スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画読解】 渡り廊下の内と外・でもってもう一度蘭鋳

というわけで89回目の鑑賞終了ということで、ずっと棚上げしてきた渡り廊下の件についてまとめておきます。これについては過去の記事で断片的に触れているのでもうあの今更なんですが(笑)やっぱ一応記事にしておきますねw
 
■ 渡り廊下について
 
渡り廊下の描写については、TVシリーズs2e24のスタッフコメンタリーで山田監督が触れているように、その内と外には、学内と学外(卒業後)という暗喩があります。s2e01において、始業式から引き上げる唯はここで桜の花びらを拾いました。s2e24の卒業式後、唯たちがここに来る時、4人は外にいて、渡り廊下の扉は閉まっています。つまり彼女たちは学校から閉めだされている。それが彼女たちが卒業したことを暗喩しているわけです……つか自分はスタッフコメンタリー以前からこの対比は見抜いてましたけどね!w

またここは、s2e22において、先輩たちにチョコケーキを挙げられなかった梓が逃げ出してたどり着いた場所でもあります。ここで梓はおいついた憂と純に「卒業しちゃうんだなって…」と先輩たちが卒業することを寂しく思う気持ちを吐露しています。この場所は、学校が、複数の世代を越えて繰り返しドラマの舞台になることを象徴してもいる重要な場所なわけです

というわけで、劇中でも当然この場所が登場するシーンは、以上の重要性を勘案し、TVシリーズでの暗喩を踏襲して観る必要があります(っていうか本当にいまさらだw)

■ 唯の思いつきが卒業前の最後の課題であること
 
劇中では果たしてこの場所がどう使われたか…ってもうわかりますわなw 唯が卒業までに最後になにかしたいと思いつく場所です。やはり映画でもここは重要な場所として扱われています

この場面、澪、紬、律、唯の順で4人はゴミを捨てに行きます。ふと唯は列を外れて廊下の外を見ます。廊下からは出ません。そして空を見上げると、飛行機の音が聞こえます。おそらくここで空には飛行機雲が描かれているのですが、画面には唯が映されたままです。そして唯はふと思いつきます。気づいて戻ってきた律が唯に話しかけます
この時、唯が見上げる飛行機雲は左上から右下に画面をたてに区切る雲で、過去の解釈では右側=未来へ向かう雲です。ここでの唯の思いつきは、卒業を終えるために最後にやらねばならない課題でした。未来に向かうための課題です

場面が梓のシークエンスを挟んで切り替わり、4人は廊下と外の境界の廊下側にしゃがみこんで、何を梓にプレゼントするか相談します。つまりこの廊下の端、外との境界に座り込んで話している姿は、そのままこの話題が彼女たちにとって外に出ていくための最後の課題であることを象徴しているわけです

■ 光は卒業までの日時計か
 
この場面でもう一つ印象的なのが、廊下に差し込んでいる光です

実はこの光が差し込んでいる具合は、廊下を俯瞰するシーンと、唯たちが並んで座っているシーンではえらく異なっているのですが(笑)、とりあえず廊下を俯瞰するシーンでは、開け広げた扉の向かい側の壁の膝くらい?の高さまで光が差し込んでいます。ここと対比できるのは、卒業ライブが終わった後のシーンです。そこにもこの渡り廊下に、昼の白い光が差し込んでいる場面が1カット出てきますが、ここでは陽の光は廊下の端ギリギリにまでしか差し込んでいません。また、「天ふれ」の中で挿入される2年生組3人がこの渡り廊下にいるシーンでは、光の差し込みは廊下の向かいの壁にまで届いています

この3つのシーンを勘案すると、この光の差し込み具合は卒業までの日時計とも解釈できます。唯たちと関わるふたつのシーンの対比は、彼女たちの卒業までの時間が失われていっていることを象徴しているのではないかと思われます(加えて言うならTVシリーズs2e24では扉が閉まってしまうわけですから、廊下は影です)

というわけで、これまで記事にして来なかったところをまとめておきました
あと、寿司蘭鋳について再考と整理をしておきます

■ 寿司蘭鋳についての再考・整理
 
寿司蘭鋳ですが、これまでの考察を踏まえて、蘭鋳自体は赤をイメージカラーにしていることから「止まれ」であり、店内全体がモラトリアム、時間の止まった空間であることがわかります。店員のシャツの矢印は(例外ひとつをのぞき)反時計回りで時間を戻しており、一方で、5人がまとっている青い法被は「進め」であり、また青=青リボン=3年生世代であることの寓意です。回転寿司と照明は時計回りに回転し、これには時間を進める意味がありますから、ここは時の止まった空間での前進という矛盾した現象が起こっている異界ということになります。ここで梓が青い法被を着て音のズレを唯に合わせるということから、ここでのイベントは、時間を止めて過去に遡り、梓が先輩たちと共有していない過去の1年間を疑似体験し共有するのだと解釈できます。付け加えるなら、あの回転寿司の逆回転は時間の巻戻しでしょう

結論としては過去の考察と同じですが、整理しておきました

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

No title

>atomさん
コメントありがとうございます
寿司蘭鋳では、あの音がずれているという会話の後で調音する場面で、二本のコードがクロスした絵がワンカット入るんですが、あれは唯がプレゼントに歌を思いついたあとに入る2本のクロスした飛行機雲と同じ意味なのかなとも思ったりもしました。これは確信がないのですが。あの2つのシーンは過去と未来が交差している場面のような気がします
あとはBDが出てから再検証に入る感じでしょうかね

No title

画面中の情報の多さを改めて感じますね。

寿司屋で二方向の回転が共存していることも、法被などの描写を根拠に納得できます。
過去のご考察の通り、5人でのライブによって照明が時計回りを始めることは、ライブは5人にとって未来を意味するという解釈に当てはまりますし。
これで寿司の逆回転がBDで修正されてなければ確定だと思います

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。