スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別冊spoon.2Diたまこまインタビュー特集レビュー

というわけで、本日発売の別冊spoon.35号spoon.2Diのたまこまーけっと特集号をゲットしましたw
 
sppon2di.jpg
表紙イラストがなかなか素敵。これを大判ポスターにすればいいのにw
 
けいおん!で素敵な特集をやってくれたspoon.誌ですが、今回はアニメ別冊号でたまこまを取り上げています
巻頭22Pの特集で、山田尚子、堀口悠紀子、吉田玲子、竹田明代、田峰育子といった主要スタッフへのインタビューと、メインキャストの洲崎綾へのインタビュー、そして田丸篤志、日高里菜、金子有希、長妻樹里、山下百合恵、山岡ゆりへのQ&Aインタビュー(おそらくFAXインタビュー)が掲載されています
つまりアニメ誌でもやらんような総力特集ですw やるなspoon.!!

各インタビューからは、関係者の作品への思いをうかがうことができます。cut誌のインタビューと合わせて読みたい特集号といえるでしょう
まあ、けいおん制作スタッフのファンなら
買うべき一冊といっていいと思いますw


そしてこの号の巻末アンケート&プレゼントは、5月発売予定の一番くじプレミアムけいおん!www
なぜたまこまーけっとのグッズじゃないんだwww
こちらはメールでも申し込みが可能なので、是非応募しましょうw

まあ、たまこまはこのブログのメインではないので、今回もかるーく取り上げる感じで

【記事構成】

表紙   たまこまーけっと (原画/堀口悠紀子 彩色/宇野静香 背景/田峰育子 撮影/植田弘貴)
P01   特集扉
P02-03 表紙イラストグラビア
P04-09 山田尚子インタビュー(P09 山田尚子メッセージ色紙)
P10   吉田玲子、堀口悠紀子インタビュー(半ページづつ)
P11   キャラクターデザインインタビュー(堀口悠紀子)、堀口悠紀子メッセージ色紙
P12   竹田明代、田峰育子インタビュー
P13   うさぎ山商店街マップ
P14-15 洲崎綾インタビュー
P16   田丸篤志Q&Aインタビュー/ストーリーレビュー#1、2
P17   日高里菜Q&Aインタビュー/ストーリーレビュー#3、4
P18   金子有希Q&Aインタビュー/ストーリーレビュー#5、6
P19   長妻樹里Q&Aインタビュー/ストーリーレビュー#7、8
P20   山下百合恵Q&Aインタビュー/ストーリーレビュー#9、10
P21   山岡ゆりQ&Aインタビュー/ストーリーレビュー#1、2
P80   読者プレゼント&アンケート NO.1-4 一番くじプレミアムけいおん!


以下、メインスタッフのインタビューについて気になったところなど中心に軽く感想などw

■ 山田尚子インタビュー 

たまこまのテーマやメッセージについて改めて簡潔に語っているので、改めてこの作品を理解する上で参考になる内容です。が、インタビューがあって初めて理解できるようではいかんです。でもまあ、人の思いということについては見たままだったので、その点では難しい話ではなかったですね

「Every…」のキーワードは吉田玲子さんによるものとのこと。改めてこの作品がチームワークによって創りだされたことがわかります。個人的にはもっと商店街という舞台装置の意義、共同体に対する山田監督の考えに突っ込んで欲しかったなあという感じ
山田監督も、この作品が受け入れられるかどうかに不安があったことが語られていて、やはりそうだったんだなあという感想。暗中模索のオリジナル作品作りだったのはcutからもうかがえましたが、ここでも同じようなことを語っています。次回作では更に成長した山田監督が見れるんじゃないでしょうか
制服について
けいおん!での制服と違う感じにチャレンジしたなどとけいおんの話がちょっと出てくるのが嬉しい。「保守的な感じが逆にえっちかなって(笑)」にはいささか衝撃。えっちさとか気にしてたんだ?w 正直この制服はあまり色気感じなかったです私…といいつつも、ロングスカートにこだわりがあったりw 「(けいおん!で)モブの子にロリータな女の子がいて、その子がスカートを長くして履いている」ってこれ小磯つかさのことですかね?
また、このインタビューでなぜバトン部だったのかについて言及されていたのが、個人的に嬉しかったです。疑問だったので。曰く「なんかバトン部ってすごく女の子らしいし、魔法少女みたいじゃないですか(中略)自分の中でバレリーナとバトンって特に憧れがあるんですよね。女の子っぽさの固まりのような気がしています(笑)」ということで、答えは監督のあこがれでしたw ところで「固まり」じゃなくて「塊」だと思うんですが、これ原文ママですw いつか魔法少女ものやるってのもありかもしらんですな?w
けいおんで男の子がいなかったことについては心地よさを感じていたとのこと。この人…w うーん、この認識だと、たまこまで男子を出せたから、次の作品でようやく男女の恋愛やってくれるかなー?という感じ。つかこっちは当初、山田監督の恋愛ものがみれるかも!と期待してたんだけど、監督的には男子が出てきた!って次元だったのねw いやあんなに恋愛に頓着しないヒロインじゃこっちはがっかりだったよ!w
今後についても思い入れが強いみたいだけど、第二期はないだろうなあ…でも監督にとって特別な作品になったことはよくうかがえました。今後のテーマとして「人と人とのコミュニケーション」「少女を描いていくこと」を挙げていてここは期待通り。今後の監督の活躍に期待したくなるインタビューでした

■ 吉田玲子インタビュー
 
糸電話のアイディアも吉田玲子さんのものだったとのこと。乙女力高いですなw
印象的だったのはこの年頃の女の子を描く上で気をつけていることという質問への答え。「揺れ、ですかね」の答えには、11話の川辺の手すりに佇む3人のシーンが想起されました。さすがの回答ですなw

■ 堀口悠紀子インタビュー
 
そういえば彼女は第一話しか作監やってないんですよねw なんでだったのかw
飲み会で山田監督がデラの人形を頭に乗っけて挨拶してたというアホなエピソードが紹介されてますw また山田監督がここ一番での衣装デザインをやっていることも語られていて、これはけいおんのインタビューでもいってましたねいつかw
キャラクターデザインコメントもしていて、この辺は読んでみるのをおすすめ。確かみどりの旧デザインは史織になったはずですが、史織について思い入れが強いと語っていて、ああやっぱけいおん!のアキヨさんと根っこ同じなんだろうなあと思ってみたりw

■ 竹田明代インタビュー

色彩設計の彼女にインタビューとは珍しい!でもたまこまでは明るくポップ、しかし暖かで安心感のある色づかいの果たした役割は確かにインパクトがあって、例えばたまこの家も、外見は旧家っぽいのに室内はポップな配色だったりして意外性がありました。ですのでこのインタビューはさすがの着眼という感じ
みどりの金髪について言及していて、堀口さんには最初から見えていたのがさすが、といってるのが印象的でしたw キャラクターについて聞くと、堀口さんがそのキャラクターについて熱っぽく語ってくれたと答えていて、けいおん同様、今回もかなりキャラクター一人一人に思い入れの強い作品だったことがわかりましたw

■ 田峰育子インタビュー
 
さらに美術監督にまでインタビューとはなかなかないですなw でもたしかに商店街という舞台装置を考えると、これも当然のインタビューといえるでしょう
確かに彼女も本作が初美術監督だったんですが、いきなり商店街の全店舗の美術設定とかホントご苦労さまでしたという感じw もち蔵の部屋が外国の子供部屋をイメージしたというのに、言われてみて納得。ああなるほどとw 日本っぽくなかったですよねあれはw たまこまは伝統性と先進性あるいは異質性の対比がさまざまなところでおこなわれていましたが、多分その延長線に彼の部屋のデザインもあったんだろうと思いました
ロケハンでいろいろな場所に行ったこと、また季節ごとの行事も取材していた話も、来月18日に
出町桝形商店街界隈で行われる御霊祭なんかもきっと取材にいったんでしょう。印象的だったのは、彼女に対しても監督から「何か案があればください」と言われていたという話。「背景がその段階で関われるって珍しいと思うのでうれしかったです」と彼女も述べてますが、本作で果たした商店街という背景設定の存在の大きさと、制作チームの風通しの良さをうかがわせました 

というところで、買って損のない一冊だと思いますw はいw


テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

No title

>ふぁにぃさん
情報ありがとうございます。では、キャラのイメージカラーの情報を仕入れておかないとですねw

No title

度々失礼します
サイリウムですが。中の人達は光の海に感動されていた様ですw
パンフを見るとキャラ毎にイメージカラーが設定されており(事前に公式HPで告知して欲しかった…)
物販で販売している「ドラマチックマーケットライト」で大半の色は賄えますが、
かんなのオレンジには対応していないので、オレンジのサイリウムを用意すべきだった
と後悔していますw

No title

>ふぁにぃさん
コメントありがとうございます
とても監督の思い入れの強さが伝わってくるインタビュー記事でしたね
イベントも楽しみにしています。ふと気づいたんですが、やはりサイリウムを用意しなきゃいけないのかなw
今年はたまこまのせいか、なんか京都に行く機会がありますw

No title

先日のたまこのイベントの物販待機列の中で読みましたw
監督のインタビューを読むとまだまだうさぎ山商店街の物語は拡げられる
余地がありそうに感じましたね

イベントの方はたまこってそのままだなぁと妙に感心したり、
山崎たくみさんの演技に魅了されたり、生のかんなの声に興奮したり
(例の唐揚げのレシピが聴けましたが京都は果たして?)
楽しかったです
「カンカン・マキマキ」と「きっとね、ずっとね、よろしくね。」は
盛り上がりましたよ

No title

>たまこぷーけっとさん
コメントありがとうございます
イベントお疲れ様でした。自分も会場までは行ったんですが、結局見ずに帰ってしまったのでw
デラのキャラソンに監督が関わってるっていうのは初耳w 情報ありがとうございます。1.5期があるといいですね!
自分も京都には行く予定なので、レポをしようと思いますw

たまこまライブにて

今日、五反田のたまこまライブ行ってきました
オフィシャルな新発表はありませんでしたが、山崎たくみさんが、これから作るデラのキャラソンに山田監督が関わってたり、実は最終回は3種類あった案の中の1つだったと監督が言っていたとか、(山崎さんが)1.5期やりましょうって煽ってたりとか、幾つかポロっとお話しされてました。そんな感じでした
アットホームでとても楽しい公演でしたよ

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。