スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#1 高3! 感想

というわけで、第1話「高3!」のレビュー&感想ですw

1-03.jpg
高3という大切な一年間が始まります!

■感想■
あいかわらずの「けいおん」な空気で安心しましたw
すでにキャラクターが確立しており、勝手にキャラクターが動いている、 という感想を持ちましたw
内容はかなり詰め込まれていてテンポが早く、その分まったりとした感じは乏しい印象です
細かな日常の瞬間を捉えて、丁寧に描写していた第1期の第1~4話の頃と比較するとちょっと物足りない
第1話は、ああいうじっくりとした演出を期待していたのだけど、このハイテンションの方がウケはいいのかな

今回のキーパーソンは主人公の唯。そして梓
唯の感性がこの作品の空気を作っている事を改めて打ち出していたと思います
でもさり気なく、第1話のMVPはさわちゃん先生だと思うのですが、どうでしょう

■アバン■
見事なキャッチ力!w 唯かっこよすぎだろ!w
ひとりで早朝に部室で自主練なんて、唯も成長したなあ…とか思った私がバカでしたw
第1話と同じく、ただの遅刻じゃねえか!w
でもウインドミル演奏とかできるようになってたんだねえ…
このとき演奏していた曲も新曲ですね! ではなかった。よく聞くとホッチキスw
猛省しますw


1-01.jpg 
唯の新必殺技!ウインドミル奏法!!

■Aパート■
唯の表情がものすごく豊か。りっちゃんの弾け方もすごいw

二人のアホなノリにしっかり馴染んでるムギがひどいw
さりげなく、梓と律のツーショットとか、結構斬新です

1-04.jpg 1-05.jpg
親友たちに却下された高3イメチェン!結構これはこれでいいかも


1-06.jpg 1-07.jpg
その時唯に電流走る! 全員同じクラスで喜ぶムギの表情が最高w

1-09.jpg 1-10.jpg
和ちゃんが生徒会長になったことも説明されましたw
さわちゃんに怯えすぎw

1-11.jpg 1-12.jpg
夢が広がる唯の無邪気な表情。4人を見守るさわちゃんの表情の対比が憎い演出

1-13.jpg 1-135.jpg
たった一度の高3を迎えた年の桜。それを取っておきたい気持ち。すごくわかる
この桜、最終回に押し花になって出てくるのでは?(by嫁)

1-14.jpg 1-145.jpg
校歌斉唱。さっそく新曲か! 唯の頭の桜の花びらは第一期第1話のオマージュか

というわけで、校歌の歌詞はこんな感じ

 桜が丘高校 校歌
 <1>
 澄みし碧空仰ぎ見て
 遙けき理想を結ばんと
  香れる桜花の咲く丘に
  嗚呼 励みし友垣が集う校庭(にわ)
<2>
 連なる美峰のふところに
 慈愛の精神(こころ)を育みて
  開けゆく未来を担わんと
  嗚呼 勉めし友垣が集う校庭(にわ)


1-15.jpg 
第2期では2年生トリオはワンセット!?

1-16.jpg 
新入生のとき、唯はこの表情で軽音部のポスターを見ていた

■Bパート■
相変わらずやる気があるのか無いのかよく分からない新入生勧誘作戦w
Aパートが第一期の1年生の頃の展開を意識していたのに対して、Bパートは2年生の頃の展開を意識している感じ
展開がとんとん進むのは小気味よさがありますが、もうちょっと落ち着いてみたいなーというのが自分の感想w

ところで中山Pのコメントを覚えてますか?
「桜高の子達は活躍する」というのは、部活の面々のことだったわけですねwww

1-18.jpg 1-20.jpg
部=ブー=ブタ。次回は部費でブタ。 頼るべきは部長!でも全然ダメな先輩3人。澪の影薄しw

1-21.jpg 1-22.jpg
1-23.jpg 1-24.jpg
柔道部の人は卒業したのか? 囲碁部、茶道部はファン増えそうw 右下ははれぶた思い出したw

1-25.jpg 
新曲「いちごパフェが止まらない」ktkr

1-27.jpg 1-28.jpg 1-29.jpg
必殺技をキメてライブに大満足の一同。律&ムギのツーショットがいい。ここのムギの表情も最高w

1-32.jpg 1-33.jpg
純ちゃん目立ってるな!w 憂と唯の絡みはゼロだった…

1-38.jpg 
オチは唯。カワユス。何度でも言うw

■今回の個人的ベストショット■


1-35.jpg 1-36.jpg

「1年って短いわよ」と言うさわちゃん
それに対して「365日もあるよ?」と答える唯
さわちゃんの言葉の意味をつかめない4人
いつか振り返って、その1年があっという間に過ぎ去ることを知っている大人と、今、そんなことは思いもよらない青春時代の学生たち
だけど共に、その1年がかけがえのない時間だということは、きっとわかっている
キュンと切なさがただようシーンでした

かつて、第一期の第4話にも第12話にもそれを感じました

こういう演出がこの作品の一番素敵なところだと自分は思う
山田監督はきっと第1話で、この場面を絶対に描きたかったはず
高3の、一番最初のエピソードだからこそ
きっとこのシーンは、最終回への伏線だと思います

第1話。自分は心情的にはさわちゃんに共感するところが多かった
唯たちに対する自分の視点、心情が一番近い登場人物が、さわちゃんだからだと思います
唯たちを懐かしく、優しく見守るさわちゃんの存在があってこそ、この作品は一本筋が通るのでしょう

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

No title

やっぱり1年の意味になるんでしょうかね
最終回、押し花で出てきたらちょっと感動しますw

桜の花びら1ダースは一年(12ヶ月)の意味に掛かる訳ですね。押し花はいいとこついてる気がしますね。座布団十枚w

No title

うん。そうでしたwww

アバンは新曲じゃなくて私の恋はホッチキスだと思うのですが。

No title

まったくです!期待にちゃんと応えるのはさすがですね!すごすぎるw

もう何から言えばいいのかわからないくらい
良かったです!また会えただけでこんなに感動するアニメ。他にないです!!

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。