スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【イベントレポ】 グラスゴー&ロンドン遠征レポ (2)初日

★★★ Scotland Love Anime ★★★
★★★ K-ON! The Movie European premiere ★★★
★★★ 遠征レポート(1)初日 ★★★
 
■ 出発!


10月12日―出発日
3 年前の09年のこの日、マチアソビ1の徳島・眉山会場の山頂で、はじめて豊崎愛生さんを2列目から生で見た。当時からけいおんは自分にとって10年に1度 の名作であり、自分を再びこういう修羅の世界に引きずり戻した運命的作品だとは思っていた、が…まさかそのちょうど3年後に、はるかスコットランドにまで 自分を連れて行くことになろうとは。あの頃の自分には知る由もなかった…

成田スカイライナー特急で、一路成田空港へ! その時のつぶやき
 
01_20121019215225.jpg

アホであるw

成田空港第2ターミナルで携帯の設定を済ませ、モバイルルータをレンタルする
成田空港に来たのは、前回のシンガポール以来のことだ
 
P1000015.jpg P1000026.jpg
(左)9時。当然撮影w (右)椅子が邪魔なんですけど…w
 
P1000010.jpg
11:45発。なかなか緊張してくるw

そしてJL401便に搭乗。座席は当然、唯席の57A! 搭乗72時間前から可能になるWEBチェックインで、9日にしっかりこの座席を確保w 隣は空席で快適な空の旅になった
 
P1000041.jpg
(左)B773。晴天に恵まれてよいフライトになった
 
P1000044.jpg P1000045.jpg
(左)57A。わーい。隣は空席だったよあずにゃん! (右)トイレのランプ。機種が違ったみたいw

11:45出発予定だったが、ラッシュのためフライトが15分程遅れる。しかしフライト時間は予定の12時間35分より短い、11時間30分かそこらだという。これは乗換の時間ができて助かる! 案ずるより産むが易しとはよくいったものだ
というわけで過去へのフライトを楽しむことにした
 
P1000050.jpg P1000068.jpg
手をつけてから撮影してないことに気づいた機内食w 思ったよりボリュームもあって美味しかった
 
P1000060.jpg P1000057.jpg
フライトマップ映像。映画のよりカッコイイw 文字は日本語、英語で切り替わっていた
 
P1000047.jpg
雲海が綺麗でした
 
実際、飛行中は眠れていない。結果的にはこれがエコノミークラス症候群対策になったようで、イギリスでの体調に特に問題はなかった。一方、眠ってしまった帰国便では、帰国後に手のむくみとかできたので、軽くエコノミークラス症候群になってしまったようだ
眠れない間は、機内で映画を見まくる。「図書館戦争」「アメージングスパイダーマン」「MIB3」…全部「映画けいおん!」の間に始まって終わった映画だったが…まさかこんな形で全部見ることができようとはw

ところで朝日イベントだけど…ずっと日が昇ったままだったよ? あれそれとも自分が寝過ごした?w
そんなわけで見れなかったw
 
P1000070.jpg
やがて陸地が見えてきましたw スカンジナビア半島あたり?

■ 国内線乗換!

フライトすること11時間強。ついに飛行機はイングランドへ!

雲の下に降りてくると、ロンドンの空は薄い雲が広がったりところどころ霧雨のように雨が街に降り注いでいるのが彼方まで見えて、少し幻想的だった
 
無事ランディングして、ヒースロー空港ターミナル3に到着
……きちゃったよ。自分の人生でヨーロッパに行く機会があるなんて思いもしなかったわマジ…
 
P1000079.jpg
到着時のヒースローの天候も快晴。今回の遠征は比較的天気には恵まれた
 
ヒースローについてすぐ、国内線乗換が待っていた
どこに向かえばいいのか、下調べの段階ではいろいろ悩んでいたわけだが、飛行機を降りてすぐそこに立ってた日本人スタッフに尋ねたら5秒で問題は解決してしまったw 案ずるより産むが易しw
結局、表示のTransrationの文字にしたがって進めば、ターミナル間の移動バス乗り場にいけるので、ターミナル5で入国審査という流れ。素直にそのとおりに進んでいくと、なんと!あの映画にでてきた動く歩道とロンドンアイのイラストがあるじゃないですか! うおお…舞台巡礼に関心ないんだけど、やっぱ見ると興奮しますなこういうの…空飛んじゃったよ!国際人だよ!って言いたかった!w
いや、劇中のやつがターミナル3なのかどうかはしりませんけどね?w
 
P1000072.jpg P1000077.jpg
動く歩道。うおお…思わず写真撮るわこれはw
 
さて、ガイド通りに進むと、ターミナル3とは別のバス乗場にすんなり到着
なんだ悩むこともなかったなと安堵すると、自分のすぐ前に1人の日本人がいた。もしかして同じ目的?とも思ったが、彼はターミナル5で別の方向に行ってしまったので、多分違ったんだろうと思う
 
P1000082.jpg P1000086.jpg
(左)バス乗り場。ここからターミナル5へ移動 (右)バスは空港の敷地内の専用道路を突っ走る

バ ス移動。ヒースロー空港の広さを実感した。ターミナルを移動するだけなのに、専用レーンですっ飛ばして10分くらい走るのだ。そりゃ3000m級滑走路がある飛行場はそれだけで幅3km以上なわけだが、それにしても広い! ちょっとした街の端から端まで走ったような感覚で、なんというか日本ではありえない スケールだった

■ 入国審査!

ターミナル5についてすぐ、人の流れに従ってエスカレーターを上り、通路を進んでいくと、入国審査のコーナーに来た。どうやら乗換の人はそんなに多くもなく、同時に来たのは10人かそこら。これなら審査に数時間並ぶとかいうこともなさそうだ

すぐに自分の順番がやってきた。黒人の小太りの人当たりの良さそうな女性が担当だ。汗っかきの自分が額に汗をためてるのを見て、とりあえず拭くようにといってくれたりする。なんだ良い人じゃん!
……そして、恐ろしい尋問が始まった…(以下和訳)

審査官 「UKには何日滞在?」
記憶術 「12日から15日までです」
審査官 「10月?」
記憶術 「あ、はい」
審査官 「今回の渡航目的は?」
記憶術 「休暇、さいとしーいんぐ!
このへんまでは余裕だ。イギリスの入国審査は厳しいと聞いていたがさほどでもないな…クック
そう思った矢先だった

審査官 「グラスゴー周辺で何を見るの?」
記憶術 「うっ!」
この質問には困った。なぜなら、正直自分は映画祭を見ることと調べ物で頭がいっぱいで、グラスゴーの風俗や歴史、地理についてはほとんど予習していなかったのだ
(下手なことをいって突っ込まれたら返答できない…ここは正直に言うしかあるまい…くっ)
記憶術 「アニメ映画祭があるのでそれを見に来ました!日本のアニメ映画やるので!(キリッ」
(くそっ!くそっ!屈辱っ!!)
だがそう答えておけばよもや突っ込みはあるまい。映画祭は映画祭だよあずにゃん!
だが次の質問に自分は戦慄した
審査官 「なんて映画?」 ズッキュウウウウン!
我が耳を疑う
(なっ!なんでそんなことを聞く!入国審査と何の関係が!?)
これには怯んだ。よもや作品名を言ってもわかるわけがない…ここはごまかそう!
記憶術 「ええと、日本の映画のヨーロッパプレミアなので見にきました」
審査官 「その映画は日本で公開してないの?イギリスの他の場所ではやってないの?」
(こう返してきたか…日本で見れるものをなぜわざわざ見に来たんだと言いたいわけだ…こいつ…)
記憶術 「いいえ。日本では上映しましたが、ヨーロッパでは初上映です」
審査官 「なんて映画?」
(くそっ!やられた!)
(な、なんでそんなことを執拗に問い詰める!そんなことを知って何になるんだこいつっっ!)
記憶術 「…けいおんです…」
審査官 「けい…?」
記憶術 「K-ON!です!(キリリッ!」
(コォォォォォォッッッ!!!!)
屈辱のあまり土地柄サンライトイエローのオーバードライブ出せそう!
だが入国審査官の攻撃は容赦なかった
審査官 「それは、ビジネス? 趣味?」 ドッギャーン!!!!
(ぐわあああっ!)
もうやめて!超記憶術のヒットポイントは0よ!
どうせ俺は不良中年だよ!アニメのために渡英する馬鹿だよ!!もうほっといてくれよ!!

(…入国審査官…仮面オタクってのは能力に限界があるなぁ…俺が短い審査で学んだ事は…仮面オタクは…策を弄するほど予期せぬ事態で策が崩されるってことだ…! 入国審査官ッ!俺は一般人のふりをやめるぞぉぉぉっ!

記憶術 「趣味です!」
審査官 「(フッ)どうぞ」
くっ…くううううううううっ!!

なんだこの敗北感…っ! こええよ。ヒースローの入国審査マジこええ…!
(↑ 質問は全く脚色してません。マジw)

よくわからないけど、このあとは優先路にいかせてくれたみたいで、すごく並んでる人たちを尻目に、荷物検査まですーっといってあっという間に入国完了。150分じゃ足りないかもと不安に思っていたのがバカバカしくなるような速さで、結局、ランディングからのべ40分ほどしかかからなかった。ここでも案ずるよりなんとやらだった
 
■ 日本食!?

さて、自分が乗換える飛行機は19時発で、ゲートオープンは18:10とあるので、この時刻まではどこのゲートにいけばいいのかはわからない(ということをその場で把握したw)
 
P1000095.jpg P1000090.jpg
ターミナル5内の様子 (右)は国内線出発ロビーを見下ろしたところ
 
P1000109.jpg
HMVはもともとイギリスを中心に展開してるそうなw

時間があるので腹ごしらえをしようと思い、ロビーの店をぶらつくと「wagamama」なるレストランが目に入ってきた
(……わがまま?…我儘だよな? 日本食か?)
入口前に掲示されたメニューを見ると、案の定、日本食メインのレストランのよう
ラーメンやらうどんやら、はては枝豆まである。なるほど日本食ブームって伊達じゃないんだな
ということでこのレストランへ入ってみる。お手並み拝見させてもらおうか、ヒースロー!
別に店員は日本人ということもなく、かといって中国、朝鮮系でもない。普通に現地の人がやっているみたい。料理人はどうかしらないが…
  
P1000097.jpg P1000101.jpg
(左)確かにワガママw (右)メニュー表。日本料理?と思しき名前がずらずらと
 
奥に通されてまずドリンク。目に入ってきたオレンジジュースを頼む。お水ももらって口をつけたがうっかりしてた。ここは硬水だったのだ。あまり飲むとお腹を壊してえらいことになるので、我慢して水は控えることに
 
P1000105.jpg
甘いうどん…? 照り焼き蕎麦…??
 
で、メニューをよく見ると、うおお…なんか本当に日本食中心。それもジャンクっぽい軽食系。うどんやらてりやきやら、ラーメン、カレーなんかもあるけど日本ナイズされているのだろう。でも、自分が選んだのはチャーハンw いややっぱあの、日本でのこれらの料理を頼む感覚からすると、うどんが一杯8ポンドつまり1000円以上するっていうのはちょっとなーというわけですよ。チャーハンは7ポンド代だったんじゃよ!w

果たして運ばれてきたチャーハンは、大きな丼に盛られ、吉野家に出てくるような小皿に盛られた付け合わせのお新香とお味噌汁がお供していた…
 
P1000108.jpg
平皿ではありません。丼ですこれ。丼w

マジででかい丼。まあこれがコッチの人の標準サイズなんだろうか…すごいわ、ヒースローw
さ すがに米は日本米ではなく細長い…ヨーロッパの米?らしい。味は中華風チャーハンというより日本風焼き飯といった感じ。しかし入ってる具が、幅1センチく らいに切った長ネギだったりさやえんどうだったり、よくわからないいろんな種類のきのこだったりするのは何なんだろう…でも、そんな見た目に反して案外食 べやすかった
だが許せないのは味噌汁…これは「味噌汁」ではない!「ミソスープ」だ! ただ味噌をお湯で溶かして割っただけのもの。旨みがない。つまり煮干しなどの出汁をとってないのだ! 出汁を知らずして日本食店とは、まだまだ甘いなジョンブルめ!w
…などと心の魔王を演じつつ食事を終え、しばらく出発ロビーで時間をつぶすことにする
 
■ 国内線!

ところで、この旅行の自分の装備だが…ヒースロー空港は盗難が多いと聞いていたので、すべての貴重品とトランクはベルトとチェーンで繋いでいた。おまけにウェストポーチはコートで覆い隠して、つまり地元民を全く信用していない姿勢…臆病ゆえの護身!w まあ結果的にはロンドンでもグラスゴーでもそういう事件に巻き込まれることはなかったんだけども
自分が思ってるより文明的な社会でよかったわー…ええ自分、日本が一番民度の高い安全な国だと思ってますから!w

でまあ、この時間もtwitterなどやりつつ、ゆるゆると時間が経つのを待ってたわけですが、ここで喉が渇いてきた。ジュースではなく水が欲しいのだけど、スタバみたいなところで売ってるミネラルウォーターが軟水なのか確証が持てない(結果的には自分が買った限りみんな軟水だった)。結局、この時は仕方なく我慢して、それがまた辛かった
今振り返ってみると、よくこんなんで行きの便はエコノミークラス症候群にならなかったもんだw
 
やがてゲート案内の18:10になったのだが…掲示板には「Please wait」の文字がw
 
P1000111.jpg
19:00のGlasgow行き(コードシェア)がPleaseWait。遅れたわけでないので問題なし

おいおい、ここに来てトラブルとかやめてくれよ。対応能力ゼロなんだから…
だがこれも程なくゲートオープンして安堵。A6だったか。すぐにそちらに移動して、出発を待つことに

■ グラスゴー!

イギリスの夜景はほとんどがオレンジの灯りで埋められる
オ レンジの光は波長的に一番遠くまで届くため、日本でもトンネルなどには使われているけれど、夜景はもっと色とりどりで雑然としている。しかしイギリスでは オレンジの灯火が整然と並んだ家と道路に沿って綺麗に並び、視界の見渡す限り、街の限りに広がる。これはこれでとても美しいものだ
そんなロンドンの灯りを見下ろしながら、飛行機は一路、スコットランド・グラスゴーへ!
さらばロンドン、2日後にまた会おう!

さて、ロンドン、グラスゴー間は日本で言うなら東京から大阪に行くような感覚の、1時間とすこしのフライトだ。グラスゴーはイギリス本島第三の都市であるらしい
出発時刻はやや遅れて19:16頃。BA1486の機体はA320。双発で細長の中型機で、自分の座席は機体中央よりやや後方の窓側19A。あまり広くはなかったけど問題なし
 
P1000114.jpg
そういやまだこれ食べてないわw 白く長細いのは砂糖。漢字で砂糖と書いてあったw

機内ではジュースとお菓子が出たけれど、食欲もないのでお菓子はおみやげに持ち帰り。結局これ、往復便とも日本まで持ち帰ってしまったw
機内ではほとんど何も変わったこともなく、予定時刻に遅れること約4分の20:24にグラスゴー空港着
こうしてようやく、はるばる日本から目的地のスコットランド・グラスゴーに到着したのだった
 
P1000122.jpg
グラスゴー空港到着ー! とうとう来てしまいました!!w

フライト時間はトータルでのべ約12時間半というところ
もういい加減疲れてるんだけど、重い体を引きずって空港の外へ。外気はすこし肌寒く、とっぷり日は暮れていた

■ チェックイン!

