スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月最後の日は日記ですw

えー、巷では映画美術背景集が届いたという声がありますが、うちは届いてませんwww
こんちくしょーですw 届いてればそれが記事になるところなんですが、まあしょうがないですね…

今日から角川シネマ新宿での上映が始まり、いくつか映画館の様子がうかがえますが、やはり予想通り試写室レベルのクオリティで、椅子の背もたれは低く、フィルム上映だということだそうです。うーむ。疲れそう…
とりあえず自分は明日見に行くつもりですが、辛かったら1日1回くらいにしないといかんかもですね

ということで、今日はネタも無いのでこんなところでw

スポンサーサイト

テーマ : 管理人日記
ジャンル : アニメ・コミック

【映画読解】 67回:梓の夢と「自慢の憂」

えー、新宿ピカデリー最終で、鑑賞回数は67回になりました。本当はここで切りの良い72回に持って行きたかったんですけどもw まーいいでしょう…

今回は小ネタで、梓がロンドン一泊目に見る夢についてです

■ おさらい:417号室の意味

まずは、あまり今回の話に関わってはきませんが、417号室についてのおさらいから

唯たち5人が宿泊するホテルibisアールズコートの部屋は417号室。この情報は、作中ただ1カット、律たちが部屋にはいり、唯が返事をした後、梓が「私もあっちで」唯「あずにゃんはこっちでしょ」というシーンにしか出ません
「17」という数字が梓を象徴するマジックナンバーであることは、入国審査のシーン、梓「イエス、アイアムセブンティーン」のセリフと、そのゲートが17番であることによって提示されています。よって、「417」という数字はおのずから「4」と「17」に分解でき、この作品は一貫して、梓と先輩たちの関係性を描いていますから、「4」は4人の先輩を意味していることになります。つまり「417号室」は、「梓と4人の先輩の部屋」という寓意と解釈できるわけです

ロンドン旅行が過去への旅の暗喩であることは飛行機の会話から推察でき、ホテルもまた「ibis」=鳥のトキ、転じて「時」のひっかけであるにもかかわらず、417号室には、いずれの部屋にもホテルにあるべき「時計」がありません。時計は教室、駅、成田空港、ロンドン市街、ビックベン、唯の部屋、旅行会社、等々多くの場面に登場しています。ホテル以外に時計のない最も重要な場所は、軽音部部室です。ここから417号室がロンドンにおける部室の役目を与えられていることが洞察できます。またこれを裏付けるように、ホテルの部屋のBGMはロンドンにおける「Have some tea?」をイメージするものとして発注されています
つまり、417号室はロンドンという過去への旅における軽音部部室であり、時間を越えて普遍的な彼女たちの居場所(もしくは時計がない=時間が存在しない場所)として設定されているわけです

さらにいうと、417号室はコネクションルームですが、部室の役目を与えられているのは律たち3人の部屋です
これはまず律、澪、紬という現軽音部創設メンバーの宿泊場所であること、彼女たちが桜高の学生服を着てはしゃいでいること、そして決定的な情報として、壁紙の色が先輩たちの学生服のリボンと同じ青であること、から推察できます。つまりここは先輩たちの空間「4」であり、部室の象徴です
一方、梓と唯の部屋の壁紙の色は梓のイメージカラーである緑です。このことから、梓と唯の部屋は「17」である梓の空間、内面を象徴するものと考えられます。ここに唯が泊まっていることは、梓にとって唯がとりわけ大切な人であることを暗喩していると推察されます

ここまでが417号室についての、これまでの読解の総ざらいです

■ 梓のいる場所は憂の座席

これまで、梓のみる夢は「梓が将来的に唯との関係性を見失う不安の裏返し」と解釈してきました。その解釈は変わりがありません

ですが、ここ数回、気になっていたのは、梓が座っている場所は2-1における梓の座席ではなく、憂の座席であることです。そう、2-1において梓の座席は、廊下側の窓際です。ですが夢で梓が座っているのは憂の座席なのです

そもそもあの夢の世界には梓と唯以外は登場しません。部室には5人分の紅茶と青いリボンをした大きなケーキがあります。ドラムはありますがりっちゃんはいません。部室にいるのは唯と梓だけです。前項で上記したように、梓の部屋が梓の内面を象徴するものであるなら、同泊している唯だけが梓の夢=内面世界に登場するのは必然といえますが、では教室で梓が憂のポジションに居ることをどう理解すればいいんでしょうか

梓は憂に成り代わりたいと思ってるんでしょうか? それとも憂のように唯を愛しているということでしょうか?

