#5 お留守番! 感想

というわけで、第5話「お留守番!」のレビュー&感想ですw

05title.jpg
第4話と並行進行になっていますw

■感想■
2年生トリオの魅力と可能性
たった1話で存分に見せつけた回
でした!

すでにネクストジェネレーションで物語が成立しそうなパワーはなんなのw

梓、憂、純のトリオの各個性と関係性、ポジションを描きつつ
3年生に憧れる後輩としての2年生、1年生を指導する先輩としての2年生の両面も描き
唯たち3年生との関係性も描き、さらに演奏まで決めてしまう!
まさに盛りだくさん!!

それにしても、3人のセッションは第1期第1話を彷彿とさせるものが…

また、大方の予想通り、第4話とのザッピング回!
前回と合わせて、何度も見て楽しめる、スルメ回ですねw

しかも今回はさり気なく、
デジスタでぴかしゃと共演している大亀あすかさん

Kiss×sisであやにゃんと共演している巽悠衣子さん
ジャズ研1年生として友情(?)出演!
 
05A16.jpg
スタジオはキャッキャウフフしまくりだったろうねぇ…

声優マニア的にも興味深い回だったのではないでしょうか
……てか、声優界にけいおんマフィアが形成されつつあるんじゃあるまいかw

■アバン■
てめえこの平沢チキン!こんな登場しやがってw
唯か憂の手作りかと思ってたが…まさかメーカー品だったのか…?
いやそんなバカなw
そんなことより、憂かわいいです!

今回は冒頭から女子高生のマストアイテムとしての携帯がクローズアップされてます
現代社会の必需品なのに、時間と距離を短縮するので旧来のドラマに多用された
演出の幅を狭めるという、なかなか物語に上手く生かすのが難しい小道具ですが、
今回は距離が離れた3年生と2年生の心理的距離を縮めるアイテム
そして楽しい瞬間を記録するアイテムとして象徴的に活用されていました

AVAN01_20100505060848.jpg
馬鹿な…平沢チキンストラップ…だと…!?

AVAN02_20100505060848.jpg
携帯電話は今回大活躍w
 
■Aパート■
憂、梓と比べて軽音部と距離のあった純のキャラクターが掘り下げられています
アクティブでそそっかしく、コミカルかつマイペース。好奇心旺盛で、
楽しいことは一通り楽しまないと気が済まないくせに、飽きっぽい性分
なのは
ドーナツのくだりでよくわかりますw

05A24.jpg
ホント、いい性格してやがる…w

唯のことを間接的に知っていて澪に憧れてはいるけど律との関係性はわかっていない距離感
そしてジャズ研ではベース担当で、梓のギターテクニックを認めていること等々…

文字に起こしてみると情報量がありますが、映像で見ると全然無理がありません
このAパートだけで、純ちゃんのファンも増えたんじゃないでしょうか
さあ、果たして永田依子の時代は来るのか!

そして大亀あすかと巽悠衣子の時代もくるのか!?w
物語としても、唯不在で寂しがる憂のために純がお泊りを提案し、
でも唯たちを思って寂しくなってしまうのは梓で、そんな梓を憂が思いやる
優しい2年生トリオの絆
が描かれていて、ほっこりしますw
 
05A01.jpg 05A02.jpg
相変わらずの唯に梓は溜息。でもしっかり者になられても違和感。巨人の星の世界かw

05A03.jpg
唯のことは間接的にしか知っていない口ぶりの

05A04.jpg
ザッピングショット1:京都行き新幹線にて

05A05.jpg 05A06.jpg
缶蹴り大好きクラスタ。ねぇよ!w 梓と憂もさすがに怒るのかw

※ここでタイトルなので、内容的にはここまでがアバンというべきかも。でもCMでパートを区切りますw

05A07.jpg 05A08.jpg
上級生の不在で特権を手に入れたり、上級生の教室に忍び込むドキドキだったり。わかるわかるw

05A09.jpg
またおまえか!! ほとんどホラー平沢チキン巾着

05A10.jpg 05A11.jpg
純にとっても澪は憧れ。でも律のいたずらまではわからない 恐怖新聞(C)つのだじろうw

05A12.jpg 05A14.jpg
憂が危険水域な米澤さんのナイス演技w 実は憂こそが姉離れできない関係なのかもw

05A15.jpg 05A17.jpg
どこかと違いマジメで厳しいジャズ研の様子が伺える。あずにゃんは後輩を指導。上級生してる

05A18.jpg valkan.jpg
05A20.jpg
ヴァルカンサインを連想した人はオヤジw おちゃらける純は性格が出ている

05A21.jpg
純ちゃん私服バージョン。ファンを作ろうとしてやがるな…w

05A22.jpg 05A23.jpg
憂の料理の方が花◯会館の夕食より豪華な件w あずにゃんもパーカーで登場

05A25.jpg 05A26.jpg
梓を煽る純。その通りにしてしまう梓。普段のふたりの関係が伺えるシーン

05A27.jpg
ザッピングショット2:枕投げムギ無双

05A28.jpg 05A29.jpg
早くもセクシーショットなんというだらしなさw そして自分だけさっさと寝るw 本当にいい性格だ…

05A30.jpg
あずにゃんカワユス。本人は自覚してないがセリフもなんとなしに子どもっぽいw

05A32.jpg 05A33.jpg
梓の中ではすでに澪もこういうキャラクターになってしまったのか…w

05A35.jpg
ザッピングショット3:しゃれこうべ 唯はあれから寝付けなかったようだ


■Bパート■
純のキャラクター描写はさらに補填されてます
髪型やルックスではコンプレックスがあるみたい
歯磨きの場面では負けず嫌いで、マンガのくだりではこうと決めたらこうというわがままなところも
ギー太のことは憂、梓から知ったんでしょうか
そして寝付きの良さと飽きっぽさはよっぽど強い個性のようですw

完璧超人、憂の超能力が改めて描かれましたが、梓曰く唯そっくりというのがポイントw
やっぱり唯も天才なんですねw

トンちゃんが、2年生トリオが軽音部にいくための仕掛けとして機能することは想像の範囲でしたが
ちゃんと演出装置として機能したことは評価すべきだと思います

そして2年生トリオのセッション!
軽音部で面白さ(マンガ)を見つけた純が3人のセッションを言い出すのは暗喩なのかどうなのか
純の気まぐれの提案に心から喜ぶ梓も印象的で、
これまで第二期を通じて梓にあった翳りがなかったのも意図的な演出でしょう
そしてこのセッション、やっぱり第1期第1話思い出します!

05B01.jpg
純…傍若無人すぎだろ…あずにゃんファン怒るぞw

05B03.jpg 05B04.jpg
思い通りにならないと気が済まない!? 女の子らしい悩みもそれぞれにある

05B06.jpg 05B07.jpg
表裏のない唯の性格を反映してかプライベートゼロw 面白いことには妥協できないのも性分らしいw

05B08.jpg
ザッピングショット4:嵐山モンキーパークにて 唯怖いよw

05B12.jpg 05B13.jpg
全然駄目だったのが少しコツを立ち聞きしただけでホームラン!平沢家の次女は化物かw

05B15.jpg 05B16.jpg
トンちゃんのために軽音部に来たトリオ。唯の好意に思わず緩んでしまう。梓すっかりメロメロだなw

05B17.jpg 05B18.jpg
純が何の気なしにいったセッションの提案。梓は第2期で一番に目を輝かせて喜ぶ

05B19.jpg
そんな梓に微笑む憂。きっと、以前から梓の陰に気がついていた。そんな3人

05B20.jpg 05B21.jpg
05B22.jpg 05B23.jpg
そして奏でる3人の曲 まるで2年前、ここで物語がはじまったように

05B24.jpg 05B26.jpg
闇が去り陽が照らすのは梓の心理そのまま 果たして記念すべき1枚になるかどうか!?

05B28.jpg
ザッピングショット5:迷子の電話w 為す術もないw

05B29.jpg 05B30.jpg
そしていつもの唯の梓猫かわいがり。純はきょとんとするばかりw

05B31.jpg 05B32.jpg
おみやげは新選組グッズでも生八つ橋でもなく、5人で「けいおんぶ」となる5つのキーホルダー

05B36.jpg 05B37.jpg
感動する梓だが4人は4人 甘いな、諦めろと言わんばかりの澪。フォローしてやれよw


今回の個人的ベストショット■
 
05B34.jpg

今回はいろいろとベストショットを選べるのですが、やっぱり物語的にはここでしょう
楽しい2年生トリオとの時間から唯たち3年生との軽音部に引き戻された梓が幸せを感じる
2年生トリオにセッションの可能性を見た梓は、それでも今は軽音部に帰る
 
05B35.jpg

この物語で大切にされているのは

いつか来る明日ではなくて「今この時」
少なくとも、今はまだ
この作品が青春ものである所以です
 
05B25.jpg

また、唯が携帯の向こうで憂や梓たちをずーっと思っていたことも、
第5話の隠れたひとつの流れ。本当にあったかい作品です

■おまけ■

プレシャスメモリーズのCMが放送されましたw 
ムービック本気すぎwww

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

No title

コメントありがとうございます

>katayama_z2さん
先のことを考えるとさみしくなりますが、そうかもしれません
細やかなところまでしっかりしてる作品だと思います

>はいじんさん
今の軽音部があって、未来も垣間見える、何度見てもいいなあと思う回ですね
また改めて第二期はあずにゃんが隠れ主人公なんだなと思います

No title

個人的にはほのぼの回だと思ったのですが、実は4話と併せて「軽音部の結束」を確かめる、重要な回であったのですね!一瞬一瞬を一生懸命生きる彼女らの輝きは本当に美しいものです。

来年の事が不安な梓(と視聴者)に光がさしたという事で、唯達が卒業して物語の幕が下りる為には今回の話は必須なのですね。「け・い・お・ん・ぶ」は五人で一つ。いい〆でした。ごちそうさま。

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク