スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曽我部先輩の矛盾の考察

そもそも今回の問題は、曽我部先輩のリボンが第1部の緑と違う赤だったことに発端があって、それを突き詰めていくと、どうやら単に色指定ミスではなくて、脚本家が勘違いしていたとかそういうレベルの深刻な問題だということがわかってきたw

もし、曽我部先輩のリボンが緑なら唯たちの1つ上。赤なら2つ上ということになり、曽我部先輩が2人いるのか、それともやはり同じ声優同じルックスだから第1部と第2部で同一人物なのか、ということになるが、どうも突き詰めてみると、どちらの設定をとるにしても、矛盾があることが判明してきた

というわけで、2chに自分がまとめた時系列をこっちにも修正して貼っておくw

■第1部と第2部で同一人物の場合■

 <時系列>
 (唯たち1年秋)
 ●学園祭で澪パンチラ騒動、秋山澪FCができる。曽我部(2年)も舞台袖で応援(1-06)

 (唯たち2年秋)
 ●学園祭講堂使用申し込み期限切れの件で軽音部が生徒会長の曽我部(3年)と会う(1-11)
 ●学園祭の客席で曽我部が観客のひとりとして応援している(1-12)

 (唯たち2年3月)
 ●澪が曽我部と挨拶し面識を持つ(2-07)
 ●曽我部にシークレットライブ(2-07)
  ★梓がなぜかいなかった★
 ●曽我部から和にFC会長職引きつぎ(2-07)

 (唯たち3年初夏)
 ●梓が曽我部のことを知る(2-07)
  ★講堂使用の件での曽我部を覚えていなかった★

■第1部と第2部で別人の場合■

 <時系列>
 (唯たち1年秋)
 ●学園祭で澪パンチラ騒動、秋山澪FCができる曽我部B(緑タイ=2年)も舞台袖で応援(1-06)

 (唯たち1年3月)
 ●澪が★生徒会長の曽我部A(赤タイ=3年)★と挨拶し面識を持つ(2-07)
 ●曽我部Aにシークレットライブ(2-07)
 ●曽我部Aから和にFC会長職引きつぎ(2-07)

 ※唯たちが1年のとき、曽我部A,Bは同時に在籍※

 (唯たち2年秋)
 ●学園祭講堂使用申し込み期限切れの件で軽音部が★生徒会長の曽我部B★と会う(1-11)
 ●学園祭の客席で曽我部Bが観客のひとりとして応援している(1-12)

 (唯たち3年初夏)
 ●梓が曽我部Aのことを知る(2-07)

7話は明らかに後者の設定で描かれているのだが、これを第1期と擦り合わせると、曽我部先輩なるそっくりの人物が2人、1年違いで在籍していて、共に生徒会長を務めた事になる
これはさすがに無理があるだろう

かといって、原作通り同一人物だとすると、
 1)なぜシークレットライブに梓がハブられていたのか
   (なぜHTTではなく桜高軽音部だったのか)
 2)なぜ梓が曽我部を覚えていなかったのか
 3)リボンの色違い

というこれまた釈明の面倒な矛盾に突き当たることになる

やはりこれは
脚本家か監督が、根本的に設定を勘違いしていた
のだろう…orz

BDでは修正が施されると思うが、どちらの方向で修正を加えるにしても、ちょっと手間がかかりそうw
ここまで情熱を込めている作品で、こういう根本的なミスをするのは大変珍しいし、残念だ

■追記(0604)■
東北放送、あいテレビ他地方での昨日放送にて、リボンの色は緑に修正されていましたw
 
sokabeg_20100604191416.jpg
これは東北放送。2chより

京アニ2chをチェックしてやがるw
まあそれでも上記した矛盾ふたつは残るんですけどね。ええw
スポンサーサイト

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

ぴゅあぴゅあはーと発売が早くも情報サイトに取り上げられた件w

ナタリーで、放送後数時間で「ぴゅあぴゅあはーと」が記事になってましたw

natari0519.png
いくらなんでも早すぎだろw

まあ、それだけ関心が高いということなんでしょうが、気になるのはこの部分

 また、カップリングには第1話「高3!」でオンエアされた
 「桜が丘女子高等学校校歌(ロックver.)」および
 「一緒に演奏できる!? 各楽器抜きバージョン」が収められる


校歌のロックver.………???

なんか面白くなってきやがったwww

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

アニカンRでも澪/日笠陽子インタビューが予定されている模様

スーパーエンタメ誌「アニカンR」Vol.48で、日笠陽子が5000字のインタビューという情報がtwitterで流れました
どうもまた澪絡みのインタビューのようです

とりあえず情報までw

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

#7 お茶会! 感想

というわけで、第7話「お茶会!」のレビュー&感想ですw

07title.jpg
今回はピンクと緑色。やっぱりなにか意味があるんでしょうか?
 
■感想■
お茶会というより、澪を弄って楽しむ会だろw
 
07b33.jpg
今回の犠牲者。秋山澪さんw

という突っ込みはおいといて、今回は澪がメイン!…といいつつ、澪は相変わらずの弄られ役で、澪を中心に全キャラクターがまんべんなく活躍してますw
全体的にポップでハイテンションな回で、一見ごちゃごちゃしてまとまりがないように見えるのですが、今回の意味は軽音部の空間的、時間的位置づけ(後述)だったように思います

そして曽我部先輩の出演!&澪FCの設定登場!
これまで第1部第11話や第12話でモブ程度の出演だった曽我部 恵がしっかり時間をとって登場してます!
ちなみに声優は児玉明日美さん
これは第1部第11話でのキャストと同じで、第11話の時のキャスト名は単に「生徒会長」でした
(BDで確認済w)

■アバン■
今回の導入は和ちゃん!
ここ3話ずっと憂でしたが、今回は和ちゃんが物語全体を俯瞰して、締める役回りになっています
風が髪を揺らす細かな描写が、梅雨が去った後の爽やかな初夏の匂いを運んでくるようで印象的でした
やっぱこの作品はこういう空気感がたまらないですねw
 
07aban01.jpg 07aban02.jpg
秋山澪FC会員証。誰が撮った写真だ!? 今回の語り部は和ちゃんですw

■Aパート■
曽我部先輩キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!
第1部12話モブ以来。セリフ付きでは11話以来の登場!
そして時期的に時制の中に入れられなかった原作での曽我部先輩による澪FCエピソードのフォローもキタ!
つーわけで、Aパートは曽我部先輩のエピソードをメインに描きつつ、本題のお茶会への導入パートといえます
 
07a01.jpg 07a02.jpg
誰かに見られている気がして内心ビクビクの澪。仲間たちはからかうだけで深刻さゼロw
 
07a03.jpg 07a05.jpg
この人はこういうタイミングでいつもいつもw 犯人はトンちゃん!?…って水亀だろw

07a07.jpg 07a08.jpg
謎は全て解けた…!ムギは毎回美味しいw 見られていた理由は髪についた商品シール

07a09.jpg 07a10.jpg
そんな折、訪ねてくる秋山澪FCの後輩たち。それは澪が忘れようとしていた現実だった

07a14.jpg 07a15.jpg
今明かされる秋山澪FC創設の経緯!それは卒業式に遡る (もしかして 律の創作

07a18.jpg
当時も誰かにつけられている気がした澪は生徒会に相談

07a20.jpg 07a21.jpg
07a22.jpg
これなんてマリみて  澪と恵―それは運命の出会いだった!(もしかして 律の創作

07a24.jpg 07a28.jpg
しっかりした曽我部に澪は感嘆するが―彼女はなぜかFC会員証を持っていた

07a29.jpg 07a30.jpg
澪(もしかして 犯人は曽我部先輩 それはまさに真実を看破していたw

07a34.jpg
澪たちのお返しはシークレットライブ! 久しぶりにふわふわが流れる!!

 
07a36.jpg 07a38.jpg
彼女は大感激してサインまで求める始末。憧れの先輩の変貌に和は唖然w

07a40.jpg 07a41.jpg
かくして和はFC会長職も引き継いだw 和は会長の責任感からお茶会開催を求める

07a42.jpg 07a43.jpg
お祭り好きの軽音部は澪の意志を無視して賛同! 早々に企画原案がまとまるw

07a45.jpg
和が心から曽我部先輩に憧れ、敬慕していたのがわかる
 
ところで、第1期では曽我部先輩の在校中のリボンの色は緑でした(6話、12話)
でも、今回は赤でしたw
 
07ribon02_20100519071205.jpg 07ribon_20100519071205.jpg
(左)第1部第6話。リボンは緑 (右)今回。リボンは赤

桜高では入学以降、リボンの色はずーっと変わらないという設定(唯たちは1年から3年まで一貫して青)ですから、今回、曽我部先輩の在校中のリボンの色が赤になっていたのは色指定ミスでしょうw
BDで修正されると思いますw
(※どうもそんな単純じゃないみたいw

でもなんかふわふわの時に梓がいなかったり、脚本家が設定から曽我部先輩を2コ上と思い込んでいたっぽい?
なんかこの辺の設定ミスというかまあ設定ミスなんでしょうが、どうフォローすんだよ的なw
まあ、こっちで勝手に脳内補完することにしますw

■Bパート■
新曲披露キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!
大人な曽我部先輩に刺激されたり、ファンのためになんかやろうかなと思ったり、澪なりに背伸びをしようとするけれど、イマイチ決められないのが澪らしいw
まだ彼女たちは、大人になりきれたりはしないってことですねw
スライドは胸を締め付けられる懐かしさがあったりして、けいおんはやっぱり愛されてるなあというか、自分が愛しているなあというのを再確認させられたりw
ところで、お茶会の風景は声優イベントを彷彿とさせるものがw
これは、演技した声優さんたちの感想を聞きたいところですw
 
07b01.jpg
「けいおん!!」 ぴかしゃでした!それだけ!www
 
07b02.jpg 07b03.jpg
07b04.jpg 07b05.jpg
かくして作られたポスターにグッズの数々。しかしこのシールの表情は誰の選択だw
 
07b06.jpg
まごのて。一番実用的かもしれずw
 
07b09.jpg 07b10.jpg
差し入れを持って訪ねてくれた後輩に話しかける澪。すでに1年にファンがいるんだな…

07b11.jpg
だけど肝心の曽我部先輩は来れない。後輩が楽しんでくれればいいとの伝言
 
07b12.jpg 07b13.jpg
大人な曽我部に感心の唯たち。そんな先輩に、澪は今の自分にできることを思う
 
07b15.jpg 07b17.jpg
プログラムはおしゃれなデザイン
 秋葉のメイド喫茶の玄関によくこういうのあるよなw
 
07b18.jpg 07b19.jpg
司会進行は唯&律の漫才コンビ 秋山澪FCの総勢。\すげえ!/

07b21.jpg
そこには和と馴染みの佐々木さんの姿もw かわいいぞw

07b22.jpg 07b23.jpg
主役登場。テンション低けぇ!w お色直しがないことに舞台袖の3人はブーイングw

07b24.jpg 07b27.jpg
噛みまくりの澪。しかし彼女の拙いギャグに客席は湧く。まあそういうもんだw

07b28.jpg 07b29.jpg
これなんて共同作業。このケーキを用意したのはムギw さらにキャンドルサービスまで

07b30.jpg 07b31.jpg
質問コーナーは百物語仕様。どう考えても律の仕掛けw 怯える澪が萌えポイントらしいw

07b34.jpg 07b35.jpg
07b36.jpg 07b38.jpg
恐怖に燃え尽きた澪を尻目にスライドショーへw 可愛い澪にFCも大喜びw

07b39.jpg
言わずと知れた素材提供者:田井中律w

07b40.jpg
そして上映は高校時代へ。第1部が甦る

07b41.jpg sanko7.jpg
なんと!この頃すでにマンボウをやっていたムギ!w (右)参考資料w

07b42.jpg 07b44.jpg
1年の合宿。第4話。誰の撮影!?w 2年の学園祭打ち上げ。第12話。撮影はさわちゃんか

07b45.jpg 07b46.jpg
2年の新年。撮影は憂? それらはすべて、澪たちが歩んできた大切な高校生活

07b47.jpg
澪がファンにできること。それは、書き下ろした詩を読む事だった―が!

