしてます。抜け目ないw
そして、梓はAパートでは2年生トリオとして先輩4人とは完全に区切って登場
今後の梓は、憂、純とのトリオで行動するウェイトが増していくのでしょう
そんな仕掛けもあったりします

思い返すに、こんな感じで淡々と散文的に展開して行く中で、
ささやかな気づきや楽しさがあるのが「けいおん!」でした

だから、とても懐かしく「けいおんを楽しんでる」という感覚にゆったり浸れましたw
 
06A-02.jpg 06A-03.jpg
唯のカバンには前回の修学旅行土産の「ん」が。憂はほとんど唯の恋女房w

06A-04.jpg
呪われたようにびしょ濡れになる唯。顎からの水滴がデカすぎwww

06A-05.jpg 06A-06.jpg
律のローテンションは今回ずっと。ムギは静電気と湿気で髪を整えるのに四苦八苦

06A-07.jpg
遂に!?姫子がしゃべった!想像以上にヤンキーっぽい 唯を愛でてますねw

06A-08.jpg
唯の髪もぐちゃくちゃ。ムギとはクセッ毛仲間だが…

06A-12.jpg 06A-13.jpg
部室で風邪を引きそうな唯をみんなでケア。愛されてます 夫婦漫才の唯ムギ回でしたw

06A-14.jpg 06A-17.jpg
ギー太に裸を見られたくない乙女心…ってガチすぎだw 唯を一発で見抜く和。幼馴染パネェw

06A-18.jpg 06A-19.jpg
教室の秩序を乱すメイドコス 律がその製作者を明かそうとしたとき…

06A-20.jpg 06A-21.jpg
本性ktkr! てかこれさわこじゃなくて貞子w りっちゃん凝固www

06A-22.jpg 06A-23.jpg
他のクラスから調達する人望はさすが和 クラスの中の唯のポジションがうかがえる1コマ

06A-25.jpg 06A-26.jpg
その頃、梓は軽音部で謎の干し制服を発見していた 事情を悟ったのはただひとりw

06A-28.jpg 06A-29.jpg
ムギはアイロンがけが上手。律は意外にもボタンつけが得意 唯は感激!

06A-32.jpg 06A-33.jpg
唯たちの服装チェック 第4話でのことで、さわちゃんはあの先生に頭が上がらないらしいw

06A-34.jpg
いやーんって唯にもこんなセンスあったのかw

06A-36.jpg 06jimaku.jpg
コスが見れずにクラスメイトもがっかり 2chによると名前は字幕で確認可能w

06A-37.jpg
期待に応えられない唯は不満顔。梅雨はまだ続きますw


■Bパート■
梓が4人に合流。梓の新しい個性も描かれて、ディティールアップされてます
そして遂に公式っていうかオリジナルで
梓・唯・ギー太の三角関係展開!!(ちょっと待てw)
唯が梓の唯デレに気がつくのにこんなにフレーム使うとは思わなかったマジでw

ギターの弦交換がひとりで出来るようになっていたり、
憂に「あめふり」を弾き語りしたりする唯は、確かにあの頃より成長してます
澪と律のパートがちゃんと入ってるところはにくいですねw
 
06B-01.jpg
ネット通販の趣味があった梓。いろいろ買ってましたw

06B-02.jpg
梓の表情はいつになく明るい。やはり第5話で気がかりが晴れたのかもしれない

06B-03.jpg 06B-04.jpg
澪より通販中毒の空虚性が指摘されるw 可愛い照れ隠しもするようになりましたw

06B-07.jpg 06B-08.jpg
相変わらずの先輩のダメっぷりに呆れ顔の梓 とうとう澪にまでそんな視線を…w

06B-10.jpg
ギー太の弦を楽しく張り替える唯に、なぜか絡む梓

06B-11.jpg 06B-12.jpg
06B-13.jpg 06B-14.jpg
しばし沈黙。唯の思考はどういう経路を辿ったのか、やがて梓の本心を看破!

06B-15.jpg 06B-16.jpg
すでに3人にとって梓の本心はバレバレだったか、梓の抗弁をスルーして冷やかしすらないw

06B-17.jpg
かくして、いろいろ大変な人に思いが伝わってしまいましたw

06B-19.jpg
変Tは「しめじ」! 梅雨だけにキノコ…

06B-26.jpg  
06B-27.jpg 06B-28.jpg
06B-29.jpg 06B-30.jpg
雨の家で、姉妹ふたりのセッション。歌うだけで楽しい

06B-31.jpg 06B-32.jpg
ギー太完全防水で登校するも、泣きながら取り出すハメにw ここの唯、超カワユス!!

06B-33.jpg
唯の絶対音感久々に披露w 弦交換や音程調整もひとりできるように?なりました

06B-34.jpg 06B-35.jpg
澪のベースはエリザベス(命名者・唯) ギー太とエリザベスふたりきりの夜w

06B-37.jpg 06B-38.jpg
あずにゃんのムスタングはむったんに決定!学校にギターを置くことにした唯は不安で自失w

06B-39.jpg 06B-40.jpg
中学時代の澪。やっぱり美人可愛いw かつての澪は唯と似たり寄ったりでしたw

06B-41.jpg 06B-42.jpg
憂の部屋にはホームラン賞がw 憂は唯の不安を理解できた

06B-44.jpg 06B-45.jpg
翌日。ギー太と再会して満面の笑みの唯。そんな唯をクラスメイトが暖かく見守る

06B-47.jpg 06B-48.jpg
一方、澪もエリザベスと再会して安堵。こちらは仲間に見つかって絶叫でしたw

今回の個人的ベストショット■
 
06B-21.jpg 06B-25.jpg

ただそこにギー太がいれば、気が滅入るような梅雨の日でも楽しくすごせてしまう
ただそこに音楽があるだけで、こんな梅雨の日が憂と唯の大切な思い出になる
 
06B-22.jpg

唯は確かに成長していて、その成長はきっと、ギー太に、音楽に出会ったから
一晩でも、ギー太と離れることが耐えられなくなるほどに
唯は確かにミュージシャンになっている
なぜならそれが彼女の青春を輝かす道で、言葉にする必要もなく、言葉にできなくても
唯は確かにそのことを感じていて、今その真っただ中にいる
 
06B-23.jpg 06B-24.jpg

「あめふり」の歌唱演技は唯のとても音楽が好きという気持ちが伝わってきて
改めて豊崎さんがこのキャラクターを心から愛しているのを感じま した
(米澤さんとの合唱ですけどw)

だから、なんかとてもよかったです
放送後のメガシャキのCM(TBS)がまた「あめふり」なのが笑えましたがw

その他にもいろいろ地味に良いシーンが多かったのですが
日常を丁寧に丁寧に、瞬間を大切に大切に描くだけで
こんなに素敵な作品になる
ということを改めて噛みしめました
やっぱりけいおんはこういうエピソードが世界観と人気を支えているんだなと思います

■おまけ■

かねてよりミスが指摘されていた
EDのりっちゃんの手修正されましたwww
 
06ED1.jpg
修正前。左手が右手w

06ED2.jpg
修正後。ちゃんと腰に手を当ててます

京アニらしからぬミスでした。さて、BDではどうなってるのかな?w

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

DATE LOG
04 | 2010/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。