■ 「自慢の憂だよ」…概念化した"憂”

で、解釈の手がかりになったのは、夢を見るその前のシーンです

そう、夕食に困っていた唯は、自分のトランクに憂が大量に日本食を詰め込んでいたことを思い出します。そして律たちの部屋でそのお披露目?となったわけです。一同大喜びw この時、全員が憂の存在を意識化しています。梓もです。その直後、唯のドライヤーにトラブルがあってこの会話は途切れますが、梓が憂を思い出すきっかけはまずここにあったわけです

ここで気になるのは見出しにもしましたが、唯のセリフ 「自慢の憂だよ」です。引っかかる言い方でした。普通は「自慢の妹だよ」というところです。まあ唯だからなあ…という気がしてさらっとスルーしてしまうところなのですが…というかスルーしてきたのですが、やはりひっかかる
でもこれが梓の夢とリンクしていると解釈すれば、このセリフがこの言い方であった理由がわかります

つまり唯は憂の存在を概念化した言い方をし、梓はその唯の言葉を介して憂を概念化した、そして梓は、自分も唯にとっての「自慢の憂」、つまり自分も唯にとっての特別な存在でありたいという気持ちが、梓をして、夢の中で自分の存在を憂のポジションにつかせたのではないか、と推察できます

そして、更に細かく見ると、この時の会話で梓は憂の配慮に感心しています。つまり梓は憂に自分は及ばないと思っている
だから上記は、「自分も唯にとっての特別な存在でありたい」というよりは「自分も唯にとっての特別な存在なりたい」といった方が適切なのではないかと推察します。梓にとっては自分が唯にとっての"自慢の憂"であることは「憧れ」で、自分にその自信はなく、不安なのだろうと思います
 
 
 
というわけで、またなんかひっかかっていたところがちょっとわかった感じなので、まとめておきました

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

京アニSDフィギュアSinging!第四弾!まもなく予約開始!だそうだw

京アニSDフィギュア公式サイトによると、Singing!フィギュア第四弾の受付開始がまもなくだそうです!
 
kyouanisd4.jpg
うおお…1日なのかな?

現時点ではアナウンスのみ
買い方用意せよ!!

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

ローソン映画けいおん!キャンペーン5/8(火)より!

ローソン公式サイトに、かねてから噂の映画けいおん!キャンペーン特設ページが開設しました!
キャンペーンは5/8(火)より! ラインナップも豊富です!
 
lawson_20120330135558.jpg
唯律な俺得なイラストだな!唯律いいよ唯律!w
 
lawsonline.jpg
ラインナップはこんな感じ。今回もクリアファイルあるよクリアファイル!w
 
しかし、映画の上映もほぼ終わったであろう5月にキャンペーンとは、この意味をどう読むべきでしょうね?
映画以前から予定されていた企画だったのか、映画の大入りに対するファンへの感謝を込めたものなのか、はたまた6月にあると噂されている映画BD発売と連動したものなのか、もしかして第三期までのつなぎとしてのタイミングなのか?(笑)
なんにしてもまだけいおん!は終わっていない!という元気をくれるキャンペーンになるかもしれませんw

しかしこのトップイラスト、氷菓っぽいですねw 髪の毛の感じとか線の繊細さとかw
日常の時もこんなだった…
いやもうわがままはいうまい!w
ありがとう!そしてありがとう!スカイハイ!!

というわけで、5月になったらまた
青いコンビニで会いましょう♪
 ←最近のマイブーム洗脳ソング

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

今日は特にネタもなさげ

ということで、管理人日記です

当ブログの来訪者数を見ると、微減傾向にあって、やっぱりけいおんの映画展開も終息に来ているのが響いているのかなーという感じ。今月は頑張って毎日更新に努めているのですけども。いやまあネタがなかなかないんですがw

個人的には明日の新ピカ最終は行きますし、1日の角川も3回とも観劇の予定。4日もサービスデーなので行ってみようかなと思っているくらいです。自分としてはまだまだ見足りないというか、見ておきたいという気持ちが強いです
この4ヶ月弱を振り返ってみると、ほぼ毎週末をけいおん鑑賞に費やしていて、それでもうそれが生活の一部になっている部分もあって、かなり終わってると思わなくもありませんw
個人的にはなにかオフィシャルイベントでもあればいいのになーと思っているのですが、やはりTBSアニフェスまでまたないといかんでしょうね

なんにしても、当ブログはまだ頑張っていきますので、今後共宜しくお願いしますw

テーマ : 管理人日記
ジャンル : アニメ・コミック

DATE LOG
02 | 2012/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。