【映画感想】 作品の構造を辿る

そろそろ、これまでの考察を前提として、再度感想をまとめていこうと思います
最初の感想はやはり一連の感想の一番最初のものです。あれは白紙状態で観た直感の感想ですので、自分の心象として一番基本になるものです
この作品には切り口がいくつもあるので、今回は作品構造を再度おさらいして、監督が描こうとしたものを洗い出してみたいと思います


■ 映画=描かれなかったフェーズ3

自分は過去の考察で、けいおんという作品は3つのフェイズに分かれると分析しました
以下、過去の記事をまるごとコピペしときます

全編を通して描かれているのは「青春時代の"今"を"前向き"に生きる主人公の姿」であり、それが最大の主題だった。その下位に各シリーズが描かれている
自分は、舞台背景と物語の相違から本作を3つのフェーズに区分して論じる

 フェーズ1:「けいおん!」+番外編2話
 フェーズ2:「けいおん!!」#01~#20(事実上の最終回・完結)
 フェーズ3:「けいおん!!」#21~#24(完・完結?)

それぞれのフェーズの背景と物語は、キーワードとそれを象徴する楽曲と合わせて、大雑把に以下のようにまとめることができる

フェーズ1:「終わらないモラトリアム」と「内的世界の充実」
        "けいおん大好き!"/♪ 『ふわふわ時間』
フェーズ2:「終わらないモラトリアムという欺瞞」と「外的世界との繋がり」
        "大好きをありがとう"/♪ 『U&I』
フェーズ3:「モラトリアムの終わり」と「内的世界の外的世界への発信」
        "私たちの曲、聴いてくれる?"/♪ 『天使にふれたよ!』

基本的に自分の認識はこの記事を書いた当時と変わりません
また自分は24話の放送前にこういう記事を書きました

ただまあ正直なことを言えば、20話以降もうすこしドラマが欲しかった
進路決定に紆余曲折や、梓の心理的決着に葛藤がもっと描かれるかと思っていたし、そのことを20話が終わった時点では期待してもいた。しかしまあこうして23話まで消化して、これはこれでよかったのか、とも思う…
でもやっぱり物足りない、という気もするw やっぱり、あと6話くらいほしかった

で、振り返って考えてみると、今回の劇場版は自分が当時望んでいた「フェーズ3の6話」をやったのだなと思います。つまりフェーズ3で描いて欲しかった、進路決定の紆余曲折は見れませんでしたが、梓の心理的決着で舌足らずな部分を一気に描いたのが映画版だったのだということです。今はそのように理解しています

この作品は多くの評論家にフェーズ2までしか読み取ってもらえていません。最後の4話が駆け足であったためでもあるでしょうが、ちゃんんと山田監督は唯たちがモラトリアムの終わりを自覚した後に、彼女たちが何を決め、何を選び、どこに向かおうとしたかを表現していたし、その不足していた描写をさらに今回の劇場版に込めたのだと思います

■ 補われる過去・梓への優しさ

今回の映画で何が描かれたかというと、卒業していく4人の先輩と梓との変わらぬ絆です。「天使にふれたよ!」は、テレビシリーズでは、先輩たちが部活を通じて得た「絆」という価値を梓に引き継ぐための歌として位置づけられていたと思います。過去、自分は彼女たちが3年間の高校時代に得た最大の価値を後輩に引き継ぐこと=この歌を梓に届けることこそ、彼女たちの卒業式なのだと読解しました。映画はそれに加えて、先輩たちが梓を思う姿がもっとわかりやすく描かれていたと思います
一方でテレビシリーズで描かれていた梓の心の痛みはずいぶん隠されて描かれていましたが、梓に対するクリエイターの気遣い、優しさはテレビシリーズよりはるかに大きかったと思います

今回の映画は、改めて梓と先輩たちの関係性をゼロから問い直しています
冒頭、まず描かれているのは梓と先輩たちとの「壁」です
梓は卒業を前に先輩たちと別れる寂しさを感じているのですが、同時にまた、先輩たちの世界に入り込めない壁を感じています。DDごっこ、内緒話、そうしたことで梓は先輩たちに自分が踏み込んでいくことに抵抗を感じているのです
それが卒業旅行に誘われた時の梓の反応として現れます

 梓「いきたい!…ですけど、本当にお邪魔じゃないですかね…」
 律「なんで?」

このシーン。先輩たちには自分たちが壁を作ってるつもりなどまるでありません。ですが梓は感じてしまっている。梓も先輩たちと一緒にいたいのに、どうしても先輩たちと同じ目線でものを見て喜怒哀楽できない。同じノリ、ツッコミではしゃげない。それはなにかというと、共有していない1年間の過去、ズレの重さです
先輩と過去を共有していないことが、梓の抱えているコンプレックスなわけです

これを受けて、ロンドンへの卒業旅行は「過去への旅」として描かれています
出発時の飛行機での会話がそれを暗示しています

 唯「過去とか未来にいっちゃったりして」
 梓「タイムマシンじゃないんですから」
 紬「でも、時間…戻るよ」

つまりこのロンドン旅行は、梓が本来先輩と共有出来なかった過去を、改めて先輩たちと共有する旅なわけです
そしてこの旅で、梓が先輩たちの過去に受容されることを寓意する出来事がふたつあります。ひとつは「靴ズレ」のために靴を買い換えること。もうひとつは自分の部屋から過去へ遡り、先輩たちの部屋で唯に捕まること、です

 唯「あずにゃん大変だよ!あずにゃんがいないんだよ!…っているじゃん!」

こうしたイベントを通じて梓は先輩たちとの「ズレ」を補正し、過去の先輩たちと時間を共有し、ずっと先輩たちに対して抱えていたコンプレックスを払拭するわけです
だから帰国後の梓は、先輩たちの卒業ライブへの誘いに、今度は躊躇うことなく積極的に応じるのでしょう

これらの展開は、クリエイターの梓に対する愛情に他ならないと思います
甘すぎるほど甘いですが、作り手の側も、梓が1年目を共有していなかったことがずっと引っかかっていたのだなとも思いました

■ 先輩たちの自己肯定と成長

一方、唯たちは、過去への旅で梓に内緒で梓に送る歌のコンセプトを検討するのですが、具体的なまとまりを得ることはありません。ですが代わりにロンドンでのライブ経験を経て、自己肯定という結論を得ます

 唯「すごいことに気づいたよ。いつもの私たちの曲でいいんだよね」
 律「あら、今頃気づいたの?」
 紬「私もそう思ってたわよ、唯ちゃん」
 澪「私もとっくの昔にそう思ってたぞ」

これは彼女たちが過去に取りこぼしたもの、過去をやり直さなければならないことは何もなかったということであり、これまでの時間を積み重ねてきたありのままの今の彼女たちを全肯定するという、やはりクリエイターの大きな愛情を感じる場面だと思います
唯たちは自分たちの積み重ねてきた高校生活に確信を持って、梓に届ける自分たちの等身大の曲を作るわけです

でもその前に、彼女たちは卒業ライブというイベントを迎えます。この卒業ライブは、彼女たちが改めて行う「高校生活最後のライブ」であり、明らかに20話の学園祭ライブと対比すべきイベントです。なぜここで最後の学園祭と対比すべきイベントが行われるのか。それは自分の過去の解釈からすれば至極当然です

20話の学園祭ライブが持つ意味はシリーズ屈指の重さを持っています。それは唯たちが抱いてきた「いつまでも続くはずの今」というモラトリアムの幻想が、初めて現実の前に打ちのめされた高校生活最大の事件だったからです。彼女たちは「今」が永遠に続いていくものではないことをそのとき初めて自覚し、ひとつの時代を終えたのです

あのとき「永遠に続くはずの今」を失ってなお彼女たちの結ばれた手の中に残ったものこそ、その苦痛を共に乗り越えていく「仲間との絆」でした
梓との別れに際して、唯たちが先輩として梓に伝えなければならないもの、梓に伝えるべき価値があるとすれば、それはもうその絆しかありえない。それはきっと梓も感じるであろうモラトリアムが終わる苦痛を乗り越える翼になるからです
まさに、そのことを再確認するためのイベントとして、ここで卒業ライブが行われたのだと思います

卒業ライブの後、唯たちは白い陽の光の教室でしばし感慨にふけります。そこにはあの夕日の中で泣きじゃくった4人はもういない。それは彼女たちの確かな変化であり、そしてその変化こそ、モラトリアムの時代を終えた彼女たちの成長でした。彼女たちはそこで、あのライブからもう一歩先に行く歌に触れる。「U&I」という他者との関係性への感謝の歌を越えて、自分たちが心に持つ価値を大切な人に伝えるための歌である「天使にふれたよ!」がその片鱗を見せる。それもまた彼女たちの前進であり成長といえるでしょう

自分たちが高校時代を通じて得た最大最高の価値である「絆」を後輩に伝えてこそ、彼女たちは本当の意味で高校時代を終えることができる。「天使にふれたよ!」を梓に歌うことは、唯たちにとっては卒業式でもあったのだと思います

■ 見えない未来との約束

この作品で彼女たちの未来を示唆するものが幾つか登場します
それは未来の不確実性と、今後の彼女たちの直面するだろう現実を暗示するものです

ひとつは予約です。唯たちが予め約束しなければならないものとして、ホテルとアフタヌーンティーがあります。ホテルには部室の寓意があるので、これは2つあわせて放課後ティータイムであることがわかります。これはリーダーである律が場所を間違えてもダメですし、後輩の梓が予約し忘れてもダメなのです

 唯「予約が必要だったとは…」

放課後ティータイムが5人の未来の約束のもとで成立するのは、川上さんからの未来からきたメールに応じることでライブが出来るということにも象徴されています

 唯「未来に向けてメールした!」

ですが、この作品は未来の不確実性についても描写しています
ひとつは、ロンドンのライブの時に浮かぶ4羽の鳥と4筋の飛行機雲。これは4人の先輩たちの離散する将来を暗示するように見えます
さらに帰国後、卒業式前夜の唯と憂の会話

 唯「大学生になっても、みんなとお茶できるかな?」
 憂「もちろん、出来ると思うよ」
 唯「よかったぁ…」

このシーンで、唯でさえ未来に不安を抱えていることが分かります。あの学園祭ライブを経て「変わらない今などない」ことをすでに知ってもいるからでしょう
このふたつのシーンは、未来の不確実性を暗示するネガティブファクターとして挿入されているのだと思います

ですが、屋上のシーンで4人と梓が同時に見上げる一筋の雲と1羽の鳥は、5人が同じ志を持つ時に、ひとつの未来を共有するものとして象徴的に描かれたシーンとしてあります

彼女たちが今に留まれない現実と同時に、共にあり続ける可能性もまたある。それはつまり放課後ティータイムは彼女たちの意志によって維持されていくだろうということであり、その鍵は予約=未来の約束だということでしょう
では彼女たちに求められている約束とはなにか、それはもう自明のことです

■ 青春の成果・時を越えて変わらぬ絆

先輩たちが梓に捧げる曲「天使にふれたよ!」は、梓の抱える別れの寂しさを埋めて、先輩たちと梓を強くつなぎとめる絆の象徴としてクライマックスに登場します

繰り返しますが、それは先輩たちが高校生活を経て獲得した最大の価値の伝達であり、梓との絆の確認であり、現実を乗り越えていく翼なわけです
そしてこの歌は、最後に挿入されるシーンのように、先輩たちと梓とを隔てる時間の壁を越えて、互いの魂を結びつけます

そして、この歌を梓に届けた後、唯は腕を飛行機の翼にして駆けていきます
その先には梓と和がいて、唯はふたりを捕まえます。すなわち、未来において唯がふたりと共にあるだろうことを暗示して、物語は終わります
つまり、彼女たちがひとつにあり続ける未来の約束とは、彼女たちの時を越えて変わらぬ絆のことです。この作品は、この絆がある限り、彼女たちは「終わっていく今」という現実を乗り越えて、未来を共に歩むだろうことを示唆していたわけです

こうして振り返ってみると、クリエイターの視線はどこまでも彼女たちに対する愛情に溢れたものでした

「けいおん!」は第二期#20まで女子高生の今一瞬の煌きを描くことに注力してきた作品ですが、監督はその煌く時間、青春時代が終わってもなお、未来に向かって彼女たち残すべきもの、抱き続けていくべきものをきちんと提示していました。終わらぬ今と、その時代の終わりと、その後に残っていくもの。それら全てこそが、山田監督が「けいおん!」という青春作品で描いた「青春の全体像」であるでしょう

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

【映画感想】 ここまでの寓意のまとめ

● 寓意のまとめ

まず、以下にこの作品に隠されている主なダブルミーニング、寓意をリストアップします
ただし、セリフについては割愛します

・回るもの
 時計回り(右回り)は「未来」を象徴し、反時計回り(左回り)は「過去」を象徴する

・飛行機の向き
 右向きは「未来」を象徴し、左向きは「過去」を象徴する。下は「現在」

・飛行機雲の向き
 左上から右下は「未来」を象徴し、右上から左下は「過去」を象徴する

・飛行機の音
 未来を示唆する重要な飛行機雲に重なって聞こえる。未来の予鈴のニュアンスがあると思われる

・ibis=鳥のトキ=時

・タイツのイラストは鳥トキから足が生えた絵。トキ=時

・なかなか開かないバウムクーヘンの袋

 バウムクーヘンは年輪=過去の蓄積のことであり、梓に対して先輩たちが共有する世界がなかなか開かれないことを暗示している

・ロンドン旅行
 時を遡り、梓が先輩たちと過去を体験し共有するための"過去への旅"

・JL401便
 4人と1人の旅であることの寓意

・ホテル417号室(2つの部屋のコネクションルーム)
 4は律たちの部屋を指し、。この部屋には時計がない=部室と同じ、時のない部屋。初日夜の制服姿の3人とあわせてみて、ロンドン旅行における部室の寓意
 17は梓の年齢で梓の時間を象徴する梓の部屋。同室の唯が留年した悪夢を梓が見るのはこのためか。この部屋にも時計はない

・梓の悪夢
 架空の未来と過去の出来事が混在する悪夢は、「もう先輩じゃないんだよ」という唯との関係性が見失われることに帰結しており、将来的な唯との別れへの不安の裏返し

・飴の道しるべ
 唯と過去回りの追いかけっこをして律たちの部屋で捕まる=先輩たちの過去に受容されるという寓意

・3泊
 唯たちの3年間の寓意か。1泊目に先輩たちが学生服で遊び、2泊目に梓が先輩たちの部屋で捕まり、3泊目に梓も同じパジャマ姿で先輩たちの部屋にいる

・梓の靴
 先輩の過去と一緒に歩ける靴。リサイクリングボックスと関連して今後もリサイクルし続けるものであるとの寓意

・リユースカップ
 梓が持ち帰ろうとしたティーカップ。「捨てない、持ち帰らない」。靴同様に、梓が持ち続けるべきものという寓意

・予約
 ロンドン旅行ではホテル(=部室の時間)とアフタヌーンティ(=ティータイム)に予約が必要。すなわち「放課後ティータイム」の存在にとっての未来の約束の必要性。先輩たちと梓とに未来の約束の必要性を暗示していると思われる
また川上さんへの返信メールは未来との約束であり、その通りにロンドンでの放課後ティータイムのライブが実現する

・4羽の鳥、4筋の飛行機雲
 4羽の鳥は卒業していく先輩たちの寓意。4筋の飛行機雲は無数の未来の可能性もしくは4人がバラバラになる可能性の暗喩か

・ロゼッタストーン
 記録し未来に伝えるツール。カメラ、レコーダーと同じ意味か。卒業ライブを記録している

・卓球
 純は青ラケット、梓は赤ラケットで、リボンの色より先輩たちと梓の歩みを寓意。1-0→2-0→2-1(=梓入部)→3-1。ここで、梓でピンポンが止まる=梓が先輩を見送る立場になることに抵抗を感じているという寓意では

・唯の部屋の隠れた時計
 唯の時間と変化に対する怯えの寓意か

・卒業日の梓の額
 #24で梓が壁にぶつけて作った傷が前髪の下に隠れている。梓が隠している先輩と別れる心の傷を寓意。過去向きの飛行機雲を見上げ額を気にするのは、過去を思い心の傷が疼いているのだろう

・5人で見上げる飛行機雲と鳥
 鳥は翼(=梓)の寓意。5人で進むひとつの未来の象徴

・唯の指が作る三角形
 ハサミのピースサインのイタズラからくるもの。逆に落ち込んだ気持ちで時を切り取る意味があると思われる。梓と同じ過去向きの飛行機雲を見上げていることから、梓と唯が共に別れる痛みを抱いていることの暗喩か

・天使にふれたよ!のラストシーン
 ロンドン旅行のコートの先輩たちの元へ学生服の梓がかけていくのは、過去と現在の邂逅であり、両者のディスコミュニケーションが埋まり、時を越える絆が結ばれたことを象徴している

・ラストシーンの唯
 両手を広げた唯は飛行機のつもりなので、右向きの飛行機=未来に向かう飛行機と同じ寓意。唯は未来も梓、和を捕まえる=共にあるという意味になる


■ 追記・備考 (21日 19:00)

映画サントラによると、2日目のホテルの律たちの部屋でかかる「27.退屈な時間」は「Have some Tea?」のUK版というコンセプトだそうです

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

CDTVでも4位と5位。ただし放送事故w

今日放送のCDTVでも映画のナンバー2曲が4位、5位にランクインしました
しましたが…放送された曲が入れ違っていたそうですw
 
sing4.jpg unmei5.jpg
映画のフィルムを使ってくれてるのはうれしいですねぇw
 
しかし曲取り違えるとかどういうことなのw

まあ自分は感想書いたりしてて全然テレビチェック出来なかったんですけどねw

続きを読む

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

DATE LOG
11 | 2011/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク