朝日新聞夕刊「みんなのマンガ学」がディスった件について

朝日新聞の本日の夕刊で、部活漫画を取り上げるミニコラムで原作「けいおん!」がディスられていました
 
asahi1019.jpg
ライターは例の京都精華大学あたりが中心のマンガミュージアムの研究員らしい

元ライターとして言わせてもらうとさあ…
「よくこんな文章書いて金もらってるねえ?京都マンガミュージアムの三流研究員さん」っていうw

この人本当に原作「けいおん!」読んでる?っていうね
評論ってのは「その作品のこと」を語るんだよ
自分のわかる次元の話題にすり替えてそこに落としこんで話すことじゃない
ところが、この人の文章から浮かび上がってくるのは「けいおん!」についてじゃないわけ
このライターの趣向についてなんだよw

 「「BECK」のような「音楽マンガ」とは違う」って文章は何が言いたいんだろ?
 違う…違うからなに?「違うから○○だ」とそこまで言って初めてこの文章は
 評論になるのだ。「違う」で文章を切ったらそれはただの報告
 そんな報告は小学生にだってできる
 「近年、萌えキャラマンガに親しむオタク文化が~なのだろう」って文章も
 それって、お前がその風潮に馴染めないって告白以上のものじゃないだろw
 「ストーリーがないことは」「成長しない」「変化を起こすイベントもない」というが、
 そもそも4コマ漫画は普通のマンガ、それこそ「BECK」のようなストーリーマンガとは
 表現の文法自体が違う
のだ。むしろ逆に4コマ漫画全体を見渡して、どれほどの
 4コマ漫画に「ストーリー」「成長」「変化」が認められるというのか?

 そもそも「成長」とか「変化」をこのライターが何をもってそのように定義しているのかも
 不明瞭。ただの罵りにしかなっていない
 「オチも成長もない日常をユートピア的に描いた」と、これまたこの批判は
 「けいおん!」だけに当たらない批判で、萌え4コマに限らず「まんがタイム」に載って
 いるような4コママンガの多くもこの批判の対象になるだろう

もう一度いうが、こういうふざけた文章を書いてるから
 この人本当に原作「けいおん!」読んでる?っていうね
 評論ってのは「その作品のこと」を語るんだよ
 自分のわかる次元の話題にすり替えてそこに落としこんで話すことじゃない
 この文章から浮かび上がってくるのは
 このライターの趣向についてなんだよw
と言いたくなるのだ

さらに本題はここからだ

この文章がなぜこれほどに自分にとって猛攻撃の対象になるか
それはこの文章が「けいおん!」をディスっているからではなく、「マンガ学」を名乗りながら、学問や評論、批評として絶対必要な要素から逃げている卑劣な文章だからだ
このライターが逃げているのは、「己の明瞭な価値判断基準の明示」だ

仮にも評論、学問を気取るのであればまず「私はこれはこうあらねばならないと考える」あるいは「これは一般論や○○論に照らしてこれこれこうだ」という前提の価値基準を明示すべきであって、それらを前提にして「だからこの作品は○○といえる、私はこのように論じる」というのが正道なんだよ
その上であらゆる批判を受けて立つ!というのが評論家のとるべき覚悟、真摯さではないか

なのにこの文章は「これはこうあらねばならない」という自分の価値判断基準をあえて語らず、ただ頭ごなしに「これこれこの程度のものです。まあきょうびはこんなもんでしょう」と言わんばかりの不誠実な言い逃げをする表現をしているのだ
例えば「BECK」を引き合いにだしたくだりも、「違う」だけで終わっているのがまさに卑怯だ。「私はBECKのようなマンガが好きだがけいおんは好きではない」と吐露したほうが遥かに誠実だし好感が持てる。だがこのライターはそこを不明瞭にして自分の論を進めていく。呆れ果てる卑劣さ
わざわざ公器である新聞を使って
なんという横暴な表現だ


こんな卑怯な奴が
マンガ研究者を名乗るな!

つーか前も言ったけど
評論や批評をナメるな。
評論や批評ってのは覚悟もない半端なマニアがやっていいことじゃないんだよ
これは評論家や批評家を気取る連中全員に言いたいことだ

ていうかさ
人気作を叩いて世間の関心を引いて自分の知名度を上げようっていう
醜い浅ましさが滲み溢れ出てるんだよ。そもそも
大体、マンガ学とかいって、こんなに短いコラムで
こんなに突っ込みどころの多い駄文を書くとは何事だよ
俺が編集者ならこんなやっつけ記事を書いてきたらボツるわ

つーかよくこれで漫画研究者を名乗れるわ~
こんなレベルでいいなら俺も研究者名乗ろうかな?
こいつよりましな文章書く自信があるけど、誰か雇ってくれないか?マジでw

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

日刊スポーツが大型アニメ新連載「アニ★グラ」をスタート

日刊スポーツ公式サイトによると、11月5日より日刊スポーツ東京版にて、アニメ界関係者が月曜日から日曜日まで、日替わりで毎朝紙面に登場する新連載企画が始まり、そこで豊崎愛生さんの登場が予定されているそうです
 
nikkan.png
オタクはスポーツ新聞までチェックしないといけないのか今の時代…w
 
さらにその詳細が、今週末の22,23日に秋葉原UDXで行われる東京国際アニメ祭2010秋で配布予定の日刊スポーツ特報版にコメント付きで掲載されているそうです

ていうか、東京国際アニメ祭なんてイベントがあるなんて知らなかったよ…
まあこのイベントに「けいおん!!」は無関係ですけどもw
 
それにしても豊崎さん人気ありますねえ…

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

DATE LOG
09 | 2010/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク