スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まんがタイムきらら7月号「けいおん!」最終回 感想

ちゅーこって、とうとう来てしまいました。原作本編最終回!
掲載のまんがタイムきらら7月号をゲット!!
 
kirara07.jpg
最後は表紙!このシャツについては本編で語られてますw
突き抜ける青空と輝く太陽の爽やかさが印象的なイラストです
   
さすがに久々に付きました読者プレゼントw
A賞 表紙イラスト図書カード。B賞 メモリアルフォトフレーム C賞 放課後ライブHDver.
映画のBDとかそういう太っ腹はなしですかw まあ、図書カードは欲しいかな
 
さて本編

最終回はセンターカラー!そしていつもの8P
学祭対決の決着や如何に!?
という流れに沿ったふつーのお話でしたw

ええとですね…まあもう今回は最初から飛ばしましょうw
率直なことを言うと、まさか最終回でここまで恩那組と晶にフォーカスした内容になるとは思わなかった。というところです。かきふらい先生的に、恩那組って主役だったんだなと今にして認識w 逆を言うと主役のAST投げっぱなしじゃん!!って話なんですけど

前回の感想に書いた通り、最終回はASTにとっても恩那組にとっても、その音楽活動の意義に、ある程度の目処をつける内容になるものと期待していたわけですよ。そもそもこの学祭って、部長が提案したもので、戦いを通じて音楽活動の意味を見つけるって前フリしてましたし、というかそれがドラマの必然だろうと思っていたんですが…確かに恩那組についてはそれが描かれたと思うんですが、唯たちASTについてはいつもの彼女たちだったこのあり方以上(以外)に4人を膨らませられなかったという心象もあります。原作者なんだからもっと変化させたり転がしても良かったと思うんですが、それを避けたんでしょうか? 意味が見いだせそうなのは10.)での唯のセリフくらい? でも唯がそういうこというのはもうわかってたわけで、今さらこれをいわれても。また晶としては唯との音楽対決にまだ意欲を燃やしてる(というか明らかにASTの音楽に魅了されている)わけですが、でもそれが唯たちにとってなにかのサジェストになっているわけでもなさげで…つまり、この学祭は唯たちにとっては通過点としてしか描かれていない。なんか次回があっても全然おかしくない終わり方でした。つかマジで唯の「音楽とは何か」というテーマはどうなっちゃったの?という…こっちはそれが見たかったんだよw

以上の感想が率直なところですが、これを逆に見てみると、連載再開以後の物語は、すでに形の出来上がったASTを変化・変容させたくないからこそ、恩那組という、作者が自由に転がせるもう一つの主役を出してきたということだったのかも? だとすると最終回が恩那組と晶の恋話の決着でオチてるのも不自然ではないわけで…でもそれって読者の期待する「ASTの話が読みたい」というベクトルではなかったんじゃない?と思います。いやそれでも唯のテーマには決着付けて欲しいんだよ!少なくともw

というわけで、最終回にして、辛辣な感想になってしまいましたが…やはり本当はもっと続ける予定だったんじゃないの?と思います。急遽打ち切ったという印象は否めませんし、読者としてももっともっと読みたかったので、やっぱり続けて欲しかったです。辛かったんでしょうかねえ…かきふらい先生…

だからまあ、そんなわけで全然終わった感じがしません。もっともグランドフィナーレはキャラットの方に併せてくるつもりで描いているんでしょうけど
ところで、ハシラに「かきふらい先生の次回作をお楽しみに!」がありませんでした
どゆこと?引退? それともまた連載再開あるんですか?w
 
 
トップイラスト)映画EDにインスパイアされたんでしょうか。唯のツインテール?は作中でも何度か登場してますが、かわゆいですよね!
01.)アニメのs2e20思い出したw 澪って相変わらずこういう弄られ役なんだなw そしてやはり被害者は律…
02.)唯がバイトしてる店行きたいw ムギは間違いなくスキンシップ目当て。今回りっちゃん災難だなw
03.)澪最後のファンサービスか?w っていうか澪の猫耳って実はあんまりなかったんだよね。自分は表紙のシャツみてからここを読んであの猫耳が澪だったと認識しましたw
04.05.)まあ、唯はこういうの得意そうw
06.)唯、それでいいのか…ていうか、粗品とか用意してんだw
07.)唯にしてはすげえ気が回ってるw そしてさり気なく暗躍しているさわちゃんw
08.)放課後ティータイムは通常運転なわけですが…恩那組は彼女たちを対象化するためにも機能してたなあとか
09.)恩那組って、音楽の方向性として、澪は憧れる感じの方向なんじゃないかとは思う。イメージ的になんとなく
10.)でもりっちゃん、音楽はボケ防止じゃなかったっけw
11.)まあ、恩那組が勝つ流れだろう…もしかして連載が続くならASTが勝ってたのかな?
12.13.14.)晶の恋愛にひとまず決着。なんだ先輩イケメンじゃねーか。告白を見守ってる菖の表情が笑えるw 唯がこういう普通のツッコミいれられるんだというのは意外な感じ。ところでこの二人って相思相愛だけど意地の張り合いしてたんじゃなかったっけか?w
15.)晶は結局唯とASTのファンだったりするんだよな。しかしこれが最終回のラストエピソードでいいんだろうか…ムギとやきそばっていうのもアニメ思い出させますなあw まさかりっちゃんの「もうやっとれんわ!!」がかきふらい先生の心境なのか!?w…いやそれはちょっと勘弁してw
 
しかしまあほんと…これはやっぱあの、グランドフィナーレという感じのエピソードではないなあと
それはやはりキャラットに持ってくるつもりなのかな。あるいは再開があるんでしょうか。公式ブログであそこまで終了のご挨拶をしておいて再開があるとはちょっと考えにくいのですが
と言うかホント、終わった感じのしない最終回なんだよこれ!w
終わったというしみじみした感慨とか感傷とか…そういうのが全然ないんだよこれが!w
 
かれこれ1年余続いてきた大学編でしたが、ファンかつ読者としては
もっと読ませてくれ!!
これに尽きるというのが真情でありますw
少なくとも自分は、彼女たちの行き着く先を見たかったというのが本当にあるので、もったいないというのが正直な感想ですね。別にアニメとかなにもなくていいから続けて欲しかったと心から思います

というわけで、今月はこのくらいで。最後の締めはキャラットのときにでも

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

No title

>くまさん
まあ…もうこうなってしまうと予断せず、今後の展開を見守るしかない気がしますw 秋に単行本がでるので、なにか展開が発表されるとすればそのタイミングではないかと期待したいです

極限まで平静平穏に最終回を”通過”する前衛的な手法…とかどうでしょう。

原作最新刊(≠最終刊w)発売まで時間がありますし
もしかしたらかきおろし先生がなんとかしてくださる・・・か?

No title

コメントありがとうございます

>TSCさん
ようこそはじめまして!
ただの1エピソードとしてみればこれはありなんですよね。というかそのように見えるのも確かです。これが再開を前提にしたサスペンドならいいなと思います
原作について、一部のファンは酷評している人もいるようですが、個人的には全然気にしていないしわざわざ目にもしていないので…やはりこの作品は関係者の協力関係が円滑だからいい仕事ができたのだろうと思います
本当にまあ、実際の事情は図りかねるので、近いうちに何らかの形で展開があるといいですよね

>ろくせんさん
かきふらい先生の一身上の都合だったら、それはそれでまた心配ですね…
再開後の作品はところどころアニメとの差別化を見せる部分も多くあったので、自分はその路線でどこまでいくのかなとちょっと気になっていました
アニメの第三期などは、山田監督のモチベーションが一番重要かな、と思っています。今の自分は、もしかして、やってくれたらいいな、くらいの気持ちですかねえ

