スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画考察】 スネアとリボンと卓球の赤と青

55回見ました。今回の考察は、これまでの赤と青を巡る思索の混乱の解決編(?)です
とりあえず自分の中で「これだ!」と思える見解がまとまったので、それを整理してここに記述します
あくまで現時点においての私見ですが、多分これは結論でいいんじゃないか…くらいの感じでいます
こんな事いって後で変わったらどうしようw
まあとりあえず

■ おさらい:赤と青の疑問について

これまでのおさらいです
そもそもの疑問は、「なぜ寿司屋ライブでのムギのキーボードは赤いのか?EDも同じキーボードだが、あの赤いキーボードには特別な意味、寓意があるのか?」というところから始まっています

で、楽器に注目して見ていたら、実は2度のロンドンライブでのりっちゃんのスネアドラムの色が、寿司屋では赤、テムズ川では青(藍に近い)であることにも気付き、やはりこの寿司屋ライブでの「赤」という色、そしてその対である「青」という色には何らかの作為、寓意を認めない訳にはいかない、という考えに至りました

そこで連想されるのはやはり2年生と3年生のリボンの色としての赤と青です
自分は、梓の夢のなかに出てくる唯が赤いリボンをつけているという映画だけのイレギュラーに注目し、この夢の持つ意味、またEDの描く寓意に着目して「赤という色にはモラトリアムの意味があるのではないか?」と結論しました

ですが一方で、青という色にどういう意味があるのかまで結論することは出来ませんでした。従来の解釈では、テムズ川ライブは未来との契約で行われる彼女たちの将来を暗示するライブですから、青という色に「未来」という意味を重ねてしまうと、これは唯たちの「現在」であることとは矛盾します。ここが疑問でした

なお、律がEDで使っている白いドラムは、第二期シリーズのEDで使っているドラムと思われます
指摘されたスネアドラムのスタンドネックが曲がっているかどうかは映画では確認不能(手前のドラムの陰に隠れてる)でしたが、この考察ではとりあえず形而上的な意味がつかめれば十分なので、あれはテレビシリーズの設定を踏襲したもの、解釈しておきます

■ 結論:赤と青の意志

結論から言います
赤と青はやはりリボン、また梓と4人の先輩と関連付けされます
そして赤は「モラトリアムの志向」。青は「未来への志向」の意味がある。というのが自分の結論です

というのは、まずこの解釈は最も素直な解釈だからです

梓(赤リボン)は第二期の特に22~24話、また映画中においても、先輩たちとの別れに心の底で抵抗を持っています。映画中ではあの悪夢で間接的に描かれるのみですが、彼女がモラトリアムの意志を持っていることは明白で、その思いはs2e24で涙となって溢れ出します
また、作中で赤いリボンをつけている印象的な人物がもうひとりいます。山中さわ子です
彼女もまた高校時代は梓と同じ赤いリボンでした。そして彼女は過去の記事の解釈にのっとれば、やはりモラトリアムとしての卒業ライブ(卒業に対する反抗=ロックとしてのライブ)を行ったと考えられます。つまりここでも赤色はモラトリアムとつながるわけです
これは今回の結論に至った強い論拠のひとつです

一方、唯たち4人(青リボン)はシリーズ、また映画を通じて過去を振り返りません。常に前向きでした
モラトリアムの意志は彼女たちにはなく、特にs2e20の学園祭以降においては、彼女たちはやがて学生生活が終わることを確かに見据えて高校生活を送っています
彼女たちの姿勢は梓や学生時代のさわ子とは対極であり、そこが赤と青の対比でもあると思います

■ 卓球の意味

上記の考えを決定づけたのは、例の卓球のシーンでした
卓球の場面とスコアの意味についてはもう三ヶ月前くらいに考察してそれで止まっていたのですが、今回、それがつながりました!

あのシーンのこれまでの解釈についておさらいすると、卓球のラケットの純の青、梓の赤はそのまま3年生と2年生の対比であり、梓の所で止まるのは、梓が先輩を見送る立場になることにためらいがあるからだ、というものでした

ですが、自分は今回の観劇で気が付きました…
あの場面は、それまでに作中に散りばめられていた「青と赤の対比の解答シーン」としてあったのではないか!?
つまり、これまでの解釈は矮小な解釈であって、あれはそのまま「青は先へ進む(スコアが学年通り3になる)」「赤は止まってしまう(スコアが2にならない)」という現象を通じて「青は未来を志向する」「赤はモラトリアムを志向している」ということを観客に教えているのではないか?というのが今回の最大の気付きです

つまり、あのシーンはあのシーン単体であるものではなくて、実は全体に散りばめられていた「赤と青の謎」の解答の部分だったということだと思うのです
そう考えるとあのシーンがあのタイミングに配置されているのもわかります

では、この結論を踏まえていくつかのシーンを解釈しなおしてみます

■ 蘭鋳寿司ライブ

まず、蘭鋳寿司ライブですが、これまでと基本的な解釈は変わらないのですが、ここでの色づかいを見ると、店内が金魚をイメージする赤色を基調としていて、そこに青い法被が持ちこまれるというのが対比になっていることに気付きました。ここでも赤と青の対比があります

この店に入る前に、梓が先輩たちと共に歩く靴(この靴が白いのはEDからの援用で、梓の少女性を意味していると思われる)を手に入れていることから、梓は先輩たちと同じ時系列にいるわけで、ここでの梓はモラトリアムにいません。そして5人がライブ演奏のため青い法被を身にまとうのは、彼女たち5人が音楽を通じて未来を志向しているからと解釈できますし、ライブと同時に天井の証明が時計回りに=つまり未来向きに回転するのも、彼女たちの音楽活動が未来につながっている寓意と読めます

一方、店員が反時計回りの矢印のシャツを着ていることはこの店が過去につながる場所であることを象徴していて、店内の赤色の基調や、ムギと律のために用意されるキーボードとスネアドラムが赤いのは、この店がモラトリアムの場所であることを暗喩しています
1泊=1年の符牒、例の寿司屋のベルトの逆回転と、本来このライブがラブ・クライシスのライブであって唯たちのライブでないこと等を踏まえ、この店は存在しなかった過去の時空間―すなわち、梓が先輩たちの同学年として過去を体験している場所であることを象徴していると考えられます。この意味においては、梓が青い法被を羽織るのは、ここでは先輩たちと同学年という設定だから、ともいえます

■ 梓の夢と余談ですが417号の壁の色

過去の解釈通り、赤いリボンをつけた唯は、単に唯の留年を憂う気持ちからのみ現れたものではなく、梓の唯と共にいたいというモラトリアムの意志と解釈できます
一方で、梓が食べるケーキに青いリボンがあり、他の3人の先輩が空席なのは、律たちがいなくなってしまった、先に行ってしまったという意味として素直に読めます

ちなみにあの夢は時間が混乱していて、過去の出来事がランダムにネタとして登場しています。また巨大なトンちゃんは未来の姿(スッポンモドキは体長50cmくらいまで成長する)とも読めますから、あの夢は時空間がおかしいのでしょう。以上は過去の考察に指摘したとおり、417号室が時計=時間のない部屋であるためでしょう

余談ですが、今回の気付きとして、417号室の壁の色は、律たちの壁の色が青、梓と唯の部屋が緑でした
青はそのまま先輩たちのリボンの色、緑は梓のイメージカラーと考えられます
これは417号室=4(先輩たち4人)+17(梓の年齢=梓)の意味であり、律たちの部屋はロンドンの部室にあたり、梓の部屋は梓の時間、精神世界を象徴している、という従来の解釈を補強するものです

■ テムズ川ライブ

これも大意においては従来のライブの解釈通りで、これは日本にいる川上さんへの受諾メール=未来と約束して行われるHTTの将来を暗示するライブとして位置づけられていると考えられます
未来を志向する意志として律のドラムは青いわけです。また、ステージ上では未来を暗喩する飛行機雲(右へ流れる飛行機雲)が唯の背後に2度現れます

■ というわけで…

以上が、赤と青に関する考察の結論です
まあ読み返してみると白や緑にも関わる考察になっている気もしますが、何にしても色彩設計にもある程度の作為があるものと自分は考えます

これまた本考察にかかわるものではないですが推察がひとつ

あのロンドン旅行の最後に降る雪。あの雪はもしかしたらEDの白いバラと同じ意味があるんじゃないかと感じています。根拠はなく、ただの直観ですが
というのは、ロンドン旅行は過去への旅であり、彼女たちがこれから決別しなければならない時間でもあります。とすれば、あの雪の白は、EDの白いバラと同じ意味を持っている、と考えられると思うのです
つまりロンドンという場所は、EDの白薔薇の園と同じだという話です

ということで、今回の考察は以上です

■ 追記 (3/10 20:30)
勘違いしてたところを削除w

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

No title

>PGさん
つまり、一連の考察記事で自分が注目しているのは、なぜ「赤」がテーマカラーに選ばれたか、という作為の意図です。これをなんの意図もない、たまたまと理解することはもちろん可能です。ただ、自分はそのようには考えなかったということです

Re:赤いキーボード

>超記憶術先生さま:
 蘭鋳寿司のテーマカラーとの統一を図った可能性はありますね。
 Nordでなくてはいけない理由が他にあるわけでもないですし。
>myc894さま:
 パネルまでチェックできませんでした。Leadでしたか。
 カレーのリフを弾くには、Leadの方が合う音があったかも知れませんね。

No title

>myc894さん
そうですね。ドラムセットは全て木製に見えるので、あのスネアドラムは組み込まれていないのかもしれません

No title

検証ありがとうございます。Listen!!のスネア、確認しました。
パーツの形状から察するに、おそらくはYAMAHAの一昔前のフラッグシップモデルで、だとすれば間違いなく木胴です。
NTYのメタルスネアはドラムセットには組み込んでない可能性もありますね。

あと、PGさんのコメントに水を差すようで恐縮ですが、赤いキーボは下記2種のどちらでもなくNordLeadだと思われます。ひとつのポイントとして、劇中のキーボードは鍵盤やツマミの配置が左右非対称であることが挙げられます。
リアリティを度外視して本機種を選んだ要因はやはりルックスだと思います。ここまで見栄えのする電子楽器はそうそう無いですから。
赤をテーマにしてコレを選んだか、逆にコレの色に他の楽器等の色を合わせたかはわかりませんが、何らかのテーマ性はあるような気がします。

No title

>PGさん
コメントありがとうございます
自分は楽器には詳しくなかったので、色に着目して考察を立ててみました
記事中に書いたとおり、いくつかの符牒も認められますので、なにかの意図があると思っています
どこかで監督がトークショーとかやってくれるといいんですけどねえ…w

赤いキーボード

 キーボードが赤いのは単に、そういう実在のキーボードがあるからだと思います。
 スウェーデンのクラヴィアDMI社が作るNordシリーズというのが、ほとんどのモデル(たぶん全部)が真っ赤です。
 音の評判がよく、最近使われているのを頻繁に見ます。
 これ一台でOK!というモデルもある(Nord StageかElectroかな)ので、それだと思います。
「おっNord!さすが楽器に拘りのあるけいおんだな。なるほどイギリスなら日本製よりスウェーデンの楽器使いそうだ」と思って見ていました。

No title

>myc894さん
今日確認してきました。映画のは木製のスネアです
ですが、Listen!!のスネアも木製で、これと映画のものは同じでした
また、NTYの演奏中のスネアは出てこない(見えない)のでわかりません
ですのでまあ、本編Listen!!と同じもの、NTYとはわからないので、まあ基本的には他EDのPVで使っているドラムセット、という解釈でいいんじゃないでしょうか

No title

追記ありがとうございます。
残念ながら今週末は観に行けそうにないです(年度末なのでどうしても時間の確保が・・・)。次の観賞は来月になるかもしれませんが、新宿で上映してくれるようなので助かります。

No title

追記です
57回見て、スネアは確認できませんでしたが、ドラム本体の方はNTYと同じものでした
もう何度か見てみます

No title

>myc894さん
コメントありがとうございます
すいません。スタンドが曲がってることだと思ってました。でしたら再度確認が必要ですね…スネアとして出てくるのは本当に数カットなので注意してないといけませんw

ですが、仮にEDの白いスネアがテレビシリーズの白いスネアと違うものだったとしても、本編に出てこないその白いドラムは、この考察の本旨に影響しません。それに白という色は判明してますので、どちらにしても色としての解釈は変わりませんので…

個人的にはまあ、スネアが違ったとしても、EDで使ってるドラムはテレビシリーズと同じという解釈が素直で自然かなと思います

説明不足で申し訳ありません・・・

曲げ加工云々の話ですが、
http://data.yamaha.jp/sdb/product/image/main/raw/s/sd2355/SD2355.jpg
上記のように、多くの金属スネアのシェル(筒っぽ)は、強度を稼ぐための曲げ加工が施してあり、中央部が凹んでいるのです。これは木胴スネアには無い特徴です。No,Thank You!のスネアにはハッキリとこれが見受けられます。
(結論は既に出ているとは思われますが)今週末観に行ったときに確認し、簡単に報告致します。

No title

>atomさん
コメントありがとうございます
そうですね! でもって、空にあがっていったのは青い風船でした
あと、信号を渡るシーン、劇中にもありましたね。あれは印象薄いのでどうなんだろうと思いますが。でもってアビィロードも横断歩道渡ってるんですよねw

No title

赤と青と言えば…信号機の「止まれ」と「進め」もそうですね。
2期10話のさわちゃんの高校時代の回想で使われてました

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。