「放課後ティータイム」に原曲があった件w

えー、「HTTⅡ」収録の「放課後ティータイム」が、作曲家が過去にチロル★ブランド!!というアイドル(解散済)に提供したBEST!!という曲の流用だったことが話題になっています…が

その曲、ニコ動から削除されてましたwww
 
うーむ。聞きそびれてしまった
そもそも手売り販売されただけの曲だそうで、ほとんど巷に流通してなかったナンバーらしいのですが…まあ同じ作曲家ですからいいのかもしれませんけどね

こういう話を聴いて、セラムンヲタの自分が思い出すのはやっぱり「ムーンライト伝説」ですねw
あの有名なセラムンのオープニングにもやはりKEY WEST CLUBとかいう(笑)アイドルグループの「夢はマジョリカセニョリータ」という原曲があったというのは当時から有名な話で、今ではWikiにも載ってます
こっちはかたや「ムーンライト伝説」があまりにも有名な子供向けアニメの主題歌だった一方、「夢はマジョリカセニョリータ」を歌ってたKEY WEST CLUBが桜っ子クラブさくら組という当時はそこそこ知られてたアイドルグループであり、歌番組でも何度か歌われた歌なため、原曲が流用されたものだったとしてもそれはそういうものとして(笑)、それほど問題視もされずにファンに受け入れられていったと記憶しています。余談ですが桜っ子クラブさくら組はその後、セラムンのミュージカル化に際してそのメインキャストを輩出することになったので、まあもとより出来レースだったという話もありますが

要するによく知らないけれど、多分、こういうことは音楽業界では珍しくないんじゃないのかなという…

ただ、今回はこの「放課後ティータイム」という曲が、とても特別なタイトルを与えられた曲であり、ファンにとって特別になったであろう曲だったこと、また原曲の「BEST!!」とかいう曲が事実上のインディーズナンバーで、「売れなかった歌をヒットソフトに便乗してこっそり世に送り出した」と思われかねない心象の悪さがマズいような気がします
仮にこの曲が2月のライブで、「Let'sGO!」みたいなポジショニングで使われたとしても、この話を知ってるファンは乗り切れないんじゃないかと思うんですよね
ていうか誰なの、なんなのこの作曲家

個人的には大森祥子さんが詩をつけた曲にケチがついたのが一番ひっかかる
大森さんは悪くないのに、この曲が批判されると彼女にまでストレスがいってしまうんじゃないかという
大森さんは本当に良い詩をいくつも書いてくださったので、彼女にまで批判がいくようなことの無いように願いたいです

ていうか、小森さんを信じてたんだけどな…正直、がっかりという気持ちは否めません…
なにかフォローを入れてくれることに期待したいです

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

No title

>knmさん
はじめまして。コメントありがとうございます
そうですね。ちょっと引っかかってる感じですっきりしないですよね

今度のバンドスコア収録でしたね!やっぱり買わなければいけません!w
情報ありがとうございました!

No title

はじめましてこんばんは。

流用の件は「カバー曲であること」をちゃんと公表してくれれば良かったのになー、と思います。喉に魚の骨がひっかかった感じですね。

>天使にふれたよ!
4人演奏VerはオフィシャルバンドスコアのCDに収録されるそうですね。

No title

コメントありがとうございます

>vandy1さん
やはりわりとあることなんでしょうね。スクールウォーズ、わかりますw

>むぎぐるいさん
天使にふれたよ!はギター1本のバージョンが欲しいですよね
まあ、音楽のパクりって話は割とプロのミュージシャンの曲でも聞く話なんで、音楽関係者にしてみれば、ファンが思うほどにはそんなに抵抗感のないことなのかもしれませんね

No title

生演奏予想は「天使にふれたよ!」に1票です。簡単なんですよね、この曲。各人の見せ場もあるし、たぶん生演奏も配慮の上で編曲したのではないかと。ただ、梓のヴォーカルパートをどうするか。アルバムだとギターが2本入っていますね。なんだか色々と矛盾を感じます。

「U&I」「ぴゅあぴゅあはーと」あたりもそれほど難しくはないですが、テンポ的にドラムがもたないかなと。「U&I」のソロは簡単ながらツインリードなんでこれも辛そう。がっちりと曲の構造に食い込んでいるソロなので「ふわふわ時間」のようにキーボード代替というのも苦しいです。

そして「スクールウォーズ」。原曲はボニー・タイラーの「Holding Out for a Hero」でしたっけ。マイナーキーとメジャーキーの違いこそあれど、確かに符割りもフレーズもほとんど同じですね。

この手の話だと、Tears for Fearsの「Everybody Wants to Rule the World」とブライアン・アダムスの「Can't Stop This Thing We Started」のケースを思い出します。

No title

通りすがりでおじゃまします。

曲の流用といえば、その昔「りりかSOS」でも主題歌のメロディの一部が同時期の他のJ-POP曲(同じ小室哲哉作曲)に流用されていてアニソンもJ-POPも聴く知り合いが「客層がかぶらないと思って!」と怒っていたことがありました。

流用の話とは関係ありませんが、私は「ぴゅあぴゅあはーと」のイントロを聴くと「スクールウォーズ」の主題歌を思い出してしまいます(^^;

No title

生演奏はU&Iか天使にふれたよ!希望なんですけど、どうかなあw

今回のライブどうなるんでしょうかね?
トリはかむうぃずみーになりそうですが、もしかしたら放課後はやらないんじゃw生演はぴゅあぴゅあは確定か?

