スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BSフジ ジャパコンTVの4コママンガ特集でけいおん紹介 6/1・24時放送

twitterのジャパコンTV公式アカウントによると、6/1の24時(6/2の0時)放送コンテンツビジネス最前線ジャパコンTVにて、4コママンガ特集コーナーがあり、そこでけいおん!が取り上げられるそうです!
 
japacn.jpg
いや、けいおんについても芳文社に取材しろよwww
 
ちなみに当番組のレポーターは豊崎愛生。キャスターは高垣彩陽。イメージイラストはかきふらい先生の友人の大沖先生ですw
いやあ、見ものですね。また迷子とか言われるのかと思うと…って違うかw

ということで、今から録画予約をお忘れなく!

スポンサーサイト

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

プラチナシート/ルーム完売告知w

新宿ピカデリー公式サイトに、プラチナルーム/シートの完売告知がきましたw
 
sinpika_20120530174034.jpg
見たかったんだけどねープラチナ…もう一回上映してくれればねー

自分も今日は88回目を観てきましたが、またアンケート書いてきましたよ!
7月第一・第二週に再上映すれ」と!w
 
信じてるからな!新ピカ!www
 

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

新宿ピカデリー最終日予約開始!即日プラチナ満席w

本日朝9時より、新宿ピカデリーの最終日上映の予約受付が開始されましたが
開始約3分以内でプラチナシートは瞬殺5万円のプラチナルームアニバーサリープランも含め、プラチナシート/ルームは34分で一時完売し、満席となりましたwww
 
0601.jpg
うん。やっぱりプラチナ用意して正解だったね新ピカw
 
でまあ、自分は結局悩んだ挙句、一般席にしましたw

最終日に2回上映があれば1回はプラチナにしたのですが、ファイナルはやっぱり客席の拍手とスタンディングオベーションを体験したいなあというのと、プラチナのペアカップルシートの落ち着かなさ(笑)とスクリーンの遠さが決定要因となりました。自分はいつもなるべく前の方でスクリーンを視界内いっぱいにして見るので…
プラチナの要望をアンケートに出しまくってた当事者としては、プラチナを狙うのが筋ではあったんですけど…まさか最終日も1回上映だけとは思わなかったんだよorz まあ、満席になってくれてよかったよかったっていうw
 
一般席はキャパ500以上とはいえ、急速に埋まりつつあります。観劇を希望の方はなるべくお早めに座席を確保しましょう!

■ 追記

なんか今みたら、プラチナルームが解放されて三角に戻ってましたw
買う人も悩んでるみたいですねw (09:52)

お昼前には結局プラチナは完売したようですw (19:07)

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

まんがタイムきららキャラット7月号 けいおん!感想

ちゅーわけで、本日発売のまんがタイムきららキャラット7月号をゲット!
 
 carat07_20120528193539.jpg
キルミー&はるみねーしょんが表紙…むう
  
まあ、次回で最終回とかそういう話は後でするとして…まずはいつもの感想からw

ラス前エピソードは
菫&直の次世代コンビにフォーカス!

       
前回のエピソードで、梓の部長としての成長譚にひとつの決着をみたところで、今回は次世代のふたりの交流に焦点があたっていますこれまでも梓たちの修学旅行エピソードで、菫と直の距離が縮む展開はあったわけですが、今回は更に踏み込んでいます。完全にオリジナルキャラクターの絡まない、次世代キャラだけの関係性を描いたものです。最終回前の描いておくべきテーマとしては適切といえるでしょう

それでも意外だったのは、直という人物像の描写に「家族」を持ってきたことでしょうか。これまでけいおんは家族、特に親の存在感の希薄な作品で、山田監督も以前に、原作者の意向として親を出したくなかったというコメントを出してもいました。しかし今回の直の人物描写では、親と弟たちの存在が非常に重要な役目を果たしており、家族観が軽音部に対する評価に通じ、菫の抱える不安に対する回答にもなっています
素直で少し臆病な菫と、控えめで泰然としたしっかり者(ただし不器用な)直のコンビは、梓たちに比べてさらにおとなしい感じの軽音部を作りそうですが、親友として支えあっていけそうな予感のするエピソードでした

それにしても、梓がすげえ唯っぽいw
先輩たちの中で一番影響を受けていたのはやはり唯からだったのかw さわちゃんも今回は普通に顧問らしかったですw まあこれでもうひと通りの人物描写は終わったと考えていいと思うのですが、純ちゃんをもうちょっと掘り下げて欲しかったかも! 自分はもっとフィーチャーされてくると思ってたんですけどねえ。兄ネタくらいだったか…くそう。さわちゃんと悪乗りして欲しかったのにw 憂はやはりロボ超人ぶりを発揮してましたね。姉離れしていっていることは行間の描写で細かく入れていましたが、総括するようなエピソードがあってもよかったかもと思います
 
 
トップイラスト)次世代コンビ! 直はメガネ外すと美人とかそういう設定は特になかったw
01.02.)梓が丸い…ていうか唯っぽいw ていうか菫をフォローすべきはリズム隊の純なのではw
02.03.)憂の想定を越える変化…姉のミームがこういう形で発現したらしいw 先輩が学祭で引退ということを今頃知ったか…
04.05.このふたりはいつもこんな感じで、菫が自分の抱えていることを一方的にいろいろ話して、直が黙って聞いているんでしょう。でも直は決して聞き流しているわけでなく、ちゃんと考えて聞いている。ただ言葉にするのがうまくないのかも知れません。今回のエピソードで菫も直に対する理解が深まったわけで、いっそういい関係になりそうです。ところで菫→直は「直ちゃん」なんですね。直→菫は「菫」と呼び捨てなんですがw
06.07.)なんと直の弟は四つ子!キャラデザの手抜きとかじゃなくて!w なるほど直がしっかり者なわけです。またそんな長子である彼女が人間観察について、鈍感なわけもない。どうでもいいけど、このふたりはそれぞれの境遇から普通に家事ができるので、女子力高いですなw
08.)さすがに料理スキルはリアルメイドの菫が上かw 直の姉としての権威は絶大らしい
09.律・澪・紬が唯の両親とこういう挨拶するのに3年かかったなあと思いだしてみたりw 直はやはり菫のことが好きなんですね…わかりにくいけどw
10.)そりゃー菫は巨乳でしょーなw
11.)というわけで、家族描写を避けてきた作者が、軽音部の居心地の良さを家族になぞらえてくるとは思わなかったわけですよ。これは至極自然だし説得力もあるので、シリーズ完結の前に総括し、結論を出してきたんだなと、そのように解釈しておきます。ところで4コマ目の直が可愛いんですけど!w
12.)打ち込みなんかを考えた部長がいましたなあw ドラム打ち込みはないにしても、パーカッションとかは打ち込みでやれそうで、音楽の幅広げられそうですよね。新生軽音部
13.)梓よく言った。先輩っぽくなったな…純ちゃんこういうの苦手らしいw
14.15.)さすがに音楽教師、気づいたw さわちゃんのサポートがあれば来年以降もやっていけそうですね。平沢憂はこれで通常運転ですw
 
で! 次回最終回!なんですが!!
 
んー、なんというべきですかねえ…個人的にはこの新生軽音部と新世代の話をもっと見たかったですし、梓が唯たちと合流してからの話も見たかった。唯たちも大卒まで描いて欲しかった。それが見れないのはとても残念です。でも、自分の中にこれで終わらないという予感もどこかにあって、なんか耐えられない!ってほどではない心境です。と言うか、もうこの作品は自分の一部なので、自分の前からなくなるということはないと思うんですよね。そういう確信があります
 
この約1年の連載再開を「映画BDまでのつなぎで予定通り」と見ることもできるわけですが、個人的には、いろいろな可能性があって、それがどう転んでもいいようにやってきたのだろうと思います。どのような結論が出たのかはわかりませんが、なんにしても短いスパンでの復活はないでしょう。この約1年の原作をベースに新作アニメを作ることも可能でしょうが、それも京アニのスケジュールを考えると近い将来には少し難しそうです

かきふらい先生はこれまで表に出ることは一切無く、ヒット作の原作者としては驚くほどメディアに姿を見せない存在でしたが、思うになにか別の正業、それも公務員のように、公にすると差し障りのある職業に就いているんじゃないかと思っています。どういう理由であれ、原作者が単行本やパンフレット以外一切コメントを出さないヒット作というのは初めて見ました。反面それだけに、ヒット作にありがちな原作とアニメの内紛とかズレとかゴタゴタしたノイズが入ってくることがなかったということもあり、そういうスキャンダルにまみれる作品にならずに済んだのはとても良かったと思います
ただまあ、再開した原作はわりとアニメとの別路線を意識している部分も多く、作者なりのこだわりやポリシーがあったのだろうなと感じる場面も度々ありました
 
というわけで、次号最終回ですが、ひとつ指摘しておくと、きららもキャラットも、最後のページのハシラに「かきふらい先生の次回作にご期待ください!」の文句があるかどうかが大きなポイントになると思います。なぜなら、前回一旦終了した時、この文句はハシラになかったのです。だから新作を作るのかどうかもよくわからなかった。このまま漫画家引退するのか?とも思ったものです。結果は見ての通り連載が再開したわけで、ハシラにあの文言がなかったのは、その時点で今後の方針が明確に立っていなかったか、含みがあったのでしょう。だからこそ、次号、その文言があるかどうかはひとつのサジェストになるように思います

そんなところでw
次回最終回、期待して待ちます!!

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

原作高校編終了がヤフーニュース(エンタメ)記事に

キャラット来月号でのけいおん終了が、ヤフーニュースになっています
 
yahoo_20120528164428.jpg
原作終了が記事になるってすごいなw
 
というわけで、とりあえずいつもの感想記事は今夜更新します

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

DATE LOG
04 | 2012/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。