スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【イベントレポ】 グラスゴー&ロンドン遠征レポ (1)準備編

★★★ Scotland Love Anime ★★★
★★★ K-ON! The Movie European premiere ★★★
★★★ 遠征レポート(1)準備編 ★★★

◇ はじめに ◇

これは2012年10月13・14日にイギリス、スコットランド、グラスゴーで開催された日本アニメイベント「Scotland Love Anime」のプログラムとして行われた「映画けいおん!」ヨーロッパプレミア上映および山田尚子監督&中山佳久プロデューサーインタビューイベントを鑑賞するため、同年10月12日から16日まで行われた遠征のレポートです。またこれに合わせ、10月15日でロンドンで行われた映画聖地巡礼のレポートも兼ねています

例によって読み物風にまとめてありますが、個人的な旅行記録も兼ねているため、イベントと関係ない風景や食事などの写真も頻繁に掲載されていますのでご了解ください
プライベートレポートですので、クレーム等一切お断りですw
今回は関係者の方からのクレームのみ受けますのでご連絡ください

「すごいことに気づいたよ。いつもの自分のレポートでいいんだよね?」

ということで、今回もいつもの調子でレポートを書いてますんで、まあ…いつもの感じのレポートですw

◆ さくいん ◆

(1)準備編
(2)初日(10月12日
(3)2日目(10月13日:イベント初日)
(4)3日目(10月14日:イベント2日目)
(5)最終日(10月15~16日:聖地巡礼)

■ プレミア!

その一報を知ったのは、イベントの約一ヶ月前の9月11日のことだった

スコットランド・グラスゴーでの
ヨーロッパプレミア上映イベント!

実を言うと自分はそれまで、海外での映画上映はシンガポールでのAFA12での招待上映はあるかも知れないと思っていた。だから海外遠征自体は、1月くらいから覚悟してそのつもりでいたのだ。しかし、晩夏に発表されたAFA12のプログラムに、はたして期待した「映画けいおん!」はなかった。心の準備をしていた今年の海外遠征が無くなり、自分の中に物足りなさがあった。自分にとっては、そんな時のこのニュースだった。しかも内容が―

待望の「映画けいおん!」のイギリス上映! しかも監督と中山PがQ&A!!

(こんなイベントは日本では絶対にない!
 それにこれはただ一度のヨーロッパプレミア上映なのだ!
 今後二度と決して、その瞬間に立ち会うことはできない!)
「映画の舞台となった国でのイベント」×「ただ1度のプレミア上映」×「日本でもまずありえない監督&Pのトーク」こんな3つもスペシャルな要素が掛け合わされてしまっては、拒否する理由がないではないか!
これには行かねばならない!

そしてそれは自分の中で以前から密かに決めていた約束でもあった

この映画の舞台探訪のためにロンドンに行くファンは珍しくない。しかしそれまで自分はロンドンに行こうとは全く思わなかった。舞台探訪クラスタではないということもあるが、それには舞台探訪に対する自分の考え方がある。舞台探訪には自分もセーラームーンの頃にハマったことがあったが、自分にとって舞台探訪の魅力は、その場所を誰よりも早く暴く「一番乗り」にあった。逆を言うと一番乗りでない舞台探訪には血が騒がないわけで、すでに多くのファンが行っているロンドンに後から乗り込もうという情熱は、これまでまるで湧いてこなかったのだ
その代わり、自分は心に決めていた。もし、ロンドンでけいおんのイベントをやるなら、ロンドンに行こう、と。もしあのジュビリーガーデンでHTTの5人がライブをやるのなら、自分は行かねばならない、と! とはいえ正直、イギリスでのイベントなど、まさか実現はすまいとは思っていた。一方で、けいおんならもしかしたら…という予感もあった
そしてこれが現実だ
ロンドンではない。あの5人でもない。だが、実現したイベントはどちらもスケールが上だ。やはり見込み通りの作品だったか!!

そこで早速、公式サイトで映画のチケットを取ろうとしたのだが…

(あれ? 決済後の画面ではじかれるよ?)

自分が持ってるMASTER、VISAの3枚のカードいずれでやってもダメだった
これはもしや…イギリス国外からの購入ははじかれる!? いやでもヨーロッパプレミアというからにはEU圏からの来場を想定しているんだし、国外からのチケット購入だって可能なはずだ。なぜ日本ははじかれる?
人種差別か!? 人種差別なのか毛○おおお!www

……まあいいひとまず置いとこう。そうだ慌てるな慌てるな待て。イベント告知が9/3で今日が9/11なのに売れ残ってるってことは、当面売り切れることもなさそうだ。この問題は先送りにしよう!(おい)

かくして自分は直ちに遠征計画の立案に入った
9月11日の話である

■ 逡巡!

しかし…冷静になって考えてみるとかなり無謀な遠征だw

それまで自分は海外旅行など、ハワイと前回のAFA09のシンガポールしか行ったことがない。ハワイは社員旅行だったから旅行の手配は他人任せだったし、シンガポールは前回のレポートの通り、ちょっと沖縄の先に行って一泊して帰ってくるという「お出かけ」感覚の遠征でしかなかった。そんなにハードルの高いものではなかったのだ

だがしかし―ヨーロッパ旅行…しかも一人旅とか…英語もろくにできないのにw
さらに調べてみるとグラスゴーはロンドンから更に北のスコットランドにあるじゃないか。つまりイギリス国内線の乗換があるということだ。国際線から国内線への飛行機の乗換えなんてやったことあるわけがない…
そもそも自分は、一生涯ヨーロッパなんかいかねーよ!と思っていたのだ! 仕事だって海外と関わるようなものじゃないから英会話とか使わないし、第一、自分は飛行機ってものが好きじゃないw
さらに費用の問題もある。JALの正規の値段ではイギリスまで33万円だった。ふざけるなw パックツアーでいろいろサイトを巡ってもやはり想定する旅程で16万は下りそうにない、平沢、田井中、秋山、中野家の親はすげーな…これポンと出したんだー…俺も出すけどさ…庶民には厳しいわ…
しかもまだ、映画のチケット取れてないじゃね…?
ていうか、ぶっちゃけなにより自分は航空機事故が怖い! 事故ったらもう死ぬしか無いだろ!
そんなものに4回も!4回も乗らなきゃいけないんだぞ!!w

知れば知るほどハードルが高い…正直心がメゲそうだった、というか早くもメゲていたw
…高校生でロンドンいっちゃったHTTすげえな…今の高校生マジ…そして俺ってヘタレw

ここは合理的に、自分の挫けた心はひとまず置いといて(置いとくんかいw)、とりあえず遠征計画は策定し、最終決断は先送りしようと考え直し、計画の立案を進めた

大雑把には、シンガポールの時と同じように、イベントだけ見てささっと帰ってくる、という方針だ
日本より治安の悪い、水の馴染まない土地に長居するつもりはない。長居=リスク、というのが小心者で猜疑心の強い自分の判断だったw
公式サイトを見ると13日15:40にプレミア上映、その後にQ&Aがあることがわかり、さらにこの時点では翌14日の日曜日にもなにかがあるということだけ文面からうかがえた。どうやらイベントは13,14日と2日間あるらしい。最も短く行って帰ってくるのなら、13日にグラスゴーに入り、14日のうちに帰国の途につくということになろうか。余裕を見るなら12日に入り、15日に帰国だろうか…
色々考えて、14日のイベントが何時に始まり何時に終わるかはこの時点ではわからないので、以下の2つのプランを立てた

経路)成田→(可能ならJAL401)→ヒースロー空港→(ブリティッシュエアウェイズ/BA)グラスゴー空港→
    グラスゴーでイベント→グラスゴー空港→(BA)→ヒースロー空港→(JALもしくはBA直行便)→成田

プランA)12日日本出国・同日英国入国、同日グラスゴー入
     14日イベント後グラスゴー→帰国便→15日帰国

プランB)12日日本出国・同日英国入国、同日グラスゴー入
     14日イベント後グラスゴー→ロンドン入
     15日ロンドン聖地巡礼→同日帰国便→16日帰国

どちらになるかは14日のイベント次第である。聖地巡礼はあくまでオマケ、という予定だった

また、シンガポールの時は航空便とホテルを別々に自分で手配したが、今回は勝手の分からないイギリス国内線の乗換があるので、航空便は旅行会社に手配してもらうことにした

時間はもう1ヶ月ない。予約は急がなければならなかった

■ 疑問!

自分がこの件で旅行会社に初めて行ったのは9月16日頃だったと思う

まずは何も考えず、旅行計画通りのプランを立ててもらい、見積をしてもらおうと思ったのだ
担当してくれたHIS某店のおねーちゃん(仮名:Oさん)は親切で頭の回転の良い人で、とりあえずこの時点での見積りは航空券のみで14万円台だった。金額的には十分安い。しかも行き帰りはJAL―つまり、往便はJAL401だ
この場で即決しても良かったのだが、自分はまだ迷っていた。既にキャンセルにはキャンセル料が発生する期間であるw つくづくヘタレな自分…orz

とりあえずこの時は見積と予備知識の収集のみにして退店し、さらに自分自身で旅の疑問点や問題点を洗い出して見ることにした
グラスゴーへの路線、グラスゴー空港から会場までの行き方。会場であるグラスゴーフィルムシアター(GFT)の場所把握…地図などはネットで簡単に手に入るにしても、幾つかの疑問・問題点が浮かび上がってきた

最大の問題は、ヒースローでの乗換だった
ヒースローの入国審査には時間がかかるという噂は根強い。3時間待ちもザラにあるとさえ聞く。その所要時間によっては乗換に失敗することもあるんじゃないかという不安がつきまとっていた。旅行会社は多めに時間を見繕って手配するのだろうが、それでも乗り遅れることがないわけではないようで、かなりここが不安だった
もちろん12日に入国後、ロンドンで一泊してしまうことも可能なのだが、それではイベント当日にグラスゴーに移動しなければならず、当日のトラブルに対応する余裕がない。経験上、無理してでもイベント会場のそばになるべく早く、余裕を持って到着することは絶対の鉄則だ。時間的余裕はリスクに対するバッファである

また、ヒースローの乗換の手順がよくわからなかった。JAL便はターミナル3に到着するが、どうやら目的のブリティッシュエアウェイズの国内便はターミナル5から出発する。問題はこの間の入国審査がどこであるかだ。正直、最初は入国審査がヒースローになるのかグラスゴーでなのかさえわからなかったし、イングランドとスコットランドの移動になにかの手続きが必要なのか不要なのかもわからなかった、そういうレベルだったのだw
ヒースロー公式サイトを見ると、どうやらターミナル3から5にバス移動してから、ターミナル5で入国審査、手荷物検査、そして国内便搭乗という流れらしいことはわかるのだが、このへんもはっきり確認をとりたかった

というわけで、そういう諸々の疑問も用意して、再度22日の旅行会社への訪問となった
ちなみにこの時点では、14日のイベントが13時から1時間開催されるものであることも判明していたので、14日の行動計画も立てることができた

■ 契約!

9月22日。嫁を連れて「TIGER&BUNNY」劇場版を見た足で、今度は前回とは別の、HIS新宿本店にいった
担当者はまた女の子で、イギリスに在住していたこともあったらしい。これは縁を感じる!と思いつつ、上記の質問を担当者にぶつけてみたのだが…

この人よくわかってない!

入国審査がヒースローなのかグラスゴーなのか、ヒースローならターミナル3なのか5なのか。所要時間がどのくらいになるのか。そうか…旅行会社の担当でも乗換の手順は把握してないものなのか…。実はここで3時間くらい調べ物を待ったりしたのだが、適当なところで話を切って退店した。すまん。どうやらこの店とは縁がなさそうだ…

やはりここはOさんの方が頼りになりそうだ!
そう思い立ち、その足でOさんのいる店舗へ移動。改めて見積りを立ててもらった
親切でやっぱり頼りになったよ!ありがとう某店のO野田さん!w
前回の見積ではもう取れなくなっていた便もあったが、いろいろ調整してもらって最終的には以下のようになった

 10/12 JL401(B773)11:45-16:20 成田ターミナル2からヒースローターミナル3到着
 10/12 JL7753/BA1486(日航とブリティッシュエアウェイズの航空コードシェア)(A319)
           19:00-20:20 ヒースローターミナル5からグラスゴーターミナルM到着 
           ※公式最低所要時間90分
           ※乗換バスでターミナル3からターミナル5へ→入国審査→手荷物検査→搭乗
 10/14 BA1499(A320)21:30-22:50 グラスゴーターミナルMからヒースローターミナル5到着
 10/15 JL402(B773)19:15-15:00 ヒースローターミナル3から成田ターミナル2到着(16日)

最終的に3泊5日のプランB)になったのだが、これは海外旅行には最低滞在期間というものがあり、これを下回ると逆に金額が高く付くのだそうだ。イギリスの場合3泊5日が最低滞在期間で、これより短いプランを立てるのは得策でなかった。そこで11日から14日までにするか、12日から15日までにするか、という問題もあったが、結局前日入りの12日にした
(ちなみに監督たちは11日から14日までで、15日帰国というプランだったのではないかと推測している)

このプランで気がかりはふたつある
ひとつはやはりヒースローでの乗換。ヒースロー空港は公式の乗換最低所要時間というものを設定しているが、ターミナル3とターミナル5では90分。Oさんは150分用意してくれたので、一応1時間の余裕が見込まれているわけだが、12時間のフライト後では、数十分の狂いは簡単に出るだろう
もうひとつは10/14のBA1499便で、この日はグラスゴー、ヒースロー間に空きがこの便くらいしかなく、安かったので決めたのだが、ヒースロー到着は23時近い。盗難も多いと聞くヒースロー空港にこんな時間について、ホテルに移動しなければならないわけで、安全上はここが一番のネックになりそうだった

どちらも旅行してやってみるまでは解決しようもない問題なので、この不安を抱えていくしか無い
そしてこの時点でも映画のチケットは買えてないw やっぱり心がメゲそうになるw