No title

>774さん
たしかに…こんなアングラなネタをよく見つけてきたなと思いますね

>たぼさん
確かに、ものすごくいい曲だったらそれでもいいやってなっちゃうと思うんです
ただこの曲がボーナストラック的で事前の期待も大きかったのがあって、それが残念だなと思います

>むぎぐるいさん
Tomさんにお会いできたとはうらやましい! でも、自分と同い年なら、きっとけいおんの関係者はみんなこちらより若いから気安く声もかけられませんね…残念w

>pakupakuさん
多分、他の曲には波及しないと思います。総じてとてもいいアルバムだったと思いますしね!

>ひょどるさん
まあ、今、自分がひっかかるのは、ライブの時の反応が微妙だったりするのかなあってところです。トリには持ってきにくいだろうなあと

う~む、例の「放課後ティータイム」をそこまで思い入れがない自分にとってコメントしにくいことではあるんですが、盲目的に叩くアンチに良い燃料を与えてしまったのが残念w多分ずっと言われるw
今回のアルバム、素晴らしい出来です。誰もが思ってるはずですし、じゃないとこんなに売れない。だからこれくらいはさらっと流した方が利口なのでは?
今回のアルバム、小森さんは本当に素晴らしいご活躍ですよ。

No title

>> とても特別なタイトルを与えられた曲であり

よりによって…よりによって…です。

どれほど特別なことなのかわからないようなヒトには
かかわって欲しくなかったです。無念です。

そして、私は恐れます。
今回の件を機に、これまでの曲までもが、ほかでもないファン自身の
厳しい目にさらされ、「再評価」されてしまうことを。
そういえばこの曲は…じつのところあの曲はあんまり…
そのような、悪い意味での「掘り起こし」が始まってしまうとしたら、
ただただ悲しいです。

私が愛した「ホッチキス」も、きっと無傷ではいられないでしょう。
他人の評価だけではなく、ほかならぬ私自身の意識の変化によって。

どうしてこんなことになっちゃったんだろうなあ…

No title

まだ自分の曲だからマシじゃないかとも思いますけどね。「Don't Tell Me You Love Me」完コピの「ZOKKON 命」とか酷い例はいくらでもありますし(齢がバレます。たぶん先生と同い年)。

たぼさんが言われる目をつぶるというのにも賛成。初期のWarrantなんか全然自分で弾いてなかったけど作品がいいから大好きですよ。

話は変わりまして、少し前にTom-H@ck氏を目撃。目が合って、なんか似てるなーと思ったらカウンターからの「オオシマサマー」で確定。絶対に地元民しか来ない場所だったし、サンダル履きだったので近所に住んでいるのでしょう。僕から見ると専門学校の遠い後輩なので、いつか絡むかもなと思っていたら意外に早くぶつかりました。

消される前に聞きました

メロディーライン・転調・構成がまったく同じでした^^;
ま、同じ曲だからしゃーないんですがw

残念ではありますが、HTTII自体の出来がよかったので私自身は目をつぶっちゃいました。

でも、先生はじめ皆さんのご意見はごもっともだと思います。
作曲家は一つ一つの曲に魂を込めていると思いますし、使うなら原曲リメイクとして使うのが当たり前。
まったく違う環境で自作とは言え使いまわすのは、やはり手抜きではないかと。
曲提供するものとして不誠実と思います。

「ホッチキス」名曲なだけにその作曲家が…と思うとやはり残念。

結局、全然目をつぶっていない自分に絶望した!w

No title

このブログ読んで初めて知りましたが、元曲の詞を変えて別曲にするのはよくあることだし、別に良いんではないかかと。。
A○Bの秋元さんなんかもやる手法ですね。既存の曲引っ張ってきて自分の詞を入れて別曲として出すやり方。

まあ、正直かなり濃い目の地下アイドルファンでも無いとこの曲自体知らないでしょうし
業界ではよくあることなんだろうという認識です。
寧ろこうやってブログ等で晒されることによって、曲全体が批判対象として見られてしまうのが
なんか悲しく感じます。
知らなきゃみんな幸せで済んだのにねえ。それがいいのかはわかりませんが。

No title

コメントありがとうございます

>774さん
こうなったのが仕事のスケジュール上の理由だったのか、なんなのかはわかりませんが、関係者が知らないということも無いだろうと思います
なんにしても、ファンがちょっと抵抗感を持ってしまうのはしょうがないですね

>むぎぐるいさん
ホッチキスの作曲家さんなんですよね…ますます複雑な心境です
個人的にはこの曲はあまり好きなメロディではなかったのですが、その辺のアイドルっぽい違和感があるからこそ、抵抗感もあるのかもしれません

No title

はじめまして。

なんだかあの曲だけ妙にアイドルっぽいというか、変な媚びを感じると思ったらそういうことですか。

ただ、今回の行為は残念ではあるものの、藤末氏は(僕個人としてはけいおん楽曲の中で一二を争うほど好きな)「私の恋はホッチキス」を書いた人であることも事実。責められても仕方ない話ですが、このことも忘れないで下さいね。

No title

私は聴きましたが、確かに曲はそのまんまでした。
作曲家が勝手に使ったのか、他の制作陣も知っていたのかは分かりませんが、残念です。
ただ、歌詞が一部同じ所があったので(原曲でも『「せーの」でいくよ』という歌詞が同じタイミングで入ります)、
何かの理由であえて使っている可能性はあるかと思います。

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク