スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まんがタイムきらら4月号「けいおん!」感想

ちゅーこって、本日発売のまんがタイムきらら4月号をゲット!
 
kirara1204.jpg
今回表紙はあっちこっち
 
巻頭カラーページは1Pのみで、映画の場面紹介第三弾と新譜のバンドやろーよ!劇場版の宣伝でした。巻頭カラーページはこれが最後かも
でもって本編

今月すごくよかった!
再登場の和ちゃん留学へ!
でもって久々に本誌に憂登場
でもって平沢母ちゃんと顔出し登場w

いやー!ちょっと今月は良かったですね。読後感が切なくて温かくて
なるほど夏休みの帰省回で和ちゃん再登場かと思いきや、留学とは…まあ、今の時代、ネットやメールでいくらでもつながれるので、あまり距離は関係ない気もしますが、やはり寂しいものがあります。また、憂が本誌に登場したのも久々で、高校編とのクロスオーバーの前兆なのかとも思わせます。唯の高校時代にはまともに登場したことが数えるほどしかなかった平沢母ですが、今回はしっかり1コマ占有ありの登場でしたw ていうかやっぱ美人だな? このお母さん。でもってやっぱり唯の母親だなw 憂がしっかりものになったのもわかる気がする…そもそも毎日、憂が母親起こしてるみたいだしな…

前回までの流れからすると、今回の内容的には帰省しての小休止、Looking back&Go aheadってとこでしょうか。この作品は唯の性格もあるのでしょうが、ほとんど過去を振り返ることはなかったのですが、唯と和が共有した時代をわずかに振り返り、そこから今の唯が見据えているものを描くことで、本編としては唯が前に進もうとしていることを示しています

今回のメインは和と唯の関係性でそれが改めてよく描かれた回だったと思います
和は唯に一つの小さな嘘をついていて、偶然、唯の母に出会って平沢家にあがらせてもらう流れになったわけではなく、自ら唯を訪ねてきていたわけです。そのことを唯には隠した和は、本音では留学のことを相談したかったけれど、別の今を生きている唯に対する遠慮があったのでしょう。ですが唯は過去を捨てたわけではなくて、全部抱え込んで前に進んでいる。唯にとっては和との距離は梓とそうであるように何も変わっていない。そうして前を見ている唯の姿をみて、語らずひとり留学の迷いを払拭する―というより、おそらくは文字通り唯の生き方を見習おうと思ったのだろうと思います
そうしてみると、一見、唯と和は和が唯の保護者のように見えるのですが、実はこのふたりもまた相補的な関係だったのですね。和の欠けている部分をずっと唯が持っていた。やはりこのふたりは親友になるべくしてなったのでしょうねw

また、久々に憂と唯の再会があったのですが、憂のレスポンスはめっちゃあっさりw やっぱり妹は姉離れしつつありますね。むしろ梓の方が唯が恋しいのかもw 唯、憂、和のトリオが久々に見れたのも嬉しかったです! 

今回はかきふらい先生、ストーリー構成うまくなったなあと改めて実感しました。あと、11.)の3コマ目の和ちゃん上手いですね。画力上がってるなーとw
 
 
トップイラスト)唯。今回のキーパーソン。でも隣に和ちゃんも描いて欲しかったかも。帽子意外と似合ってる
01.)黙って帰宅して驚かせてやろうというのは自分もやったことがあるかもw と、ここでまさかの和ちゃん再登場。いやーちょっと嬉しかったw
02.)1、2コマ目の和ちゃん汗かいてますが、嘘をつくからですねw しかし和ちゃん、大学でメガネ変えてないんだ。平沢母がそういう人だってことは修学旅行での憂の言動から見当はついていました…
03.)髪の毛の長さとかで1コマ描写してみるとか、かきふらい先生は男性作家にしては意外と繊細なんですよね。絶対女系家族だと思うんですがw 大学で出ていってる間に実家の部屋が物置。これもありがちだw
04.)卒アルを大学寮に持って行ってないところに前向きな性格が。学祭の話題が出たので、ここは学祭でクロスオーバーする伏線とみていいでしょう。ふたりにとっても軽音部は共有する思い出なんでしょう。唯と和で梓のことが話題になるのはなにか新鮮
05.)唯と和っていつもこんな感じだったんだろうな、みたいなw
06.07.)そして今の話。実は梓同様、唯も自分の今で精一杯なわけで、だからこそ和の今の悩みが見えなかったともいえるかも。しかし本当に、唯の音楽活動はどうなっていくんでしょう…プロといっても平沢進みたいに世界を相手にする道もありますしねえ(笑) まあ、こうして伏線が張られたからには、そこまで描ききって欲しい気がします
08.09.)やっぱりくどいようだけど本編に動いてる憂(笑)が登場してるの嬉しかったわw 月2回出演、美味しいな憂! 個人的に憂が和を和ちゃんといって甘えるの好きなんですよね。この3人のエピソードはもっと見てみたかった。むしろどっちかっつーと唯の方が妹離れできてない感…というか相変わらずダメダメ感がw
10.)平沢母1コマ占有(?)してアップ登場! おおー。やはり美人だ。この4人で唯たちが小さい頃は何度ももお茶したんでしょうね
11.)なんというか、こうして見ると唯は強いですね。それにしても最後の母娘の会話が家族の会話という感じでよかったです。今回はいいエピソードでした

で、ここまで見るとわかりましたね? 今回は11話、6Pしかなかったのです!
とは思えない濃縮っぷりでしたけど
しかし、単行本のページ数調整? それとも単行本の描きおろし作業?
どうもなんか忙しいみたいですね

来月号も無事掲載されることを祈りつつ、今回はこんなとこでw
スポンサーサイト

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

DATE LOG
02 | 2012/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。