スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けいおん!!ライブ「Come with Me!!」レポ(その2)(110220)

【ライブ編】

■ ステージ!!

今回のステージ構成は、スタジアムモードエンドステージ1
だが実際に会場を見て驚いたのは、当初スクリーンが配置されるのか?と思われていたC6ブロックになんと正方形のセンターステージが!! その床には青地にでかでかと「Come with Me!!」の公式ロゴが
周辺のアリーナ席のメンバーいいな! とんでもなくいいじゃねーか!!

またメインステージは、センター上部に大スクリーン、左右にやや小さいスクリーンを配置。ステージの背景は桜ヶ丘高校校舎内部をイメージした壁と窓のボードを左右に、中央にはまさに豊郷小学校そのまんまの階段のセットがあって笑うw ステージ左右にバンドメンバーの楽隊スペースが配置されている
下手はステージ向かって左手の階段脇の出入口、上手は階段登ってセンターの出入口、ということらしい。ステージ向かって右手には出入口がないようにみえた

■ ライブセット&構成

M01. GO! GO! MANIAC 【豊崎(Vo.)、日笠、佐藤、寿、竹達】
M02. Listen!! 【日笠(Vo.)、豊崎、佐藤、寿、竹達】
 MC01.【豊崎、日笠、佐藤、寿、竹達】:挨拶、口上
M03. Oh Myギー太!! 【豊崎(Vo.)】
M04. 青春Vibration 【日笠(Vo.)】
M05. Drumming Shining My Life 【佐藤(Vo.)】
M06. Diaryはフォルテシモ 【寿(Vo.)】
M07. Over the Starlight 【竹達(Vo.)】
 MC02.【豊崎、日笠、佐藤、寿、竹達、米澤、永田、藤東、真田、山田】
     :映画情報告知
M08. ウキウキNew! My Way 【米澤(Vo.)】
M09. 純情Bomber!! 【永田(Vo.)】
M10. Jump 【藤東(Vo.)】
 アテレコ01:ミニアニメ:センターステージへの前振り
M11. いちごパフェが止まらない 【豊崎(Vo.)】
M12. ときめきシュガー 【日笠(Vo.)】
 MC03.【豊崎、日笠、佐藤、寿、竹達】:客席との掛け合い
M13. Honey sweet tea time 【寿(Vo.)】
M14. ごはんはおかず 【豊崎(Vo.)】
M15. Maddy Candy 【真田(Vo.)、浅川(Gアテフリ)】
 MC04.【真田、浅川】:デスデビル
M16. ラヴ 【真田(Vo.)、浅川(Vo.Cho.)】
 アテレコ02:ショートドラマ「またある日の軽音部」
         【豊崎、日笠、佐藤、寿、竹達、真田、米澤、永田、藤東、真田、浅川】
M17. ぴゅあぴゅあはーと <生演奏> 【日笠(Vo.B)、豊崎(G)、佐藤(Dr)、寿(key)、竹達(G)】
M18. U&I <生演奏> 【豊崎(Vo.G)、日笠(B)、佐藤(Dr)、寿(key)、竹達(G)】
 MC05.【豊崎、日笠、佐藤、寿、竹達】:M19前振り
ショートフィルム~
M19. 天使にふれたよ! 【豊崎、日笠、佐藤、寿(以上全員Vo.)】
 MC06.【豊崎、日笠、佐藤、寿、竹達】:最後の締め
M20. ふわふわ時間 <生演奏> 【豊崎(Vo.G)、日笠(Vo.B)、佐藤(Dr)、寿(key)、竹達(G)】

★ENQ01★
M21. NO,Thank You! 【日笠(Vo.)、豊崎、佐藤、寿、竹達】
 MC07.【豊崎、日笠、佐藤、寿、竹達】:挨拶
M22. Utauyo!!MIRACLE 【豊崎(Vo.)、日笠、佐藤、寿、竹達】

★ENQ02★
 MC08.【豊崎、日笠、佐藤、寿、竹達】:挨拶
M23. Cagayake!GIRLS 【豊崎(Vo.)、日笠、佐藤、寿、竹達】
M24. Don't say "lazy" 【日笠(Vo.)、豊崎、佐藤、寿、竹達】

★ENQ03★
M25. 桜ヶ丘女子高等学校校歌 <生演奏>
     【真田(P)、豊崎、日笠、佐藤、寿、竹達、米澤、永田、藤東(以上全員Vo.)】
 MC09.【豊崎、日笠、佐藤、寿、竹達、米澤、永田、藤東、真田、浅川】:締め挨拶
M26. Come with Me!! 【豊崎、日笠、佐藤、寿、竹達、米澤、永田、藤東、真田、浅川(以上全員Vo.)】

★ CAST & BACK BAND! ★

 豊崎愛生
 日笠陽子
 佐藤聡美
 寿美菜子
 竹達彩奈
 真田アサミ
 米澤円
 藤東知夏
 永田依子
 浅川悠

 Guiter 内田敏夫、Tom-H@ck
      豊崎愛生(M17,M18,M20)、竹達彩奈(M17,M18,M20)
 Bass 田辺トシノ、工藤嶺、菊池"デラ"梢(M15.16)
       日笠陽子(M17,M18,M20)
 Drums 一ノ瀬久、土方幸徳、清水"ジェーン"梨加(M15.16)
       佐藤聡美(M17,M18,M20)
 Keyboard 小森茂生
            寿美菜子(M17,M18,M20)
 Computer Manipulater 村上章久

■ アナウンス!

上半身を逸らす、大声の応援は禁止、といってました。まあ派手なヲタ芸はやめろと
SSAは音響が悪いそうなんで大声でなくても客席からの声援の影響は懸念するものがありましたが、実際、案の定というかトラブルがありましたな…

■ フライング!

まもなく開演予定時間の16:00になろうかというのに、まだ1ベルがなってないという事実。館内では普通に音楽が奏でられているのだけれど、16:00になるやどこからともなく客席で歓声があがる。お前らがっつき過ぎだろw
時計を見ていないのでよくわからないが、結局、10分少々遅れての開演じゃなかったかと思う

■ 開演!!

前奏、キャラクター映像 キャラクター名&声優名表示(唯→澪→律→紬→梓→憂→和→純→さわ子→紀美…だったと思う)そのたびにわあっと歓声が上がるw 各クラスタの意地がかかっているかのような意気込み
でもさすがに最初の唯が、開演の期待が溢れただけに一番すごかったか

やがて、BGMと共にステージに現れる5人
照明がつくと、5人のコスチュームは純白の白いフォーマルドレス。胸部などにイメージカラーのラインがラメで入っている感じ。清潔感があって凛々しい!
歓声と共に【M01.GO! GO! MANIAC】へ! ステージ前の特殊効果が炸裂して火花が上がると、会場のボルテージはいきなり最高潮!
豊崎さんのアップテンポのボーカルは調子よし! この第2期のナンバーをファンの前で披露するのは、2日間で述べたった3600人足らずしか来場できなかった昨年TBSアニフェス以来。けいおんイベントとしては言うまでもなく初披露。そりゃもう盛り上がるわ!

続けて日笠「行くぞ!"Listen!!"」と立て続けに【M02.Listen!!】へ会場の熱気が雪崩込む! 「ハイ!ハイ!ハイ!」とこれも間奏のテンションが高い!w 最後の「Listen!!」は客席も合唱。え、ここ合唱だったのか!っていうかアニフェスの時よりずっと弾けてんぞw でも今日は3時間もあるのに最初からこんなペースでエルシャダイw

歌い終わってぴかしゃ、3万人に「ありがとーっ!」。応える大歓声!!
かくして、この1年間、アニサマでもMJでも見れなかった、2010年の邦楽シーンの頂点を極めたアニソンチームのライブが開幕した!

■ ご挨拶!

豊崎「みなさーん!こーんにーちはー!!(大歓声)けいおん!!ライブイベント…」
5人「Come with Meへようこそ!!」

大歓声に手を振り応える5人。あっきょからと日笠さんに促されて豊崎さんがマイク
なに掛け合いしてんだw

豊崎「今日は(?)思いっきりみなさんと一緒に楽しみたいと思いまーす!平沢唯役、豊崎愛生です!!」
日笠「今日は来てくれて本当にありがとうございまーす!あたしは幸せです!!(歓声)
   今日は思い切り頑張ります!よろしくお願いします!秋山澪役、日笠陽子です!」
佐藤「会場いっぱいのみなさん、今日は元気ですか!?(歓声)ありがとう!佐藤聡美です!」
寿 「みなさーんこんにちはー!ホントにきれいなサイリウム(歓声)
   今日の日を私たちすごくリハやってきたんですけれども、楽しみにやってきましたので、素敵な一日にしましょう!
   どうぞよろしくお願いします!(大歓声)」
竹達「皆さーん!楽しんでます(?)かー!?(歓声)中野梓役竹達彩奈です!
   お祭りなので、今日は皆さんと一緒に最後まで踏ん張ってって、思い切り跳ね上がってください!」

というわけでお約束。豊崎さんが唯の声で「どこから来たの?せーの!」でまた大歓声、ていうか轟音w
続いて豊崎さんより今日はみんな頑張ってきたので、最後まで聴いてくださいという主旨の口上があり、また歓声w

豊崎「ということでライブイベントCome with me!!、始まります!今日は最後まで一緒に盛り上がりましょう!!」

■ キャラソン!

基本的な構成は「Let's GO!」と同じく、各楽器を担当するバンドメンバーがソロ演奏をして、それを前奏に各キャラソンに入っていくというパターン
また各曲とも最後のサビで、イメージカラーの照明が会場を包み込むのが印象的だった

まずはTom-h@ckのギターソロ。真っ赤なサイリウムに染まる会場。さすがに訓練されたけいおんファンw Tomさんのソロ、めっちゃセクシーでカッコヨス! ていうかドヤ顔してたでしょドヤ顔w
と、赤いドレスに身を包んだ豊崎さんが登場して【M03.Oh Myギー太!!】
前奏のドラムから「ハイ!ハイ!」と会場はバーストせんばかりにヒート!
いやもうテンション高すぎだろ!君ら曲ろくに聴いてないだろ!自分もだけど!!w
笑顔を振りまく彼女のパフォーマンスの安定感は素晴らしく、間奏の長いギターソロの前にも「ギー太!」の掛け声を入れる鮮やかさ。無論、スフィアでの経験もあるのだろう。横アリの時よりも数段の成長を感じる貫禄のステージだった

工藤&田辺さんの重低音のベースが熱気のこもる赤いざわめきを静めて、灯る無数の灯りがクールな青一色に切り替わる。青いドレスの日笠さんが登場し【M04.青春Vibration】へ。彼女の声もよく通って気持ちがいい。そして、また間奏でやりやがったぜ!「みんな今日は来てくれてありがとう。さいたまスーパーアリーナは、萌え萌え。きゅんっ♪」ぴかしゃ、MMQ結構気に入ってるだろw その直後に続く「♪最初から約束された友情じゃない 幾つも奇跡超え、仲間になったんだ」の一節はこの2年の彼女たちそのままのようでグッと来た!きっと彼女もまさに自分たちを重ねて歌っていたはず!
……というこの時の直感は、最後のご挨拶で正しかったとわかるのだけれど、それは置いといてw

一ノ瀬さんと土方さんの荒ぶるツインドラム。このままずっと聞いていたくなるような心地良さ。次第に激しく高まるビートに会場も大盛り上がり! その間にも気づけば会場は見渡す限りの黄色一色に
そのイメージカラーのドレスで元気にしゅが美登場!
【M05.Drumming Shining My Life】はりっちゃんっぽいアップテンポの曲だが、やってみるとなかなかクラップが入れにくい。その会場の戸惑いをちょっと感じつつもサイリウムは激しく揺れる。ソロセリフが長い間奏!でも音割れしてよく聞こえなかったぜ!間奏でのセリフは「部長命令だ!みんな今日は気合入れて盛り上がっていくように!」だったと思う
とにかく動き回るしゅがが本当に楽しそう。その元気はやはりりっちゃんから貰っているものなんだろう。何度も何度も繰り返す最後のサビでは、整然と捧げられる黄色のサイリウムが天空から見て実壮観だった!

黄色いビートが去ると、感謝すべき我らがけいおん音楽チームPにしてバンマス、小森茂生さんのキーボードが、水面の波紋のように会場に広がっていく。フュージョンをリスニングしているよう。その美しさに辺りにおおお~と感嘆の声も…
会場がサイリウムで桃色に染まると「みなさん!こんにちはー!」と笑顔いっぱいの寿さん!【M06.Diaryはフォルテシモ】へ。ホント彼女の舞台度胸っつーか肝の座り方はすごすぎる。身振り手振りも含めて安定感抜群のパフォーマンス! でもって「ハイ!ハイ!ハイ!」とムギクラスタのコールが熱い! 歌もコールもパフォーマンスも、何もかもいい意味でハイレベルにまとまってて、ほんと本物のアイドル歌手のよう。むぎんちゅ、君らすごいよ!!w

会場が緑色に煌く。短く内田敏夫さんのギターソロ。と、竹達さんはセンター階段の上手から登場!「あやち別格扱いか!今、大忙しだからな!!(0.01秒)」とか下世話なことを思ったのは内緒w
【M07.Over the Starlight】も実は結構クラップしにくい曲。しかし本当に声援がすごい、殆ど歌が聞き取れない。ていうかマイクよりも楽器の音量でかくね? 間奏ではあやちも「ようこそ!さいたまスーパーアリーナ!!(中略)ようこそ、にゃん♪」と小ネタ披露w 横アリのときは緊張した面持ちで、観客にパフォーマンスを振りまく余裕の殆どなかった彼女がすっかり場慣れしていたのが印象的で、まるで、けいおん!でブレイクし、とにかく忙しかったこの1年間の成長をこのけいおん!!のステージに還元しているようだった

■ 山田監督登場!&映画情報発表!

メインキャラソン5曲が終わると、下手から5人が「わー」といいつつ再登場
豊崎「みなさーん、楽しんでますかー?」(大歓声!)
日笠「アリーナのみなさーん、楽しんでますかー!?」(アリーナ大歓声!!上から見てると発狂してるのがわかって面白いw)
佐藤「じゃあ、スタンドの方は楽しんでますか!?」(こっちも負けじと大歓声w)
どうせならレベルごとに声かけて欲しかったぜw
「私たちもすっごい楽しいでーす!」と会場一体の盛り上がり!
その後竹達さんがなんかやらかしたような気がするが気のせいw
さらに「みんな、集まれー!」と全員を呼びこんで真田、米澤、藤東、永田さんも下手から次々とステージに登場
「みんな揃ったところでご挨拶、さわちゃん先生から」と一人ひとり自己紹介
真田「山中さわ子役、真田アサミでーす!みんな元気ー!?」(歓声)
藤東「真鍋和役、藤東知夏です!」(その後なんかいってたけど歓声w)
米澤「みんなーようこそー!(?)平沢憂役の米澤円です!」(歓声)
そして3万人を前に初登場の永田さん!
永田「鈴木純役、永田依子ですよろしくお願いしまーす!」(歓声)
永田さん、さすがに緊張してるなあw

さらに豊崎さんが「そして、スペシャルなゲストはまだいるんです!」にどよめく客席
出てきてない浅川さんかな?と思ってたら
豊崎「早速お呼びしたいと思います!なんと、"けいおん!!"シリーズの監督、山田尚子さんです!」に「うおおおお!!」と会場激震! 果たして3面のモニターに映しだされる山田監督の抜きアップ!
うおお!可愛い!美人だ!! 一昨年の母校学祭でのイベントや、昨年のアニメーション神戸に登壇されたとき、監督を目撃した人々から美人だという噂は聞いていたが、ガチだ!w 以前「anan」でのインタビューで、自分は自分を普通のOLだと思っていると語っていたが、たしかに彼女のルックスならそれ言えるw そしてそういう普通の感性がなければ、けいおんをつくることは多分できなかっただろう。いやもうホント、ご尊顔を拝して眼福という感じw
ていうかやっぱこの作品を作ってくれた大恩人ですから!! そりゃ大感激するだろ!!

「はじめまして、"けいおん!!"監督の山田尚子といいます」もうその一言だけで会場熱狂w
と、いい忘れていたが、下手からとぼとぼと現れ、ステージ中央、豊崎さんの脇に招かれたその手には、まだ緑色に光る公式ルミカライトのあずにゃん用スティックが2本。なんでも舞台裏で応援していたとのこと。楽しかったとかいってるしw
豊崎「監督、ここまでご覧になってどうですか?」
山田「すごいですね…これが…さいたま(スーパーアリーナ)なんですね…」
感嘆を漏らす監督に、豊崎さん「さいたまスーパーアリーナー!っていうと(客席が)反応してくれますよ…気持ちいですよ(ニヤリ)」と悪魔の囁きw
のせられた山田監督、照れながら大きな声で「さいたまスーパーアリーナー!!」大声援で応える観客席!監督めっちゃ嬉しそうw
日笠「きょーは、きょーとから来たんですか?」
山田「今日は京都から来ました(笑)」
芸人・日笠陽子のダジャレに一瞬会場が凍りつく…「すいません!」と謝る(・ωく)
この下り、きっとBDではカットだ!!w
豊崎「はるばる京都から来たということは!?」
山田「今日は、映画の新情報をちょっともってきました…ドン」
と、公式サイトにある赤い映画の予告イラストが3面スクリーンに一斉に表示されて、既報通り、12月3日の映画公開日が発表!大歓声!!
日付に引っ掛けて「1,2,3はけいおん!」を合言葉にコールしようという流れ
こういうアジテーションを任せられるのは当然、芸人・我らが日笠陽子(・ωく)しかいない!! 戸惑うぴかしゃを置き去りに、会場に沸き起こる「ひ・か・さ!」大コール!! 愛されすぎだろぴかしゃ!!w
というわけで、日笠さんの「みんなもいっしょに言ってねー!」の掛け声のもと「1!2!3!は、け・い・お・ん!!」の大コール!!……お疲れさまでしたw

「ところで唯ちゃんたちは卒業しちゃったわけじゃないですか。(映画は)どんなお話になるんでしょうか?」と、豊崎さんが監督に核心を突く質問!会場もおおおお!と監督の返事を待つ
山田「あの、えっと、ちゃんと完全新作で!」(歓声)
豊崎「お! 総集編とかではなく?」
山田「そうですね。総集編ではないです」
おおおお!これはすげえ!
続いて豊崎さん「気になる梓のこととかあるんですけど(中略)"けいおん!!"の中でも、いつ頃の話になるんでしょうか?」
これには竹達さんも「それ重要ですよ!梓が出るかどうかに関わるんですから!!出るの!?」と猛アピール。観客(笑)w
山田「いちおう、唯たちが、桜ヶ丘高に在学中の話になります」
竹達「やったああ!」
ということで、みんな登場するそうです。1年の話じゃないようですw
豊崎「12月公開ということは、もう着々と準備を進めているんですか?」
山田「そうですね。京都の方でコツコツ…」絵コンテアップっていった気がするんだけど、ちょっと聞き取れなかった。BDで要確認

というわけで山田監督退場。思わぬゲストに会場めっちゃ湧きました
でもこれはこのライブのまだまだ序盤に過ぎないのだw
「この後もテンションアゲアゲで、後半に向かって盛り上がっていきましょう!!」とキャラソン後半に突入!

■ キャラソン!!

会場はUOに満たされて、ひときわ明るく輝く。オレンジのドレスの米澤さんが「みなさーん!どうか思いっきりいってくださーい!」と【M08.ウキウキNew! My Way】を熱唱!自分は米澤さんの声が大好きなんで、今回もこの歌が楽しみだったり。憂ちゃんの歌らしく、声援を贈るスタンドはサビで可愛い横振りサイリウム。米澤さんは普段から自分でもライブイベントをやりまくっているので、さすがのステージパフォーマンス。間奏では「さいたまスーパーアリーナ!アイスはライブの後で!」と客席にアピールして全身から嬉しいオーラ出しまくり! 歌が大好きな彼女が3万人を前にして歌えるなんて嬉しいだろうなあと思うと、こっちもなんか楽しかったり
歌の最後につけたポーズがちょっと可愛かった。後日BDで確認してくれw

で、次は和ちゃんだろうと思って黄緑のサイリウムを用意してたら、水色のイメージカラーのコスチュームに、鳥の巣頭の永田さんが登場して【M09.純情Bomber!!】へ! ここでまさかの純ちゃんにどよめく会場w みんな慌ててサイリウムを水色・青のサイリウムに切り替える。わしもじゃ!わしもじゃみんな!!
でも考えてみると、ライブ初体験に近い彼女にコーナーのトリを勤めさせるのはむしろ辛いわけで、経験者の米澤さん、藤東さんが頭とトリを持ってサポートする構成だったのだろう。カルト人気のある純ちゃんだけあって声援が熱い!永田さんのライブソングを聴く初めての機会にして、彼女にとっても3万人を前にする初ライブ! 果たして彼女もバッチリ純ちゃんの声でパフォーマンス! 「♪乙女の抱く希望や純情」で指でハートマーク作ってアピール! 間奏でも客席を煽ると観客席絶叫! おお!まさに純ちゃんっぽい! すごい舞台根性だぞ永田依子!マジで!!

熱気覚めやらぬ間に辺りには無数の黄緑の灯。フリルドレスに身を包んで藤東さん登場! 和ちゃんメガネをかけてるのが鮮烈。考えてみると他のキャストも基本的には髪型をキャラクターに似せたりしている人が多かった
【M10.Jump】は和ちゃんの控えめなイメージにも関わらず、結構「ハイ!ハイ!」と乗りやすいというライブ向けなナンバー。前回、客席のノリが悪かったのを引っ張ってる俺はあえていう。お前ら、今回はちゃんと予習してきてたな!よし!!(えらそうw) トーチカさんも間奏で客席を煽ったり、横アリからの成長を強く感じるステージ。あの時は右も左もわからず緊張して浮き足立っている印象があったけど、今回は楽しんでいるのがこちらにも伝わってきた。身振り手振りも大きくてさすがはエイベックスw 歌唱力は相変わらず最高! 見事に8人のキャラソンコーナーのトリを務めきってくれました!

■ アテレコ01!

ここからはキャストは姿を表さず、スクリーンに表示されるアニメへのアテレコ
アニメは新作書き下ろしではなく、本編フィルムを編集したもの
だいたい大雑把にこんな感じ

唯「ところでりっちゃんや」
律「あ?どうしたんだ唯」
唯「ここはどこかな?」
梓「どこって…」
律「桜高の廊下…で、ございますが?」
唯「えー、いきなりこんなところに」
澪「部室が雨漏りの改修工事で使えないから、練習場所を探してるとこじゃないか」

つー感じで校舎内を散策しているというシチュ

律「音楽室もダメ、体育館もダメ、いっそ職員室にでもいってみるか?」
澪「真面目に考えろ!」
律「なにー!
唯「そうだ、和ちゃんに相談してみようよ!」
律「ライブ終わったばっかで、無理だと思うぞ」(会場笑)
澪「とにかく今は、和に相談できないんだ」
唯「ふーん、そうなんだ…」

と、やがて場面転換

梓「もうずいぶん歩きまわりましたね」
唯「ああ…ムギちゃん…お腹すいたぁ~…」
紬「今日はまだお茶してないものねぇ」
唯「はやくお茶出来る場所見つけようよぉ」
澪「お茶じゃなくて練習場所だろ」
唯「えー」
梓「律先輩、なんとなく歩いてましたけど、どこへ向かってるんですか?」
律「それはもちろん!軽音部の栄光の未来!」
梓「聞くんじゃありませんでした…」
紬「ねぇねぇ、なんだか来たことのない場所に来ちゃったみたいよ?」
澪「そう言われてみればそうだな…」

と、だんだん見知らぬ場所に迷い込み、無数の扉がある場所へ
絵を見て「うる星BDか!」とか思った自分w

紬「ここ、本当に学校の中かしら」
澪「そういわれてみれば…たしかに、学校の敷地内にこんな場所あったか」

ここで律の悪ふざけと殴る澪など交えつつw
ここの佐藤さんの演技最高だったのでBDで要確認w

唯「ねぇねぇあずにゃん、よくみると扉がたくさんあるよ!」
梓「ほんとですね!」
律「ひとつくらいは外に繋がっているかもな」
唯「開かずの間だったりして…」
梓「開かずの間だったらそもそも開かないんじゃ…(正解音)」

と、掛け合いしつつ、全員で一斉に扉をあけてみることに

唯「ねぇねぇ、みんなでせーので開けてみようよ!」
梓「そうですね!私早く演奏したいです!」
澪「ホントに開けて大丈夫か…?」
律「心配すんなって!」
紬「私たち5人でいれば大丈夫よ!」
澪「そうだな、5人でいれば大丈夫だな!」
律「よーしいくぞ!せーの!」
5人「3・2・1!」

最後は会場も一緒になってカウントダウン!

■ センターステージ!!

と、会場中央にスポット。224、225の間のアリーナ入口からHTTの5人が登場!!
新しく開いた扉はセンターステージへの扉だったというオチでしたw

これを受けて会場爆発w C6周辺のC4、C5、B6、通路を挟んでD4、5、6の発狂ぶりは天空から見ていて羨望するやら苦笑するやら凄まじいものが…はっきりいって、A6あたりよりステージに近いんだから、本当にあの周辺は最高の神席だったといえるだろう! いいよ!君ら勝ち組だよ!

周囲360度に手を振りながらステージに上がった5人。正方形のセンターステージの中央にはドラ美がすでにセットアップ。他の4人もそれぞれギターやベース、キーボード、ショルダーキーボードを準備して、笑顔で周りを見渡す。こういうセンターステージは浮島と言われるが、まさに彼女たちから見れば人の波の中にぽつんと浮かぶ浮島にいるようなもの。一番感動していたのは間違いなく中央にいる5人のはず
そして中央をみんなで見つめるこの一体感はどうだ! いや、いいじゃん?センターステージってすごくいいんじゃね? こっちも俄然漲ってきた!w

「準備はできた!?」「オッケー!」と5人の準備が完了すると、部長のしゅがが「じゃ、1曲目いくよ!」と熱気を飲み込んで【M11.いちごパフェが止まらない】へ!
豊崎さんの張りのある声と絶叫とも怒声ともつかない大歓声がSSAを満たす!
「まだまだ Joy! Joy!」「パフェが止まらない」「もっともっと Taste! Taste!」「私 止まらない!!」では会場も一緒に歌う! もうお祭りだよ!!w
歌が終わり、「ありがとう!」「ありがとうみなさーん!!」と手を振る5人。かわるがわるステージを回って全周に挨拶! 彼女たち5人もファンに囲まれている体験に興奮しているのが伝わってくる

続いて、ぴかしゃが「それでは聴いてください!"ときめきシュガー!"」
【M12.ときめきシュガー】も「ハイ!ハイ!」と前奏からアップテンポ! ところがここでトラブル。1番のお尻あたりから日笠さんが1テンポ遅れてしまう(どうもぴかしゃのイヤーモニター音量が歓声に負けてリズムがとれなくなったらしい。今回PAひどいだろw)これを見たあっきょが駆け寄りぴかしゃをフォロー。さすがステージ慣れしてるだけあって気配りが光った。客席も大歓声で応援! 支えられた日笠さんもテンポを取り戻して、無事歌い終える。そんな彼女を寿さんもフォローした。歌い終えたぴか「ありがとうございました!」
ぴかしゃホント全員から愛されてるな!!

ここで歌を小休止して、声援合戦コーナーへ
中央のドラムのしゅが以外、ステージを自由に歩き回れるギ豊崎、日笠、寿、竹達の4人はそれぞれ正方形のステージの四隅に立ち、その方角の客席を自分のチームにする。豊崎さんはメインステージ向かい右斜め後方を「チーム唯」に、日笠さんは左斜め後方を「チーム澪」、寿さんは左斜め前方「チームムギ」、竹達さんは右斜め前方「チーム梓」そしてセンターのドラムのしゅがは部長特権で「ここからここまでぜーんぶ律!」と一回転してぴょん。360度観客全員を自分の陣営にw
それぞれ、キャストの号令の元、声援の大きさを競う!!

豊崎「チームゆいいい!げんきー?」「いええええええ!」
日笠「チームみおおおお!」「いええええええ!」
…という感じでステージとチームで掛け合いをやるのだが、一番笑ったのはチーム梓w

竹達「みなさーん、元気でーすかー!」
チーム梓「いええええええ!!!」
竹達「盛り上がってますかーっ!!」
チーム梓「うおおおおおおおおお!!!」
竹達「みんなの大好きなあずにゃんの言葉は!あずにゃんの?」
チーム梓「………ッッ!」
  (ざわざわ…ぺろぺろだろ?ぺろぺろだよな?え?マジ?いっていいの?)
竹達「にゃんだ!!!」
チーム梓「に、にゃあああああああん!!!」

『自分、チームあずにゃんだったんですけどォ。あれはないって思いましたァ。普通あそこはぺろぺろでしょォ? 実際ぺろぺろって喉まで出かかりましたよ。でもあれオフィシャルじゃないじゃないですかァ。でもぺろぺろでしょ。にゃんとかわかんねーッスよ!あずにゃんぺろぺろおおおォォォ!!』(証言:超記憶術)

一番声がでかかったのはやはりチーム律だったのか?
「ここからここまで全部律ー!」と会場一丸となって大声援!!
しゅがみの明るいパフォーマンスは暖かくていいよな!

そして名曲【M13.Honey sweet tea time】へ
寿さんのソロナンバーをセンターステージとか贅沢すぎる! 歌のバックコーラス「ハーニスィートティータイム」は観客が歌う。しかもこの歌、コール合わせやすくて盛り上がる盛り上がる!! 群衆の中のステージで歌う寿さんの声が綺麗に通って、それを取り囲む観客は野太く「ハイ!」「ハイ!」…その異様はまさに野獣を従えた女神w
後奏にふと、スモークに煙る天井を見上げて、見えない誰かを探した
故人の曲がSSAの3万人を沸かせてると思うと、それは少し泣けた

お腹が空いたと小芝居のメンバー。次がセンターステージでのラストナンバーと発言
客席からはさすがにブーイングw
お腹が空いただけにここで【M14.ごはんはおかず】が始まると、もう凄まじいとしか言いようがないほどの大盛り上がり!「ほかほか!」「これこれ!」「夢の!」「あつあつほかほか!」「どないやねん!」等々合いの手、マジ完璧! そしてサビの「いち・に・さん・し!ご・は・ん!!」最高!熱狂! 20話の学園祭ライブにも負けない、いやはるかに凄まじい音圧で!今日これを叫びに来た!!と言わんばかりの充実感!!いや実際そうだろ!!w この曲やっぱ名曲だ!!! 間奏の律「ごはんはおかずじゃないのかよ」唯「あ、忘れてた」の後の「コラー!!」総ツッコミ!!w この馬鹿野郎ども過ぎるぜ!最高だ!! 最後でみんなで叫ぶ「いち・に・さん・し!ご・は・ん!!」の充実感は異常!ここまでで最高の盛り上がりを見せる! かきふらい先生がどんな顔してこの阿鼻叫喚を見てたのか見てみたかったw

(つづき)

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

No title

ホントアリーナCは美味しかったですよねw
センターステージは本当にライブらしい一体感があってよかった。メインステージだけだとなんというかコンサートって感じになってしまうので
自分は最初あれデスデビルに使うのかとも思ったんですけど、さすがにHTT用でしたねw

開演~アリーナCD戦士昇天~編ですね。
僕は10分押しのあのチャイムを一生忘れることはないと思います。
大盛り上がり、皆との一体感。最高でした。
HTTがセンターに来たときは、最初は信じられずただただ呆然。寿さん、近いッ近すぎるッ!!
ときめきシュガーの時、歌えなくなった日笠さんを察して、即座に歓声を辞め、ときめきシュガー歌いだした皆に本当に感動した。
そしてコーラスで助ける豊崎さんに唯を見た。
DICEさん、天国であの盛り上がり見てくれただろうか。

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
01 | 2017/03 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。