スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜ~んぶ観ちゃおう上映会!!(10/29) イベントレポ

えーとまあ、という訳で昨夜から今朝にかけて行ってきましたよ、オールナイト上映会!!
というわけでこれはその超記憶術レポートです
 
top_20111030090753.jpg
館内はこんな感じでデジタルサイネージが点灯してました!
 
まあ最初にお断りしておくと、一つ大きな過失を犯しました
今日は新宿ピカデリーに行ってきたのですが、館内蛍光ポスターの一つにメインキャスト(豊崎、日笠、佐藤、寿、竹達、米澤、藤東、真田)の寄せ書き生サインがあったんです!
でも、その写真を見事に撮りそこねてました!!orz 帰ってきて2ch見て知ったわー…

おぅふ……まあ、来週も行くのでその時撮影すればいいんですが…やられた。という訳でこのレポにはその写真はありません。ギギギ!あんちゃんワイ悔しいよ!
っていうかどうりで1枚の蛍光ポスターだけに撮影客が殺到してると思った。なんだろうなあ?と不思議に思いつつも、パッと見同じ絵柄だし、特に飾り立ててもいないようだったから、まさかその1枚だけにそんな仕掛けがあるとは夢にも思わず…どうもこういうだまし討ちみたいなのは、自分は思い込みが激しいので見落としがちなのですよ…ホントうかつだった。横着しないで全部撮ればよかったわ

っていうか、それもそうなんですが、新宿ピカデリーはちょっぴり不親切だなーと思いました
いうというのは上映前のベルが無いんですよw 休憩時間明けにもベルがなくて、ただ規定の時間が経過すると、なんの予告も前触れもなく上映が再開するという…あれは次回以降改善して欲しいところです。あと他にもちらほらと細かい所なんですが。まあこういうものなのかなとも思いますが

とまあ、いきなり愚痴から始まってしまいましたが、久々に第1期をじっくり見れてよかったです!
途中睡魔に襲われて眠かったですけどね!w

■ 出発

ちょっと早く新宿について、夕食を食べて、マクドナルドで夜食を買い込んでから映画館に行くという方向で、21:30頃に家を出ました。約1時間後に夜の新宿に到着。ルミネキャンペーンできた時以来の新宿ですが、新宿でオールなんてのは20代以来のことで、しかもルミネの時は駅周辺しか歩かなかったので、本当に久々に新宿の街を見て歩いた感じでした。自分の記憶とまるで変わっていて、都民なのにお上りさん状態という…w

夕食はまたしても桂花ラーメンw 本当は吉野家にしようかとも思ったんだけど、なんとなく…
マクドナルドで買い込んだものを持ち込めるかわからなかったので、夜食はバーガー一つにしときましたが、結論から言うと別にカバンの中を改められるでもなく、また売店が上映中に稼働しているわけでもないようで、サンドイッチやバーガーみたいなものなら、夜食の持ち込みはできました。次回以降新宿に行かれる方は参考まで

あと、コンビニに寄って眠眠打破をゲット。まああまり期待はしていないが念のため…と思って買ったこれが大ハズレ! 飲んだら腹具合がおかしくなってラストまで鑑賞するの大変だった!w まあそんなことはどうでもいいですねw
 
■ 会場!

23:30頃に映画館のロビーに待機。HFTの仲間と合流してだべっていたら、程なく入場開始となりました。入場の際に、特典のクリアファイルをゲット!
ところでこの入場時刻がまたちょっと不親切。23:55から本編上映なのに、入館開始は10分前の23:45から。せめて30分くらいは余裕をもたせるべきだったんじゃないのかな、と思わなくもありません
とりあえずスクリーン1に行くまでに、冒頭のデジタルサイネージ2つと劇場の予告ポスターの蛍光看板を見ました
 
sinage02.jpg
こんな感じ。実はこの右隣、入口から歩いて行って一番奥の看板は
一番左と同じキービジュアルなのに生サイン入りでした…
アホか自分!
 
bord_20111030085339.jpg  
更に入口には第一期の番宣ポスターが飾られていました
 
■ クリアファイル!

というわけで、ルミネには負けますが(笑)、これが3500円のクリアファイルですw
 
clrf01.jpg clrf02.jpg
表裏でこんなです。第一期キービジュアルですね
 
■ プログラム!
 
また、クリアファイルの中にはこの夜の上映プログラムをプリントしたコピー紙が1枚挟まれていました
 
plog.jpg
読めるでしょうか? 灰色の部分はキャストコメントフィルム上映です
 
書きだすとこんな感じです
2回休憩が入って3部構成。実際に終了したのは6時過ぎだったと思います
 
第1部開始    23:55
キャストコメント 2分
第1話~第5話 各24分
キャストコメント 20秒
第1部終了    1:57

休憩        約10分

第2部開始    2:07
第6話~第10話 各24分
キャストコメント 20秒
第2部終了    4:07

休憩        約10分

第3部開始   4:17
第11話~第14話 各24分
キャストコメント 45秒
第三部終了   5:55

まあ、区切り方としては妥当だと思いますw

■ 客席!

えーと、でまあやはり特筆しなければならないのが上映中の会場の様子でしょう
これはあくまで自分がいった新宿ピカデリーの状況ですが
めちゃめちゃ静か!!

みんな驚くほど御行儀よくというか、普通の映画のように静かに鑑賞してました
うーん…やっぱりこの作品は絶叫上映会とかそういうんじゃないですね。「○○ちゃんキタ━(゚∀゚)━!」みたいな盛り上がりをする作品ではなくて、みんな作品に見入ってしまうというか、襟を正して見てrしまう感じでしょうか

ただ上映中隣の友人とうんちくを垂れたりする人はいたっぽいです。自分は黙ってみてましたよw
あと、中盤以降は落ちてた人も多数w 自分はいびきの被害にはあまりあいませんでしたw

個人的には最後にスタンディングオベーションくらいやりたかったんですけど、上記の通り、中盤に飲んだ眠眠打破のせいかお腹を壊しまして(笑)、終了直後にトイレ直行となりました。情けないw
 
■ キャストコメント!

キャストコメントは、メイン5人が私服姿で登場し、劇場観客に向けて簡単なセールストーク(笑)をしてくれます。あまり突っ込んだ内容ではありませんでした
配置は、2列で
寿 佐藤 竹達
 日笠 豊崎
でした

以下、例によって超記憶術によるものなんで、多少の間違いがあってもご勘弁をw

●冒頭キャストコメント(2分)
 
豊崎 映画化記念「けいおん!」ぜ~んぶ観ちゃおう上映にお越しの皆様!
5人 こんばんは!放課後ティータイムです!!
豊崎 第1期ということで、見所。いっぱいありますけど…
佐藤 やっぱ1期っていったらさあ、梓だねー!(とみんなで竹達さんをウリウリw)
豊崎 (あずにゃんが参加して)5人揃って放課後ティータイムのバンド名がつきーの、
    オープニングも変わったりして(そうそうとみんな合いの手を入れる)、
    音楽が変わったなって印象があったりね。そっからあずにゃんが入って本格始動…と
日笠(?) 欠かせない存在
佐藤 あずにゃんが4人の中にぽーんと入ってきた時どうだった?
竹達 え?私自身の話でいいですか?(うんうんと合いの手)すごい緊張しました。
    それまでアフレコには参加させていただいてて、収録にはいっていたんですけど、
    アフレコに参加させていただくっていうのが私にとっても初めてのレギュラー(番組)
    だったんで、すごい緊張したし、梓自身も最初はすごい人見知ってて(佐藤さん
    「そうだよねー」と合いの手)、全然馴染めてない様子がなんていうか自分とリンク
    していたところもあって。一緒に私も現場に少しづつ馴染んでいけたし、
    梓も放課後ティータイムのみんなと馴染めていく姿がすごくちょうどリンクしてて、
    一緒に成長していけたなーって思いました!
日笠 私達にとっても初めての(レギュラー?)だったからね(うんうんと一同合いの手)
    さあ、それではいよいよ上映スタートとなります!
5人 ごゆっくりお楽しみください!!

●5話終了後 第1部締 休憩前キャストコメント(20秒)

豊崎 みなさまー お疲れ様です。このあと、休憩の時間ですよ
日笠 第1期シリーズ楽しんでいただけてますか?
竹達 お手洗いの方は大丈夫でしょうか?
佐藤 足とか身体とか、うーん!と伸ばしてみてくださーい!
寿  よし!じゃあ最後の残りの話数も、楽しんでいってくださいね!

●10話終了後 第2部締 休憩前キャストコメント(20秒)

豊崎 またでてきちゃいました!このあと休憩時間ですよー
日笠 はい!楽しんでますか?楽しんでますよねー!?
寿  お腹すいてませんかー?
竹達 そんなあなたは休憩時間をご確認くださーい!
    早く帰ってこないとはじまっちゃうぞー!
佐藤 それではラストスパート!頑張ってくださーい!!

●締キャストコメント(45秒)

佐藤 映画化記念「けいおん!」ぜーんぶ観ちゃおう上映会にお越しいただき、
    ありがとうございました!長時間お疲れ様でしたー!!
    (一同お疲れ様でしたーと拍手)
日笠 そして、映画「けいおん!」は12月3日に公開されますので、ぜひ見に来てください!
竹達 12月3日なので、「1,2,3はけいおん!」と覚えてください!
寿   はい!それでは最後の力を振り絞って、みんなで言いましょう!!
5人  それでは、会場の皆さん、ご一緒に!
     せーの!「1,2,3はけ・い・おーん!」
    放課後ティータイムでしたー!!

 
最後が無茶振りすぎだろw
どうもあの、彼女たち的には会場が賑々しく騒がしい状況を想定していたっぽいのですが、先述の通りものすごくおとなしくて静かなんですよ!w とても「1,2,3はけ・い・おーん!」とか吠える空気じゃなかったので、一同、シーンとしてましたw

■ 第1期を振り返って
 
もちろんBDで全話何度も見返してますが、自分がけいおんを見たのは本放送8話くらいからだったと思います
今これを見返すと、やはり当時の他の作品と比べても出色の出来というか、異質の作品だという印象は強いです。よく女性同士がキャッキャしてる作品が珍しいとも言われるんですが、当時すでにマリみてとかありましたから、自分はそんなふうにも思っていなくて、この作品を始めてみた時の感想は、「萌えを抜きにして見れるじゃん」でした

通してみて印象的なのは、以前も言いましたが、第2話で唯がギターをアンプにつないで最初の音を鳴らすシーンです。ただギターの弦を爪弾いて、最初の音が出て、部室に広がる。ただそれだけのシーンにあれだけのコンテを使う、そのセンスの繊細さが素晴らしいと思います。あのシーンは4人の軽音部が始動する記念すべき場面であると同時に、おそらく唯にとっては音楽人生を通して記憶に残り続ける「音」であるはず。人は印象的な出来事を誇張して記憶にとどめ続けるものですが、あの場面に数秒間の時間を割いたというのは、それをアニメで表現したのに他ならない。あの何気ない音のキャラクターにとっての重要さ、印象深さを知っているからこそ、ああいう演出をしているわけで、そういう所がこの作品の「機微を描く繊細さ」だったり、製作者のキャラクターへの理解と愛情なのだと思います

あと、最初の5話くらいまででの互いのキャラの呼び方の変化も面白かった。律→唯が「使えないドジっ子」→「平沢さん」→「唯」となっていくのはわかりやすいんですが、紬→澪が「澪さん」→「澪ちゃん」になっていっていたりというのは、今回意識して見ていて気づきました。作中時間は数週単位ですっ飛んでいっているんですが、そのへんも改めて見ると細かくやってますね

またやはり、1話を始めとして、その後の第2期のエピソードにつながる場面は思わずほろりと来るものがありました。もうホント、第1期第1話と第2期24話の対比は素晴らしいです。あと見返してみて気づいたんですが、9話で梓が先輩たちに引きずり回されて連れてこられたアイス屋さんは、第2期27話のあのアイス屋さんだったんですねw

梓について言うと、自分は実は第1期の梓は最初のピリピリしたイメージが強くてあまり好きになれなかったんです。今回見返してみて、やっぱり梓にはもっと時間をとってあげて欲しかったなという気がしました。第2期がせめて2クールだったらねえ…801ちゃんの代役で始まった企画だからしょうがないですけど。あと、第1期はやっぱり梓と澪の絡みが多かったな…とw 澪が梓を軽音部に誘ったようなものなのに、第2期はそのラインが弱くなっていて、やっぱりちょっともったいなかったかなと思いました。まあ、唯梓好きですけどw
ところでどうでもいいけど、純ちゃんと憂って高校で知り合った設定だったんですね。自分は中学以来の交流だと思ってました。なぜかw でもその割にいつの間にか純と梓が友人になっていたり、そのへんかなり端折られてるんだなあとか

8-12話の人間関係の絡み方は多様で面白いなと思います。梓と澪、唯と梓、澪と律と3つのコンビの流れが平行して描かれていて、こういう流れで続けても面白い作品になっただろうなと思いました。ムギが孤立的だなーと思うんですが、4話であったムギと澪というコンビももうちょっと掘り下げても面白かったかも。最後に唯がフィーチャーされていくんですが、唯が軽音部に対して果たしている効果、ポジショニングをもうちょっと掘り下げてくれるとよかったかなと。まあやっぱり第1期はいろいろ話数が足りなかったですね。もちろん名作ですけどねw


まあそんなで、とてもいい企画だったと思います
やっぱり心に引っかかったのは会場がものすごく静かに鑑賞していたことで、もしかしてこの作品、鑑賞会と絶叫会を別に企画すべきなんじゃないかなーとか思いましたw

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

No title

>くせっけさん
コメントありがとうございます
劇場で見るとやはり迫力がありますし、音響がとてもよかったです
自分も1,2年時代をもっと補完してほしいなと思うんですが、あれだけ唯たちの「今」を描くことにこだわってきた山田監督のことですから、再び過去のことに手をつけてはいけないと思っているんじゃないかなとも推察します。一度終わった作品に手をつけるのは抵抗あるでしょうし…でもなにか展開があって欲しいですね

No title

上映会参加とレポお疲れ様です。
オールナイトイベントは苦手なので参加を見送ったのですが劇場のスクリーンと
音響でTV版をおさらい出来るのはいいですね。自分は安スピーカーで我慢しますw

1期は確かにもう少し話数が欲しいですよね。自分はどちらかと言うと2期の方が
好きなので余計にそう思います。なかなか難しいとは思いますがけいおん!5.5
みたいな感じでOVAで補完していって欲しいかなと思います。
自分も9話のピリピリムードが苦手で未だに視聴に覚悟がいりますwだからこそ
梓と唯が打ち解ける10話は好きで印象に残っていますね。

No title

コメントありがとうございます

>knmさん
あ、やっぱりそうですよね。原作でそういう設定だったんですよね
よかった。記憶正しかったw

>kumaさん
どうもありがとうございますw
最後までに1度くらいできるといいんですが。最後にスタンディングオベーションはやりたいなと思ってますw

No title

レポ乙です。
いやー相変わらずスゴい記憶力www
自分はギリギリに入場して、座った途端コメンタリーが始まり
「フオオキタ――(゚∀゚)――!!」と興奮してほとんど記憶にないという・・・
いやはや本当にありがたい。

そしてあの場に超記憶術さんも居たのかと思うとちょっと感激
次はぜひご一緒に「1,2,3はけいおん!」やりましょう!w

No title

行儀の良い鑑賞会だったようですね(笑
お疲れ様でした。

>中学以来の交流
それで合っていると思いますよ。憂&純が軽音部を見学する展開は、アニメでは高校に入学してからでしたが、原作では高校入学前ですから。1巻のエピソードです。

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
01 | 2017/03 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。