スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画けいおん!エヴァ序・スピルバーグを破る

twitterによると、公開中の映画けいおん!が2日間でスピルバーグの「タンタンの冒険」の2日間を越え4日間の3億1929万円に迫る3億1631万円の興行記録を叩き出した。またこれはエヴァ序の記録を越えるものであるそうです
  
twter.jpg
ていうかタンタンの冒険は日本人に馴染みがないと思いますw
 
さすがの成績。というかこれは歴史を変えたといって過言でないと思います

庵野監督は、エヴァ序を始めるとき、「この10年、エヴァを超えるものは現れなかった」といってましたが、ようやく時計の針が進んだのだと思います。過去に書きましたが、自分もまた、けいおんと出会う前、今後のアニメには多様性などなくて、もはや見るに値しないものだと絶望してました。けいおんはそういう時に出会ったいわば救世主的な作品だったのですが、改めて自分のその見識は間違っていなかったと確信します。自分がこの10数年を通じて、これぞと信じた唯一の作品がここまでになるのは、正直オタクとして嬉しいですw
この興業成績がどこまで伸びていくか楽しみです!

また、これだけの記録を残す作品ですから、今後も多くのメディアに取り上げられることになると思いますw アンテナ伸ばさないといけませんね…w

■ 追記(12/6)
オリコンにソースがきました
 
oricon_20111206162217.jpg
これは今週の芸能関係の番組等で話題になるでしょうね

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

No title

>くまさん
恐縮ですw
この作品は、アニメ史にきっと残る作品になると思います。あるいは類するもののない、孤高の作品となるかも知れませんが。それでも一つの金字塔を打ち立てた作品として語り継がれるべきだと思います
自分は以前、萌えアニメを終わらせた作品だと言いましたが、改めて今もそう思います。この作品は00年代作られてきた数多の萌えアニメを過去のものにした。そういう表現方法を超克したものを見せてしまった。それは間違い無いと思います
自分たちのお布施が何らかの形で「次」につながると嬉しいですw

No title

>人を感動させるのはやはり人の心だと思います
おぉぉ・・・かっこいい!今度どこかで真似させてもらいますwww

わざわざインタビュー等で言葉にせずとも、けいおん!を観ているだけでクルんですよね~
自分でも信じられないくらい、今までになくCD/BDのみならずグッズまで買ってしまって
(まぁ後から後悔することもなかったわけではないのですが)
これらのお布施wが少しでもけいおん!の翼になってくれたのなら、それさえも嬉しい。
「もしわたしが監督じゃなかったら嫉妬しちゃうかもしれない」発言もガッツポーズものでしたね。
これほどファンでよかったと言わせてくれる芸術作品はそうそう現れるものではありません。

けいおんガムが「伝説」なんて大言してましたが、冗談じゃなかった。
間違いなくレジェンド級です。
20年先や、100年先になっても語り継がれるのでしょう。いいや語り継ぐ!

No title

>くまあさん
コメントありがとうございます。気持ちが入ってる長文なら大歓迎ですw
まさにそれですよね。製作者の人たちが一番にけいおんのファンで、けいおんを愛している。それがあってこそのあの感動だと思います。もうものすごく作品を愛して、キャラクターを愛してることが伝わってくるんですよ。人を感動させるのはやはり人の心だと思います
本当に、才能ってのは怖いですね。20代でこんな作品をよくぞ作れたものだと思います。自分の20代なんて遊んでただけですよw
本当に長生きするものです。こんな作品と出会えるとは思っていませんでした。それだけでも全く心から感謝です

人様のブログに長々とすみません><

> けいおん!を好きになったことが誇りに思えるフィルムをつくったつもり
ああもう本当に、まさにそんな気分でした。
非常に失礼な話ですが、「けいおんが好き」と言うと「萌えアニメ好きのミーハー・ニワカ」なんて見られるんだろうな
と未だに考えたりしちゃってましたが、もう全く心配いりません。
今「何の作品が好き?」と聞かれたら、胸を張って「けいおん大好き!」と言えます。

でも記憶術先生の仰るとおり、誇りに思うべきは僕なんかではなく
監督を始めとしたスタッフさんやキャストさんですよねw
傍目に見ても、並々ならぬ期待、要求、プレッシャー、不安・・・を背負ってらしたでしょうに。
もう映画については容易に語りきれないほど言いたいことたくさんあるのですが
一つ特に嬉しかったことをあげてみると、製作者の方々がファン以上にファンであったこと
作品を、けいおんの子達を愛してくれていたことが、ひしと伝わってきたことです。
もはや、スタッフやキャストの作品好き発言なんて、どうせリップサービスだろうくらいに冷め切っていたのですが
これだけは、「けいおん!」だけは信じちゃいますねw
本気の愛でなければ、ここまでの感動を生み出すことはなかった。

ここまで「けいおん!」らしい「けいおん!」を作ってくれるとは、正直この1年間思ってもみませんでした。
「映画けいおん!」こそが「けいおん!」と言うべきか、本当にこういうのを"集大成"と言うんだよとしみじみ。
二十代のお若い監督が舵を切って成し遂げた作品とは未だに信じられない気分です。
山田尚子監督の度胸、恐るべし!w


歳をとると感性が乏しくなるのか、多くに触れすぎて飽きてしまうのか
どうにも無感動になりがちですが、お互い長生きしてみるもんですねーwv-208

No title

コメントありがとうございます

>名無しさん
残念なことに、自分は見始めたのは7話か8話くらいの頃からなのですw
当時はアニメを惰性で見てる感じで、機械的に録画だけして半分以上見ないで消してたんですが、けいおんも消そうと思って最後に第1話だけ見返してみて心に止まったんです。だから自分にとっては、この作品は最初から異端でしたし、出会った事自体奇跡的でしたw

>ひょどるさん
今は、ルパンみたいに年1回とかでスペシャルをやるようなソフトになってほしいと思いますw

>ぶちょ~さん
そういえば忙しくで舞台挨拶のレポ作ってませんでしたw
確かにそう言ってました。でも自分は、製作者一同こそこの作品を世に送り出したことに誇りを持って欲しいと思ってます。ファンはただ与えられただけですから。誇れるのは彼らの方だと思うし、誇って欲しいです。でもあのセリフを言う監督は確かに誇りを持ってるとも思いました
けいおんの続編があるとしたら今のスタッフ以外ではやって欲しくありませんね。でも、山田監督にはまた別の作品を手がけて欲しいとも思います
なんにしても、プライドのある作品を作り続けて欲しいです。プライドのない作品はそもそも見るに値しないと思いますから

No title

ここまでくるまでに関係者の方はとても大変な努力と苦労をされてますしね、ほんと感謝の気持ちでいっぱいです。

監督が「けいおん!を好きになったことが誇りに思えるフィルムをつくったつもり」とおっしゃってたみたいですが、その言葉を聞いて心が震えました。監督かっこいいですね!
まだまだアイデアや小ネタがどんどん出てくるっておっしゃってたし、もし次があるとして監督が自分じゃなかったら嫉妬するとも言ってくださったのがすごく嬉しかったです。
監督は欲しい言葉をいつもくれますね!ますます監督が好きになりました。

さすがに破越えは無理そうだけど、よくもまあここまで大きくなったもんです。このまま大ヒットして、スタッフさん、キャストさんの努力が報われることを祈ってます。
映画が追い風になって、何らかの形になったら最高ですね。

No title

単純にすげーw
今となっては1期1話の冒頭を見た瞬間に感じた、あの高揚感が懐かしいです
当時はまだ「何か面白そうなアニメが始まったなー」くらいにしか思わなかったのですがw

No title

コメントありがとうございます

>ぶちょ~さん
いってほしいですね。というかそういうのを抜きにしても、製作者、キャスト、関係者の皆さんがこれを励みにしてくれると嬉しいですね! ホント、誇りにして欲しいです

>桜高軽音部FC会員さん
川崎チネチッタでは1位でしたか。すごいわ…。エヴァ破を破れたら本当にすごい。でも現時点でも十分にアニメ史上に金字塔を打ち立てたとして語られるべき作品になったと思います

No title

エヴァは序は越えましたが、破は超えてないんですよね
まあ、それを抜きに考えても3億はすごいとしか言えないです
ちなみに川崎チネチッタでは1位になっています

No title

これから、まだまだ、もっともっと上に行きますよ!!!



No title

コメントありがとうございます

>atomさん
同感です

>Blackearthenemyさん
TOHOシネマズで2位というのもすごいですよね。本当になんていうか、報われたって感じがします。なによりもこの作品を貶してた評論家たちを見返してやったのが痛快だったり(底意地悪いw)

>myc894さん
客層を見ているとなにもオタク商法に踊らされたフリークだけが見に来ている感じでも無いので、案外この人気はAKB商法を別としても本物なんじゃないかなと感じています。はたしてどうなのか、客層の全体像はもう少し見ないと現れてこないでしょうね

正直ちょっと引っかかるものが・・・

どこもかしこもAKBAKBAKB商法・・・と。完全に否定できないところが何とも言い難いです。
安っぽいものを大量生産したわけではなく、これだけの映画を作り上げたんです。おまけが本体と疑われかねないやり方はとらず、もう少し控えめで行ってほしかったなーというのが正直な意見です。

No title

3億ですか・・・!ホントにさすがとしかいいようがないですね。
TOHOシネマズでは2位につけているようですし、こういうニュースを見てると思わず顔がニヤけちゃいます(笑)

No title

3億ですか。
すごい。それしか言えません

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。