スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まんがタイムきららキャラット12月号「けいおん!」感想

ちゅーわけで、本日発売のまんがタイムきららキャラット12月号をゲット…!
 
cara1112.jpg
表紙はGA。本当に何を押したいのこの雑誌はw
 
またまた今月もけいおん関係の読者プレゼントはなし!
っていうかね…
なぜ次号予告に
けいおん!のタイトルがない!?

トップでもセンターカラーでもスペシャルゲストでもないからか?そうか…
そういうことにしとくからな? 信じるからな?w
なんか最近色々あってナーバスになってる…
 
それはおいといて
今回はセンターカラー
映画の宣伝もハシラに入って
できない長女・直&できた妹・憂で
キャラクターの弱点話!

キャラクター作りのコツは弱点作り!とはよく言われることですが、確かに憂はこれまで弱点らしい弱点が描かれておらず(強いて言うなら姉コンプレックスか…)、万能チートキャラ故に地味な役回りになってイマイチ影が薄くなりがちだったかも知れません。そんな憂と対照的に不器用な直が関心を持つという所から話が広げられて作られています。キャラの個性を踏まえて、キャラクターを一層深く掘り下げようというベクトルは前回からひき続いています。また、前回が純メインだったので、今回が憂メインというのもあるのかもしれません

基本的に憂のチート能力は姉のサポートのために発達した状況に受動的に対応するスキルで、直の言うとおりロボ的技能といえるかも知れません。でも優しくて能動的にハメを外したりするところのある、普通の女の子というところでオチがついています。確かに憂は気遣いや根回しは得意でも、白紙から何かを創造するようなクリエイティビティを要求される事はあまり得意でないのかもしれません
ところで今回も直がフィーチャーされています。軽音部の雰囲気に飲み込まれないので、使い勝手がいいというのがあるかも。前回は菫とのコンビでしたが、憂との関係もこれから掘り下げられていくといいかも。まあ、前回も言ったけど直には伸びしろがあるんだよ!w ところで前回を踏まえて、菫からの呼び方が変わったかなと思いましたが、特に菫が直を呼ぶセリフはありませんでした。残念。まだみんなからの呼び方は「奥田さん」ですね
 
さわちゃんがお化け苦手っていうのも掘り下げられた新しい個性ですが、彼女は明らかに高校生編に入ってからひどくなってますね。ダメ教師的な意味でw

あと、季節が梅雨の時期になりました。やっぱり時間の進み方はゆっくりです


トップイラスト)今回本編であまり活躍してないスミーレがどっちかというとメイン。ふたりの距離は縮んだのかな。ていうか高校生編の新キャラが扉を飾ってんだな普通にw あと、やっとハシラ(っていうか天地)に映画の宣伝文句が入ったよ!w
01.02.03.)澪のストーキング事件ってありましたねぇ…っていうか大学編、その犯人の人が1度くらいしか活躍してないんですけど、先生覚えてますかw それはおいといて、直に気付かれず尾行するスキルがあるわけがないという…純を追いかけていたときはうまくやってたのにな…
04.)弱点を知りたい=倒すって格闘家かw
05.)純と梓の嫌味合戦…このふたりってこういうやりとりいつもやってそうw からかう純と反撃する梓的な。ところで正しくは歌と楽器を同時にやれない、だよね。歌が下手って設定になっちゃってるんでしょうか…まあもうそれでいいやw さり気なく2コマ目の憂と菫がいい。このふたりってお手伝い的なところで気が合うんだろうな。さわちゃんが高校生編に入ってから結構ウザキャラになってきてますw 
06.)湯煎ができて冷蔵庫がなけりゃムースは作れない。今や軽音部は簡単なデザートなら作れてしまう環境か…先代世代より進化(悪化)してるじゃねーかw ところで、梓もさわちゃんに言うようになったなあ…
07.08.)本当になんで純が唯の写真を持ってるんだ。梓が持ってるならわかるがw 憂がこういうことをしても余り違和感を感じなくなってるのはアニメに毒されてるせいでしょうかw 先輩たちが話題にする憂のシスコンぶりについて、直は特に感想なし。のちのち唯と憂の関係を知った時の反応も楽しみですな。しかし憧れでなく嫉妬って怖いなw
09.)直はわかばガールズの作曲担当。アニメ化してほしいわー。アニメ化しないと聴けないしw 天才・憂の一発耳コピ。おそらく梓のスキルを上回るだろうw 直にとって憂はロボのような対極的存在。ここまでが、今回全体の流れでは、起承転結でいう承ですね
10.11.)4コマ目の構成が同じで、直と憂が同類として描かれてるのがポイント。こういう所が、かきふらい先生はそつなくなってきたなあと思います。憂置いてみんな帰ってしまうのかー…。
12.)憂の利他的な面倒見の良さ、母性愛の強さは、表現は違えど姉に通じるものがあります。もしかしたら、こういうところは直も同じなのかも知れません。ま、憂の分を食べたのは十中八九、純だと思いますがw 
13.)原作の憂はけっこうはっちゃけていて、それはこれまでも梓、純との関係の中で描かれてきてますね
14.)確かに直は何かを自発的に全サークルの体験入部に挑戦するような能動性は持っているので、創造的活動は憂より得意そう。互いに違う個性が描かれていて、きれいにまとまってます。気遣いで憂に敵う人は全キャラ見回してもいないので、降参するのはしょうがないですなw
15.)憂には確かに唯と同じ血が流れているようだw でも軽音部の着ぐるみには憂もトラウマ植えつけられてるからなあ…
  
 
次回がどうなることか…予告に載ってないけど大丈夫だよね?w
季節は梅雨ということで、次回はそろそろ梅雨明け、夏休みか期末試験でしょうかねえ

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

No title

>くせっけさん
コメントありがとうございます
来月号は本当は映画直前号なので、来月フィーチャーして欲しかったのですが、まあホームベースはきららなのでしょうがないですねw
かきふらい先生が直をとてもうまく使っていると思います。菫をエースと思わせておいて、実は先生の切り札は彼女の方だったのかもしれませんw
フィンランドと紬、菫の関係はいずれ描かれることに期待したいですが、どうなんだろう。表現物での外国人の扱いって最近繊細だったりするから、あえてぼかしているっていうのもあるんでしょうね
自分もめぐみん先輩の文化祭での活躍に期待しますw

No title

巻末の次号予告に名前がなくてドキッとしましたが、今号で表紙を飾っているGAの名前もなかったし掲載順的にも看板連載の一つであることは間違いないので、心配する必要もないと思い直しました。表紙を飾っていないことを除けばカラーページも定期的にもらえているし扱いが悪くなる事はないと思います。3期決定の時は堂々と表紙を飾ってくれるんじゃないかと期待しています。

今回は奥田さんと憂という予想外の組み合わせでしたが興味深く読むことが出来ました。二人が似たもの同士という見方には同意です。二人とも唯と共通項が多いような気がします。しかし奥田さんは初登場時からは考えられないほどの大活躍ですね。今では
すっかりお気に入りキャラの仲間入りですw

ムギと菫の血縁説は現状では判断が付きませんが、二人とも碧眼なのでハーフなのは
間違いなさそうですね。個人的には二人とも母方がフィンランド人なんじゃないかと予想
しています。避暑地がフィンランドなのは里帰りも兼ねているのかもしれませんね。
あとめぐみん先輩はライブにファンクラブ会員を引き連れてあらわれるんじゃないかと
睨んでいますw今までも不意打ちのように現れて強いインパクトを残しているのでぜひ
澪を驚かせて欲しいですねw

No title

>じゅうおん!さん
了解です。確かにあのシーンはカラーでやって欲しかったですね

菫の配色ですが…どうなんでしょう、血縁があるのかな。まあそういう説があることは聞いたことがあります。菫は梓たちが勘違いするほど外見は完全に白人系のようですが、ムギについてはあえて外人やハーフかどうかとか、そのあたりをぼやかしていたと思います。ムギの髪には菫の髪にはあるテカリのハイライト線が入ってないんですが、あれは古典的な「金髪の記号」ですよね。とするとムギの髪は金髪ではないことになりますし…
まあ、真相はふたりが邂逅するイベントまで待つしか無いですねw

補足という名の蛇足

 第一話の、梓が菫のタイの色を見て感慨に耽るシーン。カラーだったらさぞかし効果的なモノになっていただろうに、白黒ページでタイの色が(全学年統一の)黒ベタなもんだから思い切り興ざめしたんですよ、私。だから、カラーページで青いタイが描かれる時を待っていたんです。
 ところで、菫の金髪碧眼の色合いも今回初めて描かれた訳ですが、正直私にはムギとの区別がつきません。ってことは、一部で噂の「ムギと菫には血のつながりがある」説は事実だということなんでしょうか‥‥?

No title

>myc894さん
コメントありがとうございます
そうですね。今回はアニメ化向けな感じがします。いろいろ幅が広げられそうですし。奥田さんはさり気なくかきふらい先生のお気に入りなんじゃないかなーと思ってみてます
梓はなあ…高校生編になって本当にキャラ壊れてきたっていうかなんていうかw 確かにさわちゃんに対する態度は律を超えてますねwww
こっちはしっかりバンドやってますよね。前回も今回もちゃんと練習していますし。どういう形で結実していくのか、学園祭が楽しみです

No title

今回はアニメ化したら盛り上がりそうな話だったと思います。奥田さん初登場時の評判はかなり(略)なものでしたが、かき先生は絶対の自信を持って彼女を送り出したのでしょうね。そんな感じがします。

梓の歌に関しては、『楽器もってたからじゃなくて根本的に』なんでしょうw
また、さわちゃんに対する態度の悪さは、何号か前にさわちゃんのセリフをガンガンとドラムぶっ叩いて遮ったあたりで相当なレベルに達していると思いますw・・というか、律っちゃんでもあんな事やらんでしょうw

あと、バンド活動が少しずつ軌道に乗りつつあるのがきちんと描写されててよかったと思います。大学編もこうあってほしいものです。その兆しは出つつありますが、果たしてどうなるか・・・。

No title

>じゅうおん!さん
コメントありがとうございます
そうですねえ…外様なんですかねえやっぱりw 確かに高校生編のほうが従来のけいおんっぽいので、掲載誌が逆のほうがよかったのでは?という気もしないでもありません
ネクタイの色は今回初出でしたっけ? でも、1年生のタイの色が唯たちと同じということは過去のエピソードで梓が独白していたと思います
個人的にはめぐみん先輩、もっと絡んで欲しいんですけどねえ。恩那組より…w

あくまでも

キャラットにとって『けいおん!』は“外様”に過ぎないってことですな。親藩・譜代を差し置いてまで好待遇を与える訳にはいかないんでしょう。だから、きらら本誌で高校編を連載すれば良かったのに‥‥。
 とにかく、一年生コンビのネクタイの色が『青』であることが、ようやくカラー絵で提示されただけでも良しとすべきかと。
 それから、大学編で曽我部先輩のストーカー行動が無いのは、アニメの設定「大学生になって精神的に成長し分別をわきまえるようになった」をフィードバックしたからではないでしょうか。となると、アニメ三期には児玉明日美さんの出番も無い‥のか‥‥な。

コメントの投稿

Secret

DATE LOG
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ARCHIVE
ブログ内検索
管理人について

超記憶術先生

Author:超記憶術先生
元業界人(コミック系フリーライター)
Twitter:@SuperMnemonic

問うまい


我の深部にHTTが潜伏したる理由を


我も亦 知らぬなり


こういう管理人w

RSSフィード
"けいおん"特化型ファンブログです
けいおん関連情報&けいおん声優の情報、及び、管理人の感想、考察、イベントレポートをメインに記事を構成しています
山田尚子監督関係の作品記事も取り扱っております
けいおん大好き!!
山田監督大好き!!(笑)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。