スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画第2週目週末2日間の売上は約1億9千万!

映画ジャーナリストの大高宏雄氏のツイートによると、映画けいおん!の10日、11日2日間の売上は1億9350万円。これはこの週公開した源氏物語の売上を超えるものです
 
wit.jpg
まあ、ポストカードが変わるキャンペーンがあったしね
 
自分は公開以来、2日間を除いて映画を観に行っているわけですが、自分がとある都心の映画館で見る限り、一般客は少なくありません。もちろんオタクっぽい人やそういう集団も見に来ていますが、カップルで見に来ているというケースや、OLくらいの女性連れ、親子連れをわりと見ます。特に会社員か大学生くらいの20代カップルがデートで見ているというパターンはわりと普通に見かけていて、多分女性のほうがファンなんだろうと思いますが、グッズ売り場でグッズを漁っている姿もよく見ています。誇張でなく、けいおんは確かに大衆層に対してもアピールしている感を受けます

オタクは前売りで大量に買ってるはずですから、それを消化し尽くすまでは劇場に足を運んで欲しいですね。それだけの作品だと思いますし
スポンサーサイト

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

QuickJapan99号 吉田玲子・豊崎愛生インタビューレビュー

過日発売になりました、QuickJapan99号をゲットしました!
アニメ特集記事の中でけいおんが取り上げられ、吉田玲子さんと豊崎愛生さんがインタビューを受けています。豊崎さんは安定の回答として、脚本家の吉田さんが公式ムックやアニメ専門誌以外の場所でけいおんについてインタビューを受ける機会は極めて稀で、そういう意味でも、また内容的にも短いながら見所のあるインタビュー記事でした
 
qj_20111212200414.jpg
意外と面白い記事だったかもw
 
買うか買わないかはファン度によるかな?という感じ。ボリューム的には決して多くはなく、内容的にも「ふむふむ」と読むか「ふーん」で終わらせるか、ファンによってわかれるんじゃないかと
ですが、自分は買って大満足でした

記事としては映画の話題に特化したものではなく、けいおんという作品のリアリズムについてアプローチするものです。ですがこのインタビューを読むと、吉田さんのけいおん!に対する制作姿勢が確認できるほか、ようやくけいおん!について、「日常系」「空気系」とか「なにもない」とか「成長してない」とか、その類の評価は決して適切ではない、ということがスタンダードになってきたことをはっきり感じます。またそれを掘り下げているという意味で、特筆に値するインタビューです、そういう意味では個人的に溜飲の下がる内容で、これらの点についてインタビューの投げかける質問が抜群にいいです。そう、これ聞いて欲しかった!って質問をしてくれています
ということで、自分の評価は誰がなんと言おうが断固買い!ですw

ということで、今回も勝手販促記事として一部かいつまんでご紹介w

■ 記事構成

P122-123 吉田玲子インタビュー
P124-126 
豊崎愛生インタビュー


■ 吉田玲子インタビュー

――『けいおん!』のスタッフには「リアルな女子高生を描こう」という明確な意志が最初からあったんでしょうか?
吉田 (前略)普通の女子高生の目線で作るっていうのはスタッフ共通の意識だったと思います。しかも文化部なので勝ったり負けたりという大きな起伏のない、文化部の部活をやっている子たちの目線をずっと意識していたと思います。
 
けいおんが「文化部系部活もの」であるという評価はここ数ヶ月のインタビュー記事でようやく現れ、そして定着しつつある感じを受けますが、吉田さんの口から出てくると改めてそれを強く感じます。自分はけいおん!について2年前の記事で述べたように、昔っから「70年代のスポコン系部活ものの現代的焼き直しである王道部活もの」という評価でいましたから、こうした評価がようやく一般的になってきたことに溜飲の下がる思いがします
つーか今日までそういう評価を下せなかった評論家ども。気づくのが遅いんだよ!!

――『けいおん!』は物語性が希薄で、日常のコミュニケーションだけを重視した「日常系」とか「空気系」の作品なんだみたいに分析する人もいますが、吉田さんはどのように考えて脚本を書かれていますか?

この質問を吉田さんにぶつけるか!
この質問だけで買いですよ買い
だからあえてここに吉田さんの回答は引用しません。買って読め!w
でも案外さらっとかわしています。ただし自分の読みと一致する回答をもらっているので個人的には満足ですw

この後、けいおんのリアリティについて質問が重なりますが、これらも質問が良いです。ぜひ読んで欲しいです

――(いわゆる萌えキャラの)類型的なキャラに当てはめて脚本を書いているわけではないせいでしょうか。
吉田 そうですね。当てはめて作るというより、作り手たちとキャラクターが一緒いて喋ってたりする感覚ですかね。

このへんは山田監督も同じ主旨のことをいくつかのインタビューで述べていて、けいおんが監督、脚本他スタッフの共通認識、共通理解のもとで作られていたことが改めて確認できます。初めからテンプレ萌えアニメなんか眼中になかったんですよね

――そういうものが、そうしてこれだけの超人気作品になったと思いますか?
吉田 ずっと不思議なんですよ(笑)。(中略)どう見てほしいかっていうのは、そんなに意識したことがないですね。

なんという意外な気の抜ける返事w まあヒットを狙っていた風ではないですよね。まあ個人的には見解がありますが…
このあと、更にインタビュアーが良い質問を畳み掛けていきますが、それはどちらかと言うと買って読んでもらいたいです。これはある意味今までけいおんについて「日常系」だの「ドラマがないだの」と言われてストレスためていた自分みたいなファンの溜飲を下げる記事ですから! 本当にw
そうなんだよ!そうそう!ってことを次々に言ってくれるのでw

というわけで、ひとつだけ以下に、ある質問に対する吉田さんの回答の一部を引用してみます

吉田 いろんなことを感じたり経験して、そのたびに違うことがわかったりもするし、何も変化が起きない時もある。そうやって過ごした時間が積み重なったのが成長ってことになるのかなと思います。

この回答だけで自分はもう涙が出る思いなんですけど!
そう。まさにこれがけいおん!の
描いた成長でありドラマですよ!!


ホントこのことがなぜ伝わらない輩がいたのか…この3年間感じてきた鬱憤が晴れる思いがしますよまったく
作品をやり遂げた今、メイン製作者がこれまでのものの真価が見えぬうすら評論家共に貼られてきた「なにもない」だのといったクソみたいな侮辱的レッテルに対して「それは違う」という明確な否定の意思を示していることが、個人的には身震いするほど嬉しい! そうとも今こそ言ってやる。空気系とか日常系とかいってきた評論家共は土下座するか看板降ろせ!てめえは評論家失格だ! ってこれ俺いつも言ってたけどw
 
■ 豊崎愛生インタビュー
 
このインタビューでも、豊崎さんの仕事に対する姿勢やプライドの話はいつも通りです。彼女はきっと大声優になりますね
またこの記事でも、インタビュアーがけいおんに対するこれまでの一般的な不当なレッテル「事件がない」といったものを豊崎さんに、そうではないんですよねと投げかけており、質問に溜飲が下がります。またそれ以上に豊崎さんの回答が饒舌でとても嬉しい。正直これ短いので全編読んでいただきたいです
数ヶ所印象的な部分を列記するにとどめます

――その(女子高生の)独特の可愛らしさを誇張するわけでもないですか?
豊崎 そうですね。
「アニメーションだから誇張しよう」っていう考え方はやめよと。

この辺はいつもこの作品について言ってることですが、さらにいろいろ語っています
また映画のアフレコについて

豊崎 いえ、今回のアフレコは九月にやったんですけど、まだまだ完成していない絵もありました。でも完成していないというより、その場で監督が「この顔はもうちょっとこうしたい」みたいにアフレコ中にアイデアを出されて、だったらこういうふうに演じます」みたいに話し合いながら作らせていただく感じでした。
 
