スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌ストリートジャックにけいおん紹介記事

若者向けストリートファッション・アイテムの雑誌、ストリートジャック11月号に、アニメ紹介記事が組まれ、そこでけいおんが紹介されています。この雑誌自体は10~20代のストリート系リア充(笑)向け雑誌なので、古いオタクとはまず無縁だと思うんですが、最近のオタクは垢抜けてるからなあw
  
sj11.jpg sj11naka.jpg
左)緑枠は管理人による 右)画像は2chから
 
『「キャラ萌え時代」を象徴する作品』などと煽られちゃってます。リード部分は記事担当ライターの文章でしょうが、「男がほぼ登場しない」とかまたお決まりの文句を!w 「事件を起こす代わりにキャラを立たせる」で成功したかというとちょっと違うと思う。一方、コラムの業界人5名はみんなキャラではない部分で感動し評価していたようで、この作品の本当の魅力はここを読んだほうがしっくりきます
やっぱりこの作品はキャラ萌えアニメとしては09年までの流れからすると異端だし、萌えアニメという言葉では語れない魅力がある。山田監督の既存の男性主義の萌えアニメに対するアンチテーゼの哲学と、日常生活の機微に対する平時からの観察力、表現力、描写力で成功したんだと思うんですよ。監督の言う青春アニメという言葉がやっぱり一番無難でよく現してると思います。この作品が本当にすごいのは、監督がそういって実際にそのような作品に仕上がってることですよ
でも、このライターさんがアニメ誌ライターや評論家が大好きな「日常系」っていう嫌なフレーズを使ってあれこれ語ってないのは評価します。あの乱暴なフレーズ使ってる評論家は、みんなぶっちゃけけいおん嫌いだと思うんだw(偏見)
 
まあ、一般向け紹介記事としてはなかなかのものなんじゃないでしょうか

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

No title

>くせっけさん
コメントありがとうございます
確かにアニメ誌以外で取り上げられた記事の方が気持ちよく読めたりすることがありますねw
以下まったく同感です。その手の言葉を使ってけいおんを他の作品と括りたがるアニメ評論家の人たちは、これほどのヒット作品に対する適切な評価ができていない。あれでよく評論家自称できるもんだと呆れてますw

No title

けいおんってアニメ誌以外で取り上げられることが多いですよね。
しかもアニメ誌よりも記事に読み応えがあるというw

この記事内のコメントにも表れている通り、けいおんは、萌を提供する
事が目的になった様な作品ではなく、青春という普遍的なテーマを
気の遠くなるようなディティールの積み重ねで表現した作品であり、
だからこそ様々な人の心に引っかかったんだと思います。自称評論家
の方々は作品からそういった情報を読み解けないから、日常系だの
空気系wだの近景作品wだのと珍妙な言葉で括るんだと思います。
自分のステイタスのために作品を利用せずに、もっと素直な目線で
作品に接して欲しいですね。ほとんど諦めてますけどw

No title

>放課後名無しタイムさん
コメントありがとうございます
自分もいかにも適当なこと書いてあるんじゃないかなあと一抹の不安を持って記事を読んだんですが、ファッション業界の人たちのコメントがそのまま素直にファンの心情を表していて、全体的に好印象の残る記事になっており、正直いささか驚きましたw
後段は全く同感です。アニメ評論家にもそういうところを評価してもらいたいとも思います

No title

何となく「どうせ適当な感じで書いてあるんだろうなー」みたいな先入観があったのですが、見たかぎり割と好意的に扱われていたと受け取っていいのかな?w

個人的に「キャラ萌え」というのは、作品に入るための取っ掛かりのようなものとして認識しており、実際にけいおんは原作を知らずにキャラの絵から入ったクチでした
そのうえで全話見て改めて思うのは、高校入学から卒業までの彼女たちの日常を本当に丁寧に積み重ねるように、なおかつ作品としても成立するように巧みに描かれていたんだなぁ・・・と
だからこそ、多くの人が各キャラに対して「記号としての萌え」を超えた愛着・実体感のようなものを覚え、ひいてはけいおんという作品がこれほどまでに支持される一因となったのではないかとも思うのです

長文失礼いたしました

No title

コメントありがとうございます

>桜高軽音部FC会員さん
自分もけいおんを見るまであまり萌えアニメブームに好意は持ってませんでしたが、けいおんはすんなり見れて、他の萌えアニメというのとはちょっと違うなというところからフックしました。日常系とかのくくりを使ってしまう評論家は、そういうけいおんの異質性を汲み取れてない気がします

>まんぼうさん
はじめまして。いつもありがとうございます!
自分もこの作品に出会って、アニメ見てきてよかったなと素直に思いました。同じく、歴史に残る作品だと思っています。これからもよろしくお願いします

No title

以前から拝見させて戴いていましたが、初めてコメントさせて戴きます。
自分も「宇宙戦艦ヤマト」を見て育った中年オヤジです。
こんな年ですが「けいおん」を好きになりました。
原作も好きですが、アニメ版の細かい処まで行き届いた演出に「アニメでここまで表現出来るのか!」と驚きました。
記憶術先生の各話の解説も関心しながら読まさせて戴きました。
本当にこの作品はアニメの歴史に残る作品だと思っています。
素晴らしい青春作品ですね。
これからも、ブログも楽しみに拝見させて戴きます。

けいおんは媚びてる感がまったくないし、自分自身 日常系萌えアニメやその他の萌えアニメは嫌いとゆうか見れないですがけいおんは本当にすんなりみれたとゆうか

絵柄も表現の仕方もアニメの作り方そのものが萌えアニメというより青春アニメの他があってますね 断然

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。