スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】「響け!ユーフォニアム」 第十話感想は…

えーと…十話感想を書こうと思ったんですが、もう…ほとんど肯定的に書ける要素がないので、今回はざっと
きちんとした感想は、残り3話が終わった時にまとめて書こうかと思います…気力があればw

いい内容ではないので今回は箇条書きで。ファンの方は読み進めないことをおすすめします。自己責任でよろ
 
 
 
 
 
今回、思ったことなど

主人公たちメインキャラに感情移入できないなと。いつもいってますが今回は決定的でした。いつも決定的ですがw
他人の感情を考えない麗奈、それに賛同する久美子、どうでもいいと吐き捨てるあすか、そして生徒に秘密を突っ込まれてオーディションのやり方を変えて多数決という責任回避へと日和る滝先生……なんか主人公格のはずの人たちがすごく感じ悪いですw
むしろ部の調和を保とうとする部長さんとか、先輩を崇拝してるリボンとか、トランペットの先輩とか(キャラの名前すら頭に入ってないw)、恋愛から前向きになってる葉月とか、葉月のことを自分のように思ってるサファイアとか…脇役の方が人間味や善性を感じて好感が持てるんですけど、自分だけですかw

真剣だから譲れないって話をやりたいんだと思いますよ? 麗奈とかも本質的には滝のNO.1になりたい、裏にあるのは恋心なんでしょうよ。滝先生もあれだ。音楽を聞けばみんなおのずとわかってくれると思って多数決にしたんだろうと、そういう理屈はわかりますよ。でもこれはドラマの持って行き方が下手すぎだし、主人公側がよくいえば超然としすぎている、悪く言えば人間性や社会性の一部が欠落してます。ちっとも共感や感動ができない。特に主人公のはずの久美子がまるで麗奈の取り巻きっていうか腰巾着っていうか、あれじゃジャイアンの太鼓持ちをやってるスネオとか、高慢なお嬢様の取り巻きの2人組のうちの1人ってポジションじゃないですか! 滝先生も登場した時の強引でしたたかな感じが全く無くなって、日和ったことで一気にヘタレなイメージが…もうちょっとこう一貫性をだなあ…

なんていうかもうちょっとこう…物語の文脈で、主人公たちをもっと好感の持てる人物に描写できなかったんですかね?

あすかとかどう見ても他人に興味のない、自分の快感しか追求してない一種の人格障害者でしかないですし、麗奈も人の和に入れない人ですよね。合奏をするのにそれでいいのか?って思います。久美子も葉月の思いなんて全然興味がないようですし、かと言ってユーフォニアムにそんな夢中なのかどうかもちょっと伝わってこない。っていうかラス前3話になってトランペットは響こうとしてますが、ユーフォニアムが全然響いてないっスよ! フーフー吹くなら、この俺のためにファンファーレでも吹いているのが似合っているぞッ!ってDIO様高笑いしちゃいますよ
本当にこれ、久美子が主役で良かったんですかね?(とうとうそこにきたw
  
 
 
とりあえず今回はこれだけですw
スポンサーサイト
DATE LOG
05 | 2015/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。