スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「けいおん!」総括~第一期を通じて

けいおんという作品を現時点で改めて総括してみる。
あくまで自分なりのもので、結論とか絶対とかいうものではないことはお断りして。

この作品の魅力についてはいろんな断面からアプローチできると思うのだけれど、自分は3つのポイントからまとめてみようと思う。
「けいおん!」という作品の魅力を端的にいうならば、それは「可愛い」「追体験」「キラキラ」ということにまとまる。

■「可愛いさ」という萌え~記号化の否定


この作品が視聴者の萌え衝動を刺激することによって訴求することを狙った、いわゆる「萌えアニメ」であることに異論の余地はない。

そもそも「萌え」という概念が何を意味するのかはなんとなく共有されるイメージとしてあるが、それを「こう」と具体的かつ的確に説明することはなかなか難しい。大雑把にいうなら、関心の対象としてあるキャラクターや事象に対して沸き起こってくる好意、好奇、欲望などの衝動の総称ということになろうか。
かつて、その引き金、いわば「萌えポイント」は雑多にあるものだったし、なにをもって引き金とするかは主導権はあくまで視聴者にあった。言い換えるなら、視聴者が勝手に萌えポイントを見つけて勝手に萌えていたのだ。

それがいつしか簡素化され象徴化され、製作側の都合のいいように定型化、記号化されるようになり、特定の信号によって人為的に引き起こされるものになっていったのが、ここ20年のキャラクターアニメの歴史だ。「萌え」という言葉が生まれたとき、すでにそれ以前にあった自由な衝動はすでに枠を嵌められ、製作者側のツールになる運命だったのかも知れない。
その「萌え衝動」を触発する信号として、とくに支配的になった表現はセックスアピールだった。
この10年の萌えアニメは、性的信号と不可分ではないといってもいい。

「けいおん!」の特異な点、そして魅力的な点は、このいつしか形式化され記号化された萌え、またセックスアピール=萌えという時代の流れに対して、明確なアンチテーゼを示した点にあると思う。

山田監督が言うように、この作品は記号化を極力否定し、自然体の青春ものとして少女たちの学生生活コメディを描いた。そこから生まれた魅力は、キャラクターが在るが儘に持っている「可愛さ」であり、その訴求力が多くの視聴者を捉えたのだ。
それは言い方を変えるなら「萌え」という言葉以前にあった萌え衝動を回復することと同義であったように思うのだ。
大袈裟に言うなら、「けいおん!」は固定化しつつあった「萌え」という概念を再解放したといえるだろう。

自分の考えでは、もし後世この作品のフォロワーが生まれたなら、この作品はあまたの萌えアニメの潮流に、ひとつの新たな澪標を打ち立てた記念碑的作品として、アニメ史に銘記されるのではないかと思っている。

■追体験の錯覚~機微の観察力

もうひとつの「けいおん!」の大きな魅力は、青春時代や生活の体験の既視感、追体験を錯覚させ想起させる点にある。
新しい体験や出会いに飛び込んで行くときの不安と高揚、気まぐれな喜びや感動、その時々の場面の相関や反応が、視聴者の似たような経験を上手くくすぐって、「あるある!」「わかるわかる」という共感を与える力を持っている。
この20年、学園モノや日常もののアニメが他に作られなかったわけでもないのに、この作品の「追体験力」は突出して強烈で鮮烈だ。

その鍵のひとつが記号化の否定であることは間違いないが、もうひとつは間違いなく脚本家、そして監督の観察力にあると思う。

激動があるドラマを描くのは容易だ。誰でもそれなりに引き込む話を作ることができる。
だが、なにもない日常を描くことは難しい。なぜならそれは、多くの人が何気なく通り過ぎて行く場面を―「なにもない」と思っている場面を描かなければならないからだ。
実は、日常は「なにもない」のではない。人は日常生活で様々な場面に遭遇している。様々なシチュエーションを与えられ、どう感じるか、感じるか、どうふるまうか、どんな表情になりどんなことをいうか―日常生活にもそういった機微が「ある」。
それをしっかり認識し、観察しているクリエイターだけが日常を描けるのだ。

先に「錯覚」といったが、「けいおん!」に感じる追体験は錯覚だ。
視聴者の誰もがギターをやっているわけでもないし、部活でケーキを食べてだべりまくっていたわけでもないだろう。視聴者は実はそんな体験はしていない。していないが、似たような場面、似たような脈絡、似たような相関の中で、似たような機微を―人間の感性に共通する機微を―体験しているのだ。
そうした機微をきちんと描写しているからこそ視聴者は共感し、追体験の幻影を見る。

これは、山田監督が当時の経験、体験をしっかり観察し、それをそのまま作品中の演出や展開に投影しているからだろうと思う。監督個人の観察眼と感性によるところが大きいのではないだろうか。
おそらくこの作品は山田監督以外では同じように作ることはできないだろう。

■キラキラ~青春ということ

そしてこの作品の大きな魅力は煌めいていることだ。
これは抽象的で主観的な話なのだが、たしかに煌めいている。
なにが煌めいているのか、それはなんとも言葉にしにくいのだが、強いて言うなら「生きている」ということになろうか。
それは彼女たちの感情の豊かさであり、感受性の繊細ささであり、その瞬間の印象の鮮烈さだ。記号化の否定、機微の描写、そうしたものによって作り上げられたキャラクターの描写が生命を与えているのだろう。
そうして描かれたものがつまるところ「青春」だといえる。「けいおん!」は監督がいうように、「青春アニメ」なのだ。

さらに重要なことは、監督・クリエイターの目線がキャラクターたちよりやや高いということだ。
それが最も明確に描かれたのは第4話の花火で演奏する唯のシーンだろう。今を楽しそうに演奏する唯「また武道館で」という紬と律。本人たちにその言葉に裏はない。ただ赤心でそう思っている。だが、武道館に立つ、ということはついに叶わぬ夢であるかもしれない、というマクロの視点がそこには確かにあった。
しかし叶わぬ夢であったとしても、この瞬間が彼女たちの記憶に残るだろうことを、視聴者は確信できた。
自分はその場面に、クリエイターの神の温かな視線を感じたものだ。
クリエイターの視線がやや高いこと、やや先まで俯瞰していること。そのことが一層、彼女たちの時間が得難い、ただその時だけの大切なものであることを浮かび上がらせているように思う。それはまた「青春」の貴重さでもあるのだ。

70年代、スポ根ものを中心に多くの青春アニメがあった。その多くは訓示的な色彩を帯びて、人生の困難を克己していく主人公を通じて青春をかくあるべしと「押し付けて」いた。
だが、現実の青春はそんなものではない。10代の若者は誰もがチャンピオンを目指したり、その道程で挫折する者ばかりではない。多くの若者は日々を無目的に、あるいは目的をぼんやりと抱きながら、日々を漫然と、あるいは刹那的に、あるいは快楽的に生きている。
そんな青春は、チャンピオンを目指す者と比べて煌めいてはいないのだろうか? そんなことはないはずなのだ。
そういう青春のリアリティをまったく肯定的に描いた青春ものはおそらく「けいおん!」が唯一で最初ではないだろうか。

ただ日々をおいしいお菓子を食べて、楽しいお喋りをして、思い出したようにバンドで演奏して。
そんな青春をひねくれるのでもなく、自虐的に開き直るのでも諦観するのでもなく、それがそのままに、確かに煌めく貴重な青春だということを描いた。
そこにこの作品が「青春もの」としてもまた画期的な作品として評価されるべき理由があると思う。


自分の総括はこんなところなのだが、もしこの3点に加えて、もうひとつだけ加えるとすれば、それはやはり「愛情」だろう。
クリエイターが本当にキャラクターを愛している。スタッフもキャストもものすごく愛している。その気持ちが作品全体から伝わってくる稀有な作品だと思う。
この作品全体にある優しさ、愛しさも、製作者が注ぐ愛情に発しているように思うのだ。

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。