一方、ホテルの手配は自分でネットで行った
実は海外のホテル予約は、エクスペディアなどのネット手配サイトなら海外サイトと直接交渉するので、HISなど国内旅行会社が用意する値段より概ね安いからだ。今回自分が使ったのはhoteltravel.comだった
また、この計画では14日のホテルイビスへのチェックインが日をまたぐ恐れがあった。この件についてはhoteltravel.comに問い合わせたところ、こちらからホテルに予め断りを入れてくれるということで解決した。案外親切だw

今回の計画では、グラスゴーで2泊、ロンドンで1泊することになるが、空港トラブルを考慮したのと、グラスゴー、ヒースローいずれも到着時刻が夜のため、空港の最寄りのホテルということで即決した
グラスゴーはホリディ・イン グラスゴーエアポートホテル。ヒースローはやはりホテルイビス ロンドンヒースローエアポート(映画中ではアイビスとなってるがイビスが正しい発音)。イビスアールズコートにしたいところだが、旅行計画ではロンドンでの宿泊は23時すぎから朝までの数時間しかないので、こだわってもしょうがないという判断だった。それにその数時間で数千円違うんだよ値段が!w

9月24日、海外旅行保険を除く手配、契約は完了

でも自分はまだこの時点でイギリスに行くと最終判断はしていない
この時点では単に、キャンセル料3万数千円を覚悟したにすぎないのだ!!!(どんだけw)

■ 凶兆!

10月初旬―
いまだtwitterを見ても他にグラスゴーに行こうという人間は見当たらなかった…もしかしてこんな馬鹿をやるのは俺だけなのか…
だが、静かに速やかに日々が過ぎていく。かくいう自分も盛り上がっていくというよりは出発日が近づいて一層緊張し、冷静になっていく。はっきり言って、スコットランドに行く実感が無い!最終判断はまだしないでいた

しかしそのためらいとは裏腹に、自分は着々と旅行のための装備を整えていた
トランクやウェストポーチを新調したり、携帯ライトや防犯ブザーを用意したり、収納袋を買ったり…まるで自分で自分の外堀を埋めて自分を追い込んでいるようw
問題は服装だった。グラスゴーの北緯は高い。樺太あたりだ。ロンドンですら札幌くらいなのだから相当だが、暖流の影響でそこまで寒くはないという。といっても、冬服は必要だろう。昨年冬に新調したコートを着ていくことにした。これは映画公開時の12~2月にかけて映画観劇のたびにはいつも着ていたコートだ。これをグラスゴーの、おそらく最後の映画館での劇場版観劇に着ていくというのもいいかもしれない
まあ…結果から言えば実はグラスゴーは思ったよりも暖かくて、コートは暑苦しいだけだったのだが…

10月8日。ロンドン聖地巡礼計画立案
10月9日。往便座席確保。海外旅行保険契約。AIUがお薦めw
そしてついに出発前々日の10月10日…
この日は歯医者に行って歯のチェックと万一の際の鎮痛薬を処方されてきた

しかし…どうもまだ決心がつかずにいたw
というのは、最初からものすごい意味の分からないプレッシャーがあったのだ
自分は運命論者である。吉兆凶兆、霊感を気にするタイブである
こういう旅行では特に…それがここまで自分をためらわせていた

そしてこの夜、最近買ったばかりの自分のお茶碗が割れた(実話)
(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル

この日は「アラフォーが懐かしい画像をうぷするスレ」とか見かけて、なぜか自分の人生を回顧させられるような気分とか味わったりして、やっぱり自分が死ぬ予兆が出てるんじゃないかっていう!やっぱファイナルディスティネーションだよ! 正直、旅行前。10月16日以降の自分の人生のプランほとんど白紙だったんだよ! だからオフもあくまで仮告知だったわけで…だって生還できるかどうかなんて帰ってくるまでわかんねーじゃねーか!w

しかし、怯える自分に嫁は言った
「お茶碗が身代わりになったから安心していってこい」
そうか…さすが我が嫁だな…肝坐ってやがる。ありがとうお茶碗!www

かくして10月12日。出発当日
行こう…もう行くしかないじゃないか…!

誰に誓った? 自分に誓った!
その時はUKに行くと自分に誓った!
望みは捨てない!
自分は最強の執着心を持ったけいおんファンなのだ!


命かけてけいおん愛証明してくるぜ!!
これが俺の生き様だ!!w

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

No title

コメントありがとうございます

>桜高軽音部FC会員さん
ありがとうございます。お陰で一週間後の今も燃え尽き状態ですw

>桜高軽音部FC会員さん
根強く応援し続ければいつかきっとあると信じたいです

俺も行けばよかった

>今のところ考えていない

俺たちの行動次第という事ですねわかります

No title

読みやすくて面白いです
凄い行動力ですね!

No title

>名無しさん
コメントありがとうございます

No title

すご過ぎてビビった

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。