妄想ですが…

かきふらい先生は唯たちのその後を京アニに託したんじゃないかなあ・・・とかw

かき先生の身辺的な事情で打ち切り的最終回なのかなあと思ってます。
で、無理矢理終始付けない終わりにしておいて、あとは・・・みたいなw

とは言え、3期とか続編アニメが見たいかと聞かれるとかなり微妙です・・・

No title

以前からこちらのブログを見ていましたが、初めて書き込ませて頂きます。

さて今回の最終回ですが、これはどう考えても尋常に終わる流れではないですよね。
かき先生のモチベーションの問題だとも思えません。それなら最終回らしい見た目は最低限取り繕った無難な最終回になるはずだからです。それに前回の高校編はそんな状態の人が描く漫画ではなかったと思いますし、そもそも今回の最終回にしても「最終回」でさえなければ工夫がされていて普通に面白い1話になっています。
不人気による打ち切りも有り得ません。やはりけいおんは高校生でなきゃ、という意見がそれなりにあるのは事実ですが、単行本も出さずにこれほどのコンテンツを閉じる理由にはなりません。
とすると「これはそもそも最終回ではない」と考えるしかないと思います。
私は漫画も大好きですが、けいおんというコンテンツは商業的に見ればアニメ中心で進んできたのは事実です。アニメの展開がひと段落するのと合わせていったん終了しておき、何年後かにアニメの新展開ができれば、それに合わせて唯たちと恩那組2年生、梓1年生の大学編を再始動するつもりなのではないかと思っています。既に一度やったことですしね。
もう一つの可能性としては高校編最終回に唯たちを出して、そこで大学編のテーマもついでにまとめてしまうパターンもアリといえばアリなのですが…8ページで高校編と一緒にまとめるのは不可能に近いでしょう。

確かにシノハラさんの書き方は完全終了臭いものではあるのですが…これで本当に終わりだとすると本当に不可解です。

No title

コメントありがとうございます

>knmさん
絵柄は最後のここ数ヶ月、ちょっと変わってきていたので、その流れかなという感じで特に疑問には思っていなかったんですが…どうなんでしょう

>じゅうまん!!さん
唯たち放課後ティータイムの物語としてはなんの起伏もない、メルクマールですらないエピソードで終わってしまっている感じなんですよね…残念です

>myc894さん
自分もそう思います。シノハラさんがいっていた今後の話し合いとやらがなんだったのか、なぜこうなったのか、事情を聞きたいですね…

解せないのは

何故勝利した側の恩那組(というか晶)が未決着宣言をした時点で『終わらせた』か、ですね。実際のところ、描くべきことや、描きたい事がまだまだあったんじゃないかと思うんですよね。
何となくですが、高校編も今回のようなぶった切りENDを迎えるんじゃないかという予感がものすごくあったりします。

繰り返しになりますが、かき先生のモチベーションの問題ではなく、のっぴきならぬ別の理由で連載終了となったような気がしてなりません。1回休載してから時間の流れが一気に早くなりましたし。

No title

今日読んできました。本当になんだったんだあれ
梓だけの高校編だけで良かったのはないでしょうか
終わり方を例えるなら「羅生門」の

「下人の行方は誰も知らない」
(あとは皆さまの想像にお任せします→もうネタがないんだ・・・。)
に似ている気がします・・・。

大学編なんかなかったんや!

もう適当にその後とか番外編と題して4コマ漫画にしてた方が良かったな・・・。
確かきらら10年の記念時にかき先生4コマ書いてましたよね・・・。

No title

そういえば、表紙の絵柄がちょっと違うな~という違和感がありました。
もしかしたら、既に次の作品が動いていて、その絵柄に引きずられているとか…。
考えすぎでしょうか。

No title

>名無しさん
コメントありがとうございます
確かに学園祭で終わるというのは、予定通り一区切りとも思えるのですが、これまでのストーリー的には投げっぱなしの要素がいくつかあるので、急遽取りやめた印象が強いのは否めません
公式ブログ更新でシノハラさんが前回いっていた今後の打ち合わせとやらで何が話されたのか興味のあるところですが、明かされることはないでしょうね

打ち切りってことはないでしょう
一回高校編で最終回をやったくらいだから、大学編は後日談程度にして早く終わって綺麗に締めたかったんじゃないでしょうか

No title

コメントありがとうございます

>knmさん
高校編を真の最終回として期待するしかないですね。とりあえず今回のは最終回という実感のわいてこないものだったと思います

>Takoさん
高校学園祭には唯たちが見に来るというのは伏線としてあるので、キャラット最終回はメインキャラ総出演になると期待したいですね!

グランドフィナーレ??

私もけいおん最終回読みました。

いつも通りのけいおんで、
来月も普通に連載してるんじゃないかと思ってしまいますねw

高校編はどうなるんでしょうか。
もしかして唯たちが学祭を見に来たり?