前述の通り、ホテルはグラスゴー空港と目と鼻の先にあるはずのホリディ・イン・グラスゴーエアポートホテル。GoogleMAPで見る限り、空港との間に道路があるようなのだけど、それは空港前のバス用のターミナルでしかなく、空港の端っこ正面にすぐホテルが建っている。徒歩約2分。ここを選んだのは我ながらナイスと改めて自画自賛してみたりw
 
P1000126.jpg P1000127.jpg
(左)グラスゴーのホテル (右)グラスゴー空港。本当に目と鼻の先w

ところがカウンターにバウチャーを出すと、予約されてないのか受付の人が後ろに引っ込んで、PCをカチャカチャいじり始めた。おいこら。予約されてないとか嫌なところで映画のネタ振るなw 疲れてるのにそれで10分くらい待たされて、ようやくチェックイン終了。一体何だったんだかわからない。hoteltravel.comを問い詰めてやってもいいが…もういいやw

部屋は827号室。まあこんな感じ
 
P1000130.jpg P1000133.jpg
結構綺麗なんだけどねー。自分が気になったのは水まわりでしたw
 
不満を言えばシャワールームが狭く、シャワーが固定式で、水はけが悪かったこと。でもシンガポールでもそういう傾向は感じたので、最初からあまり期待はしてなかった。やはり風呂とトイレのホスピタリティに関しては、日本に勝る国は世界のどこにもないと思うんだ

ひとまず荷物を解体して、トランクからイベント用のショルダーバックを取り出す。2泊するのでさすがに翌日のイベントにトランクを持って歩くつもりはなかった。でも振り返ってみると、このバックが活躍したのって13日だけだったんだよな…

荷物を整えて、一階のレストランに夕食へ
夕食はステーキパイ。パイの中にサイコロステーキのデミグラスソース煮込みが入ってるようなもの
 
P1000134.jpg
つーかこのまるゆでしただけの巨大ブロッコリーは一体……w

…で。イギリスの食事はマズいと聞いてたわけですが、マズいというか、技巧がなくて味が単調なんじゃないだろうか。ただ揚げただけとか、ただボイルしただけとか、そんな感じだから飽きが早いんじゃないかと思う。ブロッコリーまるごとボイルしただけとかなあ…w あ、でもここで飲んだ軟水は美味かったです!めちゃめちゃうまかった!水(゚д゚)ウマー!w

明日、13日のイベントは15:40からの上映だが、問題は、結局この日までチケットを入手していないことだw
だから実はこの遠征、半分はギャンブルだっ た(とはいえ14日のイベントは無料で確実に見れるとふんだからこそ決行したというのもある)。だから最悪、満席で13日のイベントを見れない可能性も覚 悟していたが、日本で出発直前になっても公式サイトのチケット販売は売り切れていなかったので、高い確度で当日購入は可能だろうと見切っていた。ただ、現 地の多くの人が当日券購入を考えているとすれば、明日はなるべく早くGFTに行き、確実にチケットを購入する必要があった

GFTの開館が12時頃だというのは把握していたので、その時間に合わせて行くとして、13日は9時くらいの起床でいいかと考え、9時半にルームサービスを依頼しておいた

あとはネットをやって、疲れたところで就寝w
というところで、翌日に続く
 
◆ さくいん ◆

(1)準備編
(2)初日(10月12日
(3)2日目(10月13日:イベント初日)
(4)3日目(10月14日:イベント2日目)
(5)最終日(10月15~16日:聖地巡礼)

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。