スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【考察】 けいおん!! #20「またまた学園祭!」感想補足2

さらに感想補足。自分の考えをまとめる蛇足なので、興味のある方だけどうぞ
ちなみに放送直後の感想はこちら。それを翌日補足解説したのがこちら

【さらに第2期第12話との対比:夢の共有/現実の共有~】

前回の解説の補足
第2期第12話との対比で第20話を見るとき、12話のラストが5人の「夢の共有」であったのに対して、20話のラストが5人の「現実認識の共有」だった。この一言を前回書き損ねていたので追記w
その上で要になっていたのが特に唯と律の共感だった
そこから展開させていろいろ話ができるだろうけど、それは省略w
それが、12話のラストの感動と、20話のラストの感動の意味の違いにもなっている

【最終回としての第20話:古い共有認識の終わり】

今回の第2期第20話で何が終わったのかを端的に言えば、「唯たちの、学生生活はいつか終わることを認識していなかった日々が、終わった」
まんまじゃねーか!というツッコミは置いといて、このことがこれまでの「けいおん」の作品構造に完全な終止符を打ったことを改めて指摘しなければならない

唯たちが失ったその認識は、これまで制作者(作品)と視聴者との間の暗黙の了解でもあって、その共有認識こそがこの作品のキャッチフレーズである「ゆるやかまったりライフ」のバックボーンになっていた
第1期において、それは制作者、登場人物、視聴者の三者が共有していた
第20話までの第2期では視聴者は覚醒させられつつあり、保持していたのは登場人物だけだった(ちなみに、この点こそが第1期とこれまでの第2期の決定的な違いだった)
そして、第20話はついに三者の誰にとっても、その認識が錯覚であり欺瞞だったことが明白になってしまった

つまり、山田監督(吉田女史)の言葉を借りていうのなら、「”今の一歩先しか見えていない唯たち”の”けいおん” は、第20話をもって終わった」。唯たちはもう、一歩先しか見えていないのではない
ここからは新たに「学生時代という今はやがて終わる」という認識を、制作者、視聴者、登場人物が等しく共有して、その前提で作品が作られ始めるだろう
第20話は、この作品の意識改革の完了であり、その意味で、第20話は確かに最終回だったと言えると思う

【ここから始まる「けいおん」:”青春以上・大人未満”の物語】

無限に続く「今」という認識の中での学生生活を描いていた第1期を第1フェーズ。「今」の終わりの陰を匂わせながらも、登場人物は第1期の認識のままで生活してきた第2期第1~20話を第2フェーズとするなら、登場人物が「今」という時間にリミットが切られたことを認識したここから最終回までの話は、この作品の第3フェーズということができるかもしれない。「けいおん!!!」ではないけれどw

第20話で、唯たちは「今の日々がやがて確かに終わる現実」を哀泣と共に受け入れた
それは彼女たちが否応なく、一段高い―卒業という彼方が見渡せる程度には―視野をもった「大人」の側へと成長させられたということでもあるが、いみじくも第21話予告編で、唯が卒業写真を意識していることがそのことを証左している
だがそれは「いみじくも」ではない。第21話に露骨に「卒業を意識する唯」をもってくるのは、制作者からの「卒業は、これまでのように伏線としてチラつかせるものではありませんよ」という分かりやすいメッセージであり、「ここからは唯たちも終わりを意識しています」という宣言だ

ただし、第20話の痛痒やその成長は、イコール彼女たちがバラバラに別れなければならない(梓とは卒業で別れるが)ということでもなければ、音楽という夢を諦めなければならないということでもないわけで、彼女たちの現状認識から第21話以降の物語は始まるだろうし、それが彼女たちにとっての価値の再発見を経て、進路の決定、自己実現という結論に至ることは、原作を抜きにしてもドラマツルギーとして妥当な流れだ。そして、それはさわちゃんや紀美、曽我部といった人生の先輩達の存在によって伏線がひかれてもいる

…と、そのようにこちらには読めてしまうだけに、むしろ制作側にはハードルが上がっていると思うw

ここから始まるのは、
「青春まっただ中」から一歩か半歩踏み出したような「青春以上、大人未満」の物語で、今までとは少しテーマが変わってくる部分がある
山田監督がそれをどう視聴者の期待を受けて描ききり、締めくくるかが、ここからの見所ではないかと思うw



第21話の視聴の前に、書いておくべきことは、多分これで一通りおしまいw
以上の解釈からすると、あの5羽の鳥は巣立ちしたという解釈であるべきかもしらん
スポンサーサイト

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

CDTV Utauyo!! 11位 No,Thank You! 9位

タイトル通りですw
4日の販売開始から時間がたちましたが、まだベスト10をうろうろしてるんだから、たいしたもんだと思いますw
 
cdtv082111.jpg cdtv082109.jpg
画像は2chから。加工済w

まあ、メモということでw

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

DATE LOG
07 | 2010/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。