電撃G'smagazine12月号 けいおん特集レビュー

さて、今日発売の電撃G’smagazine12月号をゲットしてきましたよとw
 
dengeki.jpg
表紙は唯&梓。ピンナップポスターにもなってます
 
いきなり総評ですが、分厚い雑誌ですが、けいおんの特集ページは決して多くありません。巻頭に8P。けいおんのみ目当てで買った自分のようなものにとっては(´・ω・`)感が大きいですが、中山Pへの簡単なインタビューしゅが&あやちの対談トークが載っているので、そんなところで読みたい方が買う!という感じかと思います
あと、特典にレジャーシート、そして折込で両面ピンナップポスターがあります、また読者抽選プレゼントとして、ムービックのタペストリー2種を各1名
なんというか…まあ、よくあるアニメ雑誌っぽい感じ?
という訳でこのレビューは簡潔にw

例によってかいつまんでご紹介です。全文は買って読むべしw

■ 記事構成(けいおん絡みのみ)

表紙
P16-17  読者プレゼント。01タペストリー/制服02タペストリー/シャツ
P23の前 折込両面ピンナップポスター
      片面は水着の澪、律、紬。片面は表紙イラストを使用した
      映画の番宣ポスターと言ったイメージの作り
P23    特集扉
P24-25  スペシャルインタビュー1 中山Pインタビュー
P26-30  スベシャルインタビュ-2 
佐藤聡美&竹達彩奈対談トーク

■ 中山Pインタビュー
 
設問は大きく3つ。インタビュアーの質問は全部で5つと、がっつりしたインタビューではなく、映画のポイントを尋ねるコラム形式のインタビューで作った記事です

――まず映画「けいおん!」の企画はどのような経緯で始まり、進んでいったのでしょうか。
中山 TVシリーズの第2期が中盤に入ったころ、興行的な問題もクリアできそうということで、チャレンジする気持ちで制作に入りました。

ということで、だいたい12話くらいだったんでしょうかね?このあと、シナハン、ロケハンに行ったお話などしてます

――(前略)ズバリ、どのような旅になるのでしょうか?
中山 (前略)高校生の背丈に合った体験をロンドンですると思います。

この辺は山田監督も「彼女たちはどこにいっても同じ」といってますから…やはりそんなようなことを語っています。具体的にいろいろ語っていますので読んでみましょうw

――今回、京都アニメーションが制作するアニメにもファンの注目が集まっていますね。
中山 今回の映画化は、制作スタッフが「ぜひやりたい!」といってくれた熱意があったからこそ実現したものです。

ここはわりとじっくり語っています。山田監督はspoon.誌で「どうしますか?」という感じで振られた、みたいなことをいっていましたが、まとめてみると、中山Pが第2期の中盤に興行的問題をクリアして制作を決意して、京アニ・山田監督に話を振って、ぜひやりたいという経緯で映画化が動いたみたいです。複数の情報源をまとめないと浮かび上がってきませんでしたねw このあと、音楽のことについても回答しています

――キーワードは"高校生らしい体験"ですね?
中山 そうです(笑)。それを楽しみにしていてください。

だ、そうです

■ 佐藤聡美&竹達彩奈対談トーク
 
こちらはしっかり語っていますが、P26、28はグラビアっぽい作りで、文章も半分は画像ですから、賞味の本文は2P分くらいでしょうか。インタビューは映画収録最終日の終了直後に行われたものです
対談だけに、とりとめもなく話題が変わっていきますので、ここは目についたところだけピックアップしてご紹介
 
佐藤 すっごく楽しかったね~、映画の収録! ”あの場所”に帰ってきたんだなぁなんて思っちゃった。
竹達 うん。楽しかった! 大好きな「けいおん!」の現場に帰ってきたんだなって、とても感慨深かったです。
(中略)
佐藤 思い出トークに花が咲くし、全員そろうとプチ同窓会みたい
竹達 本当に懐かしかったね。放課後ティータイムのみんながそろうと、心があったかいな~って……(後略)

どの本見てもみんな同じ事言っとるw ホントキャストにもスタッフにも愛されてる作品だなーと。思い出話からファンへの感謝や、京アニのすごさやら、話題がいろいろ変わっていきます
 
佐藤 演じていくうちに、それぞれの役者さんとキャラクターとの共通点や成長が見えてくるし。
(中略)
竹達 そうだね。私は一番、しゅがが「けいおん!」で変わった気がする!
(中略)
佐藤 でもね、あやちも変わったよ!(中略)梓といっしょにしっかり者になってきた気がする。あと……より猫化したよね?
(中略)
竹達 私、何度しゅがに「ドラ猫みたい!」っていわれたことか(笑)。
佐藤 ドラ猫というか、ツンデレにゃんこ!!

ここらへん、ぶっ通しで微笑ましいしゅが&あやちのキャッキャウフフトークになっています。じゃれあってる感じで、お好きな方はお好きなんじゃないでしょうかw 確かにしゅが美はけいおんで変わったということは、第一期の頃から自分でも言っていたことですね。彼女にとってのりっちゃんの存在の大きさは、2回のライブでファンもよく知るところだと思います。しかしドラ猫か…。また、他の3キャラとその中の人についてもふたりがあれこれいってます。ここは買って読んだら面白いと思いますw

その後、映画のアピールに向かう流れになっています。結構な文字数ですが、あえてバッサリ割愛w

竹達 本当にスタッフ一同、心を込めて作っている作品なので、みなさんに楽しんでいただけたら、すごく、すごく幸せです。でも、本当に夢のよう。映画化なんて!!
佐藤 さっきアフレコを全部終えたばかりなのに、まだ夢みたい。

という感じで、そつなく落としてます。ロンドンを調べたり紅茶を飲みながら映画を観ることがおすすめだそうです…が、きっとうちらにそんなハイソな余裕はないんだ。グッズの争奪戦になるに違いないからw
以前から、おそらくけいおんの初期4人のメンバーで最初に竹達さんと打ち解けたのはしゅがだったんじゃないかと自分は思って見てるんですが、実際、このふたりはプライベートでも仲が良いようですし、案外いいコンビの対談だったんじゃないでしょうか

まあそんな感じですw

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

No title

>くせっけさん
コメントありがとうございます
自分もこの特集記事しか読む所がありませんでしたw そうか、雑誌特典チェックしてませんでしたね。もうなんかいろいろ情報が錯綜してていけません
とりあえず、今は国内でイベントやってほしいですw

No title

電撃G’sは記事を見るまで存在を忘れていてw今日やっと買ってきました。
ギャルゲはやらないので8pの特集しか読むところが無くて正直物足りないです。
特に中山Pへのインタビューはもっとがっつり読みたかったですね。でも佐藤さん
と竹達さんという珍しい組み合わせのインタビューが読めたし(写真が可愛くて
Goodですw)とらのあなで買ったら表紙柄の大判イラストカードが付いてきて
得した気分なのでこれで良しとします。
両者のインタビューを読んでいて、パンフレットに旅行マップを付けてくれたら
お手軽に旅行気分を味わえて良いかなと思っていたら、フィンランドとロンドン
のパックツアーの発表があってひっくり返りましたw いつか行って見たいとは
思いますが今はそんなお金ありません(泣

No title

>atomさん
コメントありがとうございます
自分はけいおんの記事のみから電撃のレビューを書いてますが、他の作品で見たい掲載記事があれば十分買いだと思います

No title

特集雑誌、どれも欲しいですね。地方在住なのでまだ書店に入荷してませんが……

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク