スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【たまこま】 たまこまーけっと第八話感想

えー、とりたてて口上もなく普通におもしろかった第八話、感想などw

【メインスタッフ】
脚本 横手美智子
絵コンテ・演出 武本康弘
作監 植野千世子

【印象】
・黒電話かー
・栗もちってことで、すっかり秋ですね
・今回はかんなちゃんちょっと活躍してる
・鳥さん、鳥の人、そしてミスター…かんなちゃんのデラの呼び方がようやく確定したらしい。ミスター…か…w
・星とピエロ。すっかり溜まり場w この舞台装置って…いやまあそれは後で
・デラさん変な声をだすなw
・その屋根、外せるんだ…
・アバンなげーw
デラさんの羽根、すっかり手なんですけどw
・レシピの呪文w
・ハロウィンの頃なので10月末ですか
・どうでもいいけど、たまこ以外の家族は逆さ膳だな…気になる…
・「腹が減るのは一番辛い」っておじいちゃんが言うと重みあるな
・あんとチョイいいな、かつて俺がロリキャラにここまで夢中になるアニメがあっただろうか!w
・制服で仲が良い感じがするって、どこかで聞いたことあるなあ?
・もぐもぐしてるかんなとみどり可愛い
・制服チョイ可愛い!
・うーん。モブのキャラの髪の色はけいおんと同じように茶系、青系、黒系、赤系でわりと現実味のある色にまとめてるのに、みどりの黄色がすげー浮いてて落ち着かない。なんでこの色彩設計なんだろう?
・赤くなるチョイかわゆす!
・そういや前回史織さんも出てなかったなあ…生かしきれてないなあ彼女も…
・先生それでいいのか?おもいっきり部外者なんだがw
・モブの顔がモブだ(何を言ってるのかわからねーと思うが以下略)
・チョイちゃん普通にバトン使える
後ろ向きに飛ぶなw
・チョイちゃんのくしゃみ可愛いw(さっきからこればっかw)
着せ替えで盛り上がるシークエンスはガールズライフっぽくてよいな。けいおんでこういうの見たかったわw
・この洋服店のギャル系の人、どういうキャラなのw つか姉妹かなんかなのw
・たまこの香りは今回これだけか…進める気はないのね
・あんのパジャマかわゆすw
・鴨川の飛び石w けいおんとクロスしたw
・マッチョすぎでキメェw むしろ胸肉美味しそうwww
・赤くなるチョイちゃんもデラかわゆす!(今回これだけw)
・まとめも綺麗で、ソツのないエピソードでしたなw

【映像】
今回はやっぱ天井から真下にお茶の間を見下ろすアングルが一番目を引きましたね。誰が絵コンテなんだろう?と思ったら武本さん。なんか実験映像的なモノを入れながらやってんのか?というw

【劇中歌】
今回はお馴染みのクラシックでしたねw

【花言葉】
今回、化粧台にあった花がまだ判別不能。なんだろう? 草本類なのは間違いないんだけども…

【チェックポイント】
1)星とピエロ
なんというかすっかり溜まり場として使われているわけですが、最初の数話に見られた、メタレベルで物語を総括する異空間的な位置づけがすっかり取り払われている印象で、舞台装置として使いこなしきれなかった、失敗したのかな、という印象を強く感じました。結局ここは当初、どう活用したかったんだろう?

2)学校=有限世界と商店街=無限世界
今回、改めて感じたのは、学校という小社会と、その外部に広がる商店街というふたつの社会、そしてそこでの登場人物の二重生活が共に描かれているこの作品の特異な構造です
もっというならこれは、学校という限界のある世界と、商店街という一般社会の一部、つまり無限に広がる社会ということなんですが、だからこの作品はたとえば「けいおん!」のような、有限な世界の、有限の物語ではない、わけです。簡単にいうなら、商店街の暮らしに卒業式はないしお別れもない。どこまでも続いていく
ということは、この作品は実は…終わらないんじゃないか?ということを今回は改めて強く思いました
ということで今回の感想へ
    
【感想】 これは結局始まってるのか?終わるのか?
 
今回は普通に面白かったです。キャラクターの動きにも違和感がないですし、定着した登場人物が違和感なく動いている、という印象で、まるで1クールか2クール普通に描かれてきたキャラクターのように動いているように感じられました。ベテランらしい手堅い作り
で、むしろ逆にあの6話くらいまでの、どことなくギクシャクしたような「馴染んでいない感」は一体何だったんだろう?という風にも思ってしまったり…いやまあ自分の感覚的な話ですけど
分析してみると、おそらく今回は多分、ほとんどのキャラの心の内面に踏み込んでないんですな。チョイの心の動きに絞って描いていて、それ以外のキャラは「行為者」「アクション」として割り切って描かれていたので、キャラクターの掴みどころのなさとか、描写不足へのストレスがなかったんだろうと、まあそんなふうに理解しました

本題に戻ると、前回ラストでひっぱった「香り」はほとんど触れずじまいで、今回もつなぎ程度にほのめかせただけ。あと4話で一気に決着をつけるつもりなんだろうか? でも、次回はあんともち蔵の恋愛話っぽい予告で…ぶっちゃけなんだかこの話って終わるのか?って思い始めました。というかそもそも始まってたのか?という。これが今回の感想の本題なんですが…

つまりこの作品は、実は起承転結をシリーズの中で組み立てて見せようという意志はそもそもなくて、ただ淡々と過ぎていくたまこたちの日常の、たまたまの1年間を切り取って見せてるだけなんじゃないか?と確信しはじめてます
なぜなら、上記したように、商店街という世界には「終わり」がない。ここまで、という区切りがない(もちろん近所に大型スーパーができてシャッター街になるという終わりはあるかもですがw)。それはただの日常であって、日常の終わりはぶっちゃけ極論すれば「人物が死ぬ」ことしかないわけです
だからもしかしたらこの作品は、ある事件が完結するとは限らないし、物事が終わるとも限らない。始まってすらいないかもしれないし、始まったものが終わらずに放送は終わってしまうかもしれない。そんな感じを、今回は強く感じました
だからもしかしたら、王子のお妃探しもなにも進展なく終わるかもしれないし、最終回でデラとチョイが本国に帰る帰らないという話題もない、もち蔵やみどりのたまこへの感情がどうにか動いて関係が劇的に変化するとかいうこともない、ただ淡々と変わらない生活…その中の微妙な、本当に少しづつの変化が最終回まで淡々と描かれて、全てに何の結論も出ないままオシマイ…ということもあるかも。というかむしろその気配が濃厚に漂ってます

そう考えると、この作品って、物語なんだろうか?というのもあるんですけど。いやこういう話をすると、そもそも物語ってなんぞや?って話になって、すると別に起承転結のない話も物語は物語じゃんって話になるんですが。この作品って終わってみた時、つまり単に文字通り「「たまこまーけっと」で起こった1年間を描いただけの物語」で、お妃探しとか恋愛とか全部ネタに過ぎなかった…という事になるんではないかってことなんですよ
振られたネタに結論が出ないまま終わるアニメとか、常識的にはそんなことやられたら視聴者からブーイングもあると思うんですが…でもやりかねないなあと。今はそんなふうに思っています
もしそうなったら自分は正直どう評価したものか考えちゃいますけど…w
スポンサーサイト

テーマ : たまこまーけっと
ジャンル : アニメ・コミック

DATE LOG
01 | 2013/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。