スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「たまこまーけっと」とクリエイター・山田尚子への期待

本日未明、山田監督の新作「たまこまーけっと」が発表されたのだけど、正直に言ってドキドキしている
これは不安ではなく、「けいおん!」の新作でなかった失望でもなく、期待、楽しみというドキドキだ。ワクワクもある
自分が山田尚子という才能にここまで期待していたのかと自分自身で驚くほどだ

過去、このブログでは「けいおん!」についての作品評を幾度かしてきた。いろいろな側面からいろいろな表現をしてきたが、「けいおん!」があれほどに魅力的な作品たり得たのは、とどのつまり山田尚子という才能が生み出す作品の魅力に尽きる。それは彼女自身がグラスゴーで言ったように、彼女の「人間を描くこと」への強い「こだわり」が生むものだ。それは彼女の作品の最大の魅力であり武器でもある

山田尚子の人間に対する観察眼が並外れていることを、自分は過去何度か指摘してきた
例えば、「けいおん!」はノスタルジックだとよく言われるが、それは大雑把な表現だ。「けいおん!」の描くノスタルジーは形而上的な高校時代という情景、出来事に対するノスタルジーではない。擬似追体験によるノスタルジーなのだ
例えばs1e02で唯が初めてギターをかき鳴らした時の音が部室に響くあの演出。あるいはs2e23で最後の放課後を告げるチャイムが鳴るシーンの演出。ただギターを鳴らすだけ、チャイムが鳴るだけのシーンに数秒間の時間を割いていた。他のアニメではまず見られないことだ。しかしああいう、大切な物事が始まる場面やあるいは終わる場面のほんの些細な出来事が、長く記憶に残ることを私たちは人生経験として知っている。そういう心の情景を観察しているからこそ、ああいう演出が生まれてきたのだろう。ちなみに自分はこのいずれのシーンにも感動したし、s1e02で「今どきのアニメでこんな演出やるなんてこの監督は凄い」と素直に思ったし、s2e23を見た時はやはり改めて「さすが」と思ったものだ
「けいおん!」の持つノスタルジーとは、そうした擬似追体験によって構成されている。視聴者の多くは軽音部の体験をもってはいないに違いない。しかし作中に描かれる様々な人と人、人とモノ、人と経験の関係性とそれが生む心象風景によく似た場面を私たちは現実の人生で体験していて、「けいおん!」を通じでそれを感じ、心を打たれるのだろう。創作者は嘘で真実を描くというが、「創作物」を通じてそういう疑似体験までさせるのは、ひたすらに人間を観察し、人の心の機微に感性を研ぎ澄ましたクリエイター、人間を愛している人にしかできない演出であり物語づくりだ山田尚子は、そういうことをしてみせる、いや、そこにこそ誰よりもこだわっている、当代で最も傑出したクリエイターだと自分は評価している
余談だが、だから自分は「けいおん!」を、青春賛歌の物語であるとともに、人間讃歌の作品でもあると思うのだ

「けいおん!」という作品は、その模倣、フォロワーが生まれることによってアニメの潮流のひとつのメルクマールになり、新しいジャンルを開拓した先駆者としてアニメの歴史に記されるだろうと思っていた。確かに「けいおん!」以後、似たような作風の作品はいくつか生まれたが、それらは所詮、「部活」とか「女の子メイン」とか「友情」とか…そういった上辺の「要素」を模倣したにすぎず、上記したような「けいおん!」が描いてみせた根本的な部分―「人間を描く」というところ、魅力の本質の部分で「けいおん!」の次元まで来た作品はなかった。結局、「けいおん!」が切り開いた山の頂までついてくる者はいなかったのだ
自分にはやはりどうも、それに対する失望が少なからずあったらしい…「らしい」というのは、だからこそのこのドキドキワクワクだと、今にしてわかったからだ。山田尚子を超えるのは山田尚子だけなのかもしれない、彼女は結局、自分自身の力で新しいジャンルを切り開くのかもしれないという期待、あるいは願望が、今のこのドキドキする気持なのだろう

twitterでもいったが、自分にとって、山田尚子の新作に期待するということは、萌えに期待するのでも声優に期待するのでもない。彼女がいかにして、どのように「人間を描いてみせるか」「人の心を描いてみせるか」。そこへの期待に尽きる
そして自分はその点について不安を持っていない。信頼を置いていて、まだ見ぬものを見せてくれることに期待してもいる
極論すれば、「"人間"が一番面白いのだ」というところで勝負するのが山田尚子の作品だと思う
多分それは「けいおん!」でも「たまこまーけっと」でも変わらないはずだ。そんなところで新作を期待して見てみたい
新作の成功の先にきっと、「けいおん!」の新作も―それが映画かTVシリーズかまた別の形態かはわからないが―可能性が現れてくるのだろうと思っている

テーマ : たまこまーけっと
ジャンル : アニメ・コミック

No title

少なくともけいおんのアニメにおいて唯は山田監督であったように思います。
本人は否定するでしょうけど私にはどうしても被って見えます(笑)。

一期で新しいことに挑戦する唯は初めて監督に挑戦する山田さん自身であり、
映画のラストシーンで天ふれの演奏を終えて高校を卒業して駆けて行く唯は
初のシリーズ作品をやり切って次のステージへ羽ばたく山田さんのように見えます。

だから今後けいおんのアニメが無くても問題ないように思います。
山田監督の活躍がけいおんの続きです。

No title

>myc894さん
バンドマンのあるあるネタは原作者の経験に基づくものが多いでしょうから、きっとそうなんでしょうね
今回は完全オリジナルということで、自分も各原案にどういうテロップがつくかは興味深いところです

ファンタジーとリアリティのバランスが絶妙なバランス

キャラ原案が誰なのかが一番気になるところです。
個人的な印象ですが、けいおん!はかきふらい先生のキャラメイキングと山田監督のキャラ(人間)描写がマジックを起こした作品だと思っています。
(バンドマン視点から見ると下記皆様コメントの「ありうる感」は原作の貢献度が高いと思います)
完全オリジナルに挑戦する本作品で、けいおんとは異なるマジックが起こるかどうか、興味深いですね。

No title

コメントありがとうございます

>TSCさん
そうですよね。その「ありうる感」がまさに監督の人間観察の賜物だと思います。ああいう表現にかけては、古今のアニメを見渡しても山田監督は傑出した才能だと思います
自分も「氷菓」には同じように、「けいおん!」で培われた表現や人物描写へのこだわりが反映されているという印象を持ちました。その「いつか」が来ることを信じて待ちたいと思います

>桜高軽音部FC会員さん
自分も同じように思います。この作品を見ている時の、キャラクターの存在感への安心感は他の作品ではなかなか得られません。きっと、山田監督にとって「たまこまーけっと」は「けいおん!」以上にプレッシャーの大きな仕事になるだろうと思いますが、乗り越えてもっとすごい表現を見せて欲しいですね!

No title

それほど多くの作品を見ているわけではありませんが、他作品などで脚本の都合でキャラクターやお話まで動かされてるような印象を持つことが少なからずあります。自分はその時点で「なんだかなー」と落胆することがあるのですが、けいおんではほとんどそれを感じなかったんですよね
もちろん、個々のエピソードの出来に差はありましたが「ああ、このキャラクターなら確かにこうするだろうな、こういうこと言うだろうな」みたいな前提?納得のようなものがあるので、上記のような落胆や違和感を感じなかったのかな、と
いちいち、けいおんと比較されることもあるでしょうが、自分も山田監督含めけいおんチームが手がける「たまこ」が純粋に楽しみで仕方ありません
そして、その成功がけいおん3期につながるということもw

・・・長文、失礼しました

No title

同じくけいおんチームの新作が見られることに興奮しています。

「けいおんにはリアリティがある」「いやこんな女子高生現実にいないから」みたいなやり取りはネット上で何度も目にしました。
確かに全体として見れば現実にはありえない桃源郷かもしれませんが、「けいおん!」のリアリティとはそういうことではなく、物語のためにキャラが動かされていると感じさせないキャラの一貫性であったり、現実にありがちなことを散りばめたことによる共感であったり、そういうことだと思います。
現実世界の理想的な面を抜き出し、楽園として再構成した。全体的には「ありえない」けど1つ1つの場面は「ありうる」。けいおん世界のリアリティというか…。それがこの作品を単なるファンタジーではなくしているんでしょうね。

けいおんチームの作品ではないですが「氷菓」でも「けいおん!」と同じく「人間を描く」という面では少なからず感銘を受けました。見終わった後に「すごいものを見たなあ」と余韻に浸ることも多かったです。細かい手法を見ても「けいおん!」で培ったものを進化させているのを感じました。(先生が氷菓好きじゃなかったらすみません)
一番好きなアニメである「けいおん!」を作った会社がいい作品を作り続けるということはファンとして本当に嬉しいことですし、「たまこまーけっと」も「さすが山田監督、さすが京アニ」と思える作品、そして出来れば、新しい一面が見られる作品であって欲しいものです。

そしていつか、更に進化した山田監督&京アニで、動く恩那組やわかばガールズが見れたら最高なんですが…
長文失礼しました。

No title

コメントありがとうございます

>ちょもろーさん
自分は京アニのファンではないので、けいおん以前の京アニの絵作りがどんなものか語ることは出来ないのですが、山田監督の絵作りのセンスはアニメ畑のみで培われた素養ではないと思ってみています。自分もまだ研究中ですが、映画公開前のキネ旬などが指摘したように、日本映画、小津安二郎などの絵作りの影響が確かに確認されます。また、そうした絵作り以前に、記事中に書いたように、あえて描こうとする場面の着眼点、切り口が人間観察に基づいていて繊細だと思うわけです。場面に文脈がある、ということは全くご指摘のとおりですが、思うにあえてその文脈を描こうとするアニメそれ自体が稀有であるように思います

>winさん
同感です。それはやはり彼女の人間観察があってのものだと思います。その場面場面でその人物がどういう風に感じているかということに神経を行き届かせて描こうとする、そういうところが安心感や心地よさにもなっていると思います
いつかけいおんをやってくれることを期待しつつ、新作を応援したいと思いますw

No title

2回目の書き込みになりますかね、失礼します。
私もこの「けいおん」という作品は何かアニメなんですが、アニメに思えない
ところがありまして、ここまでキャラを”生きたもの”にした作品は生涯見たことが
ありませんでした。ほんと唯たちは別の世界の”人”みたいなんですよね~。

原作付きでも、けいおんでもないこれらでは表現できない”オリジナル”であることを
すごく期待していますw

そして、いつかまたけいおんの続編作ってほしいですね。原作は色々言われていますが
高校時代が”青春”ならば、その後の原作は”成長”をテーマにして山田監督なら十分表現
できると信じていますので、いつまでも待とうと思いますw

最後に、このオリジナル作品、かきふらい先生が今度は逆にコミカライズしたら面白いかも
とふと思うw

長文、失礼しました。

大雑把に言ってしまえば、コンテ割の巧さ、なんでしょうね。
京アニ作品には、何かクセのあるカメラと時間回しがあって、(本人はそんなに意識してませんが)生粋の京アニ育ちである山田監督はその1つの究極点とも言えるのかもしれません。
他のアニメで物足りなくなるのはそれなんですよ。キャラが口で喋るだけだと、もう満足できない。
キャラの表情や演出すべてに文脈がある。これだけのことなんじゃないかと思うんですがね。

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。