【雑考】山田監督のカメラワーク・映像演出について

氷菓9話を見ました。絵コンテ、演出が山田尚子ということで何度も何度も見返したのですが、けいおんの映像と幾つかの共通点を見つけることができました
というわけで、今回は今まで手を出していなかった、山田尚子監督/けいおんのカメラワークと演出についての簡単な雑考です(過日twitterでつぶやいたことの再編集です)

けいおんの独特の映像作りについては、オフィシャルか専門的なライターがしっかりした考察をして欲しいと常々思っていながら、ほとんどそういうものを見たことがありません。自分は映像の専門家ではないし、そのための教育を受けたわけでもないので、以下はあくまで素人の感じた限りの話と予めお断りしておきます

端的に結論から言うと、フィクスの絵作りについて、山田監督にはかなりの拘りがあるらしいのがわかります。ちなみにフィクス(FIX)とはカメラ固定の状態の映像のことです。そして、フィクスへの傾倒はよく指摘されることでもあります
他にも、よく言われる広角レンズの使用や、カメラの高さを地面や机の上などの地平線に設定するローアングルの多用カーテンショットなど技術的な傾向の話も別にあるのですが、今回はフィクスでの絵作りの癖とその効果について絞って、雑考を書いてみます

自分が山田監督のフィクスの映像について、この記事で特に指摘する特徴は以下の4点です

1)キャラを左右隅に極端に寄せて空間を取る構図
2)平面的な構図をとりつつ会話ややりとりで動きや奥行きを見せる
3)重なるように複数の被写体を枠の中に入れてフォーカスで動きを作る
4)横顔や足を見せるカットについて

これらについて順番に語ってみます

1)キャラを左右隅に極端に寄せて空間を取る構図

キャラを極端に寄せている構図の中でもキャラの顔や視線の方向が空間と逆(枠の方)を向いているシーンはとても印象的です。キャラが歩くなどのトラックショット(カメラが被写体に合わせて動く)でもキャラを極端に左右に寄せて、進行方向と逆の空間を広くとって見せるという構図がよくみられました

よくあるキャラを中心に据えた構図は、誰がなにをやっているのかはひと目でわかりますが、いつどこでやっているかは不明瞭になります。それに対して、この構図はいつどこで誰が何をやっているのか、4Wがひと目ですべてわかるのが特徴です

更に言えば、この構図はキャラのアクションや展開中のドラマより、それを客観する背景が強調されているわけで、今のキャラクターのアクションがどういう環境の中で展開されているのか―教室か部室か廊下か、朝か昼か夕方か夜か、その場の空気感がサブリミナル的に刷り込まれるわけです。
キャラがいる画面の一部分に注意を向けさせつつも、その人物や進行中のドラマと無関係の他界が同時に存在することで、主題に注目させつつ同時に無駄とも思える空間が主題を客観させて、その場の雰囲気を刷り込む。キャラクターとそれを包む環境をまとめて見せる。けいおんの独特な実存感、空気感を支えたのはこの構図だったといえるかも知れません

また、極端でないまでも、監督の絵はあまりキャラをセンターに配置してアクションさせないで、配置を左右どちらかにズラす傾向があります。s2e24での梓が泣き出すような、キャラに注目させるべき大きなシーンですらそういうことをやっています
これには構図的なバランスもあるのでしょうが、センター配置でバーンと注目させることは、美意識の次元で是としないのかもしれません。またそれを避ける事で、視聴者が自ら求めて対象を見るよう訴求しているのだろうと思います。またこの構図は、注目したいキャラクターがカメラのセンターにいないことから、視聴者側に欲求不満が生まれます。おそらく、それによってキャラクターへの愛着を煽る効果も少なからずあるでしょう

またこの傾向は凡庸な構図を切り札にしてもいます
s2e20のライブの後の部室のシーン。唯がみんな!といって抱き合って泣き出す場面では被写体をセンターにおいて真っ向から感情の爆発を描いているわけですが、こういうストレートな見せ方はむしろ珍しく、それだけに強いインパクトを持っているといえます

そうしてみると、彼女の絵作りには意志が込められていると感じます。この場面はこのアングルで彼女たちを映さねばならないという明確な意志です。けいおんが作り手の愛情に溢れた作品だと思わせる理由のひとつは間違いなく、カメラワークにキャラクターに対する作り手の意志が感じられるからです。視聴者はそれを無意識に受け取っているのでしょう

2)平面的な構図をとりつつ会話ややりとりで動きや奥行きを見せる

真横や真上からただ写しただけの平面的な画面を作りつつ、会話で動きをつけるということもしばしばありました。映画けいおん!では、部室でさわちゃんを含めた6人で、これまで何回お茶をしたのかと話しているシーンが典型的です

この場面の会話は、唯→紬→律→澪→梓と画面右手前の唯からジグザグに画面奥へと発言していき、最後に一番奥の梓から手前のさわちゃんに帰ってきます。カメラは一切動いていませんが、会話によって視聴者の視線は順番にキャラクターに誘導されるので、動きと奥行きが生まれています
これは、二次元的な構図を二次元に見せないためのテクニックとして意図的に使っているのだろうことが推察できます

3)重なるように複数の被写体を枠の中に入れてフォーカスで動きを作る

発言者によってフォーカスを変えるのも、意識を誘導することによって二次元的な構図に手前と奥の動きを作っています。このテクニックはピントが二度変わることもあります(つまり話し手が画面内のA→B→Aと戻る)。そのたびに視線が誘導され、二次元の絵に手前と奥を意識させられるわけです
また、この技法は視聴者の意識に寄り添っていて物語にのめり込みやすい。見ている側は、一方が話していると、次にフォーカスが移動してもう一人の人が話すのだろうと察することができ、映像と視聴者の間でキャッチボールができるからです

また話しているのはピントのボケている方で、カメラは話してない方の人物にフォーカスしていることもあります。これも視聴者の意識の誘導のテクニックで、同時に複数のドラマを見せたい時によく使われています。表向きの会話の一方で、別の思索が展開しているわけです。これも物語にのめり込ませる効果があるといえます

2)3)の技法は無論、山田監督のオリジナルではありませんが、彼女が画面にメリハリをつけるために好んでこれらを使っているとは言えます。これらはフィクスの退屈な構図に、キャラクターのアクションに頼らず、どう動きをつけるかという思索、要求からのものでしょう

4)横顔や足を見せるカットについて

ファンなら誰でも印象的に思っているであろう横顔と足のアップショットは、共に感情を表す目的で好んで使われているようです。監督自身、つい横顔を多用する癖があるといっているし、足に感情が現れると思っているとも言っています

横顔については構図的にアップで見せることは少なく、画面の中でどちらかに寄せる傾向があって、1)同様の効果を狙ってもいます。足はむしろ画面のセンターに持ってきてそれをしっかり見せるということをしているので、両者は共に婉曲的な感情表現ですが、構図には違いをつけているようです

映画でのように横顔や足の動き自体を見せることを中心に描かれるシーンもありますが、映像の流れの中に緩急をつけるために挿入する静物や風景のカットやカーテンショットと同じ位置づけで入れている印象も受けます。特に足のカットにその傾向があります。会話で顔Aアップ→顔Bアップ→B足→全体遠景(そのシーンのマスターカメラ)とかの流れです。映像のリズム作りと感情描写の一石二鳥を狙っているのではないでしょうか


簡単に見てきましたが、こうしてフィクスの映像が個性的な一方で、山田監督はあまりパン(カメラを動かして視点を移動)やズームを多用しない印象があります
例えば長台詞で止め絵をゆっくりパンするアニメ映像が多い中で、彼女はこうしたシーンでも、カメラを切り替えつつあくまでフィクスの構図、テクニックで魅せることを追求しています。フィクスで個性を発揮することは彼女の拘りではないでしょうか。そしてそれは見てきたように、二次元的な構図を見せているようで、それが二次元でない仕掛けに腐心しています。二次元を意識的に使いながら二次元から逃げようとしているとも思える。つまり発想が実写的なのです

ですが、映画では幾つかの場面で面白い映像が見られます
ロンドンでティータイムを言い出す俯瞰のシーンや、4日目の鳥から観覧車なめのシーン、ごはんのサビで斜め俯瞰からカメラを動かして舐めるシーンなど幾つかのトラベリングショット(カメラが動きながら被写体を写す)です。これらは二次元でなく三次元の映像技法です
これらはTVシリーズではまず見られなかった映像で、けいおんといえばフィクスで見せるものと無意識に目が慣れていた自分には、あれらのカメラワークには率直に言って衝撃を受けました。特にごはんのサビでのクレーンショットは、あのライブを撮影するクレーンカメラの動きが想像できるほどのものです

山田監督は映画で初めてライブ回を担当したそうですが、あれは動画を潤沢に使える映画だからこそやりたかった動きに違いありません。そしてああいう絵を撮ること=実写こそが山田監督の行きたい方向性なのだろうことは、十分伝わってきました。事実、公開前後のインタビューでもそれをほのめかす発言は随所に見られました。しかし今はアニメで学ぶことがある、とも。彼女の才能が実写に行く前にけいおんを作ってくれて、本当に良かったと思います


というわけでとりあえずはこんなところです
実はまだ指摘すべきことはいくつかあるのですが、それを語るには自分には勉強が必要なのでしません。重ねて自分は映像の知識は素人ですから、これらの指摘が妥当であるのかどうかは読者に判断を委ねるとして、けいおんの映像作りの論考の一助になればと思います

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

DATE LOG
05 | 2012/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク