スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もネタがないので、けいおんについて語ってみる

なんかもう展開が「シーン」という感じで寂しい限りです
個人的にはまだ映画が続いていてけいおんは終わっていないという感覚なのですが、全国的には上映も終了してしまって、落ち着いてきてしまった感じが否めませんね
ここにきて、映画にはいくつかの新しい視点を得ているので、気づく範囲でブログ記事にしています。BDを見るときの参考になればよいかと思います。BDが出るまでには、今の雑然とした感じをもう少し整理したいところです

自分はかつてこの作品はそれまでの萌えアニメのアンチテーゼだと言っていたのですが、これは撤回しなければならない。やはり改めて思うに、山田監督はミームとしてアニメ畑の監督ではないですね。演出やカメラワーク、人物描写、ドラマ作り、ギミックの凝り方など、手法が実写映画のそれで、最初から萌えアニメなど眼中になかった。それまでの萌えアニメとは全く違う遺伝子をアニメに持ち込んできて、たまたまアニメというメディアで少女の青春モノを作ったのでしょう。そうして旧来の萌えアニメのオルタナティブを創りだした。多分「けいおん!」はそういう捉え方をするのが正しいのだろうと思います

映画けいおんには、上映時のインタビューによく見られたように、いくつかの映画のインスパイアがありました
かつて先人たちが、漫画やアニメを作るには小説や映画など他の業種の作品を見るべきだといったように、山田監督は、そういう意味では伝統的立場を踏襲する正統派のクリエイターだといえます。ですが、今のアニメ業界の中で相対的に見ると、それは決して主流ではない。多くのアニメクリエイターは、80年代、90年代を通じてアニメのみを見て育ってきた世代で、アニメの遺伝子しか持たず、その縮小再生産か記号合わせばかりをやっている。そうした業界人には、けいおん!の上辺を真似ることはできても、本質的な部分を模倣することはできないでしょう。この作品に対する「美少女の日常生活を描いていればそれでヒットする。あと音楽が…」などという評論は、上辺しか汲み取れない、アニメ業界人の底の浅さを象徴するものでしょう

けいおんが00年年代までの萌えアニメのオルタナティブであることは間違いないのですが、ある作品が時代の潮流を作るにはその模倣作品が必要です。ですが、そのような業界の理解の程度を鑑みるに、あるいはけいおんという作品は、時代の徒花として消えてしまうかも知れないという予感がしています。この功績を風化させないためにも、けいおんの続作、もしくは山田監督の次回作を待ち望むところです

本ブログは今後もけいおんを応援していきますし、けいおんに特化したブログとして運営していきますので、よろしくおねがいしますw

テーマ : 管理人日記
ジャンル : アニメ・コミック

No title

>名無しさん
コメントありがとうございます
やはり、けいおんを踏襲しようとしたいくつかの作品は、けいおんについて誤解していると思うんですよ。絵柄とか音楽ネタとか部活日常系とか恋愛排除とか、ただ、萌えアニメをそういう装いでやればいいと思っているスタジオばかりで、この作品が立脚してる方法論や理念がそういう次元にない、根本的に違うことがわかっていないと感じました

やはり山田監督による続編もしくは次回作に期待したいところですが、京アニは氷菓が始まるようですし、1年くらいはまたないといけないのでしょうね

No title

確かにけいおん以降、いくつかの「何となく似せて当てよう」みたいな意図が透けて見える作品はありましたね
で、その大半は箸にも棒にもかからない感じで忘れ去られてしまい、結果的に「じゃあ、今度は違うテイストの作品に似せて当てよう」といった感じにシフトしたような気がしますw
ライト層からすれば「鑑賞する作品の幅が広がる」と言えるかもしれませんが、作り手の意識がその程度なので出来上がった作品も言わずもがな・・・

結局のところ、先生もおっしゃるように「けいおんと並ぶ、あるいは超える作品」を作れるのは山田監督だけなのかな、とも思っています

No title

>emanonさん
コメントありがとうございます
赤毛のアンは自分が小学生の頃やってたんですが、もう覚えてないんです。当時、世界名作劇場は毎回見ていたはずなんですがw

ただ、時代が違っていればゴールデンタイムや夕方に放送していても全く不思議でない作品というのは同感で、それは自分も以前からいってるんですが、やはりなかなか今は難しいんでしょうね。それが残念だなと思います

時代が違っていれば

戯言を失礼致します。

知り合いの豊郷小学校見学に付き合ったのがきっかけで、
2期の途中からTVシリーズを観てハマってしまったクチです。

この作品、深夜アニメ枠ということで萌えでくくられる事が、
多いようですが観て思ったのは思春期の少女たちの群像劇、
日常の空気の感じさせ方が名作アニメとして古典となっている
「赤毛のアン」 (日曜夜に放映されていた作品です、それを知って
いる時点で当方もそれなりにオッサンなんですが) に似ているなと。

直感なので、何がどう似ているとうまく説明は出来ないのですが、
些細な少女たちのやりとりが大事に描かれている点などが、どこか
通じるモノになっているのではないかと思っています。

ゴールデンタイムでのTVアニメは、今はよほどのモノでないと
放映枠が確保出来ないそうですが、もし時代が違っていたら
この作品も家族がお茶の間で楽しむ作品として名を残したのでは
ないかと・・・実際、映画館では親子で楽しむ姿が珍しくなかった
ようですし。

No title

コメントありがとうございます

>myc894さん
高校の学園祭などでももうHTTの曲はバンドの定番になってるというような記事も見かけますものね。将来的にHTTがきっかけでミュージシャンになったという人もでてくるのかも
そうなったらもう、あしたのジョーやキャプ翼やスラムダンクみたいなもんですねw

>まんぼうさん
自分もこの作品の映像はアニメと言う感じではないなという印象はありました。今ではいろいろ監督について知ったので納得ですが、やはり最初からちょっと規格外という感じの作品だったんだろうと思います。山田監督の才能には本当に戦慄するばかりです
どうもありがとうございます。まあ…要は自分のようなおっさん世代のオタクにも、こういうブログをやらせるほどの熱量をもった作品だという事だと思いますw

>けいおん県市民さん
自分は本当に…偶然、見返したお陰で録画を消さずにすんだので…他の人に自慢できるような出会い方ではなかったですね(笑) 当時はそれほどアニメに失望していたので。この作品は自分にとっては救世主です
おっしゃるとおり今後もまだいくつかの展開があるようですし、信じて待ちたいところです
イベントでは、せめてアニフェスにHTTか監督の出演がないかなーと思っているのですが。今は声優さんより山田監督以下、スタッフのトークを聞きたいという欲求があります

>kuttiさん
どうもありがとうございます! これからも頑張って記事を作っていきたいと思います。今後とも宜しくお願いします
BDが出たら忙しくなりそうだなあ…と思いつつw


けいおん!最後の砦

超記憶術先生のこのブログが無かったら、私のけいおん愛もこんなに長続きしなかったと思っています。先生がけいおん特化のブログを続けていかれる限り私も応援しますので、是非これからも熱いブログ期待しております!

No title

自分は1期放送前に唯ちゃんが生足でレスポールを持っている告知絵?を見て
単純に可愛いなぁと言う理由から見始めたんですが、正直ここまでハマるとは
思ってませんでした。

けいおんの世界に没入し、キャラに感情移入するあまり苦しくなる事もしばしばw
安っぽい言い方ですが、やはり山田監督はすごい人だと思います。

今後の展開は一番クジ、ローソンフェア(非公式)、映画BD発売くらいですかね。
12月からのインタビューを見る限り監督はアイディアはまだまだ出てくるし、
葛藤はあるけれども続編に対しての意欲はあるとも読み取れるので、今後の
展開があるとしてもしばらく先でしょうが、グッズ関連だけではなく、アニメ作品の
新展開を楽しみに待ちたいところです。

演出の素晴らしさ

自分は最初に「けいおん!」を見た時、激しい衝撃を受けました。
細かい演出された放映を見て、「アニメでここまで細かく効果的な演出がっできるのか!」
「これなら、くだらないアイドルが出ているドラマ等足もとにも及ば無い」
そう感じたのか昨日の様です。

人物の感情表現やキャラクラクターの思いまで、表現してしまう山田監督は凄い!
そう考えていましたら、未だ若い女性と知って二度びっくりしました。

また、記憶術先生の深い考察を読むにつれ、この作品と出会えた事に幸せを感じます。

個人的には3期は無いと思っていますが、将来あれば素晴らしいと思いますが、
もしあっても、今までとは少し違う形になるのではと思って仕舞います。

これからも楽しい記事を楽しみにしています。(^^)

何となくですが・・・

このアニメは楽器やバンドを嗜む人たちには長く愛される気がします。
実際、2ch楽器作曲版のけいおん関連スレは今でもそれなりに賑わっていますし、バンドメンバー募集サイトにて『放課後ティータイム』で検索かけるといっぱい出てきます。

ここ数年で急増した新世代の(ヲタ)バンドマンたちにとっての『聖典』になるかもしれません(ミクなどとの相乗効果もあると思いますが)。
それが、この作品が目指したものと一致しているかはわかりませんが…。

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。