ということで、アフレコは9月だったそうです。アフレコ直後にインタビューがあった雑誌記事も多かったですから、それがいつのタイミングだったか参考になりそうですね


ということで、個人的には断然買い、だと思いますw


テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

舎人公園のイベント追加情報!わりかし盛りだくさんw

16日より開催される「日暮里・舎人ライナーに乗ってクリスマスを楽しもう!」で追加情報が発表されました
舎人公園での先着500名にポストカードケータリングカーの食事をして三角くじ舎人公園駅のけいおんデコレートの3つの企画が発表されています
 
toneri.jpg
こういうのが公園にドドーンと置かれるそうだ…
地域住民的にありなのかそれはw
 
詳細概要

1.映画「けいおん!」ポストカードのプレゼント!
(1)日時 平成23年12月16日(金)16時の電飾・イルミネーション点灯時
(2)場所 舎人公園
(3)内容 先着500名様に映画「けいおん!」ポストカードをプレゼント

2.三角くじで「けいおん!」グッズや都営交通グッズが当たる
(1)日時 平成23年12月16日(金)~12月22日(木) 10時~17時
      平成23年12月23日(金)~12月25日(日) 10時~20時
(2)場所 舎人公園
(3)内容 ケータリングカーにて飲食物を購入した方に、三角くじをプレゼント
     「けいおん!」グッズや都営交通グッズが抽選でその場で当たる
(4)賞品
   A賞「けいおん!」クリアファイル 10個
   B賞「けいおん!」デカバッチ 10個
   C賞「けいおん!」マグネット 10個
   D賞「けいおん!」しおり 10個
   E賞 都営交通グッズセット 20個
   F賞 都営交通グッズ 1000個

3.舎人公園駅ホームデコレート
(1)期間 平成23年12月16日(金)~12月25日(日)
(2)内容 舎人公園駅ホームを「けいおん!」劇中登場キャラクターの
      巨大なシートで飾り付けします

ということで、クリアファイルコレクターとしては是が非でもA賞が欲しいところですw
しかし
先着500名争奪戦実施とか、東京都交通局は
けいおんファンがどういうものかわかってんのか!?w
と心配したくなりますなあ…京都でどれほどの列ができたか、もちろん把握した上での企画でしょうね?これw

ポストカードの絵柄がオリジナルならかなりやばい事になると思うんですが、さすがにそれはないかな?w

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

ポップカルチャーサイトアジアンビートでけいおん特集記事

ポップカルチャーサイト、アジアンビートでけいおん特集記事が掲載されており、映画ポスタープレゼント(3名)が実施されています。また、近日中にこのサイトでプロデューサーインタビューが企画されているので、しばらくチェックするようにしましょうw
 
ab.jpg
記事は初心者向けと言った内容。わりと力は入ってます
 
映画ポスタープレゼントは、サイトのリンクボタンからアンケートに回答して応募できます

締切:2012年1月10日(火)
発表:2012年1月13日(金)

だそうです。サイト記事の感想を書くスペースがあるので、記事にはちゃんと目を通しましょうw

続きを読む

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

17日、TBSラジオの宇多丸の番組でけいおんの評論予定

TBSラジオ、ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフルという番組で、17日に映画けいおんが評論されます。またこの番組はストリーミング配信が予定されています
 
utamaro.jpg
ということで、来週末はストリーミング配信で見ることができると思います!
 
そろそろいろんなメディア、いろんな評論家がけいおんについて論じ始めたので、自分もそろそろ一度感想をまとめないといけないなあと思ってます。ちなみに自分は現時点で、twitterでのつぶやきをのぞいては、素人ブロガーを含めどんな評論家のまとまった感想も読んでませんw
17日にリミットが切られたと思って、そのつもりで頑張ります。がんばろうw

っていうか自分は基本的に感受性中心で論じるタイプなので、最初の感想で大筋は変わらんのですけどねw

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

DATE LOG
11 | 2011/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。