スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞デジタルに、過日の愛知シンポジウムレポ

朝日新聞デジタルの記事、小原篤のアニマゲ丼で、過日の愛知県でのシンポジウムのレポートが掲載されています。講演の内容を簡単に総括できる内容なので、行かれなかった方は一読の価値ありかと思います
 
asahi_20120917140116.jpg
なかなか良くまとまってますw
 
個人的には、ゼロ年代系評論家が散々吐き散らした、「けいおん!=日常系論」を論客がことごとく否定し喝破していく下りが痛快ですねw 自分が思ってることとほぼ同じです(さわちゃんのくだりはどーなのかなーとも思いますが、まあ男性目線ネタが入っていたと言う意味ではそうですかね)。このパネリストはよく作品を見てくれているなと思いました

こういう作品評がブームの最中に主流になって欲しかった、と改めて思います。けいおんは評論家に適性な評価を受けなかった作品だなあという思いは今も自分にあるのですが、それが少しでも報われた気がします

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

No title

>atomさん
コメントありがとうございます
同感です。さわちゃんは唯たちから見て大人の女性、s2e07の曽我部先輩同様、唯たち絡みて、人生の少し先を歩いている人、として描かれてますよね。またさわちゃんは大人の視聴者の目線の代表、感情移入の対象としても位置づけられていたと思います。自分はさわちゃんに感情移入するシーンはとても多かったです
一方、男性目線ネタはさわちゃんに限らず、いろんなキャラでやってましたしねw

No title

 シンポジウムのレポートが記事になりましたか。僕もシンポジウムに行ったんですが、内容には概ね同意で、けいおんという作品を素直に見たらこうなるはずですよね。

 しかし、広瀬正浩さんの一部の意見(さわちゃんの行動が男性的目線~)はやはり無理があると思いましたね。 
 広瀬さんは、さわちゃんが唯たちにコスプレをさせたがったり、それを彼女たちが拒否する描写や、番外編でアルバムの唯たちの写真を愛おしそうに撫でる描写も、男性ファンの目線と同化しやすくなっていると話していましたが、可愛い服を着せたがるのも、巣立っていく彼女たちを愛おしむのも、男性特有の欲望ではないと思いますね。
 自分の好きな人に合わせてバンドスタイルが過激になっていったり、化粧品の使いすぎで肌が荒れたり、縁結びのお守りを大事に抱えてたり、さわちゃんの描かれ方は唯たちからしたら大人の女性ですよ。男性視聴者が自分と重ね合わせるのは無理だと思います……

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。