スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまこま試写イベント日帰りしてきたよー!

たまこマーケット試写イベント行って来ました
イベントレポートというのでもないですが、まあざっと流します。とりあえずは画像抜きで。後ほど画像をこの記事に追加しますw(なんという手抜きw) 画像を追加しましたw
 
08_20130113210025.jpg
なんでいきなりここの写真なんだよー!というツッコミがw イベント後に行って来ましたw
 
003t6_20130113210520.jpg
もとい。イベント会場のところどころに掲示されていた番宣ポスターですw

とりあえず会場の様子など
 
001.jpg
とても趣きのある会場でした。これは裏口なのですが、自分はここから入りましたw
 
002.jpg
こんな感じでポスター置きまくり。アニメイベント会場だw
 
007_20130113205812.jpg
ホール内にはディスプレイ展示も。たまこのボードにはサインがあったんですが撮影忘れましたw
 
008.jpg
座席配置図。キャパシティは224というところ
 
009.jpg
開演前のスクリーンの様子。このくらいの距離で見ることが出来ました
 
全体の流れは以下の通り。なおこのイベントは撮影していたので、いずれBDに収録されると思います

1)京アニプロデューサーの司会でイベントの口上
2)第一話上映
3)メインキャスト3人(洲崎綾 金子有希 長妻樹里)と山田監督登場
4)キャラクター紹介、各キャラクターについて監督がコメント
5)ジェスチャーゲーム(漢字一文字を3人の声優がジェスチャーして、監督が当てる)
6)プレゼントコーナー(キャスト3人と監督のサイン入り番宣ポスターを4枚)
7)お餅つきコーナー(キャストと監督が餅つきをして餅を食べるのを見守るw)
8)告知コーナー(放送情報、OP/EDのCD発売予告、WEBラジオ告知)
9)まとめ、退場
10)山崎たくみサプライズ登壇
11)おみやげコーナー(紙皿とコミケ配布の年賀状を声優3人から手渡し)
(約90分)

以下各コーナーについて

1)プロデューサーさんの名前がいまいち聞き取れなかったんですが。タガミとかそんな感じに聞こえました。なんか音響が今ひとつ、よくなかったんですよね…。でまあここで作品の概略説明。HPに書いてあるようなことなので割愛w

2)ネタバレはしません。大雑把な感想はtwitterに書きましたが…以下箇条書きにしていきます
・「けいおん!」と同じ物を期待してはいけない
 「けいおん!」の幻影を追いかけてこの作品を見るのはやめるべきだと思います。別物です。もちろん制作メソッドの比較評価や踏襲はありますが、「けいおん!」のような作品を求めてはいけないと思います(個人的な美意識としても複数の作品の混同は嫌いなんで…)
・ヒットするかどうかはわからない
 「これはくる!」と断言できる第一話ではありませんでした。それはつまらなかったということではなく、情報量が多く、まだ物語の方向性が見えないからです。この作品が目指すもの、描こうとしているものが時流や視聴者のニーズを捉えているのかどうか、第一話を見る限りではなんとも自分には判断がつきませんでした。単純に面白いかつまらないかといえば、面白いと思います。でも「こりゃ最高!すげえ面白い!」という単純に、ストレートに言えるものでもありませんでした。じんわり面白味がある、なぜか目が離せない、次にどうなるか見たい、という、そのへんの感覚は「けいおん!」に似ています。そういう山田監督の持ち味は期待していいと思います
・テーマは関係性。でも綾は複雑そう
 これは間違い無いと思います。この点は「けいおん!」と通底していますが、その構造は「けいおん!」より複雑そうな"予感"があります。それは構造ではなくて切り口が違うのかもしれません。あくまで直感ですが。いずれにせよ、これは一筋縄では行かないなあという凄みは感じました
・テンポは早い。情報量は多い
 テンポは非常に早いです。ポンポン小さなイベントが展開していきます。舞台展開もカットも多いです。ここが特に「けいおん!」とはまるで違います。骨太なメインキャラクターの安定感がそのまま作品に安定を与えている印象でした。また第一話に間違いなくそうとうな伏線、仕込みが練りこまれているはずですが、現時点ではまだなんとも言えません。たまこの家にある標語などは、多分のちのち主題になっていくか、伏流のようなテーマになっていくのではないかと予感しました
・EDがすばらしい。そして大変w
 「けいおん!」よりも、「中二病」よりも、すごい情報量です。この読解は覚悟したほうがいいですw そしてとても美しいです。そしてこの後ちょっと反転ネタバレ。キーアイテムはマーガレット。花言葉は「恋占い」。やはり主題は恋愛、ですかね!w
 
3)山田監督から作品のテーマについて簡単にコメント。要約すると
「人と人との繋がりを大切に描いていきたいと思っている。これを見て、ちょっとだけ大きく挨拶してみたくなるような、世界が楽しく見えるといいなと思って制作しています」

4)メインキャラクター3人娘について、山田監督からそれぞれコメントありました
北白川たまこ 「お餅みたいな子。大人の中に囲まれて育ったので心が豊か。前向きな心を持っている」
常磐みどり 「思春期キャラ。15、16の多感な時期真っ盛り。感受性が豊か。感情を投影させやすい子」
牧野かんな 「2話を楽しみに。ドSな部分があり本質を見抜く才能がある。頼り甲斐のある子」
鳥(名前は第一話でわかりますが、放送まで秘匿) 「大丈夫でした?(可愛かった?)」と監督から。キモウザ可愛かったと思いますw

5)最初の一問目は監督が見てしまったのでキャンセルw 出てきた漢字は「巳」「鶏」「餡」「餅」。全問正解しましたw

6)twitterのフォロワーさんがゲットしたので写真を撮らせていただきましたw 後ほど掲載しますw

7)山田監督の餅を丸める手つきが見事で客席から拍手w 監督はあんこが好き。他の人が喋ってる間監督はひたすらバクバク食べてましたw

8)告知内容は公式サイト参照

9)twitter公式のもち太郎について監督からコメント(概略) 「もちもちいってて、人なのか餅なのかわからない。餅を食べたいとかいってるし、どういうことなんですかね? お餅なのかと思ってたから、ちがうかもしれへん(方言ママ)。可愛い」
最後に締めに監督からコメント(要約) 「今日はお寒い中お集まりいただいてありがとうございました。京都アニメーションがどんな作品の作るかわくわくしていただいていると思いますが、スタッフ、キャストが力をあわせてたまこまーけっとを作っている最中です。みなさんのお力でもっと素敵な作品になると思います。よろしかったらお楽しみ下さい」

というわけで、山田監督がいったことしか
チェックしてませんでした!www
 (ひどいなこの人!)

まあそんなです。個人的には山田監督の才能はこれからも追いかけていきたいと思っているので、この作品はチェックしていこうと思います。でもあくまでこのサイトはけいおんのファンサイトというスタンスは維持したいと思っているので…うーん、どうしようかな、という感じですw

というわけで、大雑把なところでw

■ 追記(0113)

イベント後、ちょっと修学院まで行ってきたので、その写真を少しだけw
昨年は2分間しか立ち寄れなかった修学院でしたが、今回は30分ほどいることが出来ました…ってまたそんなものかよ!w
 
03_20130113205925.jpg
USJの時以来の修学院キタ━(゚∀゚)━!
 
02_20130113205926.jpg
掲示ポスターは「THANKS」順になってますw
01_20130113205926.jpg
きららラッピング電車の中には公式ガイドブックの広告も
 
04_20130113210026.jpg
 
05_20130113210026.jpg
映画で重要な病院前の横断歩道を両方向から
劇中上のショットでは唯とムギが赤信号で止められ
下のショットでは信号が変わって渡れるという場所です
 
07_20130113210026.jpg 06_20130113210026.jpg
そして最後の橋。いい天気でよかったですw

テーマ : 管理人日記
ジャンル : アニメ・コミック

No title

>ふぁにぃさん
コメントありがとうございます
作中の電車の進行方向は逆なんですよねw
出町柳の商店街はサッと通り抜けるだけしてきました。思ったより小さな商店街でした

No title

修学院に行かれたんですね
自分は丁度享年の今頃、ラッピング電車を撮りに行きました
松ヶ崎橋や白川通を何度も往復したのはいい思い出ですw
劇中で修学院駅からムギの待つ出町柳駅に向かうのに反対側の鞍馬方面のホームから
乗ろうとしてたのが鉄ヲタ的に気になってます(どうでもいいw)
出町の商店街にも行ってみたいです

No title

コメントありがとうございます

>ムーングース・マックィーンさん
ごめんなさい。基本的にツイート数が少なかったり、プロフにけいおん好きと書いてないとリムっています。他にもいくつか細かい基準でリムっているので、それにひっかかったのかもしれません

>takoさん
自分は正直に言って世間の反応はまったく読めません。おそらく方向性としてはご町内スラップコメディとか人情物なんだと思いますが、こういう作品に、今アニメファンのニーズがあるかどうか、キャッチ力があるのかどうか、本当にわからないのです。ただこの作品が文字通り挑戦的なものであるのは確かだと思います

No title

個人的には大変楽しみ!それ以上は心配しても詮無い領分ゆえ見守るのみの心境ですが、
(あくまで現時点の、中身そのもの以前の要素の話として)商業アニメしかもTVという土俵
での取組としては、商業面の大成功が最優先ならその要素組合せは避けるんじゃない?と
思しきぶっちぎり具合(確信犯としか思えない…)に、感心というかなんというかw
ま、少なくとも本作の商業的なリクープの結果がどうあろうと山田監督の今後の活動の
障壁とならないよう上層部がフォローするハラを括ってるハズだし(…と思いたい!w)

No title

そういえば以前先生をフォローしましたが翌日には…

No title

コメントありがとうございます

>TSCさん
ですよね。そういうのも見てみたいと思いますw

>桜高軽音部FC会員さん
そうですね。そこまでではありませんでした。というかわからないんですよねw でも見る見ないというラインは軽く超えていたので、かなり高いレベルでの話ですw
明日からどうしたものかと思いますwww

No title

年明け早々、遠征お疲れ様でした

たまこは冬アニメの中で一番期待しています
作風の違いなどを今さら気にするつもりはありませんが、けいおん1期1話の冒頭を見たときのような「・・・ああ、これだわ」的な感じがすると良いなぁ
先生的にはそこまでではなかったようですが・・・w

放送日はもう間近ですが、先生が個別に記事にしたくなるほど面白く、味わいのある作品になってくれると良いですね

No title

今回は無いと思いますが
山田監督版の昼ドラみたいな作品も一度見てみたくはありますねw
人間のポジティブな面をこれだけ上手く描けるなら、逆を描いたらそれはそれはえげつない物語になりそうで…。

No title

>ふぁにぃさん
コメントありがとうございます&あけましておめでとうございます
自分も同感です。また、見た限り多幸感の得られる作品になるだろうと思います。でもまあ今度は過程においてネガティブな方に行く波も見てみたいなあという気はしますね。そこは前作から期待されるイメージに縛られないで自由に作って欲しいと思っていますw

No title

遠征お疲れ様でした
丁度その頃、銚子でお餅ではなく今川焼を食べてましたwあんこぎっしりwww
けいおん!への渇望感みたいなものは正直否定は出来ないのですが、
描かれる対象がそもそも違うので自然と別モノとして楽しめると思ってます
ただ、けいおん!1期の公式ガイドブックで中山Pへのインタビューにあった
「見た人が元気になる」という多幸感や若干の癒しは引き継いで欲しいと思いますし
これまでの情報からそうなると確信してますw
また、オリジナルである分、(シナリオとして)けいおん!よりも踏み込んだ
心理描写がされるのでは?と期待してます
あとは大ヒットにならずとも商業的には成功して欲しいですね
監督の次作へと繋がりますし

No title

コメントありがとうございます&あけましておめでとうございます

>名無しさん
お餅つきコーナーはいかにもお手製イベントな感じで、結構グダグダでしたが、新人声優さんたちが頑張ってましたw

>桜高軽音部FC会員さん
けいおんの影響で注目されているので、監督も結構プレッシャーがあると思いますが、イベントではそのへんの抱負を答えてくれたらよかったのになーと思わなくも無いですw 京アニの主催イベントだと思うので、さすがにそういう話にはなりませんでしたがw

>桜高軽音部FC会員さん
3人の声優さんと比べてもやはり監督はちっちゃくて、最初は杵に振り回されてふらついてたのが可愛かったですw ちなみに監督の服装は、上が黒、緑のパンツで、左胸に丸い缶バッチのようなアクセサリを4つほどつけていたと思います。少し遠目だったのでどういうものかよくわかりませんでしたが

>atomさん
それが一番いいと思いますw

>けいおん県市民さん
コミケではありがとうございました。期待して良いと思います。記事中で言及するのを忘れていましたが、鳥というファンタジー、ナンセンスはするっと世界に入ってしまいました。気がつけば当たり前になっているという感じで。80年代のアニメのようでしたw

>TSCさん
それが良いと思います。自分もまだお餅食べてませんねそういえば…番組見るときは食べるようにしますかねえw

No title

お疲れ様です。放送が楽しみですね!
私もけいおんとは切り離して見るつもりですし、製作スタッフの皆さんにも新境地を切り開いてもらいたいと期待しています。家族の存在(けいおんでも一応存在はしてますが)やしゃべる鳥というファンタジー要素など、明確に違う作品性が打ち出されていますしね。
それでもPVを見ているとちょくちょくけいおんっぽい表現があったりして、そういうのを見るとついニヤけてしまいますがw

あ、そういえばまだ今年おもち食べてない。食べないと。

No title

遅くなりましたが明けましておめでとう御座います
コミケでは真っ先に先生の本を綺麗なコスプレの方から買わせて頂きましたw

レポお疲れ様です
ネットで伝え聞く限りアットホームな感じのいいイベントだったみたいですね
PVやCMを見る感じほんわかして優しい感じの作品のようですし安心して楽しめそうです
また、情報量が多いと言う事で考察のし甲斐もありそうです
非日常なしゃべる鳥もどういう風に絡んでくるのか気になりますw

No title

簡易レポ、ありがとうございます。
僕も当初の予定通り、けいおんとは切り離して見るつもりです。

No title

レポお疲れ様です
けいおん!でんでんに関しては先生、他のコメントをされた方と同意見です

お餅をつく監督…みたかったwww

試写会お疲れ様です
羨ましいかぎりですww

なにかとけいおんと似ている(キャラとか?)など比べられてるようですが 、それだけけいおんの影響力が残ってるって事でプラスに考えていますがw

まあ 私自身もけいおん3期を熱望してる一人ですが、だからこそ たまこま を楽しみにしてるってのが本音です。 でも、けいおんが一番ですけど!

いきなりの投稿失礼しました。

No title

お疲れ様です
お餅つきコーナ見てみたかったですw

監督キャラデザ脚本とけいおんスタッフ集合ということで期待していますし楽しみですが私もけいおんを求めて見るつもりは無いですねw他作品ですし
放送が楽しみです

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。