スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まんがタイムきらら11月号「けいおん!」感想

ちゅーこって、今月は1日早く今日発売のまんがタイムきらら11月号をゲット!
 
kirara1111.jpg
今月の表紙はあっちこっち。来月は表紙&巻頭カラーです!
 
今月の読者プレゼントF賞の4コマしおりセットでけいおんがありますw

巻頭カラーページですが、1P目が映画ビジュアルカットと、OP、ED、テーマ曲のご紹介
でもこれたしか公式サイトで9/5に既報の情報ですね
2P目は先行場面カット。これもCMみればオケという感じ、うーんあまり新しい情報がないw
3P目はライブCDの発売情報と本編のBD/DVDの紹介記事となっています
イベント情報とか掲載すればいいのになあ?

さて本編は巻頭カラー!来月号も巻頭カラーなんで、雑誌的には力入れてくれてますねw
今月号はこっちも乳エピソード澪メインで
女子大生らしくファッション話です


今月は一見メインが澪ですが、恩那組で今までスポットの当たってなかった菖&幸のキャラクターを紹介するエピソードともなっています。やっぱり原作者&担当は、何をやらなければならないかわかっていて、計画的に、戦略的にエピソードを作って課題を消化していっている印象を受けますね

しかしやっぱりもうあれだ、今回の澪、律、菖、幸で話を回す構成は、改めてHTT4人のけいおんは終わったんだなとトドメを刺された感じです。仮にこれがアニメ化されるとして、この世界観の再構成はどのくらいファンに受け入れられるんだろう?と少々不安。そう考えてみると、やっぱり第三部はないのかな…とも思えてくるんですが…うう…

話を戻すと、澪は今まで美少女(もう年齢的に美女というべきか)だけど、生来の内向的な性格のために着飾ったりとかはしないという設定できたんですが、今回はそんな澪の内面的成長が描かれていると思います。まあ、どっちかというとダイエットの方が重要な課題のようですがw 
菖はおしゃれとか流行に敏感な、ごく普通の女子大生という設定であることが明かされました。確かに菖はこれまでもそんな感じの服を着てるんですよね。着せ替え好きなのも微笑ましい感じ。律が作中で言うとおり、さわちゃんよりいいですw
幸は、澪と匹敵する巨乳でかつ身長がコンプレックスという設定。はいそこ連想しないw 性格的には澪以上に押しが弱い印象ですが、澪とのキャラ被りを考えると、ポジション的に澪の変化した穴を埋める感じなんですかね
 
 
トップイラスト)今回は恩那組。この身長のやつって定番だよなあ。個人的に菖くらいが良い感じですw 晶は今回ここだけ
01.02.)菖はファッションに敏感なキャラであることが導入からわかります。ダイエットと戦う素材がもったいない美女、澪。色気より食い気で生きてきましたw 律はそれで似合ってるから問題はないのだけど、確かに澪の私服はいつも地味
03.)幼なじみで親友ですからw 澪&律の軸は変えないんだなとちょっとホッとしたり
04.)さり気なく話に絡む吉井部長。この人いいキャラしてんなw 部長と一緒にいるこのキャラの名前が思い出せない…っていうか出てきたっけ?
05.)なんという消極的なコンビ結成w まあ、澪と幸は性格的に相性が良さそう
06.)交友関係がかなりフランクになっている。女子大生になって、いつも4人でつるむということもなくなってきてるんだな…。りっちゃんは唯の家でもこの調子でしたw
07.08.)乳ネタw わりと女の子同士だと乳を揉むのは普通らしいですが。巨乳の会話に圧倒される菖…りっちゃんはあいかわらずその辺どうでもいいのか…漫画>乳でいいのか田井中さんw ところで、さり気なく澪のシャツはババシャツとレッテルされてますw
09.)菖の乳コンプレックスの犠牲になる律。そして身長コンプレックスの幸。彼女の場合、気楽にオシャレできないのはそれが大きな理由っぽいですね
10.11.)菖の着せ替え人形になる澪。乳揉んだり着せ替え人形にしたりは女子高生でもやることですが、菖は一番ありがちっぽい女の子キャラなんですな。澪はやっぱ着飾ったほうがいいでしょう。そろそろもっと大人っぽい服装でもいいと思うんだけど
12.)シリーズを通じて、澪は他人に影響されて変わっていくキャラですが、今回は菖の存在がきっかけになったという話。美少女設定も健在w
13.)ふたりの会話は今回のおさらいみたいなものですかね
14.)澪はときどきこういう風に自分の置かれている状況を俯瞰するモノローグが入りますが、彼女は今の自分自身を客観的に見てるキャラだと思います
15.)とりあえず、澪にとっての音楽はダイエットであるらしいw 服装も垢抜けてちょっと成長したってところですか。今回、唯とムギはここだけ。ちょっと寂しい…っていうかムギファン納得できるのかw


つーわけで、来月号こそ大学編で一番影の薄いムギの主役回が来てもらいたいですね!
っていうかムギ主役しか無いだろ!
来月号は表紙&巻頭カラー掲載です!

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

No title

>くせっけさん
コメントありがとうございます
今回の話題は本当に女子大生っぽくて普通に「らしかった」ですよね。確かにムギは同輩以外の人と絡んでいくと新しい個性が出てきそうに思います
あの吉井部長と一緒にいるキャラは副部長なんですかね?メインサブキャラになりそうですよね
単行本は、もしかして大学編、高校編共に単行本は2冊同時発売するんじゃないでしょうかw

No title

今回は、澪に対するさわちゃんのコスプレ強要エピソードを連想させながらも、
ありそうでなかったファッション話で恩那組のリズム隊のキャラを掘り下げつつ
澪の成長とバンド活動の動機をスムーズに表現していて楽しく読むことが出来
ました。バンド活動の動機がダイエットというのもけいおんらしくて良いと思います。
今のところ大学生編は唯と澪を中心にして展開してるような感じなので、今後は
律とムギの活躍にも期待したいです。特にムギは菫や実家の事など謎の部分
が多いので、これから徐々に明かされていくと良いですね。個人的に、ムギは
吉井部長のような目上の人と絡むと今までと違った一面が見られそうな気が
します。
あと余談ですが吉井部長の相棒っぽい先輩は、部室のシーンでちらほら顔を
見せているので、場合によっては純ちゃんみたいに名前付きのキャラに昇格
するかもしれませんねw

そういえば、大学生編と高校生編の話数を合わせると単行本1冊分になりますが
収録形態はどうするんでしょう。巻数等の表記、表紙のキャラ、書き下ろしページ、
クロスオーバーをどう表現するか等、いろいろ気になることが多いです。両方を
併録すれば12月に発売できそうですが・・・ 単行本と違った読み方をするために
雑誌掲載分はスクラップしておいたほうがよさそうですねw

No title

>myc894さん
こちらこそ誤解してしまってすいませんw 夜に行かれたんですね
確かにアパレル系と相性がいい気がします
今回のキャンペーンイラストも雰囲気よかったですよね

No title

あっすみません。時間の都合で地下は行きそびれたんです。
これは多分ライトアップされているんじゃないかと思います(近いうちにまた行きます)

ライトアップされてなかったのは東口の超巨大看板です。周辺にライトが設置されていたのにライトアップされていなかったので、おそらく節電の影響でしょうね。
渋谷MEN入口のライトアップはきれいで目立ってましたよ。

全体的に、今回のフェアの本気っぷりは結構驚きでしたね。アパレルとの相性も悪くなかったと思います。

No title

コメントありがとうございます

>じゅうおん!さん
おっしゃるとおり、高校生編のほうがアニメはそのまますんなりやれそうな感じですね。大学編は山田監督が頭切り替えないといけない感じw ムギがキーパーソンになるのは間違いないところですが、それと別にムギは原作ではアニメほどにはキャラが掘り下げられてない感じなので、ちゃんとやってほしいなあと思いますw

>myc894さん
確かに自由にやっているというか、もう怖いものなしで好きにやってるっていう印象を受けますねw 今回はキャラの紹介、掘り下げに重点が置かれてましたが、澪が最後にちゃんと本筋に回収したので見事にオチが付きましたし、前回の話の続きにもなってるのはうまいなーと思いました。HTTでライブ活動したら、澪には普通にファン付きそうですよね

ルミネお疲れ様でした! 自分が行った時もあの横長のタペストリーでは女の子が写真を撮ってました。やっぱり男女問わず人気があるってことなんでしょう。それにしても地下のあれは2日目にしてライトアップやめているのか。節電かな…

>Blackearthenemyさん
ホント、12月までに今後の展開のお知らせが来て欲しいですよ! 今現在、1月以降の情報はゼロですからね。けいおんは本当に映画で終わってしまうんじゃないかというくらい情報がない。玩具情報すらないのは実に不気味です。それともお得意の情報管制を敷いているのか…

なんというか、今回は実に生活感のあるテーマでした。大学生編になってから特にそうですが、媚びるわけでもなく普通に女子大生の学生生活を描いてる気がします
ムギとスミーレの回収は学園祭だと思います。今の原作は、二本のクロスオーバーが一つの盛り上がりになりそうですよねw
そういえば確かに髪の色は今回初出でしたか。菖の配色はわりと好みでしたw

No title

ふと気付いたんですが、今号で菖&幸の髪色が初お目見えでしたね。

No title

第3期に関しては、たぶん、映画公開の舞台挨拶辺りで良い知らせが聞けると勝手に妄想しております。物語の進行速度的に考えると、来年の4月から1年間の長期放送とかになるんじゃないかと思います(妄想 笑)

それはそうと、今回はいかにも女子大生的なエピソードという感じで、個人的には結構面白かったですね。自分は、今までの4人以外での話の展開は普通に受け入れられていますね。話に新鮮さを加えるという意味では、新キャラ3人との絡みは絶対に外せませんし。まあ、極論を言ってしまえば、けいおんが続いてくれさえすれば、どんな変化だって受け入れる準備はできています(笑)。

ムギについて言えば、夏休み以降がカギになるのかなぁと思っています。夏休み中は唯達も帰省するでしょうし、その間は高校生編のメンバーとも触れあう機会があるはずなので。ムギとスミーレの関係性もこのあたりで公になるのではないかと。現在、作中では梅雨前だと思われるので、まだまだ先の話になりそうですけど。

No title

やっぱりお色気担(ry
高校編が従来の「けいおんらしさ」みたいなものをキッチリ踏襲していることから考えて、HTTと恩那組との絡みについてはフルボッコレベルの批判を覚悟でやっているような気がしますね。
ライバルバンドの位置づけや、HTTメンバーの世界を広げていくやり方などを色々と模索している感があります(個人的には吉井部長に期待していますが)。

今回は、読んでいる途中では『コレいったい何の漫画なんだよ?』と思いましたが、最後にちゃんとけいおんらしいオチがついていたので全体的にはまぁ良かったと思います。あとやっぱり澪はオーラがあるという設定なんですね。やっぱりロックバンドのフロントはスター性が大事、と。

ここからは余談となりますが、ルミネ行ってきました。
渋谷MENの看板はちゃんとライトアップされていましたが、新宿ESTの巨大看板はライトアップされておらず、あまり目立たなかったですね。
新宿メンズフロアの横長タペストリーでは写真を撮っている姿がちらほら見られましたが、意外なことに女性の方が多かったです。半ヲタや隠れヲタを集客するという点では結構成功しているのかもしれません。
私はちょうど秋冬物の上着がほしかったので、マネキンにフライヤーを持たせている店でジャケットを買いました。ノートが当たりましたよ。

No title

 アニメ三期は高校編をベースに制作すれば問題なく収まると思いますよ。アニメスタッフが“高校時代”に拘りを持っている点からみても、その方が好都合でしょうし。
 それに「舞台設定が固定で、主人公が入れ替わるシリーズ」って非常に珍しいので、面白いチャレンジになると思います。逆に、大学編の「主人公が固定で、舞台設定が変わるシリーズ」って結構よくあるパターンなので、かえって面白みに欠ける危険があるのではないかと。
 実は、この点が、個人的に高校編の長期シリーズ化を望む理由だったりするんですが‥‥。
 あと、ムギの出番が異常に少ないのは、高校編とのクロスオーバーで一番キーになりうる人物だから、そのときまで温存しておこうという配慮なのでは‥‥。

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。