まあ、まだ続きを読みたいなという感じですw
かきふらい先生お疲れさまでした!!

No title

学祭は実にいつもの「原作けいおん」らしいオチではありますが、
これが最終回かと思うと…。読み終わった後、しばらくポカーンと
空いた口が開きっぱなしになりましたよ(笑
高校組も和ちゃんも出番なしとは。

本当に、これで終わりというのが信じられません。もっと読ませてくれに同感です(笑
高校編を真のクライマックスとして期待したいところですが…。

No title

コメントありがとうございます

>ワンオンロックさん
ですよね…決着がついていないという、実に消化不良感の残る最終回だった気がします。続編が読みたいですよね

>まんぼうさん
こんなバタバタした終わらせ方をする必要があったのかなという印象ですね。高校編の方でうまくまとめるつもりなんでしょうか? 次回作もあるのかどうか。どうもすっきりしませんね

>Souさん
グランドフィナーレという最終回ではなかったと思いますね。唯たちには何の変化もなかった。そういう終わり方だったのがすごくおかしな印象が残ります。キャラットの最終回がどうなるか見ものです。かきふらい先生の今後もどうなることやら…

>myc894さん
同感です。本当はやっぱり続ける予定だったんじゃないんですかねえこれ。そういう気がすごくするんですが。恩那組に負けたことも別に4人にとって何の問題にもなっていないし、本当にこれが最終回でいいのか?という…作画はおっしゃるとおりすごく良かったと思います。ていうかここのところ絵も話も上達していたので続けて欲しかったんですが

>むぎぐるいさん
そんな感じですねw なんか本当にやってられるか!みたいな感じで投げちゃったんじゃないかという不安感が…

>やすさん
本当に「ほんとにこれでいいの?」ですよね。裏事情を勘ぐりたくなるような最終回でした。なんだかなあ…いや本当にちょっと、呆然ですかねえ…

私も

大学篇最終回。私もやっぱりなんだろうなあ?って思いがぬぐえませんでした。
ほんとにこれでいいのか?
先月のわかばガールズたちのラス前が素晴らしかっただけに……。
なんとかうまく有終の美を! かざって…ほしいなあ。

No title

なんていうんでしょう、作者が死んだんじゃないかって終わり方でしたねえ.....。

ものすごいぶった切り感

ここまでアレな展開だと、かき先生の本意とは別の理由で終了したんじゃないかと勘繰ってしまいますね。希望的観測を言えば、いつでも再開できるような終わらせ方にしたとしか思えないんですよねぇ。
あと、作画がこれまでにも増して素晴らしかったと思います。

ストーリー的には、今回の話で一歩リードした恩那組を唯たちが追いかけて行く・・・なんて展開を予想したりしますが、本当にここで完全終了なんですかねぇ。なんだかなぁ・・・。

No title

レビューお疲れ様ですっ。

私の読んだ感想も思っていたのと違った、
グランドフィナーレってのを感じれませんでした。
そう、いい意味でいつものけいおん!って感じですかね。

もしかしたらキャラットのほうで本当の意味での
グランドフィナーレ話になるんでしょうかね。
梓たちの学園祭に唯達も来るでしょうし。


かきふらい先生の今後は凄い気になりますね・・・。

No title

レビュー有難うございます。
やっぱり、先生も「もっと読ませてくれ!!」と言う感想なんですね。
私も同感です。
少なくとも、なんらかの決着は見たかったです。
知らないで読んだら来月号も買っちゃいそうな終わり方でしたね。

次回作云々が柱に無かったのは、どういう事なんでしょうねえ?
まさか引退は考え難いと思いますが、もしかして違うタイトルでこの先を書くとか・・・・
・・・・ありえないですね(^^)

「高校編」に期待するしか無いですかねえ・・・色々ショックで今夜は寝られません(^^)

私も楽しみにしてました。

読んだ感想は先生とまったく同じ。物凄い面白かったですがやはり終わらせる所はここではないよなぁ…とゆう感じ


映画が素晴らしいできだっただけに漫画の終わり方が、投げ出した終わり方でしたね……

ストーリー漫画とし続編を……

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。