07b51.jpg 07b53.jpg
せっかくのサプライズも、澪の作詞センスについてくることは誰もできないw

「澪の境地」は以下の通りw

 ときめきシュガー

 大切なあなたにカラメルソース
 グラニュー糖にブラウンシュガー
 メープル はつみつ 和三盆

 あなたのためにカラメル ソース
 私のハートもカラメルソース
 
 ちょっぴり焦げ付いちゃっても
 あなたの火加減で美味しくなるの!


なんとかしろw
 
07b54.jpg
ムギにより澪退場。笑顔で怪力w 美味しいなあムギw

07b58.jpg 07b59.jpg
07b60.jpg 07b61.jpg
続いて放課後ティータイム新曲披露!「ぴゅあぴゅあはーと」!

07b56.jpg 07b57.jpg
FC会員一同もこのプレゼントには大満足だったようですw
 
 ぴゅあぴゅあはーと (作詞 秋山澪 作曲 琴吹紬)

 頭の中思い出いっぱい
 あふれそうなのちょっと心配
 とりあえずヘッドホンで塞ごう (Don't stop the music)
 欲しいものは 欲しいって言うの
 したい事は したいっていうの
 だけど言えない言葉もあるの (Can't stop the angelbeats)
 いきなり! チャンス到来
 偶然同じ帰り道 (Wow)
 膨らむ胸の風船 急に足が宙に浮くの
 上昇気流に乗って

 飛んでいっちゃえ!
 君の元へ 私のぴゅあぴゅあはーと
 受け止めてくれるなら 恐くはないの
 この気持ちが 大気圏越えた時
 君は見えなくなってた
 道の向こう側 あい☆Don't mind

サビが90年代の竹内まりやっぽいw

07b64.jpg 07b65.jpg
最後は澪を囲んで記念撮影会。そのショットを曽我部先輩にも贈ろうと梓が提案

07b66.jpg 07b69.jpg
それは北海道の彼女に届いた またいつか、次のお茶会にはきっと

今回の個人的ベストショット■
 
07b68.jpg

まあ、このカットだと思うのですよw

山田監督が以前のインタビューで語っていたように、軽音部をクラスメイトの中の仲良しグループのひとつとして相対化して描こうとする傾向は第2部第1話からあったのですが、今回は下級生や卒業した曽我部先輩と絡めることで時間的に相対化し、また在校生・ファンと絡めることで空間的にも相対化して、軽音部の今いる場所の位置づけを行ったのだと思います。

軽音部の今いる場所には、それを見守るクラスメイトや後輩、ファン達がいる
軽音部の歩んできた過去はスライドの中にあり未来が、女子大生になった曽我部先輩の姿を通じて示唆されている

そんな彼女と「少年よ、大志を抱け」といったクラーク博士の銅像のツーショットは「輝ける未来!」といった感じで、旧OP「Cagayake!GIRLS」の「Girls be ambitious & shine」という歌詞を想起させるとともに、澪たちが今いる場所が、やがて訪れる未来に拓かれている、そんな開放感を感じたショットでした

07b67.jpg

その開放感は、また校舎の中と外、ということでもあって
実はずっと校舎の中で展開してきた物語が、このシーンだけ野外に移っているんですね
それは校舎の外に、未来が広がっているということの暗喩なのでしょう
和が先輩を思う度に校舎の中から窓の外を見ているのも、その内と外=現在と未来の対比だと思うのです

window01.jpg window02.jpg
 
唯たちの”今”を楽しむのがこの作品
ですが、こうして未来を描くのは、もしかしたら初めてかもしれません
 
えーと、でもこれ、舞台巡りに北海道も含まれるってことですね?www
 
zou07.jpg
今回の舞台:さっぽろ羊ヶ丘展望台・ウィリアム・スミス・クラーク博士全身像

■おまけ■
「ぴゅあぴゅあはーと」の予告CM入りました!
 
cm01.jpg cm02.jpg
ハニースイートティータイムではなかったとはw というわけで、6/2リリースです!

cm03.jpg
多分このショットは書下ろしのような…

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

DATE LOG
04 | 2010/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。