スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都文博けいおん上映イベント遠征簡易レポ

京都府京都文化博物館フィルムシアターの企画上映イベント「ぶんぱく青春映画祭 ― ヨリ道ノススメ2」の大トリとして3/10に上映されました、映画けいおん!を見に、先週の土日は京都まで行って来ましたw
今回はただ映画を見に行っただけで、フィルムシアターホールも撮影禁止でしたので、遠征の簡易レポートにとどめたいと思います
  
bunpaku0.jpg
…というイベントだったのさ!w
 
■ 予約!

でまあ、このイベントに行くために、1月末から2月中旬にかけて、京都でホテルの予約を入れたわけですが、3/10の京都マラソンのせいで、市街に空きホテルがありませんでしたw 安く仕上げるために、各旅行会社のパックツアーを利用しようと思ったんですが、本当にどこも空いてない! まあ正確に言えば6,7万円以上のクラスのツアーはとれたんですが、だったら普通にJRで新幹線チケット買ったほうがマシなわけでw
というわけで、今回はかなり宿の確保に困ったのですが、幸か不幸か、とてもいい場所にホテルを取ることができました。山科です。京都駅からはJRで5分、地下鉄の改札すぐの立地で、文博のある烏丸御池までと、六地蔵までが共に12分程度という好立地で、ここに宿がとれたので、土曜日は六地蔵の隣、木幡にある京アニショップにも行ってみようと思いましたw
んー。まあ空きがあればホテルギンモンド(ぷんぱくの最寄ホテル)にしたんだけどねぇw

■ 京アニショップ!

というわけで、土曜日は14:16くらいに最新N700Aののぞみで京都駅到着。14:30にはチェックインを済ませて、15時10分くらいに京アニショップに到着! マジで好立地すぎwww 京アニショップに行く途中、六地蔵での乗り換えには手間取って、そこで16分くらいロスしてしまったのですが、これがなければ15時前には京アニショップに到着していたでしょう。マジ山科正解だったwww
ちなみに木幡は奈良線の方の駅で下車しましたが、徒歩5分ほどで迷わず来ることができました
  
01 (1) 02_20130312021549.jpg
ここが京アニショップでぃーすか! 初めて来ましたw ちょっと感動
 
でまあ、ここではグラスゴーで現地のファンにあげちゃったSingingの唯ストラップと便箋を購入。紙袋に入れてビニール袋に入れてくださいといったら、紙袋というのは例のけいおん!の手提げサイズの紙袋のことで、てっきり小さな紙袋をイメージしていたのにえらい目にあいましたw いや…自分このとき手提げかばんとか持って歩いてなかったのでw
しょうがないので目立ちにくい京アニビニール袋に全部入れてそそくさと退店w

■ 祇園四条へ!
 
次は京阪木幡駅から中書島駅を経由して祇園四条へ移動。と、さらっと書いてますが実は全然このへんの路線は頭に入ってなくて、その場で路線図見てそう決めただけですw 中書島駅なんてこの時はじめて存在を知りましたw
普通なら、中書島駅からは出町柳に出て、そこから修学院に巡礼というのがけいおんクラスタの定番なのでしょうが、出町柳も修学院も1月にいったばかりなので、今回はリア嫁へのおみやげを買うべく祇園に移動。予定通り、16:30頃に到着して、街を散策しておみやげを買いました
さすが祇園。舞妓さんの本物初めて見た!w それ以上にびっくりしたのは、自分が入った店にちょうど、維新の会の橋下代表が芸者連れて入ってきたことなんですがw 何やってんだオメーというw

■ おばんざい!
 
夕食は、せっかくなので京都らしい食事をしたいと思って、京都のお惣菜料理であるおばんざいを食べることにしました。友人のアドバイスに従って、祇園四条から鴨川を挟んですぐの先斗町(ぽんとちょう)という花町に入ってみましたw
これが実に趣のあるところで、古い京都の裏道を歩いている感覚。夜になるとさらにいい雰囲気でした。基本的に飲食店街ではあり、おばんざいを食べさせてくれる店も多いので、適当におばんざいセットなるものを提供しているお店に入って、コース料理を食べましたw 価格的にも3000~6000円でそこそこのものが食べられるので、わりとおすすめです。この次に京都に来ることがあったら、また食べにきたい場所になりました
 
■ 宿泊!

で、京阪三条から東西線でホテルのある山科に帰還。20時頃には戻ってこれました。ホント山科便利すぎwww
この日はさっさと風呂に入ってベッドに潜り込んだんですが、興奮してろくに眠ることもできず、朝を迎えてしまいました…大丈夫なのか自分w
ちなみに天気予報によれば、この日の京都は平均気温17度、昼前に雨が降り、あとは午後にかけて曇りになっていく…ということだったんですが、実際には一日中降ったりやんだりで、風も強く、気温はかなり低かったように思います

■ ぶんぱく!

で、当日は6:30前にチェックアウト。ここから京都文博のある東西線烏丸御池までは乗り換えなし、徒歩含め15~20分というところで、セブンイレブンで朝食のパンを買って予定通り7:00前に現地到着w 1月以来のぶんぱくです。山科便利だったーw
 
到着してみれば、自分が9番目。8番目、10番目はフォロワーさんでした…偶然とはいえ、これはかなりできた話だw
後はひたすらゲームをしつつ待機。twitterで情報発信をしている森脇さんがいろいろお話をしてくれていたのを聞き耳を立てていましたが、まあこれはオフレコということで。とりあえず、文博と京アニは結構以前から交流があるそうで、今後も文博で何らかのイベントが企画される可能性は期待してよさそうです

10時に開館すると、程なく会場内に通され、建物内で待機。10:45時点で列が120人以上になり、予定より15分早く整理券配布となりました。森脇さんからのガイドでは13:30の回、17:00の回どちらか一方だけにしてくれということだったので、最後の17:00を選択。結果から言うと、13:30は満員で、17:00は20名ほど座席が余ったので、13:30の回を選択したほうが2回見れたので正解でしたw 残念。まあいいでしょうこれは…しょうがない

■ MAXバーガー!

というわけで、17:00の回の整理券3番をゲットした自分は、フォロワーさんと三条まで散策。改装後のJEUGIAを見た後、Liptonの直営喫茶店で軽食(つーか自分は本格的に食事しましたがw)して時間を潰しました。リプトンの喫茶店があったなんて知らなかったよ!w
でまあ、考えてみたら13:00くらいになってもまだチケットが余ってるなら、1回目も見ていいんじゃないかな?という話になり、一度ぶんぱくに戻ってみることに。しかし戻ってみるとちょうど整理券配布は終了。満席になっちゃってましたw

外は雨だし、しょうがないな~ということで、文博内で途方にくれていたのですが、ちょうどなんか晴れてきたので、これならもういっそ舞台巡りでもしようかなーという話になり、まだ自分がいったことのない唯のモデルの民家やMAXバーガーのモデルとなった北白川通り沿いのマクドナルドに行ってみることにw
でまあ、14時前には修学院についたのですが…自分の体力がそろそろ限界でしたw しかもまた雨が降ってくるし…寒い上に低気圧はダメなんだよ…心臓に負担がかかるんだよ…w 仕方ないのでタクシーでマクドナルドにいって休もうという話になり、14:10くらいにはついたのですが…ですが…ここでもう睡眠不足でふたりともギブアップw もういいから文博戻って休もう!ということになり、一気にタクシーで文博に直帰しました…いやまあ…いいや…寝不足ならこんなもんだよ…w とにかく本命は映画なので、映画で落ちたら話にならないw つか本当は2回とも見るつもりだったんだよ!!w
つーわけで、あとは文博に戻ってまったりしました。体力も次第に回復w

■ 91回目!

というわけで、国内当面最終上映となる、ぶんぱくの17:00からの上映。最前列真正面で見ましたw
映画館で見るのはこれで91回目となります。本当はグラスゴーで締めるのが美しかったんですけどねw
フィルムシアターのロビーには、パネルがあって映画けいおんの解説・説明文もあったのですが、小津安二郎や清水宏を引用して作品解説がされていて、なんでこうしたミームの指摘がアニメ雑誌のライターからではなく、こうしたシアター関係者やキネ旬やcutのような、アニメとは畑違いの業種の人達からでてくるのかな、と改めて呆れました…アニメ雑誌関係者ってアニメしか見てないんだろうなあ…

上映環境はフィルムで、修正前の今となってはレアな映像が見れました
それで感想なのですが…この3月10日っていうと、一年前は本当に毎週末、六本木や新宿の映画館にこの映画を見に行った時期で、映画を見ていて最初はもう、内容より、当時のことを思い返してこみあげるものがありましたw ああ、1年前はこれを毎週見に行ってたなあ…みたいなw あと、グラスゴーにいった時のことも。この映画は本当にいろいろな経験を自分に与えてくれました。後半は内容で泣けて、やっぱり名画でした
最後に拍手がなかなか起こらなかったので、率先して拍手しました。つーわけで前の方で叩きはじめたの自分だったりw やっぱり、この作品には表敬するだけの価値があるでしょう
 
■ 帰宅!

で、帰りの新幹線は20:53京都発ののぞみ60号で品川へ
この日の東京は黄砂もどきの砂埃で大騒ぎしていましたが、自分が帰京した頃にはそういった話もとっくに落ち着いていて、いつもの東京でしたw そこから更に終電で帰宅して、風呂入って落ち着いた頃にはもう月曜の1時前という…
今回も我ながらいろいろ限界に挑戦した感のある遠征で、毎年自分の加齢による体力の低下を意識させられますw 運動しないとイカンのだろうなあ…という

次にけいおんで動くのは、6月のイベントということになるかと思いますが、それまでお金と体力を蓄えることにしますw

以上w

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

No title

こんにちは。速いもので京都上映会からもう一週間ですね。

当日は十時過ぎくらいに現地に着いたのですが、行列の長さと客層のバラエティー豊かさに度肝を抜かれました。
小学生くらいのお子さんからお年寄りまでいらっしゃって ほんとに幅広い年代から支持されているんですね。
17:00の上映のときには外国の方まで見かけましたよ。まさにワールドワイド。

まず13:30からの整理券をもらって、17:00からの回の上映直前にまだ余裕ありとのことだったので二回見ました。
13:30の上映では久しぶりに唯ちゃんたちに会えるうれしさからデスデビごっこから涙腺が崩壊してました。
二回ともお客さんにマナーの悪い人は見受けられず、上映中の雰囲気もよくて、前半の笑いどころでしっかり笑いが起こって、後半は何十回目かの視聴ですがまた泣かされて、最後に拍手があって、良い上映会でしたね。

これを機に、毎年この時期に上映されるのが恒例みたいになってってくれたら嬉しいなぁと思います。

No title

こんにちは。速いもので京都上映会からもう一週間ですね。

当日は十時過ぎくらいに現地に着いたのですが、行列の長さと客層のバラエティー豊かさに度肝を抜かれました。
小学生くらいのお子さんからお年寄りまでいらっしゃって ほんとに幅広い年代から支持されているんですね。
17:00~の上映のときには外国の方まで見かけましたよ。まさにワールドワイド。

まず13:30からの整理券をもらって、17:00からの回の上映直前にまだ余裕ありとのことだったので二回見ました。
13:30~の上映では久しぶりに唯ちゃんたちに会えるうれしさからデスデビごっこから涙腺が崩壊してました。
二回ともお客さんにマナーの悪い人は見受けられず、上映中の雰囲気もよくて、前半の笑いどころでしっかり笑いが起こって、後半は何十回目かの視聴ですがまた泣かされて、最後に拍手があって、良い上映会でしたね。

これを機に、毎年この時期に上映されるのが恒例みたいになってってくれたら嬉しいなぁと思います。

No title

コメントありがとうございます

>けいおん県市民さん
自分も今後また行く機会があったら山科でもいいなと思っています
確かにブツブツキレたり飛んだりがあったのは残念でしたが、フィルムの味ということでしょう。あと数年もするとフィルム映画も見れなくなっていくでしょうし
新ピカでの再上映は自分もお願いしたいところですw

>ふぁにぃさん
京都巡りは以前からけいおんと関係なくしてみたいというのもあったので、今回はちょっとだけそれができてよかったです。次は神社巡りしたいものですが…

>774さん
文博さんは10年くらい前から京アニとは交流があるそうで、森脇さんもそのことでいろいろ動いてくださったようです。今後もイベントの企画は期待できるのではないかと思います
リバイバル上映には期待したいですw

No title

遠征お疲れ様でした。
泊り旅費の都合が付かず早々にあきらめましたが、夕方回は多少の余裕があったようで、
無理して日帰りでも行けばよかったかもしれません、ちょっと後悔。

ネット上での感想などを散見すると、固定ファンだけでなく中高生や親子連れ、
年配の方も観に来ていたようで、幅広い層に受け入れられたのかなとも思います。
博物館が京都に係わり合いのある作品を中心に質の高い作品を収拾しているのだそうで、
映画「けいおん!」がその中に取り上げられたのはファン冥利に尽きますね。

閑散期でいいので主要都市の、そんなに大きくないスクリーンで構わないので
リバイバルやらないですかね、松竹さん。下手な新作よりそこそこ入ると思うのは
ファンだからこその甘い計算でしょうか・・・大画面の液晶テレビもサラウンドもない
自宅の小さい未だにブラウン管の画面では、魅力半減ですから。

No title

遠征お疲れ様でした
去年けいおん!のラッピング列車に乗りに京都に行ったことを思い出しました
祇園とか風情があっていいですよね
でも勝手を知らないと楽しみ半減な街でもあります
リベンジも兼ねて自分もまた京都に行きたいです

No title

お疲れ様でした

山科は交通の便が良さそうですね
次京都に行く機会があったら候補に入れますw
奈良線の木幡駅は斜め前に京アニ本社があるので本社→京アニショップと回るのに便利でいいですよね

京都上映は私も行ってまして先生と同じく17時の回でしたw
音飛びが若干気になりましたがフィルム上映特有の「味」という事であれはあれで良かったと思います
終映直後は確かに拍手が起きなくてどうしようかと思いましたが、あの拍手は先生だったんですねw

しかし京都で見る映画けいおんは格別でした
森脇さんはじめスタッフの方々も我々が長蛇の列を作って押しかけたにも関わらず丁寧に対応
してくださいましたし。
また、いつか京都で見たいですね。
その前に絶叫でない普通の上映を新ピカとかでもやって欲しいですけどw

No title

>ウーバーさん
コメントありがとうございます
おつありですw
6月はどうにか参加に漕ぎ着けたいと思っておりますがw いけるようでしたら簡単にレポなどしたいと思っています!(おそらく後日映像化されるか、生配信があるんじゃないかと思っているのですよね…)
けいおんは間違いなく特別です。本当に自分にとっても、最も特別な作品と言えます!

お疲れ様です!

6月のイベントも僕はいけそうにないので、よかったらレポお願いします!!
本当にけいおんは素晴らしいですよね!
やっぱりけいおんは特別です♪( ´▽`)

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。