Cut 2012年1月号 けいおん記事レビュー&記事

Cutが届きました。ということで早速レビュー…というか感想w
 
cut.jpg
ライブ後の記念写真というコンセプトのイラストです
 
総評。買い。以上!w
つーかですね。うちは過去2回のCutのレビュー記事( )でこの小柳大輔さんというライターさんをすごく買ってまして、以前の記事にも書きましたが、この方は作品に対して一定の見識を持ち、目的意識を持って質問をぶつけていく上に、頭の回転が早いので、ハマるとものすごく気持ちのいいインタビュー記事を作ってくれるんです。こういうインタビュアーはけいおんのインタビュー記事を見渡しても、残念ながらCutくらいでした
今回、Cutではインタビューを中心に32Pもの特集記事を組んでいるわけですが、映画公開直前のタイミングで行われたこのインタビューは、「けいおん!とは愛である」という切り口から、作品に対する関係者の姿勢を総括し洗い出す主旨のもので、作品と関係者の関係性を総括する内容のものでした

それにしても、このラインナップを揃えてインタビューするなんてやはりCutは半端ないですw

■ 記事構成

P12-13 特集総扉
P14 表紙イラスト
P15 けいおん特集扉
P16-19 豊崎愛生インタビュー
P20-23 日笠陽子インタビュー
P24-27 佐藤聡美インタビュー
P28-31 寿美菜子インタビュー
P32-35 竹達彩奈インタビュー
P36-39 山田尚子インタビュー
P40-41 吉田玲子インタビュー
P42-45 音楽スタッフ座談会/小森茂生、前澤寛之、Tom-H@ck、磯山敦、深井康介

付録 表紙イラスト生写真ブロマイド
読者プレゼント 豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈、サイン入り生ポラ各1名
 
でまあいつもであればインタビューを抜粋して紹介するのですが、まあもうこれは買いとしかいいようがないので割愛

ただ作品を分析するとか掘り下げるという主旨のインタビューではないので、そういう研究的な意味では肩透かしを受ける内容です。ですがそれは映画公開が落ち着いた段階で改めてやってくれるんじゃないかなと信じていますw

自分が関心を惹かれたのは、やはり山田監督のインタビュー
以前の他誌のインタビューでも、日本人の精神性について言及していましたが、このインタビューでも日本人の伝統的な精神性の描写に言及していて、そのへんがやはり自分のようなおっさん世代の心もつかんだのだろうと思います。この作品は本質的に保守的だという感想を改めて持ちました
また、人が好きで人を描いているという言葉は印象的でした。彼女の驚異的な観察力はやはりここから来るのでしょう。そしてそうした人間描写によって作られているこの「けいおん!」という作品が青春賛歌であり、人間讃歌であること。その理由の全てがその思いなのだろうと思います

小柳氏はこのインタビューではけいおんを運命論で斬ろうとしていますが、そうした運命性はヒット作品には必ずあるものです。またそれに携わる人にもある
自分もかつて、セーラームーンとの間にそれがありました。自分はセーラームーンの舞台になった地元が出身で、放送が始まる頃には、友人たちと毎晩、麻布十番界隈で遊んでました。原作を読んだ時これはすごい偶然だと思い、ファンになって追っかけをやりながら、出版業界に入ったのですが、そこから奇縁があって関係者の側になりました。当時、あるひとつの作品とこんな強い結び付きがあるものだろうかと自分でも驚いていたものです。だから自分も作品が持つ運命性、作品と関係者の間にある運命性を信じています。けいおんともきっと強い運命性を持ってつながっている人がいると思うし、メインキャストや関係者には当然にあるでしょう
自分が嬉しいと思うのは、メインキャスト5人がこの作品との運命を感じていて、この作品が帰る場所だと思っていることです。その思いをずっと持ち続けてくれるなら、きっとこの作品は十年二十年と生き続ける作品になるだろうと思います

話が脱線しましたが、発売中のCutは絶対にゲットしておきましょう!

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

No title

>あずあずさん
コメントありがとうございます
まあ…MJとかに出てきたらすごいだろうけれど、そこは他のアニメと差別化しておいて欲しいという気もします。今更、放送が終わったからといってそういう縛りが解除されるというのも、棚卸品みたいでイメージ良くないですし…
ただ、HTTにはもう一度ライブをやってほしいですねえ…

No title

うちの方はいつも雑誌関係は1,2日遅れで
入ってくるのでw やっと手に取って読めました。

MJの石原Pの記事が載っているのは知らなくてびっくりしました。
なんか元気無い印象でしたね。
やっぱりHTTを一度はNHKホールに立たせたいと
今も思っているんじゃないかと。
けいおん特集と一緒に載っていたので
尚更そんな印象でした。
各事務所のおえらいさんも1年に1回や2回くらい
OK出してもいいものなのに、、、
と前から思っていますが、そうはいかないんでしょうね。
アニソンSPは好きな番組なので早くSP5
やってくれればと思います。

No title

コメントありがとうございます

>ろむせん!さん
私たちは幸運だと思います。この作品は長く語り継がれる作品になるだろうと思います
ただ適正な評価としてそうなるかどうか、自分は不安ですね…

>zeonさん
あれを作り直しのつもりで作っていたら映画の感動はなかったでしょうね

>名無しさん
今回のインタビューはテーマが抽象的だったので、いまいち持ち味が出てなかったと言うか、焦点がぼけていたのがいまいち良くなかったような気がします。愛情というテーマは描きづらいですしね

No title

先生に勧められずとも、もちろん買いましたw
ほぼ満足な特集だったのですが、先生や他の方も書かれてるように、何かにつけてライターさんが「運命論」を押しているのがちょっと・・・という感じでした
あと、「豊崎さんにとって『けいおん!』とは?」という質問に対する彼女の答えは、妙に納得してしまいました。いろんな意味でけいおんと並ぶ作品が現状で見当たらない以上、意外と的を射てるのかも・・・と思えたのでw

No title

自分もCUT買いました。
普段はこういう特集記事が載ってる雑誌って買ったりしないんですけど、何故かCUTだけは買っちゃうんですよねwやっぱり内容がいいんだなと再認識。
山田監督のインタビューで2回目じゃないって台詞にドキっとしました。先生凄すぎですw

表紙買い

今まであまり雑誌関係は購入していなかったのですが表紙買いをしましたw

他雑誌の可愛らしい表紙ではなく映画を見たなら誰もが撮りたくなるストーリー性のある表紙だったのでw


どんな作品でも作り手の愛はあるでしょうが、けいおんは極上だと言うのがよくわかりますね。
今後声優さんやスタッフにとって経験として生涯のこるであろう作品をリアルタイムで触れてる僕は幸せなのでしょうw

No title

コメントありがとうございます

>まんぼうさん
このライターさんは作品に寄り添って見識を持って当たる方なので。ハマると気持ちいいですw 本当にこの価格は納得だと思います

>atomさん
そうですね。評論の環境は整っていないのかもしれません。あるいは10年20年経っても適正な評価は得られないかもしれません。まあその反面、自分みたいな意固地なファンがのこっていくかもしれませんがw

>あずあずさん
いいタイミングですよね。Getnaviがロンドンライブの前のカットで、Cutがいいシーンを取ったんですねw

>新自由主義者Aさん
過去の記事に書いたのですが、自分はこの作品は古い作品のリビルドだと認識してます。根底に古風で保守的なものがある。それを現代風にリビルドしている。そう理解しています。おっしゃられていることと同じかもしれませんw

No title

けいおんのようなアニメはみたことがありませんでした。なのにどこかとても懐かしい気がしました。革新的であり保守的、保守的であり革新的。そういう意味で、けいおんは「最も新しい古典」であると僕は認識しています。

No title

前回もそうでしたがCUTでの特集時は
ジャケ買い確定です! x 2冊でw
それにしてもいい絵もってきますよね^^

No title

まだ自分は手に入れてないので出来るだけ早く買いに行こうと思います。

10年20年と時間のことを言うなら、自分はけいおん!は10年くらい時を経てからでないと大衆から冷静な評価は得られないと思ってます。同じ京アニの作品ということで、お祭り要素とかハルヒらきすたの勢いを継いだおかげだとか言われて、独立した作品としてまともに評価して貰えませんからね。

No title

cut買ってきて読みました。
キャスト5人のインタビューも良かったですね。
山田監督や脚本の吉田さんそれに音楽関係の対談も良かったですねえ。
ネタバレになるので内容は書きませんが、これに生写真がついて税込790円は安い!
そう思いました。
気になったのはライターの方が運命論に持って行きたがってた事ぐらいですかね。(^^)

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク