スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二次元コスパ、コミックマーケット81の限定・先行商品を発表!!

二次元コスパ公式サイト特設ページで、コスパのコミケ81関係のグッズの発表が来ました!
今回は劇場公開にあわせてか、けいおんをしっかり取り扱っています!
ほぼすべてが先行販売で、すでに受付を開始しています
 
cospa01.jpg cospa02.jpg
唯のセットを除き先行発売中!すでに申込を受け付けています。唯のみTBS限定です

まあ見ていただいたほうが早いんですが、以下のラインナップです
 
1)唯、澪、梓DESKセット 5000円
紙袋、マウスパッド、キーボードカバー、ブロックメモ、タンブラーのセット

2)唯、澪、律、紬、梓、メッセンジャーバッグ 4200円

3)唯、澪、律、紬、梓、カラビナ 1000円


ちなみに紙袋は既存の物のようです。またカラビナは前売券の特典としてつけられていたものと同じようです
唯のセットはTBS限定ということなので、前回と同じく、当日買うか、後日TBSのショップで取り扱われるのを待つのがよいでしょう。コミケ当日に慌てて買わなければならないというアイテムでは無いと思います

まあそろそろコミケの季節ということで、こういう情報も次々集まってくると思いますが、頑張って更新したいと思います。今回も特設ページを設ける予定ですw

スポンサーサイト

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

デニーズ第一弾の差し替えコースターゲットしたw

えー、16日から変わっていたデニーズの絵柄差し替えコースター。遅ればせながら今頃ゲットしてきましたw
今日は午後からユナイテッド・シネマ豊洲へ喫茶店の取材に行ってきたのですが、その途中でデニーズに立ち寄ってやっとゲット出来ましたw
 
denys_20111119210033.jpg
ま、見ての通りのもんですねw 裏面は白紙です
 
denys02.jpg
つまらないものですがテーブルの上にあったポップなども撮影
まあ、このドリア頼んだ時点でヲタバレバレですw
 
それにしてもドリアの量が少ない…いや、これ以上あっても味が単調で飽きてしまうか…何かもう一品あると良い感じなんですけどねえw
とりあえずこれでデニーズは第二弾まで一休み。ホントイベント多くて大変ですよね…w 

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

けいおんは世界50の地域に販売中らしい

TBSの海外向けプログラムカタログによると、けいおん!は世界50の地域に販売され、放送されているようですw
 
After a runaway domestic success, popular series K-ON! has been licensed to over 50 territories around the world with the second season following hot on its heels.

これが他のアニメと比べて規模的にどうなのかはピンと来ませんが、すごいもんですね
そりゃこのソフトが終わって減益するわけですw

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

キネマ旬報12月上旬号山田監督インタビューレビュー

ちゅーこって!本日発売のキネ旬12月上旬号(12月1日号)をゲットしてきましたよ!
 
kine.jpg
表紙は淡々としていますw
 
例によって勝手販促記事として(笑)、この記事は作成されています

で、総評なのですが、これは書いでしょうw
けいおん関係の記事は山田監督のインタビューのみ4P(見開き2つ)とやや物足りない感じはありますが、副題が「山田尚子監督 映画「けいおん!」を語る」とあるように、主題は監督の作品への思いを尋ねたものです。ここのところ各紙で山田監督のインタビューがありますが、本記事では質問の焦点を幾つかに絞って、ポイントを抑えたアプローチをしており、じっくり読むことができます。改めて監督のけいおんという作品に対するポリシー、唯たちへのアプローチの姿勢を感じることのできる良い内容です。また、この記事のライターさんは作品を理解しており、本作が唯たちのあるがままの青春を描いた作品であること、観察するように彼女たちの現在を描こうとしている作品であることなどの理解は、このインタビューにおいては前提認識としてあります。なのでありがちな「日常系が云々」の煩わしい誤解を解く話から始まったりはしてません。安心して読める記事です。加えて映画雑誌らしく、幾つかの映画作品を列挙して、その対比などしながら監督の作品作りを浮き彫りにしています。特にエコールや高畑勲を引き合いに出しているのはおっと思いました。さすがキネ旬さんのライターさんやー!w
ライターさんがtwitterで山田監督の人柄が伝わるように書いたというようなことをおっしゃっていましたが、確かにやかましいところのない穏やかな記事で、ふんわりとした読後感に仕上がっていると思います
ただ惜しむらくは、ここもっと聞きたい!掘り下げて欲しいってところの手前で終わってる部分もあって、もうちょっとページが欲しいなあと思わせる記事です
 
■ 記事構成

P78-81 山田尚子インタビュー

■ 誌面要約

例によって誌面より数カ所抜粋してご紹介。ですがこれは読み物として出来上がっているものなので、今回はいつもの抜粋ではなく、各節ごと要約し、自分の評価を付け加えて紹介します。はっきりいって買って読め!!ってことですw
第一節では、吉田、堀口の両名が山田監督にとってどれほど助かった存在だったかが監督自身の口から語られています。作品に対する「成長ない」「葛藤がない」といういつもの批判についてライターが言及していますが、それに対する具体的回答は監督の口から語られていません。そういう価値観でないスタッフを得たということが、監督からの回答といえるでしょう

第二節では、映画がどうしてまた高校時代なのか、という他誌でも触れられている質問から、監督のティーン・エイジャーコンプレックスに言及していきます。監督の女子高生のきらめきを観察したいということについて、第二期第一話の桜を拾うシーンのロングからの長回しや、映画「エコール」との共通性である少女の足元を映す演出の影響、小津映画との共通性などに話を広げています

第三節では、監督が唯たちの「今」「現在」を描くことに対するこだわりについて触れています。過去の思い出を走馬灯のように描くことはしないといことを「プライドにかけている」という興味深い発言も。山田監督にがあくまで観察者に徹したことが改めて監督自信の口から語られています。最後のコメントは過去形ではなく、現在形でけいおんへの抱負、信念を語っていますここは心強いところです

という感じで、他誌とは毛色の違うインタビューです。ぜひ買って読んでみてください!

【補足】
なお、映画上映時間は1時間50分と記載されていますが、ライブ上映会の立川シネマシティでは116分ということになっています。どちらが正しいかわかりませんが、大抵、記事での映画の上映時間の紹介時間は概数なので、おそらく116分なんじゃないかと思います。110~116分ほどと思っておけばいいでしょう

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

今日は…いろいろ溜まってます

今日はユナイテッド・シネマ豊洲にいって、例の喫茶店を取材?してきました。ついでに昨日やりのこしていたデニーズの新しいコースターをゲットして、キネマ旬報も買って来ました…
 
uctea.jpg
唯のセットはこんな感じ。カップの中はお湯ですw
いやー、いろいろ展示してて侮れない喫茶店でしたw
 
というわけで、これから記事におこさなければならないものが、昨日の副都心ジャックの取材、ロッテリア、デニーズ、ユナイテッド・シネマの喫茶店、キネマ旬報とゴロゴロ溜まっている状態です…正直やべーと思ってますw
手につくところから片付けて今日明日の更新でなんとか全部終わらせますので、しばしお待ちくださいw

テーマ : 管理人日記
ジャンル : アニメ・コミック

DATE LOG
10 | 2011/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。